谷 好通コラム

2020年11月26日(木)

11.26.自分のIRと西日本の年末キックオフ

今日は朝から電話でIR(インベスターリレーション)がありました。
本当は私が東京に出かけて先方の事務所を訪ねて廻る予定だったのですが、
新型コロナ禍で自重し、電話でのインタビューに切り替えてもらったものです。
今、株価がまた大変なことになっていて、
8月に分割した前の株価、つまり今現在の二倍の株価よりも、
3か月後の今の方が高い株価になっています。
つまり、たった3か月で株価が二倍以上になってしまったということです。
なので、余計に、話がオーバーにならないように慎重に話したつもりですが、
仕事の話をしていると、つい強気になって、
まだ言ってはいけないことを言ってしまいそうになり急ブレーキを掛けて、
言葉を飲み込みます。

仲間同士で仕事の相談をする時も、
仕事が発展する方向で話すのが常なので、
ついつい知らぬうちに強気強気の話になり過ぎていて、
落ち着いてアクセルを戻す場合があります。
しかし「・・・になりたい。」と考えたら、強気の目標を口に出すのが常で、
最初から、まだ話だけの段階から慎重さを優先していていては、
実現するものも始めっから実現しっこありません。

目標は、約束であるところの予算とは違うのですから、
破天荒なくらいがちょうどいいのです。

夕方、やっとIRが終わってから
スタジオで西日本のLABOの店長が全員集まって、
1年で一番の繁忙期「年末」に向けての
キックオフミーティングをやっていたので、終わりがけでいたが、
隅の席で、同席して見ていることにしました。
ちょうど各店舗の店長が一人一人年末に向けての決意表明をしていました。
店長は地域ごとに数軒のグループに分けられていて、発表もグループ毎です。

そのグループによって、去年の実績を根拠とした「予算」と、
みんなで目指すとした「目標」の両方を発表するのですが、
「予算」と「目標」の性格をはっきりと分けて、
見ている皆から「お~」と歓声が上がるような大きな目標を掲げる者は、
積極的に仕事を造り上げていく姿勢なのでしょう。
「目標」が、「予算」にほんの少しの金額を上乗せしただけのしょぼい数字で、
目標をノルマと勘違いしているようなグループもいました。
グループの統括マネージャーの仕事に対する姿勢、
「仕事をやらされているもの」が表れているのかもしれません。

そんなことを思っていたら、つい、小言を言ってしまいそうだったので、
せっかくみんなが集まっているのに、皆に話をするのをやめてしまいました。
せっかくみんなが盛り上がっているのに、
小言なんて言う場面ではありません。

せっかく久しぶりにみんなに会ったのに
ちょっと悔やんだ一瞬です。

Posted   パーマリンク

2020年11月25日(水)

11.25.種の垣根を越えた仲良しコンビ

犬のリンダと猫の小ミミは、
信じがたいほど仲がいいのです。
お互いのエサも食べあうし、ふざけあって甘噛みしてじゃれあいます。
ほんとに信じられないほどの仲良しなのです。
不思議ですね。

画像(375x500)
画像(474x421)
画像(450x549)

Posted   パーマリンク

2020年11月23日(月)

11.23.今年はもう少しレースシーズンが続きます。

普段の年ならば、11月下旬には
スーパーGTも、IPSレースも、最終レースが終わっている頃ですが、
今年は新型コロナウィルス禍でスタートが遅くなり、
スーパーGTは最終戦が来週の土日富士スピードウェーで組まれている。
我らが#37 KeePer TOM’S GR SUPRAは、
現在シリーズポイント2位で、この最終戦にチャンピオンをかけています。

IPS(インタープロトスポーツ)は、
最終戦が来年1月にまで食い込むスケジュールになっていています。
しかし、1月の富士スピードウェーは雪が降って当然のシーズンであり、
まともにレースになるかどうか心配なくらいです。

今シーズン、
スーパーGTでは最後の3レースぐらい、やっと観客席に応援団が入れたが、
結局パドックには入れずじまいで、応援団の皆さんには申し訳ないことをした。
IPSでは、KeePerが冠スポンサーをしつつも、
何のPRも宣伝も出来ず、結局、冠スポンサーとしての活動は何も無しでした。

それでもスーパーGTのスポンサー料は100%で、
これでシリーズチャンピオンが取れれば、
シーズン後の色々な広告での露出が極めて多くなるのでいいのですが、
IPSは、スポンサー料は80%程度に下がっていますが
そのあてもありません。

それでも、たまたま
コロナ禍においても、KeePerの業績は上がっているのでまだいいのですが、
コロナ禍でダメージを受けている業種のスポンサーは、
宣伝広告の効果が激減しているレースに、
スポンサーを続けるのは大変難しく、至難の業でしょう。

費用対効果が崩壊した今シーズンに対して
来シーズンのスポンサード契約が、
スムーズに行くチームはないのかもしれません。
日本のモータースポーツ自体の危機ともいえる
深刻な来シーズンになるのかもしれません。

画像(600x472)

Posted   パーマリンク

2020年11月22日(日)

11.22.子孫繁栄を思う。

昨日、土曜日は、朝から5つ連続で打ち合わせが続いて、
夜は、晩御飯を食べながら、
取っててもらっていたビデオ
「ダーウィンがやってきた」と「ワイルドライフ」を何本か見て、
こういう時は見ながら寝てしまうので、またブログを書かなかった。

そして今日は三連休の中日、
二年前までだったら、こんな日は嬉々として、連れ合いと共にLABO廻りして、
夜は遅くまで、撮り溜めた写真を整理しながらブログアップしたが、
立場が変わってから、いつまでも同じことをしていては、
私にとっても、会社にとっても進化がないと思い、
日曜日は出来るだけ、私の大の苦手である”遊ぶ”ことにしている。

今日は、家族と一緒に「南知多ビーチランド」に行った。
それは、家から45分もあれば行けるイルカ・アザラシが中心の水族館で、
規模は小さいが充実した内容で、
昔から子供連れの家族で一杯になっていた水族館です。
私は、水族館はもともと好きなので、
今日も無理して行った訳ではありません。
私も、ちゃんと、ペンギンやアザラシ、セイウチ、イルカなどを楽しみました。

南知多ビーチランドは、子連れの家族でにぎわっていました。
新型コロナ禍がなかったようなにぎわいで、
コロナ第3波が騒がれているのが嘘のように、みんなにこやかでした。
それでもマスクは、大人は100%着けていて、
子供も聞き分けのつくぐらいの子はみんなマスクを着けており、
更に3密を避けたり、無駄な接触を避けたりしていて
これなら、多少にぎわっていてもコロナは大丈夫かなと思いました。
あとは、有効なワクチンが出回りさえすれば
人類は本当に”復活できるのかもしれない”と実感したのでした。

それはそうとして、
もう一つ気が付いたことがありました。
子供を連れた家族とは、
ほぼすべてが、若いママとパパが一人の子供を連れていて、
たまには子供が二人、あるいは3人の子供を連れた強者もいましたが。
子供は一人が最も多かったのです。
単に上の子は着いて来なかっただけかもしれませんが。

もう一つ深刻に思ったことが、
親は、父親と母親が必ず揃っていて、
私の知っている限りでは、すごく多いはずのシングルマザーの親子連れは、
ビーチランドには来ていなかったことに気が付いたのです。
暗たんたる気持ちになりました。

一人で子育てをするシングルマザーは、
生活が苦しい場合が多いと、
テレビなどでよく取り上げられています。
女性が片親で子供を育てながら、
一家の生活を支える仕事をすることは
大変困難であるということは容易に想像できるし、生活も苦しいはずです。

子供は、男と女の両方がいなければ造れません。
しかし、その生殖行為は子供が欲しいという動機でされるものではなく、
欲望と快楽を求めての行為であったことは間違いありません。
しかし、その行為があって子供が出来たとしても
その両親が結婚生活に入るかどうかは解らないし、
結婚したとしても、別れるケースは山ほどあります。

しかし、その行為の結果である子供に、
愛情を持ち続けるのは多くの場合、女性であり、
男は愛情というよりは責任感があるかどうかで、
その子供を育てる事に、責任を持たないケースがあまりにも多いのも事実です。
間違いなく自分の子供であっても、
その母親と別れた場合、
裁判所からの命令があっても、
養育費を払わない男が半数以上であるとも聞きました。
本当に最低です。人間の屑でしょう。
しかしそんなことでシングルマザーが苦しまなくてはならない道理などあるはずもありません。

しかし、現実にシングルマザーは驚くほど多くいて苦しんでいます。
私は思うのですが、
彼女たちが、安心してどんどん子供を産み、
平気で育てることが出来る社会の仕組みを作って、
シングルマザーへの偏見を捨て、
シングルマザーを公認し、
真正面から応援していくような社会を作れればいい。
それが究極の「少子化対策」なのではないだろうか。
生命の種としての元来的な目的である子孫繁栄の決め手にならないか。
「シングルマザー応援社会。」は。

KeePer技研における
シングルマザーたちのスーパー力強い存在と、素晴らしい貢献ぶりを思い出して、
ふと、そんなことを思いました。


南知多ビーチランドの大水槽。
マイワシの大群がすごく見事だった

画像(450x600)

フンボルトペンギンはこの写真に写っている数の3倍はいた。
大繁栄だ。

画像(450x600)

我が一族の力強い子孫繁栄。
今ではこの子たちが15歳(たぶん)と13歳になっていて、希望の星でもある。

画像(447x632)

Posted   パーマリンク

2020年11月20日(金)

11.20.決して驕るなかれ、勘違いするなかれ

東証1部株式市場において、
KeePer技研の株式時価総額が500億円を越しました。
2015年東証マザーズに上場した当時は時価総額が100億円をやっと越したものの
なかなか250億円を越せず、このままでは、
何年後かの東証の組み換えで今の一部に残れないだろう心配があったぐらいでした。
しかし、今年初めからの新型コロナウィルス禍の中で、
たくさんの人が困っていた時
様々な理由で、KeePerは大きく実績を伸ばしたので、
多くの投資家の注目を集めたのでしょうか、
そしてコロナ禍とは直接的な関係ない新たな成長が加わった時、
KeePerの将来性に大きな可能性を見出していただき、
大変大きな株価を与えていただきました。
その結果、
200億円を大きく越して300億円に届き、
あれよあれよという間に時価総額500億円の大台を突破したものです。
そこまで、KeePerの将来に可能性を見出していただいた多くの投資家の皆さんに
感謝するばかりです。
その期待に背かぬように事業を健全に伸ばし、
KeePerを多くの方のお役に立つサービス商品に育てていかねばなりません。

時価総額500億円台の企業を見渡してみると、
ビックリするようなビックネームが並んでいます。
KeePerがそんな立派な先輩企業に匹敵する力を持っているかと言えば、
まだ、とてもとても及ぶものではありませんが、
その可能性を見出していただいたものとして、ただ緊張するばかりです。

ただ、会社が成長してくると、
社会の皆さんのKeePerへの扱いが、大会社への扱いのようになってきて、
社員に対しても、大会社の社員に対するような扱いや言葉になってきて、
自分が立派になったような、
あるいは自分自身が成長したような勘違いをする者がだんだん増えてきて、
メールなどで書く文章の単語も、
たいそうな言葉になってきているところを見ると
恥ずかしくて、恥ずかしくて、本当に穴があったら入りたい気分なります。

自分をしっかり持っていない者は、
周りからの扱いが変わると安易に自分への評価を上げ、自分を変えてしまいます。
こういうのを驕り(おごり)というのでしょう。
はたから見ると滑稽ですが、
本人はそんな嘲笑にも気が付かず、マジです。

自分の能力を過大評価するようになって、
滑稽な自信の塊になって
下手すると、学ぶことを止めてしまいます。
・・その人はもうそこで終わりです。

会社の成長と進化は、この勘違いと驕りとの闘いです。
ずっと前からそうでした。
会社が一段ステップを上がるたび、勘違いした者が、
過大な自己評価とともに会社を去って行きました。
近くでは、手にしたキャピタルゲインが引き金になりました。
残念ですが、深刻な事実です。
この勘違いが、
時価総額500億円を越したというこの1ステップでも起こらなければいいのですが。

勘違いしそうな奴がいたら、
肩を大きくゆすって目を覚まして回らなければなりません。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

12

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.