谷 好通コラム

2021年01月09日(土)

1.9.意外と快適ZOOMで20人以上の会議。寒い中。

今日は朝から午後にかけて営業所長会議と、
その後、新事業部のマネージャーとの会議で午後6時半。
これで月曜日から六日間連続、朝から晩までの会議の連続で、
新しい年の営業戦略の徹底と、具体的な戦術を幹部たちと議論し、固めて行く。
毎年の事だが、今年は特別だった。
例年ならば、みんなが集まるのに時間がかかって、
すべてのスケジュールをこなすのに月半ばまでかかるのに、
今年は5日連続でやって、一週目で終わってしまった。
後は月曜日に仕上げの意味もある「取締役会」をやって終わりだ。

今年、こんなに早かったのは、ZOOMのおかげ。
コロナ禍が差し迫ってきて、
人の移動を最小限にするために、
取材から、打ち合わせ、普段の会議の時まで、
ZOOMを使ったリモートが当たり前になり、ある程度慣れてきたので、
しかも今は緊急事態宣言が出ている中だ。

今年は、例年のような社員全員が体育館などに集まる新年会はやめて、
少しずつ地域に集まるキックオフの会にしようと計画していたのも中止して、
今回のような幹部だけ10人以上が集まる分科会のようにした。
しかし大事な年初めの会議なので必ずこれはやろうとしていたのも、
急遽年初に、集まるのはやめZOOMにした。

こんなに大人数でのZOOMは初めてで、
実際のZOOMの一人一人の画面は小さなものだが、
みんながこちらを向いていて、みんなもそれぞれがみんなを前にして、
ちょっと慣れると、違和感はまったく無くなった。
みんなが実際に集まって、本当に議論しているように思える。
と、言うよりも、実際に議論が成り立つ。
正直言って、ZOOMは嫌いだった。
しかし、この正月の一週間、何度もZOOMで会議をやって、慣れてきて、
誰も移動する必要のない便利さの方がメリットに思えるようになった。
日本全国の会社が、今はこんな感じなのだろう。
テレワークの意味が解ったような気がする。

しかし、画面はともかく、
音声はインターネットでは途切れ途切れになって分りにくく不快なので、
音声だけ電話会議のシステムを併用しました。
これが一番快適で良さそうです。

画像(600x400)

今日は、名古屋でも最低温度マイナス3.7℃になって、震えあがりました。
富山の娘から、昨日の雪からまたさらに積もって
1mを越す積雪の様子の写真が送られてきました。
凄すぎて気が重くなってしまいますが
一緒に写っているひかりちゃんの笑顔に救われます。

画像(412x550)

Posted   パーマリンク

2021年01月08日(金)

1.8.仕事始めからの一週間

私たちの商売は、12月が1年の中で一番忙しいシーズンで、
他の月の約2倍の売り上げがあります。
しかし、その翌月からの1月と2月が、
それぞれ普段の月の約半分しかないので、二ヶ月で一か月分となって、
結局、12月(二ヶ月分)と1月(半分)と2月(半分)で三か月分になって、
帳尻が合うことになるのです。

だから、12月の超繁忙期に、きっちり二ヶ月分をこなせないと、
翌月からの閑散期の減少分を補えず、
3か月分としてはマイナスになってしまうので、
12月は真剣に人も集めて、やれるだけの仕事を精一杯こなすことになる。
冬眠前の熊が、秋に腹いっぱい食べて体に精一杯脂肪を貯めるようなものか。
だから12月は、全員が稼ぐことに全力で集中する。

普通、12月の年末に翌年の準備をするのが当たり前だが、
私たちは12月はひたすら稼ぐことに集中して、
年が明けて最初の一週間で、
その年の準備をバタバタっとすることが一つの習慣になっています。

今年も、仕事始めの4日から毎日、一週間、
朝から夜までかかって、各部署の責任者たちがそれぞれに集まって
喧々諤々と議論して準備をします。
もちろん全員、厳重にマスクをしての議論です。

これは昨日、LABOのマネージャー達が集まって、
関東や東北のマネージャーはZOOMで参加で、
店頭で使う2021年版のメニューブックの最終修正をやっています。
細かい所にまで集中して見て仕上げて行くので、大変疲れます。

画像(600x400)

今日は、「ママさん応援プログラム」という新しい企画を、
新しいチームを立ち上げて、そのキックオフで議論しました。
面白い企画がスタートします。
その他もいっぱいの事がスタートするので、
いくら話し合ってもキリがありません。

明日は、土曜日ですが、
営業所の所長と新しい組織のマネージャー達が、
時間差で集まって、遠い所の人はZOOMで、集中して議論します。
営業にとっては一番大切な日になります。

毎年、この会社のスタートはこんな議論と打ち合わせが、
毎日、朝から夜まで交代で議論して決めて行って、一年のスタートになります。
がんばりましょう。


話は変わって、
今日の夜。いつものようにチーちゃんをかわいがろうとしたら、
なにがあったのか、チーちゃんが怒っているのです。珍しいことに。
チーちゃんの珍しく怒っている顔です。

画像(500x333)

富山の娘から「雪」の写真が送られてきました。
好きで富山に暮らしているのですから仕方ありませんが、
それにしても、本当に大変ですね。

画像(412x550)

Posted   パーマリンク

2021年01月06日(水)

1.6.新しい組織づくりが大変です。

今日はもう1月6日、
4日からの仕事始めは、
まだ年末までの事に関わることが多くて、
頭がまだ2021年になり切れていません。
でも、年賀の挨拶を、何人もから受けていると、
やっと、だんだんその気になってきます。
2021年は新しい事をたくさんやって行くので、新しい体制を造ります。

その新体制の組織づくりを話し合っていると、
新しい体制にとって、最も有効な組織づくりをしているつもりでも、
その異動が、
今の仕事に生き甲斐を持って働いてくれていることを、
否定するように思われるのではないかと、
少し不安になることがあります。
しかし、仕事は結果を伴わないと中々評価は出来ず、
もっといい結果が出せるような仕事と配置を考えて、
お互いの為になるような組織づくり考えます。
中には、
住む場所を変えなくては出来ない転勤を伴うような異動もありますが、
それは、かなり重要な意味を持っていて、
その人が重要な仕事が出来ると考えた場合だけに発生します。
そのような転勤は、会社としても大きな経費を発生するので、
大きな良い結果を生み出すような有効な異動でなければならないのです。

ましてや、
年が明けると、新店が複数オープンしてきます。
新店の建設については、一人の人間が責任者として采配しているので、
どうしても、オープン時期が重なってくるのでしょうか。
春の季節から6月の期末にかけて(この会社は6月が決算)、
立て続けにオープンが重なります。
その人事のこともある程度念頭に入れておかないと、
せっかく造った新しい体制を壊してしまう事にもなります。

さらに、4月には新卒の新入社員が約70名入社してきます。
新入社員は、新卒も中途もひとまず全員がLABOに配属されて、
KeePerの技術を身に着けて、
お客様のお車にプロのキレイさを実現することを憶えます。
そして、お客様にものすごく喜んでいただいて、
お客様の満足が、スタッフの満足に直接つながるKeePerの原点を、
直接、自分自身が感じて、この会社とKeePerの仕事を理解してもらいます。
その上で、一番適した場所を考えて配置するので、
ここでまた組織が変わってしまいます。

春から夏にかけては、いっぱいの新しい事があって、
いっぱいの人が参加してくるだけでなく、
昨年は短い期間で、
店舗の売上げが1.5倍にもなり=仕事量も1.5倍になったので、
それに応じて中途入社のスタッフを頑張って100人加えました。
しかし、
新しい仕事がどんどん発生して、新しい店舗も誕生して、
春の大異動が始まるので、ものすごく難しい組織づくりになっています。
だけど、一人一人の仕事と場所を決めて行くことになるので、
頭の中がクタクタになるぐらいに考えに考えて、
一生懸命考えて、議論して、
会社にとっても、お客様にとっても、もちろん本人にとっても、
最もそれぞれが幸せに繋がるように組織作りをしなければなりません。
大変です。

Posted   パーマリンク

2021年01月04日(月)

1.4.2021年1月のキーパーラボ運営事業の主観的報告

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。



お正月を最も大事にする日本人の文化の特性から、
12月は、身の回りの物を一年で一番キレイにする習慣があって、
車のキレイを担うこの商売は、一年の中での最繁忙月です。
だから例年、12月は平月の売上の二倍近い売り上げを出すことが通常です。
しかも、今年の12月は全国的に晴れが多く、降雨量はかなり少なく、
日照時間もしっかり確保されて、洗車日和が続いて来店客数が増えました。

画像(640x132)・拡大画像(800x165)

もちろん、来店客数が増えたのはそれだけではなく、
この一年間で展開してきた広報活動、
圧倒的な商品力を持つEXキーパーを題材にしたデジタルの広報、
つまり、ユーチューバーさんに広く働きかけて取材していただいたり、
車専門雑誌に取材していただいた商品内容に踏み込んだ広報活動の効果が、
今までのテレビCM放映などでの認知拡大を目的とした活動とは、
ひと味違う効果を出し、EXキーパーの指名買いを生んだりして、
今までとは違う客層に対する集客効果を出しました。

その結果、最新のEXキーパーの施工台数が837台、
従来からの人気のダイヤモンドキーパーシリーズは前年比124%と伸び、
クリスタルキーパーも、14%増と着実に増加しました。
しかも、少ない降雨量と黄砂の飛来によって洗車でのご来店も増えて、
来店台数は全体で前年比122.8%と増えましたが、
洗車でのご来店の比率が上がった分、高価格コーティングが増えた割には、
平均単価は前年比108.7%の14,880円/台とあまり上がっていません。

画像(640x292)・拡大画像(800x366)

しかしその結果、前年同月の直営全80店舗に対し、
今年は直営全84店舗で137 .3%の804,250千円であり、
売上では218,323千円増であり、1ヶ月の過去最高を記録しています。
また、既存店80店舗だけでの売り上げは781,617千円で、
前年比133.4%を記録しています。

※以下、開示資料からの引用


12月になったと同時に、一気にキレイマインドの高まりをみせ、
「EXキーパー」や「ダイヤモンドキーパーシリーズ」などで、
コーティングのブースの空きがない状態が続きました。
実績でも、12月20日までの前年比は50%増のペースを続けておりました。そのまま月末までも行きそうな勢いでしたが、
さすがに21日を過ぎ下旬に入ると
ハード的にキャパシティーオーバーとなり、
50%増のペースを維持しきれず、月末で37.3%増にとどまりました。
この時の溢れた予約分がキャリーオーバーされ
1月以降の予約へと繋がっています。

店舗ごとに見てみても、キーパーラボの1つのステータスともいえる
月間売上10,000千円越えを果たした店舗が、
札幌店、大宮店、浦和美園店、草加店、
市原店、ちば古市場店、千葉NT店、船橋店、松戸店、
葛飾店(前年比210%)、足立店、板橋店、世田谷店、
三鷹店、小平店(初の開店初年内)、昭島店、八王子店、
上溝店、湘南平塚店、
豊田店、岡崎店、安城店、刈谷店、
一宮店半田店、大府店、東海店、
高針店、鳴海店、大須店、中川店、
鶴見店(前年比215%)、交野店、尼崎店、宝塚店、
福山店の合計36店となり、
昨年の16店舗を大幅に越して過去最高記録となりました。

また、キーパーラボの売上ナンバー1店舗の足立店においては、
月間売上20,000千円越えを果たし、
さらに次元が高い26,045千円という、
キーパーラボの月間売上記録を大幅に更新しました。
売上ナンバー2の東海店においても、
19,712千円と大幅に自店の売上記録を更新しました。
また、すべての店舗が、一店残らず自店の売上の新記録更新をしたほどで、
ちなみに社内で各店舗が自主的に設定した会社への約束である「予算」も
全店が達成というKeePer LABO運営部始まって以来
初めての記録を成し遂げております。
この、12月はとにかく激しく、大変忙しい1ヶ月間でした。

販促活動においては、今年の12月は、
新聞折り込みチラシやWEB広告などの、
繁忙期に照準を合わせた直接的な大きな販促はおこないませんでした。

(中略)

新型コロナ禍以来、新車に変えずに
今の車をリフレッシュする既販車へのコーティング需要が目立ちました。
しかし、ここに至っては、今までマイカーを持たなかったが、
三密を避けるために公共交通機関を使いたくない層が、
新たに新車、中古車を買って、
再びマイカー族になるパターンが(関東を中心に)著しく見られ、
購買した新車、中古車への比較的高価格のコーティングの増加が目立ちました。

画像(640x504)・拡大画像(800x630)
画像(640x422)・拡大画像(800x528)
画像(640x563)・拡大画像(800x704)
画像(640x529)・拡大画像(800x662)
画像(640x346)・拡大画像(800x433)

Posted   パーマリンク

2021年01月02日(土)

1.2.映画「鬼滅の刃」を見てきました。

元旦は、ほとんど何もせず、
KeePerの2021年の事を考えて書いたりして過ぎました。毎年の事です。
でも二日からは、もう何もすることが無くなって、
メールもパッタリと来ることもなくなって、
LABO店舗もすべて休業しています。
今年は新型コロナ禍で、孫たちも誰も来ません。
なので、
午前中は、テレビを眺めてボヤッとしていましたが、
こんな風では、せっかくのお正月休みが勿体ないと思って、
家族を誘って映画を見に行きました。
映画は、多人数が閉じられた空間で長時間いる事になるので、
感染が怖いだろうと敬遠されていたのですが、
映画館では消毒、換気、入場制限、ソーシャルディスタンスの確保など
感染対策を徹底していることと、
映画館では、観衆は誰もじっと黙って見ている訳なので
映画館が感染のクラスターになったという話もない。
多人数での飲食や、声援を伴うスポーツ観戦などに比べて
かえって安全なのではないかということで、
映画館はけっこう繁盛し始めていると聞いた。
どうりで「鬼滅の刃」というアニメ映画が興行記録を造ったという訳だ。

試しに私たちも映画館に行ってみて、
切符売りの窓口で、席が空いていそうな映画を聞いてみたら、
話題の「鬼滅の刃」が十分に空いていると言われて、
ほんまかいな。と思いながら、
チケットを買って、指定のスクリーンに入って見たら、
たしかに200名くらいは入るだろう席に、
15名ぐらいしか座っていない。ガラガラだ。
興行成績日本新記録の映画のフレコミとは違和感を覚えたのですが、
半面、ホッとして、安心して映画を見たのでした。

話題の「鬼滅の刃」は、
2時間の間、早いペースと意表を突く展開で
まったく飽きさせないいい映画でした。
アニメなので、その題材の内容程は残酷さも感じさせなく、
家族の愛情をストーリーに散りばめて、涙が出そうになる場面もありましたが、
基本的には「ドラゴンボール」と同じであり、
見ている間じゅうスクリーンに釘付けになり、
間違いなく面白かった映画です。
が、ストーリーは単に闘いの連続でした。
007とかミッションインポッシブルのようなストーリーの面白さは無く、
もっと単純にほぼ闘いだけでした。
でも、見に来てよかったと私も思ったし、家族もそう言っていました。
それでも、続編があったとしても見たいとは思わないかもしれません。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.