谷 好通コラム

2021年02月03日(水)

02.03.こんなことも前年比150%が続く訳の一つか

昨年4月の新型コロナ禍による緊急事態宣言以降、
休業によっていったん落ちた前年比実績が、
5月にその反動のような上昇を見せて、6月を越して7月以降、
基本的に前年比150%のペースが出来て、それが続いています。
その訳は、いくつもあって、それらが複合しているのでしょう。

1つには、車がハイブリット車など環境対応仕様の車が増えてきて、
比較的高価格になり、長く乗らなくてはペイしないので、
みんなが車を大切にするようになって、
KeePerのようなサービスの需要が増えてきた。
本当はこれが基本的な方向性であり、ここにある。

そして、新型コロナ禍以降、清潔とキレイに対する志向が強くなっている事。

さらに世の中の人が、マスメディアなどでの宣伝よりも
SNSなどの口コミによる評判を需要視するようになって、
ユーザーにとって本当に良いと思えたKeePerが注目されて伸びている。
宣伝広告もテレビ広告以外にWebを使った広告に切り替えたことも一因だ。

そしてこちら側の問題で、
8月以降、この伸びが続くことに気が付いたので、
中途採用で人員を急遽100名確保して、需要の伸びに対応できた事。

意外と大切な要素は、
キーパーの作業環境の整備と更新を常に行っていること。
最初は1台分とか2台分のコーティングブースが当たり前だったのが、
最近では5台分とか7台分のブースを持った店舗が増えてきて、
需要の増加に応えることが出来るようになってきている。

そのブースも冷暖房はもちろん、
屋根と天井も断熱処理も当たり前になってきて、
真夏での作業環境が大幅に改善されてきている。
それに伴って、キーパーコーティングの質も上がっていることが想像される。

今月、店舗が拡充される「大須店」は、
10年以上前に、小さな車買取りショップを改造して、
コーティングブース1台の店舗としてオープンした。
その時の店長は現在の取締役営業部長の三浦君だった。
その時の成績は良かったのか。 ・・・・・・・・・そこそこであった。

それが、6年ほど前に裏の土地が追加で借りられて拡張した機会に、
テントで4台分のコーティングブースを設置して、
とうとう年末には1,000万円を超すようになってきた。

更に広く土地が借りられたので、
みんなで相談して、さらに3台分のコーティングブースが追加されて、
道路からの視認も一層良くなる予定だ。
当然「予算」も上がる・・はずである。

画像(600x327)
画像(640x306)・拡大画像(800x383)

こんな既存店の拡充や、改良の工事は常にどこかの店舗で行われている。

現在の84店舗中、二番目に古い「知立店」は、
借りている敷地が今に約二倍に広がって、
無理して二台分であったブースが、一挙にブース5台分を持った店舗になる。

画像(640x452)・拡大画像(800x565)

関東の「浦和美園店」は、敷地が倍になって、
ギリギリ3台分のブースが、8台分のブースになって、
この春、再デビューする。
期待は大きく、新装再デビューの浦和美園店のターゲットは足立店だそうだ。

今年は三月以降立て続けに新店がオープンすることになっているが、
毎月二回開かれる店舗プラン会議では、
採用された物件に対する新店舗の企画デザイン、コンセプト作りと同時に、
毎回、必ず既存店の改良プランもたくさん上がってくる。
その会議には、
店舗部スタッフはもちろん、
私と社長とLABOの最高責任者である専務は必ず全員出て、
本当に熱心に時間をかけて議論する。
一回の店舗プラン会議では、
いつも最低5店舗は、新築、改善、改造が議題になって、
いつも盛り上がる。

既存店の実績増加は、
単に宣伝広告の結果ではなく、実は、地味な、しかし確実な改善、改造に、
いつも力がそそがれ続けていて、
確実に既存店全体がパワーアップしていることにもある。

しかし、最も大きて重要な要因は、
勿論、約500名になったスタッフたちの心の中にある事は言うまでもない。

Posted   パーマリンク

2021年02月02日(火)

02.02.言い訳です。

今日は、朝から会議が途切れなく続いて、
一つ一つを大切に議論していたら、
帰宅が夜9時を過ぎてしまって、
それから晩御飯を、差し入れでもらった恵方巻を食べたら、
くたびれてしまったのか、すごく眠たくなってしまったので、
昨日、今日書くとコラムに書いた「前年比150%が続く本当の訳」は、
明日の夜、(かならず)書くことにしました。

年が明けてからずっと、みんなで集中して議論すべき事が多くて、
体を動かしている訳でもないのに、
すごく疲れるようになりました。
脳みそは、体の中で一番エネルギーを使う臓器だと聞いたことがありますが、

本当にそうかもしれませんね。

とか、なんとか、言い訳を書いて、
今日はもう寝ます。すみません。


写真は明日の話の一部

画像(600x327)
画像(640x306)・拡大画像(800x383)

Posted   パーマリンク

02.01.2021年1月、KeePer LABO販売実績の主観的報告

みんなが昨年1月頃から12か月間も頑張ってきた新型コロナ禍も、
ワクチンの開発で、あと数か月で一旦収まる目途が立ってきました。
もうちょっとです。
しかし安堵感で気が緩んで感染してしまったら、
これまで頑張ってきた努力が元も子もありません。
もうちょっとだからこそ、今まで以上の緊張感を持って感染対策を行動して、
みんなで無事にこの禍を切り抜けるように頑張りたいと思います。

さて、今年もはや1月が終わって、
今日はキーパーラボ直営店の販売実績報告です。

【前書き】
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。



今年の1月は、84店舗全店で
前年同月比154.2%で359,949千円を売り上げ、
前年実績のある既存店80店舗では、
前年同月比148.2%で346,108千円の売り上げでした。

前年から続いている前年比150%の流れが続いています。
昨年4月の新型コロナ禍による緊急事態宣言に応じて
関東のLABO店舗を休業し全体で前年同月比を32%も減少させて以来、
5月からはその反動での前年対比増加が続きました。
しかもその増加現象がエスカレートして、
7月、8月以降は前年比150%のペースになって、
前年消費税増税の影響を除けばそのペースは続き、
とうとう年を越して翌年の1月まで前年比150%が続いたわけです。
当然、もはや休業の反動とは関係なく、
マーケット全体がKeePerを求めてくれるようになったと考えるべきです。

新型コロナ禍による社会現象の反映としての増加も少なからずありますが、
昨年の後半くらいから、
新車を購入したばかりのお客様が、
新車ディーラーでのオプションコーティングを断って、
自らKeePer LABOの店頭にその新車を持ち込み、
EXキーパーやダイヤモンドキーパーなどを注文されるケースが
目立って多くなってきました。
その傾向が、平均単価を大きく押し上げてきた大きな要因になっています。

この1月は、関東地方に雪が積もったなどの要因もあって、
車の汚れが目立ち「洗車」での来店が目立って増えたので、
来店台数が前年同月比148.2%と大幅に増えました。

画像(640x132)・拡大画像(800x165)

しかし、このような場合には単価の安い洗車の増加によって、
平均単価が著しく落ちるのが常なのですが、
ここ数ヶ月は高価格コーティングなどが目立って増えているので、
洗車での来店増にも変わらず平均単価は11,131円/台と
前年同月108%で踏ん張っています。
その結果、
台数148.2%✖単価108%=売り上げ154.2%と、大幅増加に寄与しています。

画像(640x328)・拡大画像(800x411)

この年、1月のもう一つの特徴は、
1月は年間で一番の閑散期にもかかわらず生産性の維持が出来ていることです。

8月から11月にかけて中途採用社員を100名採用しています。
その結果、KeePer LABOに属するスタッフは
東西LABOで495名となり、1年間で98名増えています。
これはLABO全体が前年比150%のペースで売り上げが上がってきたため、
急遽、募集したものであり、しかしこの増員のおかげで、
この12月には8億円を越す大きな売り上げを記録することが出来ました。
この時の人時生産性が8,469円/人時です。ギリギリ限界に近い生産性です。
前出の100名緊急採用であった上に、この高い生産性があったからこそ
84店舗で8億円を超す記録的な実績になったものです。

しかし、495名のスタッフの中に契約社員としている者は無く、
繁忙期を越しても誰一人として雇用を解除された者はいません。
しかも自ら辞めて行く離職率は1年間で約8%に過ぎず
1月も、ほぼそっくりそのままの人数が残っています。

しかし、年間一番の閑散期であるこの1月は、
前年比が150%を越していても、
売り上げの絶対額は、12月に対して44.7%にしか過ぎません。
当然人が余ってくる訳ですが、人余りは店舗の健全性に深刻な害毒となります。
しかし、入社した100人はこれからの近い将来に絶対に必要となってきます。

この会社には、以前から、繁忙期12月を乗り越えた翌1月と2月にかけて、
1週間連続休みを取るようになっています。
と同時に有給休暇も取ることを奨励しています。

1月2月は、どの店も、一人や二人誰かが休んでいるのです。
そんなことを実行して、
1月の人時生産性は6,565円/人時、前年比121%で仕上がっています。
前月の繁忙期ピーク時の8,469円/人時に対して77.5%を確保しています。
2月も同様にコントロールできるものと考えています。

さらに、この4月には新卒新入性が70名入ってきますが、
4月、5月、6月にLABO新店が5店舗オープンの予定であり、
さらに営業部がらみで、多くの人材が必要となってくるので、
現状+70名でもまだ十二分ではありません。

画像(640x523)・拡大画像(800x654)
画像(640x433)・拡大画像(800x542)
画像(640x585)・拡大画像(800x732)
画像(640x537)・拡大画像(800x672)
画像(640x360)・拡大画像(800x450)

では、肝心な、なぜ前年比150%が続いているのか、その秘密について、
明日、じっくりと書きたいと思います。

Posted   パーマリンク

2021年01月30日(土)

1.30.今日はインタープロトスポーツ(IPS)の最終戦

今日は富士スピードウェー(FISCO)で、
インタープロトスポーツ(IPS)2020年シリーズの最終戦でした。
年を越してしまいましたが、正真正銘2020年シリーズの最終戦です。
IPSの2020年シリーズは、
元々、FISCOが東京オリンピックの自転車競技会場になっていたことと、
新型コロナウィルス禍のせいで、
大幅にスケジュールを遅らせたので、最終戦が年を越してしまったのです。

日本一の高峰・富士山の麓にあるFISCOで1月30日とは、
どんな厳寒の中でのレースになるかと思って覚悟していましたが、
今日はたまたま意外と暖かくて、ちょっと拍子抜けでした。
IPSの最終戦は、
例年、ここで多少ぶつかったりしても、
最終戦なので何とかなるという安心感があるのか
かなりシビアなデッドヒートになる傾向があって、
やじ馬からすると、大変スリリングな面白いレースになります。
もちろん、今年も期待通りの大バトルで大変面白いレースとなりました。

とはいえ、KeePerは2019年からIPSシリーズの冠スポンサーになって、
宣伝活動をやってきて、それなりの効果を出してきたのですが、
2020年は、無観客レースであったり、
ピットに誰も近寄れなかったりして、宣伝活動はまったくできず
宣伝効果もほぼゼロで、この年のスポンサー代はまったくペイしませんでした。
2021年はどうしましょう。

2021年も同様の状態からのスタートでしょう。
とは言いつつ、こういう考え方も出来ます。
新型コロナウィルス感染症は、
去年1月から始まって丸1年我慢してきました。12ヶ月です。
それが、2月末から始まるという”ワクチン接種”によって、
意外と数か月で劇的に収まってくるのではないでしょうか。

楽観的過ぎるかもしれませんが、
あるいは、そんなに早く集団免疫の状態にはならないのかもしれませんが、
緊急事態宣言発令中の今でも、
三密を避けたり、マスクをきちんと着けたり、手洗いを徹底していれば、
こんなにひどい蔓延状態でも新型コロナウィルスに感染しないと言えるし、
ワクチンが重症化リスクの高い人から順に接種されていけば、
身の回りから重症化する人がいなくなって、
新型コロナウィルスに感染しても、
無症状か、軽い風邪態度の人ばかりになって、
社会全体から、恐怖が急速に無くなって行くのではないでしょうか。
すると、
重症化リスクの低い人までワクチン接種されるような時期になれば、
今のインフルエンザの予防接種程度の認識になって、
数か月後には、
社会から新型コロナウィルス禍の認識が消えてしまうのではないでしょうか。

10年前の2011年3月11日、
東日本大震災があり、特に東北地方で壊滅的な被害が発生して、
みんなが元の生活に戻ることが出来るような発想にすらなれなかったのに、
あんなに短い期間にほとんどの地域において、見事に復興しました。
あの凄まじい悲劇に比べれば、
この1年間続いている新型コロナウィルス禍は、
あと数か月で、ワクチンの普及とともに消えて行く禍でしかありません。
更に経済的なダメージも、
飲食関係の方や、旅行に関わる産業の方など、
社会全体からすれば一部の人に限られ、
社会全体としてのダメージは、それほどのものではないので、
東日本大震災のそれよりは過少でしょう。

東京オリンピックも開かれることを前提にしてすべてが動いています。

2021年を悲観的に考えても、何も始まりません。
新型コロナウィルス禍は、12か月も我慢してきて、
あと数か月で開放されることを前提に、発想と行動を考えて行くべきです。

IPSの2021年シリーズも、スーパーGTも、
そんな発想で、対処していきたいと、そう思いました。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

Posted   パーマリンク

2021年01月29日(金)

1.29.約200名のZ00MでのWeb会議は抵抗が無かった。

昨日、店舗のチーフ以上、営業や事務所の主任以上の社員、
約200名を、県ごとの拠点に集め、
それをZOOMでつないで、2021年キックオフのミーティングを開きました。
画像はPCで見ながら、
でも音声は、ZOOMは途切れ途切れになって聞き取れないので、
電話回線を使った電話会議のシステムを使い明瞭な音声を確保しました。
総勢約200名を25画面でみても、
それが誰なのか全く分からないだろうと思っていたのですが、
意外とシルエットで何となく判るものです。
無茶かとも思われた200名でのZOOM会議は、まず成功だったと思います。
少なくとも、話はよく通じ、
臨場感もそこそこあって、目的は達せられたのではないかと思えました。

そこで、私は最初に10年後の話をしました。
10年後「こうなっている」「何を目指している」を話すと、
あまりにも突拍子もないので、
あまり人に話したことはないのですが、
なぜそうなるかを一つ一つずつ話していくと、みんな納得して、
今、自分たちがやっている事を理解した様子で、話して良かったと思います。

ZOOMは、機関投資家さんとのIR(インベスターリレーション)で使い初め、
徐々に社員間でも使い始めたものですが、
最初は、音声が不安定で、モニターでの画面も不慣れで、
こんな事ではまともなコミュニケーションは取れないと悲観的でしたが、
何度も使っているとだんだん慣れてきて、
音声も電話会議システムを併用するようになって安定し、
何も不自由を感じなくなり、お互いに移動しなくてもいい利便性が勝ってきて、
ちょっとしたミーティングでもZOOMでのWeb会議になっていて、
とうとう200名での大会でもWebを使うようになった訳です。
もちろん新型コロナウィルスの感染防止の為です。

しかし、これに慣れてくると、
誰もがほとんど移動しなくていい利便性が勝って、
時間が大幅に節約できることと、
旅費交通費の節約に劇的な効果があることに魅力があって、
近い将来、新型コロナの”ワクチン”が普及して、今の大流行が終息した後でも、
この会議の方法はしっかり残るのだろうなと思うのです。

新型コロナウィルス感染症の大流行は、
人類に大きな不幸をもたらしていますが、
コミュニケーションのデジタル化を進めたという一つぐらい貢献もあったようです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.