谷 好通コラム

2021年01月04日(月)

1.4.2021年1月のキーパーラボ運営事業の主観的報告

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。



お正月を最も大事にする日本人の文化の特性から、
12月は、身の回りの物を一年で一番キレイにする習慣があって、
車のキレイを担うこの商売は、一年の中での最繁忙月です。
だから例年、12月は平月の売上の二倍近い売り上げを出すことが通常です。
しかも、今年の12月は全国的に晴れが多く、降雨量はかなり少なく、
日照時間もしっかり確保されて、洗車日和が続いて来店客数が増えました。

画像(640x132)・拡大画像(800x165)

もちろん、来店客数が増えたのはそれだけではなく、
この一年間で展開してきた広報活動、
圧倒的な商品力を持つEXキーパーを題材にしたデジタルの広報、
つまり、ユーチューバーさんに広く働きかけて取材していただいたり、
車専門雑誌に取材していただいた商品内容に踏み込んだ広報活動の効果が、
今までのテレビCM放映などでの認知拡大を目的とした活動とは、
ひと味違う効果を出し、EXキーパーの指名買いを生んだりして、
今までとは違う客層に対する集客効果を出しました。

その結果、最新のEXキーパーの施工台数が837台、
従来からの人気のダイヤモンドキーパーシリーズは前年比124%と伸び、
クリスタルキーパーも、14%増と着実に増加しました。
しかも、少ない降雨量と黄砂の飛来によって洗車でのご来店も増えて、
来店台数は全体で前年比122.8%と増えましたが、
洗車でのご来店の比率が上がった分、高価格コーティングが増えた割には、
平均単価は前年比108.7%の14,880円/台とあまり上がっていません。

画像(640x292)・拡大画像(800x366)

しかしその結果、前年同月の直営全80店舗に対し、
今年は直営全84店舗で137 .3%の804,250千円であり、
売上では218,323千円増であり、1ヶ月の過去最高を記録しています。
また、既存店80店舗だけでの売り上げは781,617千円で、
前年比133.4%を記録しています。

※以下、開示資料からの引用


12月になったと同時に、一気にキレイマインドの高まりをみせ、
「EXキーパー」や「ダイヤモンドキーパーシリーズ」などで、
コーティングのブースの空きがない状態が続きました。
実績でも、12月20日までの前年比は50%増のペースを続けておりました。そのまま月末までも行きそうな勢いでしたが、
さすがに21日を過ぎ下旬に入ると
ハード的にキャパシティーオーバーとなり、
50%増のペースを維持しきれず、月末で37.3%増にとどまりました。
この時の溢れた予約分がキャリーオーバーされ
1月以降の予約へと繋がっています。

店舗ごとに見てみても、キーパーラボの1つのステータスともいえる
月間売上10,000千円越えを果たした店舗が、
札幌店、大宮店、浦和美園店、草加店、
市原店、ちば古市場店、千葉NT店、船橋店、松戸店、
葛飾店(前年比210%)、足立店、板橋店、世田谷店、
三鷹店、小平店(初の開店初年内)、昭島店、八王子店、
上溝店、湘南平塚店、
豊田店、岡崎店、安城店、刈谷店、
一宮店半田店、大府店、東海店、
高針店、鳴海店、大須店、中川店、
鶴見店(前年比215%)、交野店、尼崎店、宝塚店、
福山店の合計36店となり、
昨年の16店舗を大幅に越して過去最高記録となりました。

また、キーパーラボの売上ナンバー1店舗の足立店においては、
月間売上20,000千円越えを果たし、
さらに次元が高い26,045千円という、
キーパーラボの月間売上記録を大幅に更新しました。
売上ナンバー2の東海店においても、
19,712千円と大幅に自店の売上記録を更新しました。
また、すべての店舗が、一店残らず自店の売上の新記録更新をしたほどで、
ちなみに社内で各店舗が自主的に設定した会社への約束である「予算」も
全店が達成というKeePer LABO運営部始まって以来
初めての記録を成し遂げております。
この、12月はとにかく激しく、大変忙しい1ヶ月間でした。

販促活動においては、今年の12月は、
新聞折り込みチラシやWEB広告などの、
繁忙期に照準を合わせた直接的な大きな販促はおこないませんでした。

(中略)

新型コロナ禍以来、新車に変えずに
今の車をリフレッシュする既販車へのコーティング需要が目立ちました。
しかし、ここに至っては、今までマイカーを持たなかったが、
三密を避けるために公共交通機関を使いたくない層が、
新たに新車、中古車を買って、
再びマイカー族になるパターンが(関東を中心に)著しく見られ、
購買した新車、中古車への比較的高価格のコーティングの増加が目立ちました。

画像(640x504)・拡大画像(800x630)
画像(640x422)・拡大画像(800x528)
画像(640x563)・拡大画像(800x704)
画像(640x529)・拡大画像(800x662)
画像(640x346)・拡大画像(800x433)

Posted   パーマリンク

2021年01月02日(土)

1.2.映画「鬼滅の刃」を見てきました。

元旦は、ほとんど何もせず、
KeePerの2021年の事を考えて書いたりして過ぎました。毎年の事です。
でも二日からは、もう何もすることが無くなって、
メールもパッタリと来ることもなくなって、
LABO店舗もすべて休業しています。
今年は新型コロナ禍で、孫たちも誰も来ません。
なので、
午前中は、テレビを眺めてボヤッとしていましたが、
こんな風では、せっかくのお正月休みが勿体ないと思って、
家族を誘って映画を見に行きました。
映画は、多人数が閉じられた空間で長時間いる事になるので、
感染が怖いだろうと敬遠されていたのですが、
映画館では消毒、換気、入場制限、ソーシャルディスタンスの確保など
感染対策を徹底していることと、
映画館では、観衆は誰もじっと黙って見ている訳なので
映画館が感染のクラスターになったという話もない。
多人数での飲食や、声援を伴うスポーツ観戦などに比べて
かえって安全なのではないかということで、
映画館はけっこう繁盛し始めていると聞いた。
どうりで「鬼滅の刃」というアニメ映画が興行記録を造ったという訳だ。

試しに私たちも映画館に行ってみて、
切符売りの窓口で、席が空いていそうな映画を聞いてみたら、
話題の「鬼滅の刃」が十分に空いていると言われて、
ほんまかいな。と思いながら、
チケットを買って、指定のスクリーンに入って見たら、
たしかに200名くらいは入るだろう席に、
15名ぐらいしか座っていない。ガラガラだ。
興行成績日本新記録の映画のフレコミとは違和感を覚えたのですが、
半面、ホッとして、安心して映画を見たのでした。

話題の「鬼滅の刃」は、
2時間の間、早いペースと意表を突く展開で
まったく飽きさせないいい映画でした。
アニメなので、その題材の内容程は残酷さも感じさせなく、
家族の愛情をストーリーに散りばめて、涙が出そうになる場面もありましたが、
基本的には「ドラゴンボール」と同じであり、
見ている間じゅうスクリーンに釘付けになり、
間違いなく面白かった映画です。
が、ストーリーは単に闘いの連続でした。
007とかミッションインポッシブルのようなストーリーの面白さは無く、
もっと単純にほぼ闘いだけでした。
でも、見に来てよかったと私も思ったし、家族もそう言っていました。
それでも、続編があったとしても見たいとは思わないかもしれません。

Posted   パーマリンク

2021年01月01日(金)

1.1. 謹賀新年。 2021年のKeePerを考えました。

2020年にKeePerが得たものは、
KeePerは信頼できる本物という
ブランドのようなイメージだったのだと思います。

KeePerはずっとアフターマーケットの中で販売されて来たので、
そのイメージが、既販車に施工するコーティングという面が強かったが、
艶と撥水がキチンと続いて、厄介な水シミが着かない優秀さが、
新車への施工も目立って多くなっていたところへ、
新車を前面に押し出した「新車用 EXキーパー」を発売して
KeePerのブランドとしてイメージアップを図りました。
と同時に、そのEXキーパーを
たくさんのユーチューバーの皆さんに取り上げてもらったことと、
自動車専門誌の記者や自動車評論家に
EXキーパーを取材してもらって、その高い評価が紙面に載ったりして、
良い評判が出来、そして、SNSで高い評価を伴って拡散した事で
KeePerのファンを作ることに繋がりました。
その過程で良いブランドイメージを造り上げる事に役立ったのだと思います。
2020年は、リピートのお客様はもちろん、
新規のお客様が目立って増えた年でもあり、
特段の販促活動せずに、来店客が自然に増加した要因だったのでしょう。

しかしこの高い評価が、どちらかというと男性の「車好きの層」に偏っていて、
この層が車を大切にしていて、
車のキレイに投資できるターゲットの層として間違ってはいないのですが、
自動車を持つ全体からすれば圧倒的な多数ではないことも違いありません。
「車好きの層」に刺さるのは
過剰なまでの美しさの「新車用 EXキーパー」としても、
よりコストパフォーマンスに優れているダイヤモンドキーパーも
新車用によく使われており、高い評価をいただいています。

2021年は、引き続き
EXキーパーの飛び抜けた商品力を評価していただけるような
2020年の施策と同時に、
新車用としての十分な商品力と、
コストパフォーマンスに優れた(WorS)ダイヤモンドキーパーを並行して
「週刊文春」とか「日経トレンディー」など、
広く一般に読まれているような一般紙に、または、
コンビニにも置いてある「ベストカー」「カートップ」のような自動車雑誌に
取り上げてもらう活動を進めて行くと良いのではと思います。
ユーチャーバーさんも、車を専門に活動している方だけではなく、
視聴者が多く、ファンの方に広く見られていて、
その評価に定評のある方にも積極的に働きかけて行きたい。
更に「EXキーパー」は、2021年以降のこれからも、
名実共にKeePerの代表的なサービス商品であり続けることはもちろんだが、
幅を広げる意味でダイヤモンドキーパーもVI活動の軸に据えて行きたい。

もう一つのガラスコーティング「クリスタルキーパー」は、
アフターマーケットの中では圧倒的な支持があります。
EXキーパーの出現で起きた松竹梅現象で
ダイヤモンドキーパーが一番大きく伸びた中でも、
クリスタルキーパーはまだ力強く伸び続けており、
コスパ1の最も人気のある商品として、自然に育って行くものと考えます。

もう一つのテーマは「軽自動車」です。
街の中の道路を走っている車の約半分が、
「軽自動車」+「軽自動車の車体を流用しハイトワゴン」と感覚的に思えます。
そのユーザーの多くの方が女性ですが、もちろん男性も多く
若い人から老齢者まで幅広い層の方に使われていて、
コストパフォーマンスが高く、使い勝手が非常に広いので、
道具として最も合理的であり、ある意味スマートな車として人気があります。
しかし、新車のディーラーさんに聞いても、
LABOやPRO SHOPのアフターマーケットの方に聞いても、
この手の車はカーコーティングを施工する率が低く、手ごわいと聞きます。
しかし、最も数が多い層の車として、現状を放置すべきではなく、
どんなコーティングが、このような車に乗る人に受け入れられるのか、
それを身をもって探るために、
私自身が軽自動車をマイカーとして買って、三か月前から毎日乗っています。

元々私はマイカーとしてトヨタSupraに乗っているのですが、
乗るたびにある程度の緊張感を強いられるSupraも大好きなのですが、
気楽にスッと乗れる軽自動車も一度乗ってみたいと思っていたので、
ちょうど良く、ご機嫌でダイハツTAFTに毎日乗って、
好きで軽自動車に乗っている人の気持ちを理解できるようになってきました。
今では、ちょっとした距離でも、
TAFTを自然に選ぶようになって、
運転席に座り、車が動き出すとホッとします。

軽自動車+軽のようなハイトワゴンが、
全体の台数の半分位を占めるような勢いで売れているのが、
感覚として理解できるようになって、その車へのコーティングも
どんなものが受け入れられるのか、分かってきたような気がしています。
ですから、2021年は「軽自動車+軽のようなハイトワゴン」専用の
新キーパーコーティングを企画して造ってみたいと思っているのです。

2021年は、大まかに言うと、
アフターマーケットの中でのKeePerコーティングから、
新車市場でも使われるEXキーパーをはじめとする
ダイヤモンドキーパーをも巻き込んで、
更に軽自動車用の専用KeePerを開発することによって
新しい使われ方をする新車用KeePerコーティングとしても、
更に進化し、発展するKeePerにして
2021年を切り開いて行くべきものと考えています。

新型コロナは、ワクチン接種の広範な拡がりで、
一応の終息が来ることを、切に願うものです。
そのワクチンが自分の番に回ってくる時まで、
何とか感染しないように、
臆病と言われようと、最大限の用心をしていきたいと思います。



これを書いているテーブル横に、
散歩から帰ってきたリンダが、
いつものように、顔に”草の種”を付けています。
その草の種を親切に取ってやろうとすると、
リンダは真剣に怒ります。
リンダは、その顔に付いた草の種を、
自分で取って、食べるのが楽しみなのです。(おいしいようです。)

だから、草の種を人に取られると真剣に怒るのです。
変な犬です。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2020年12月31日(木)

12.31. 2020年を振り返って

2020年はまず1月から
復活の意味である「レストレーション」というトレーニングを始めました。
ある程度の食事制限をしながらこのトレーニングをしていくと、
効率的なダイエットに繋がり、
これを始めて三か月間くらいでストンと5kg落ちて、
後は一か月に1kg位の少しずつ減って行き、
順調に92gから今では82kgくらいで落ち着いています。
計画ではあと6kg落とすはずなのですが、ここから中々進みません。(笑)

健康の為です。
不摂生の中で大好きな仕事に熱中した壮年期のツケを清算する為に、
一つのある目標を持って始めたもので、
2021年には完全に実現させる予定です。それまでは秘密です。
いずれにしても、マイナス10kgのダイエットは、
それだけでも十分に健康に役立って、
これを始める以前に比べて、うんと健康になり、
2019年3月に行った脊柱管狭窄(腰)の手術の成功と相まって
うんと仕事も出来るようになりました。

その手術の前に行った改革
私が会社の社長を退いて会長に就き、
直接的な営業活動や直営店の運営活動から退いて、
私は主に企画関連を担う体制に変更した改革が、非常にうまく稼働しています。
体力的に問題があった時期を上手く乗り越えて、
事業承継を上手く始めることが出来つつあります。

2月には、今までのキーパーコーティングの概念を変えるほどの
威力のある製品「EXキーパー」を開発し、発売し始めました。
EXキーパーは、その革命的な性能だけでなく価格帯も1クラス上で、
従来のKeePerの概念を外れた商品にするために、
まったく新しいロゴタイプまで造り、
新しいKeePerのイメージ造りの第一歩としました。

しかし、それがスタートして軌道に乗り始めた頃、
新型コロナ禍が世の中を強烈にマイナス方向に動かし始め、
4月には緊急事態宣言が出された中で、
関東のLABO32店舗を一定の期間、休業させるまでになりました。
このマイナスは大きく会社全体の売上げがマイナス32%にまでなりました。

しかし緊急宣言解除後、
LABO売上で5月は前年比121%となり、6月も前年比132%で、
4月のマイナスを完全にカバーしました。
ここまでは4月のマイナスの反動かとも思いましたが、
7月は前年比136%、8月も前年比153%とぐいぐい上がって行き、
9月は前年が増税前の仮需があったので前年比117%にとどまったものの、
10月が前年比158%、11月が156%と、
新型コロナ禍の反動だけでは説明できない著しい上がり方を見せました。
これは、
コロナ禍によって自動車の使い方が変わり、
それがKeePerの在り方が有効に効いたことも確かです。
それに加えて、
それまでに行ってきたEXキーパーを題材にした新しい販促施策が、
KeePerの認知度を上げただけでなく、
好感度を高めたことと、
KeePer LABOやKeePer PRO SHOPなどキーパー施工店での
キーパーコーティング施工の品質が高く維持され、ファン層を築き上げて、
SNSなどでの評価が非常に高く、
良い評判という強力な武器を身につけた結果と考えられます。
しかし、それも、
何よりも、毎日の一人一人のお客様に対する真剣な施工があったからこそです。
その延長が、
この12月のものすごい結果を導いているのではないしょうか。

11月にはSUBARUが、Wダイヤモンドキーパーを純正に指定しました。
KeePer LABOにもKeePer PRO SHOPにも貢献するはずの
KeePerの新しい営業戦略の始まりです。

あす、年が明けてから、2021年についての考えを書きたいと思います。

では、みなさん、
本年中は大変お世話になりました。

良いお年をお迎えください。

                     谷 好通


これを書いている横の私の布団で、
チーちゃんが可愛く寝ています。

私は幸せです。

画像(450x337)

Posted   パーマリンク

12.31.「やらぬ後悔より、やった後悔の方がマシ。」は、もう無理

本日は大みそか、1年の最後の日です。
今日は三重県を廻ろうかと思っていたのですが、
大雪の予報が出ていて、三重県も強く降るとニュースが言っていたので、
まず、雪の降りやすい山沿いを避けて海沿いの四日市店に行ってみて、
その後どうするか考える。ということで、朝、家を出ました。

しかし、伊勢湾岸道に入って
伊勢湾をまたぐ巨大な三本の橋「トリトン」にかかってすぐ、
雪が横殴りに降ってきて、四日市までは行けそうだったのですが、
進めば進むほど雪がきつくなってきて、
「これはちょっとやばいかなぁ、」と思って、
伊勢湾岸道の途中でインターを降りて、
Uターンして帰ってきました。

【LABO四日市店】が1000万に挑戦していて、
中年の星・高井店長に話を聞きたかったのだが、
年が明ければお互いに時間が空くので、
改めて行って、じっくり話を聞くことにしたのです。

引退する前の私だったら、少々の困難は踏み越えて行って、
その困難が思ったより大きければ、自滅して、
それでも、
「やらぬ後悔より、やっての後悔の方がマシ。」とうそぶくところだ。
しかし、何かにつけてやり直しのきかない年になってきて、
「やっての後悔」は極力避けるようになっているようだ。
若さが無くなってきている証拠なのだろう。

画像(600x400)

四日市店の高井店長には、とりあえず電話した。
1000万挑戦はどうかと尋ねると、
「朝から雪がすごくて、入っていたコーティングの予約が
どんどんキャンセルされて、ちょっと難しくなってきています。」と残念そう。
それでも、まだ時間があるのできっと粘るのでしょう。

四日市店は4年ほど前に、ホームセンターのカインズの駐車場に造りました。
四日市(よっかいち)市は人口約30万人の
海岸沿いに石油コンビナートなどが林立している、
日本国中によくある中堅工業都市です。

その四日市店が、あまり大きな「二年目のジャンプ」もないまま
どちらかというと地味な成績のまま来たのですが、
高井店長に変わって、
特に販促策を掛けた訳でもなく、人気ユーチューバーに取材された訳でもなく、
高井店長曰く「地味にコツコツと毎日・・・」と実績を作って、
昨年の12月は556万円の実績が、
今年の12月は(今のところ)前年比184%で957万円、
もうちょっとで1000万に届こうとしている。

何をどうして、どうしたら、こうなったのか、
年明けにじっくりと時間を取って、詳しく取材してみようと思います。
四日市店と同様に、北海道で手稲店が199%
関東では「葛飾店」が現在進行形で前年比215%で、1000万を突破している。
これらの店舗を詳しく取材することで、その秘密を解き明かしたい。

新年の楽しみです。

日本国中のみんなが疲労の極みの中で
今年最後の運営を、もうすぐ終えようとしています。

画像(600x400)



話は変わって、
我が家の小ミミは、最初の頃、出荷倉庫に暮らしていたことがあって、
在庫の上から落ちて腕の骨を折り、我が家に引き取られた経緯があって、
会社には、特に倉庫の皆には、意外と小ミミのファンが多く、
このブログに写真を出すようによく言われるので、
何の関係もなく、小ミミの写真です。

画像(600x450)
画像(600x450)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.