谷 好通コラム

2021年02月28日(日)

2.28.冬眠のはずの一月と二月が終わりました。

KeePer LABOの月別の売り上げ推移は、
12月がピークで飛び切り高く、
逆に翌月の1月が年間の中の最低の月、二番目に悪いのが二月です。
たとえで言えば、
年末の12月はたくさんのお客様の来店で大騒ぎして、
翌1月と2月は静かに「冬眠」するみたいな感じです。

だから売り上げも1月は前月12月の半分以下になってしまいます。
たとえば、2019年12月の実績が640,747千円であり、
翌月の2020年1月は256,772千円なので、
昨年1月の対12月冬眠指数は40.07%にまで落ち、正に冬眠と言えます。
しかし
たとえば今年2021年1月は391,325千円で、
その前月である昨年2020年12月が871,043千円なので、
今年1月の対12月冬眠指数は44.92% となっていて、
今回の冬眠は、昨年の冬眠より約10%浅かったことになっています。

冬眠の眠りが10%浅いと、ずいぶん違ったイメージがあります。
今年の冬も二月が終わって、春が近づいていることをひしひしと感じます。
もうすぐ春です。ワクワクを抑えられません。

Posted   パーマリンク

2021年02月27日(土)

2.26.リンダがすごいことになっている

ペットの小動物を屋内で飼うと、
“毛”が抜けて、部屋が汚れるからいやだという人がいる。
我が家のように、
犬や猫の毛が抜けまくっていたり(春先がすごい)、
台所などに、少々、ウンコがしてあったりしても、平気で
「チーちゃんいいウンコが出たねー、よかったねー、えらいねー」
と言い放つ豪傑の奥さんは別にしても、
(だから私の相方も務められているのだそうだ。)
動物の毛は短く、靴下などに引っかかったりしてうっとおしいものだ。

ところが、今、ペットの犬種として一番人気のトイプードルは、
まったく毛が抜けないのです。
毛が抜けないまま伸び続けるのです。
だから定期的に「トリミング」という犬の床屋に連れって行って毛を刈ります。
だから、トイプードルは野生では絶対に生きていけません。
大体二ヶ月くらいで目を覆うぐらいにまで毛が伸びてしまって、
あんな勢いならば半年もすれば毛がすさまじく伸びて、
目も見えず、歩けず、エサも食べられず生きていけなくなってしまうでしょう。
トイプードルという犬は、
人間が「犬は毛が抜けると汚いから。」と言って、
毛が全く抜けずに伸び続けるDNAの犬種を造ってしまったのです。
考えてみれば残酷なような気もします。
しかし、ひょっとしたら絶対に毛が抜けずに伸び続けるDNAが
うらやましいと思うお父さんもいるかもしれません。
(私もてっぺんが薄くなってきた。。。)

我が家のトイプードルのリンダは、
昨年の12月に、いつもの動物病院でトリミングをしてもらったのですが、
いつものように2か月後の予約が満員で取れずに、
3月2日の予約になってしまったのです。

3か月間毛が伸び続けるのは初めてで、
どんなひどいことになるかと心配していたのですが、
こんなになりました。

画像(600x450)

今年初めて土曜日に仕事が無くて、
仕事が無いと時間はいっぱいあっても書くことが無くて
毎度の困った時のリンダネタでした。
(3月2日トリミングに行ったらまたかならず写真を撮ります。)

Posted   パーマリンク

2021年02月25日(木)

2.25.仕事をしないと死んでしまう。

軽自動車で有名なスズキ自動車のカリスマ
鈴木修氏が会長を辞任されました。
91歳だそうです。
鈴木修氏はずいぶん前に一度引退されたことがあるが、
復活されて延べ40年間スズキ自動車のトップを務められた。
91歳の鈴木修氏はオンラインの記者会見で、
いかにも91才の老人らしく、たどたどしい言葉で話していたが、
頭脳は明晰でいまだに鋭い発言をされるのだそうだ。
さらに会見の席から立ち上がる時は、
「よいしょ」とも言わずにスッと立ち上がった。たいしたものだ。
91歳でやっとトップを引退するといっても、なお相談役に就任するという。
「仕事をしていないと死んでしまう。」とも言っていた。
重ね重ねたいしたものです。

私ももうすぐ69歳になるが、
あの91歳の爺さんからすれば私なんかヒヨッコもいいとこで、赤ん坊みたいなもの。
でも、私の知っている同年の人はすべて引退していて仕事をしていない。

私も社長から会長に引いた時に、
いずれは早いうちに引退しようと思っていたが、
私の今のポジションと、今のスタンスが非常にうまく行っていて、
仕事がやたらと忙しくなって、会社の発展に加速がついてくると、
仕事にやりがいがますます増してきて
元々、私は仕事が大好きなので、
どこかのタイミングで本格的な引退をと思っていても、
この仕事漬けの毎日が無くなるのは、想像しただけでもいやだとも感じるのです。

私は、昔から、「死ぬまで仕事をして、
仕事をしながら、バタンと倒れて死ぬんだ。」と言ってきたが、
本当にそんなことになったら、
スムーズに事業が承継できないし、
死ぬまでにはやっておきたいと思っている事も、
仕事をしながらではまともに出来ないだろうと思うと、
今のままで続ける訳には行かない。
そうは思うが、
やっぱり仕事が無くなる生活はすごくいやだ。

91歳にしてなお相談役に就任して
「仕事をしないと死んでしまう。」と言い放つ鈴木修氏がすごくうらやましく思えた。

Posted   パーマリンク

2021年02月23日(火)

2.23.仕事が出来る者ほどよく働き、よく報われる。

今日は火曜日ですが、祝日なので火曜定休のLABOも営業です。
でも、本社の事務所は休みになっていてほとんどの事務員さんはいません。
この会社の社員の大多数に当たる522名はLABOに勤めていて、
土日は繁忙日なので全員出勤で、週の平日に二日休み。プラスα
事務所は土日+祝日休みです。
営業・インストラクタースタッフは土日休みのはずですが、
臨時のスクールや色々な用件があるので休日は少なめです。
だから、LABOのスタッフと同じように1月or2月に1週間休みを取ります。

社員は年に114日の休日を取るようになっていますが、
LABO店舗がここ何か月か連続で前年比150%などの賑わいになっていて、
昨年8月から中途入社を募集し始めて12月までに約100名入社して、
今年になってからも十人以上が入社して522人になり、
昨年から比べると約120%に増えているのですが、
売上げもおおよそ150%になっているので、
結果的に人時生産性が前年比127%となっていて、
みんな大変忙しくなっています。

ただ提供するサービスが高付加価値化していて、
1台当たりの単価が前年比約120%に上がっているので、効率化も成っていて、
スタッフの間に悲壮感や疲労感はあまりなくて済んでいるようです。
しかし、人手が足りなくなっていることには違いなく、
四月に入ってくる新卒の70名の入社を待つまでもなく中途採用は今なお募集中です。

営業部や企画チーム、製品部の連中も祝日の今日も出社して
それぞれ何かしらを忙しく仕事しています。
特に営業はこの時期からどんどん仕事が増えているので、大変です。

そんな状態なので、
これから春を迎えてますます忙しくなってくるのを予測して、
LABOの部長が三月の応援要請を事務所のスタッフにしていて、
事務所のメンバーがそれに応じていました。
特に総務のメンバーはLABOの経験者が多く、
LABOからのSOSにじっとしていられないようだ。


9名のデザイナーが、
新しい顧客のニーズに応えるべく、
新しい製品カタログと販促カタログの打ち合わせに、
遠い地の者はZoomで、全員、集まっています。

画像(600x400)

仕事が出来る者ほどよく働き、よく報われる。のです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2021年02月22日(月)

2.22.相手を感じない間接的な言葉のむずかしさ

あるIRで、スモールミーティングとして、
多数の投資家の方とのインタビューをお受けしたのですが、
電話会議のシステムを使って、
でも最初は、先方の方の声は聞こえず、私が一方的に四半期の報告をして、
反応が全くないまま話を続けることが非常につらかったのですが、
まとまらないまま一応の話を終えました。

しかしそのあと
皆さんの質問をお受けして私が回答するのですが、
皆さんの質問を、皆さんから直接ではなく、
司会の女性スタッフの方から間接的に質問されたので、
その質問のニュアンスが判らなくて、
非常に苦しいコミュニケーションを経験しました。
最後に出席の皆さんから直接のご質問をお受けして、
やっと普通のコミュニケーションになったのですが、
相手が電話口の向こうにいて、こちらの話を聞いているのに、
その人から直接ではなく、他の人の言葉で間接的に聞かれることの不自由さ、
難しさについイラッイラッとして、
丁寧さを失ったのは、参加者の皆さんには本当に申し訳なかった。

あの形式のコミュニケーションは、コロナ対策であったにしても、
これからは、もう出来ないな。と思ってしまいました。
コミュニケーションは書かれた言葉での文章でも出来るが、
それを淡々と読まれてしまうと、返って、
コミュニケーションが成り立たなくってしまうことを初めて経験しました。

英語とかドイツ語での通訳さんを介したコミュニケーションは、
最初慣れていなかった頃、不自由を感じましたが、
何回か繰り返しているうちに慣れてしまい、
今は何とも思いませんが、
相手の姿が見えない状態で、
相手の言葉を、誰か知らない人に読まれてのコミュニケーションは、
もう無理だと思いました。

コミュニケーションは、やはり相手の姿が見えるか、
相手の声が聞こるかしないと、
外国語での間接的なコミュニケーション以上に、
なかなか成り立たないものだと初めて知った経験でした。
暗闇の中で、他人の言葉を相手のコミュニケーションは、
私には無理でした。
よほどの状況でも、誰とでもコミュニケーションを待つ自信があるつもりですが、
こういうのは、さすがに、もうやめておこうと思っています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

3

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.