谷 好通コラム

2021年02月23日(火)

2.23.仕事が出来る者ほどよく働き、よく報われる。

今日は火曜日ですが、祝日なので火曜定休のLABOも営業です。
でも、本社の事務所は休みになっていてほとんどの事務員さんはいません。
この会社の社員の大多数に当たる522名はLABOに勤めていて、
土日は繁忙日なので全員出勤で、週の平日に二日休み。プラスα
事務所は土日+祝日休みです。
営業・インストラクタースタッフは土日休みのはずですが、
臨時のスクールや色々な用件があるので休日は少なめです。
だから、LABOのスタッフと同じように1月or2月に1週間休みを取ります。

社員は年に114日の休日を取るようになっていますが、
LABO店舗がここ何か月か連続で前年比150%などの賑わいになっていて、
昨年8月から中途入社を募集し始めて12月までに約100名入社して、
今年になってからも十人以上が入社して522人になり、
昨年から比べると約120%に増えているのですが、
売上げもおおよそ150%になっているので、
結果的に人時生産性が前年比127%となっていて、
みんな大変忙しくなっています。

ただ提供するサービスが高付加価値化していて、
1台当たりの単価が前年比約120%に上がっているので、効率化も成っていて、
スタッフの間に悲壮感や疲労感はあまりなくて済んでいるようです。
しかし、人手が足りなくなっていることには違いなく、
四月に入ってくる新卒の70名の入社を待つまでもなく中途採用は今なお募集中です。

営業部や企画チーム、製品部の連中も祝日の今日も出社して
それぞれ何かしらを忙しく仕事しています。
特に営業はこの時期からどんどん仕事が増えているので、大変です。

そんな状態なので、
これから春を迎えてますます忙しくなってくるのを予測して、
LABOの部長が三月の応援要請を事務所のスタッフにしていて、
事務所のメンバーがそれに応じていました。
特に総務のメンバーはLABOの経験者が多く、
LABOからのSOSにじっとしていられないようだ。


9名のデザイナーが、
新しい顧客のニーズに応えるべく、
新しい製品カタログと販促カタログの打ち合わせに、
遠い地の者はZoomで、全員、集まっています。

画像(600x400)

仕事が出来る者ほどよく働き、よく報われる。のです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2021年02月22日(月)

2.22.相手を感じない間接的な言葉のむずかしさ

あるIRで、スモールミーティングとして、
多数の投資家の方とのインタビューをお受けしたのですが、
電話会議のシステムを使って、
でも最初は、先方の方の声は聞こえず、私が一方的に四半期の報告をして、
反応が全くないまま話を続けることが非常につらかったのですが、
まとまらないまま一応の話を終えました。

しかしそのあと
皆さんの質問をお受けして私が回答するのですが、
皆さんの質問を、皆さんから直接ではなく、
司会の女性スタッフの方から間接的に質問されたので、
その質問のニュアンスが判らなくて、
非常に苦しいコミュニケーションを経験しました。
最後に出席の皆さんから直接のご質問をお受けして、
やっと普通のコミュニケーションになったのですが、
相手が電話口の向こうにいて、こちらの話を聞いているのに、
その人から直接ではなく、他の人の言葉で間接的に聞かれることの不自由さ、
難しさについイラッイラッとして、
丁寧さを失ったのは、参加者の皆さんには本当に申し訳なかった。

あの形式のコミュニケーションは、コロナ対策であったにしても、
これからは、もう出来ないな。と思ってしまいました。
コミュニケーションは書かれた言葉での文章でも出来るが、
それを淡々と読まれてしまうと、返って、
コミュニケーションが成り立たなくってしまうことを初めて経験しました。

英語とかドイツ語での通訳さんを介したコミュニケーションは、
最初慣れていなかった頃、不自由を感じましたが、
何回か繰り返しているうちに慣れてしまい、
今は何とも思いませんが、
相手の姿が見えない状態で、
相手の言葉を、誰か知らない人に読まれてのコミュニケーションは、
もう無理だと思いました。

コミュニケーションは、やはり相手の姿が見えるか、
相手の声が聞こるかしないと、
外国語での間接的なコミュニケーション以上に、
なかなか成り立たないものだと初めて知った経験でした。
暗闇の中で、他人の言葉を相手のコミュニケーションは、
私には無理でした。
よほどの状況でも、誰とでもコミュニケーションを待つ自信があるつもりですが、
こういうのは、さすがに、もうやめておこうと思っています。

Posted   パーマリンク

2021年02月21日(日)

2.21.自分自身のゴールは設ける必要性がある

私の母の妹にあたる人、つまり私のおばさんが亡くなりました。
90才、老衰で静かに眠るように亡くなった大往生だったそうです。
世代として一代上の人がだんだん亡くなって、
もう数えるほどしか残っていなくなってきました。
私の同じ代の人である「いとこ」でも、もう亡くなっている人もいる。

人間いつまでも生きていられるものではない事は分かっていても、
つい、目の前の事ばかりを見てしまって、
自分にも終わりがある事を忘れてしまうが、
時間だけは一切の遅滞なく進み、着実に自分も死に向かっている事を思い出す。

この会社は創業してから約36年間、
毎年必ず、前年比120%前後で伸び続けてここまでやってきました。
途中でドカンと急成長したことはなく、毎年、淡々と120%upです。
このままでは、どこまで行くのかさっぱり分かりません。

毎年上がるということは、乗数で上がって行くことで、
それが、たとえば120%でもあっても、
4年で2倍、
7年後には3.835倍になり、
わずか13年後に10倍以上になってしまうという事。
現に、この会社は創業以来35年間120%を続けたら2,000倍になっている。

毎年の成長を重ねて行く経営パターンは遣り甲斐があって楽しいが、
楽しさと遣り甲斐に身を任せていても
自分にいつかは「終わり」が来て、
自分自身はそこで止まらなくてはならないことを思い出します。
だから、私も、
自分としての「ゴール」を設ける事をしなければならない。
と、
改めて思ったのでした。

画像(640x452)・拡大画像(701x496)

Posted   パーマリンク

2.21.夕方、CoCo壱番屋が満席でした。

昨日はとっても疲れました。
朝のトレーニングから「今日はきついなぁ」と思ったのですが、
一週間の疲れがたまるようになったのでしょうか。
これはきっと年齢のせいなのでしょうとも思うのですが、
半期決算後ということもあって、スケジュールも詰め込み過ぎでした。

その上、今週最後になった昨日午後からのセミナーはタフなものでした。
その会は、個人投資家としてはたいへん若い方々の有志の集まりで、
それぞれの利害関係もなく、
だからもちろん上下の関係もなく、
ムードとしては、昔、私も参加したことのあるサークルのような、
あるいは、大昔、私も参加したことのある学生運動の集会のような、
決してふざけたムードはまったく無いが、
一人一人が静かにすごく明るい健康的で知的な集団でした。
「株好きが自然に集まった会」だそうです。
栄の貸会場でざっと見て約100名の方が出席され、
ライブのWeb配信をご覧になっている方が約200名位いると聞きました。
(後から来たお礼のメールによると来場80名とオンライン140名で計220名だったそうです。)

私の決算報告自体は簡単に済ませて、
みなさんからご質問を多く受ようと思っていたのですが、
いざ話し始めると、この日は特に、
話があちらに行ったりこちらに行ったりで、
何とか本題に戻したりしているうちに1時間ぐらい話してしまい、
よく解らない散漫な話のままでイカンなぁと思いつつ終わって
質問をお受けする時間にしました。

普通、こういうセミナーではこちらの話が45分で、
ご質問をいただく時間を15分ぐらい充てるのが標準的ですが、
この会での質問と答えのやり取りは1時間半くらい続いたのです。

みなさん事前の調査学習は大したもので、
KeePerの事や会社の事を実によく知っていて、
的外れの質問などまったく無く、
どれも真剣に答えなくてはならないものばかりで、
しかし意地悪な質問や、悪意を感じるような質問はまったく無く、
一生懸命になって、真面目に応えたくなって
いつの間にか、あっという間に時間が経ってしまったものです。

とってもいい会でした。
彼らが次の代を引き受けてくれるのだったら、未来は良いのかもしれません。
しかし、
めちゃくちゃ疲れました。
筋肉的な疲労の無い神経的な疲れは、言いようのない疲れで、
会社に帰る時間が長く感じたものです。
その会社に帰ってから、もう一つ神経を集中させるような仕事を片付けて、
さぁ帰ろうと車に乗ったら、
無性にすごく辛いカレーを食べたくなったのです。

疲れ、とりわけ神経の疲れは、
スパイスの効いた辛いカレーを欲しくなるのでしょうか。
それもインド料理みたいにコースでの注文を求められるような面倒なものではなく、
いつでもどこでも間違いのない味を期待できて、
さっと食べれるCoCo壱番屋が一番行きたいと思ったのです。
少なくとも味で裏切られることは絶対にないという期待が持てます。

午後7時近くに行ったCoCo壱番屋は、ほとんど満席でした。
緊急事態宣言発令中なのでCoCo壱番屋も午後8時迄の営業なのでしょうか。
だから、午後7時には満席になっていたのでしょうか。
でも時短営業についてはなんも書いてなかったような気がしますが。
気が付かなかっただけでしょうか。

いずれにしても、飲食業全般の苦境が伝えられるコロナ禍の時代に、
CoCo壱番屋はいつも混んでいるような気がします。
なぜなんでしょう。
色々と要素はあるでしょうが、
勿論、”おいしいから”です。それが一番でしょう。

私たちのKeePerもそうありたいと思いました。

Posted   パーマリンク

2021年02月19日(金)

2.19.かえって懐かしい気分になって、新鮮です。

今日は、朝からミーティングがほぼ1時間刻みで続き、
Zoomを使ったり、電話会議を使ったり、直にお会いしたり、
膝突き合わせての相談であったりと、
内容が毎回違うだけでなく、相手も、手段も毎回変わり、
なんか頭がものすごく疲れた日でした。
体は全く疲れていないのに、
家に帰ってからしばらく話がしたくなくて、
家の者が心配して話かけてきても、あまりたくさん話が出来なかったのです。
今日が金曜日であって、5日続けてたくさんの話した後だったからでしょうか。
明日は、名古屋の一般の方が集まる会があって、
皆さんのご質問に答えることになっています。
この会の様子はオンラインでも流されて、
全部で200名もの人が参加される予定です。

考えてみれば、
昨日のようなプロの方が集まるような会でも、
オンラインでやれば、たくさんの人に聞いていただけるので、
今年の10月に開かれるであろう通期の決算報告会には、
ぜひオンラインで公開しようと思いました。

それが終わると、やっと明後日の日曜日はお休みです。
私は、どちらかというと、仕事が大好きでお休みの日が苦手なのですが、
ものすごく久し振りに、お休みが待ち遠しく感じた一週間でした。
こんな気持ちになるのは、
36年前、独立する前にまだサラリーマンだった頃以来本当に久し振りです。
かえって懐かしい気分になって、新鮮です。


本文とは全く関係なく
信じられないほど仲がいい小ミミとリンダ

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.