谷 好通コラム

2020年11月08日(日)

11.08.あ〜〜、見に行けばよかった

今日のスーパーGT第7戦(もてぎ)は、
ここ最近、仕事が詰まっていたりして、くたびれていたり、
もてぎサーキットは遠いし、寒いだろうし、またパドックには入れないし、
だから、どうしようかと思いつつ、
昨日の時点で行かないことと決めてしまいました。
前戦の鈴鹿でいいところなく、ピットイン入り口で追突してしまった#37に
ちょっと腹が立ちつつ、そのニックに代わって、
昨年のシリーズチャンピオンドライバーでもある山下健太選手が、
ヨーロッパでのWECレースのスケジュールが空いたので、
急遽#37に乗って参加してくれると聞いていたので、
ぜひ見たかったのですが、
前日の予選、その山下健太選手がGTカーの勘が戻らないまま予選が終わってしまい
13位にとどまってしまったこともあって、
やっぱり行くのをやめてしまいました。

で、今日はちょっと早めに家族で昼ご飯を一緒に食べてから、
1時のスタート前からテレビ前に陣取って、スカパーのチャンネルに合わせて、
楽ちん応援を決め込んでいました。
スタートドライバーの山下健太は、
さすがにチャンピオンドライバーだけあって、
どんどん前の車を抜いて行って、二番手の平川亮も調子よく、
結局、トップから5番手までホンダNSXが独占した珍しいこのレースで、
ホンダ車以外でトップでの6番手でゴールしました。
これでシリーズチャンピオンポイントでトップに並びました。大殊勲です。

そこまでにはたくさんのドラマがあって、
無茶苦茶面白いレースで、私はテレビに釘付けで、
「あ〜〜っ、くそっ、見に行けば良かったー」と、叫び続けていたのでした。



夜の台所、犬のリンダが
「キューンキューン」と何かを欲しがっているような声を出しています。

画像(535x550)

見ると、
老猫のチーちゃんが
「15歳猫用キャットフード(今はそういうのがあるのです)」を、
台所のカウンターの上の自分の場所で食べているのを、
下から、犬のリンダが「欲し〜いよー」とねだっているのです。

猫が食べているキャットフードを”ねだっている犬”って、変ですよね。
チーちゃんは、当然、「ダメっ」と叱っています。

画像(478x550)

今日の「行きゃー良かった」とぐずっている私みたいなものです。
ダメですねー。

Posted   パーマリンク

2020年11月06日(金)

11.06.トランプ後の世界はどうなるのか

アメリカの大統領選挙はまだ分からない部分もあるが、
大勢は民主党バイデンの勝ちであり、トランプは敗れたようです。
それにしても負けを認めずに、
グチグチと被害妄想の言葉を繰り返すトランプの姿は
こんな男が世界の一番大きな権力を握っていたかと思うと、本当にゾッとする。

何事もなく権力移行が行われればいいが。
被害妄想は狂った妄想で、何をしでかすか分からない。
そんな狂った精神状態の男が、今しばらくは世界一の権力を持ち続け、
人類を何十回も滅亡させられるほどの量の
核兵器のボタンを押せるポジションに、
今しばらくの間、い続ける事に本気で恐怖を感じる。

狂った男が被害妄想を持ったということは、
自分は何をしても悪く無く、悪いのは自分に害を及ぼした相手であり、
どんな悲惨な事態が起きたとしても、
すべて相手が悪いのだから、それが被害妄想なのだから、
何が起きても自分は悪くない。
そんな男の狂った行動を、周りの人間が冷静に制御してくれればいいが。
ただ祈るばかりだ。

独り善がりと被害妄想は表裏一体だという。
自分が善=正しいと思い込む”独り善がり”の心理は、
相手が悪いと思い込む被害妄想と同じ種類の心理なのだということだ。
表裏一体なので、簡単にひっくり返る。
変わるエネルギーは要らない。
意外と、恐ろしい状態にしばらく陥るのではないだろうか。

テレビでグチグチと被害妄想の言葉を吐き続けるトランプの姿を見て、
ちょっとゾッとした。

Posted   パーマリンク

11.05.自分の予定を、自分の意思で入れる。

明日の予定を確認する為に
自分のスケジュールソフトを眺めていて、隙間を見つけると、
つい何かで埋めたくなるのは、
他からの働きかけから出来た予定ばかりで動いていると、
つまり受け身の仕事ばかりになって、
自分が成そうとしている事が何も実現しなくなってしまうので、
自分の意思から発生した事を実現するために、
自分の意志から発生する能動的な行動の予定を、
実際に自分の手で入れることを大切にしようとするから。

会社が大きくなって
地位も上がってきたりすると、
向こうから入ってくる予定がどんどん増えてきて、
いつまでたっても一定でしかない自分に与えられた”時間”は、
あっという間に他人の事情で埋まってしまう。
だから、
自分の意思を余程しっかり持って、
実際に自分の意思からの予定を、自分で入れて行かないと、
自分の意思が反映していない毎日の連続になってしまう。

だから、
自分の予定は、まず最初に、
かなり先の日程まで自分で先に入れて、
やるべきことを成せるようなスケジュールの骨格を造った上で、
外から入ってくる予定に身を任せて、
ほとんど埋まってから、たまに見つける隙間に、
自分の意思からの予定をねじ込んだり出来ると、
ものすごく得をしたような気になる。

自分の限られた人生の時間は、自分の意思で組み立てて行かないと、
受け身の仕事、つまりやらされる仕事と時間潰しだけの人生になってしまう。

自分は、自分の人生を自分の意思で生きたい。
他人の為になる事が仕事なのだから、
自分の意思が他人の為になる事であったとしても、
それが自分の意思なのだから当然だ。
だからこそ、
自分の人生を、やらされ事と時間潰しだけの人生にはしたくないので、
自分の手で、自分の意思で、先に、自分の予定を入れる。

Posted   パーマリンク

2020年11月03日(火)

11.03.寒くなって再び新型コロナウィルスの脅威か来るか

北海道が、短い秋を過ぎて冬を迎えつつある今、
新型コロナの新規感染者の数が急激に増えています。
寒さが感染増の要因だとテレビが言っていました。

その北海道と緯度が同じか、もっと高い緯度にある国、
ドイツやフランス、スペイン、イギリスなどのヨーロッパ諸国でも、
急激に感染者が増えていて、二度目のロックダウンや、
飲食店の夜間営業禁止や、
店舗での飲食がすべてダメで、
持ち帰りやデリバリーだけに限られるなど、
厳しい経済活動の制限が始まっているのだそうだ。
そんなニュースを見た次の場面で、
日本でのプロ野球のニュースでは、
球場にようやく観客が入って賑わっている様子が写っていた。

私たちも、マスクを着ける習慣がすっかり身について、
コロナ対策にまつわる行為が自然の習慣になっていますが、
春から夏にかけての一時のような緊張感は無くなっています。
しかし、
これから、名古屋も東京も北半球はみんな冬になって、
今の北海道やヨーロッパの国々のように
私たちの周囲でも、また、
コロナ感染者が急増してくる事態は避けようがないのかもしません。

これまでは、
コロナ禍によって多くの人が苦労をしている時にも
皆さんの今後の経済状態への警戒や、
清潔意識が高くなったことや、公共交通機関を避ける風潮などによって、
キレイを求めるマインドが高まって、
KeePerにとっては、むしろ、実績を上げるような追い風になっていますが、
決して、いい気になって調子に乗らず、
気を引き締めなければならないと思いました。

来ないかもしれないが、
来るかもしれない現実的な二回目の緊急事態に備えて、
どのように社員を守り、
どのように、どんな意味のある価値をお客様に提供できるのか。
今からよく考えて、備えていかねばなりません。

ヨーロッパでの二度目のロックダウンを伝えるテレビのニュースを見ながら、
そんなことを、考えたのです。

Posted   パーマリンク

11.01. 2020年10月のキーパーラボ運営事業の主観的報告

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。



10月7日に新LABO鹿児島県庁前店がオープンして全83店舗になりました。
その83店が4億41百万円で前年の80店に対して158.2%の実績であり、
また80店の既存店のみで4億31百万円であり前年同月比154.6%でした。

お天気は、どの都市も前年に対して同じくらいの降水量と日照時間で、
特に昨年に比べて天候的に恵まれた訳ではありません。
もちろん昨年の10月は、消費税増税の直後の月であり、需要が落ちた月です。
その低迷した月に対する当月の158.2%ならば上がって当然のようですが、
来店客台数は前年比128.8%であり、売上げの増加率にははるかに及びません。

いずれにしても、前年10月は増税直後の特殊な月なので、
そんな月との直接的な比較では評価しにくいので、
あえて、2年前の10月と比べると、
つまり、既存店での前々年同月比でみると面白い事実が見えてきます。
来店台数の前々年同月比は96%であり、僅かですが減少しているのです。
それに対して平均単価は前々年10月が9,257円/台で、
今年の平均単価は13,445円/台であり、前々年同月比145.3%と
大幅に上がっています。

画像(640x224)・拡大画像(800x281)

つまり、前年が特殊な事情で需要が低下したのですが、
今年、特に来店台数は前年比同月比120.1%と劇的に増えた訳でもなく、
あえて2年前と比べれば、今年は94%で6%減少しているぐらいで、
逆に1台当たりの平均販売単価が145.3%と著しく上がっているのです。

その平均単価の大幅な上昇は、
ほとんどKeePerコーティングの販売数の増加によるものです。
特に最新のEXキーパーは、前年0台に対して施工台数が423台、
売上で約5,830万円と大幅な実績の上乗せとなっています。
従来からの人気のダイヤモンドキーパーシリーズも46%増と大きく伸びて、一番多く販売されているクリスタルキーパーは、32%増となり、
メンテケア類も48%増と伸び、ミネラルオフ(+ピュア)も54%増と、
全てのコーティングにおいて非常に大きな伸びをしめしました。

これらのコーティングの増販による売り上げの増加は約1億4千万円にのぼり、
83店の合計の売上アップ分約1憶6千万円のほとんどを占めています。
高付加価値、高効率のコーティングが大幅に増販された結果、
人時生産性が二年前の5,771円/人時から
今年の6,984円/人時と、121.0%に上がっています。

このビジネス自体の生産性が著しく上がっていると言えます。
コロナ禍を端に発したLABOの実績の上昇は、
ここに至って、
コロナ禍から別の次元に移っているような気がしていて
KeePerコーティングの本物の価値が、
ひろく広まって浸透しつつあることを実感します。

画像(640x508)・拡大画像(800x635)
画像(640x431)・拡大画像(800x539)
画像(640x568)・拡大画像(800x711)
画像(640x512)・拡大画像(800x641)
画像(640x347)・拡大画像(800x434)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.