谷 好通コラム

2021年01月30日(土)

1.30.今日はインタープロトスポーツ(IPS)の最終戦

今日は富士スピードウェー(FISCO)で、
インタープロトスポーツ(IPS)2020年シリーズの最終戦でした。
年を越してしまいましたが、正真正銘2020年シリーズの最終戦です。
IPSの2020年シリーズは、
元々、FISCOが東京オリンピックの自転車競技会場になっていたことと、
新型コロナウィルス禍のせいで、
大幅にスケジュールを遅らせたので、最終戦が年を越してしまったのです。

日本一の高峰・富士山の麓にあるFISCOで1月30日とは、
どんな厳寒の中でのレースになるかと思って覚悟していましたが、
今日はたまたま意外と暖かくて、ちょっと拍子抜けでした。
IPSの最終戦は、
例年、ここで多少ぶつかったりしても、
最終戦なので何とかなるという安心感があるのか
かなりシビアなデッドヒートになる傾向があって、
やじ馬からすると、大変スリリングな面白いレースになります。
もちろん、今年も期待通りの大バトルで大変面白いレースとなりました。

とはいえ、KeePerは2019年からIPSシリーズの冠スポンサーになって、
宣伝活動をやってきて、それなりの効果を出してきたのですが、
2020年は、無観客レースであったり、
ピットに誰も近寄れなかったりして、宣伝活動はまったくできず
宣伝効果もほぼゼロで、この年のスポンサー代はまったくペイしませんでした。
2021年はどうしましょう。

2021年も同様の状態からのスタートでしょう。
とは言いつつ、こういう考え方も出来ます。
新型コロナウィルス感染症は、
去年1月から始まって丸1年我慢してきました。12ヶ月です。
それが、2月末から始まるという”ワクチン接種”によって、
意外と数か月で劇的に収まってくるのではないでしょうか。

楽観的過ぎるかもしれませんが、
あるいは、そんなに早く集団免疫の状態にはならないのかもしれませんが、
緊急事態宣言発令中の今でも、
三密を避けたり、マスクをきちんと着けたり、手洗いを徹底していれば、
こんなにひどい蔓延状態でも新型コロナウィルスに感染しないと言えるし、
ワクチンが重症化リスクの高い人から順に接種されていけば、
身の回りから重症化する人がいなくなって、
新型コロナウィルスに感染しても、
無症状か、軽い風邪態度の人ばかりになって、
社会全体から、恐怖が急速に無くなって行くのではないでしょうか。
すると、
重症化リスクの低い人までワクチン接種されるような時期になれば、
今のインフルエンザの予防接種程度の認識になって、
数か月後には、
社会から新型コロナウィルス禍の認識が消えてしまうのではないでしょうか。

10年前の2011年3月11日、
東日本大震災があり、特に東北地方で壊滅的な被害が発生して、
みんなが元の生活に戻ることが出来るような発想にすらなれなかったのに、
あんなに短い期間にほとんどの地域において、見事に復興しました。
あの凄まじい悲劇に比べれば、
この1年間続いている新型コロナウィルス禍は、
あと数か月で、ワクチンの普及とともに消えて行く禍でしかありません。
更に経済的なダメージも、
飲食関係の方や、旅行に関わる産業の方など、
社会全体からすれば一部の人に限られ、
社会全体としてのダメージは、それほどのものではないので、
東日本大震災のそれよりは過少でしょう。

東京オリンピックも開かれることを前提にしてすべてが動いています。

2021年を悲観的に考えても、何も始まりません。
新型コロナウィルス禍は、12か月も我慢してきて、
あと数か月で開放されることを前提に、発想と行動を考えて行くべきです。

IPSの2021年シリーズも、スーパーGTも、
そんな発想で、対処していきたいと、そう思いました。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

Posted   パーマリンク

2021年01月29日(金)

1.29.約200名のZ00MでのWeb会議は抵抗が無かった。

昨日、店舗のチーフ以上、営業や事務所の主任以上の社員、
約200名を、県ごとの拠点に集め、
それをZOOMでつないで、2021年キックオフのミーティングを開きました。
画像はPCで見ながら、
でも音声は、ZOOMは途切れ途切れになって聞き取れないので、
電話回線を使った電話会議のシステムを使い明瞭な音声を確保しました。
総勢約200名を25画面でみても、
それが誰なのか全く分からないだろうと思っていたのですが、
意外とシルエットで何となく判るものです。
無茶かとも思われた200名でのZOOM会議は、まず成功だったと思います。
少なくとも、話はよく通じ、
臨場感もそこそこあって、目的は達せられたのではないかと思えました。

そこで、私は最初に10年後の話をしました。
10年後「こうなっている」「何を目指している」を話すと、
あまりにも突拍子もないので、
あまり人に話したことはないのですが、
なぜそうなるかを一つ一つずつ話していくと、みんな納得して、
今、自分たちがやっている事を理解した様子で、話して良かったと思います。

ZOOMは、機関投資家さんとのIR(インベスターリレーション)で使い初め、
徐々に社員間でも使い始めたものですが、
最初は、音声が不安定で、モニターでの画面も不慣れで、
こんな事ではまともなコミュニケーションは取れないと悲観的でしたが、
何度も使っているとだんだん慣れてきて、
音声も電話会議システムを併用するようになって安定し、
何も不自由を感じなくなり、お互いに移動しなくてもいい利便性が勝ってきて、
ちょっとしたミーティングでもZOOMでのWeb会議になっていて、
とうとう200名での大会でもWebを使うようになった訳です。
もちろん新型コロナウィルスの感染防止の為です。

しかし、これに慣れてくると、
誰もがほとんど移動しなくていい利便性が勝って、
時間が大幅に節約できることと、
旅費交通費の節約に劇的な効果があることに魅力があって、
近い将来、新型コロナの”ワクチン”が普及して、今の大流行が終息した後でも、
この会議の方法はしっかり残るのだろうなと思うのです。

新型コロナウィルス感染症の大流行は、
人類に大きな不幸をもたらしていますが、
コミュニケーションのデジタル化を進めたという一つぐらい貢献もあったようです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2021年01月27日(水)

11.27.みんなで造ることの面白さと優位性

私はこの会社とKeePerの創業者です。
この会社とKeePerに関わるビジネスがここまで発展してきた過程において、
私の価値観と私のセンスでやって来たので、
ブレることなく、一貫性がある行動と働きが出来てきました。
ゼロから一つのものが出来上がる時は、
単一の価値観とブレることのない行動が必要だったのだろうと思います
しかしたまたま、
私のやった事が世の中の求めるものと一致して、
たまたま、運よく、たまたまの巡り合わせで、
こんな大きな会社になってしまったし、
たくさんの人にKeePerをご利用いただけるようになったものです。

私は天才でもなく、秀才でもなく、猛烈な努力の人でもなく、
ただの男で、
たまたま、相手の思ったことがよく分かる方で、
何をどうすれば、相手にとって嬉しいかどうかが分かる方で、
その共感性を元にやってきた仕事が、たくさんの人に受け入れられて、
また、多くの人との素晴らしいご縁に恵まれて、たまたま成功した訳です。

私の強みは、相手を思える力だと思っています。
だから受け入れられるかもしれません。
共感性が強くても、相手の思うことが感覚的に分かっても、
それにつけこんで詐欺まがいのトークをしてしまう人を見たことがあります。
もちろん、その人は、利益を我が物にする力はありますが、
じきに詐欺まがいの話を見破られて、信用をとことん落として、
店そのものの信用も落として、店にとって害でしかない存在になります。
そういう人を見たことがあります。
その反対をすればいいだけなのに。

共感性を持って仕事を進め、
相手が喜んだり、相手が成功する事に、自らの喜びを感じる事が出来れば、
何をすべきかの行動が解って、その手段も方法も決まってきます。

この辺の呼吸は、伝えようとしてもなかなか難しく、
その無力感と苛立ちに、若い子を傷つけてしまったことも何度もあります。
仕方なく、結局、また自分で感じて、自分で考えて仕事をしてしまうので、
自分の仕事をなかなか継承できないでいました。
自分の老いを感じるようになってきて、焦る気持ちもあるのですが、
ここしばらくで、いい方法を見つけました。
“みんなでやる”ことです。

進めたい物事ごとに
ある程度力があって、ある程度共感性を持った子を数人集めて、
最初は自分も入れて複数人で話し合い、
みんなでやらせると、私が自分でやるより良い仕事が出来ることがあって、
その組み合わせと方向付けで、いい仕事が出来る集団が出来上がるのです。
効率も決して悪くありません。

この会社が発展したのは、共感性に基づいた仕事が出来てきたからです。
それをみんなでやる事で継承できそうです。
これはある天才から学んだのですが、
あの人のようにまではとても出来ませんが、
ある程度の共感性は大抵の人が持っているので、
その見極めと組み合わせを間違わなければ、私にもある程度は出来そうです。

まだ時間はかかりますが、
出来そうです。
私も今仕事がものすごく充実してきて、
仕事がいっぱいできて、仕事が面白くて仕方なくなっています。
これをどう継承していくのか、
みんなでやる。が、解決してくれそうです。


【大須店】借りている敷地が広くなって、それをどう使うのか、
みんなで二度目の現地での相談です。
みんなでやったから、いい物が出来そうです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2021年01月25日(月)

1.25.なんにでも意味はあるが、意味がない事が楽しい事もある

キーパーコーティングは、最初、ピュアキーパーであり、
ピュアキーパーそのものをキーパーコーティングと言っていました。
そのピュアキーパーは、
「塗装面改善の方向性」というポリシーと、
理論で成り立っており、今もってそのポリシーは変わっていない。

今でもビュアキーパーが、ではなく、
ダイヤモンドキーパーからクリスタルキーパー、EXキーパーまで
すべてのキーパーコーティングの考え方は、
「塗装面改善の方向性」の意味をしっかり受け継いだ上で造られている。
だから、その施工作業の一つ一つにも意味があって、
決していい加減には造っていないのです。

しかしそんな事は、そのお車のユーザーにとってはどうでもいい事で、
要は、自分の車が「キレイ」になって、
それも払ったお金の価値以上に「キレイ」になって、
それが、自分の手間をそれほど掛けずに維持し続けられればいい訳です。
だいいち、車がキレイになること自体に何か意味がある訳ではない。
車は人や荷物を運ぶためにある道具であり、
その車がキレイであっても、
その機能が上がる訳でもない。
しかし「車がキレイになっていると事故が減る」とかの意味があったとしても、
運転者が安全運転をすればいい訳で、
車がキレイであっても無謀運転をすれば、事故を起こすこともあるだろう。

車をキレイにするのは、
何か意味があって、必要に迫られてする訳ではなく
キレイな方が気分がいいし、
キレイな方が楽しいからキレイにするだけで、
別に社会的な特段の意義がある訳でもなく、絶対的な必要性がある訳でもない。

車はキレイな方が気分が良くて、楽しいだけで十分なのです。きっと。
だからと言って、一見キレイになっただけで、
昔は、車の塗装を傷めるような商品が多かったのは
一時的にお客様の気分が良くなっても、
実はお客様の車の為になっていないことに、その商品の欠点を感じ、
そういう商品は、いずれ滅びると考え、
ならば、その反対のお客様の車の塗装を守るようなことをすれば、
その商品は、お客様に愛され、繁栄するに違いないと考え、
最初のピュアキーパーを造り、
それ以降もその考え、ポリシーを守って造ったので、
車の為になるキーパーコーティングが出来、
たくさんのお客様に愛されて、施工する側の人にも愛されて、
ここまで繁栄することが出来たのだと思うのです。

しかし、お客様にとって、その商品を買う動機は、
あくまでも、キレイであることが「楽しいから」である事を忘れません。
その楽しさと喜びを共有できれば、キーパーの勝ちです。
キーパーの本質はお客様のお車を大切にして、
お客様のお車の為になる事をするところにあるのですが、
キーパーを介して、お客様とサービスを提供する側の者が、
キレイさを楽しみと喜びを共有するところに継続があって、
お互いに繁栄できるのでしょう。
キレイそのものには意味がないとしてもです。



意味がある訳ではありませんが、楽しそうでしょ。

画像(424x600)

Posted   パーマリンク

2021年01月24日(日)

1.24.大きな流れの変化の中で

地球温暖化対策で二酸化炭素排出を減らすことは、
すべての人にとって動かざる命題なのでしょう。

しかし、
地球規模の大きな気候変動である氷河期と間氷期の繰り返しの大波の中では、
二酸化炭素・CO2の増加による地球温暖化の問題は小さな波の問題であり、
CO2の排出の元である石炭や石油などの化石燃料は、
元々大気中にあったCO2が生命活動によって固定化されたものを、
燃やして再び大気中に放出しているだけだ。
しかも、
珊瑚によって石灰石(炭酸カルシュウム)に固定されているCO2の方が、
化石燃料に固定されているCO2よりも、はるかに多い。
と、
主張してきたトランプ大統領は落選しました。
そして正常にパリ協定にアメリカは復活しました。
アメリカも無事に地球温暖化問題解決の方向に復活したということだろう。

考えてみれば、
何百万年、何千万年、あるいは億年単位の
生物の進化のサイクルよりも大きなスパンで
ゆっくりとしたペースの氷河期と間氷期の大きな波と、
人間が引き起こしつつある
百数十年での極短期的な化石燃料の劇的な燃焼による地球温暖化問題とは、
例えば、人間の一生の問題と、
朝、何を食べるかの問題程に違う。
朝飯に自分の一生を賭ける奴はいないだろう

百数十年での劇的変化を、
何百”万”年サイクルの変化と比較して
大したことはないとする主張は馬鹿げているということだ。

だから、世界中で電気自動車などが開発されて、
化石燃料の燃焼を止めて、大気中のCO2濃度の増加を止めようとしているのは当然だ。
この大きな流れは、トランプの落選でまた止まらないことになったようだ。

何かの本で読んだことがある。
人類が滅亡は、
悪質な風邪ウィルスが、
熱帯化する地球の環境の中で猛威をふるって、
強烈な肺炎で人々は次々と死に絶えて行く可能性が一番高い。なんて、
ゾッとする話だが、
何もしなければ、簡単にこのストーリーは、
わずか数十年単位で進んでしまう。

人類が確実に進めようとしている
地球温暖化問題の解決のための大きな流れは、
人類の知性と理性によって、
大きな力となって行くことを、信じても良さそうだ。
私たちも、その流れの一部となって力を尽くしていきたいと思う。


Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.