谷 好通コラム

2020年11月03日(火)

11.03.寒くなって再び新型コロナウィルスの脅威か来るか

北海道が、短い秋を過ぎて冬を迎えつつある今、
新型コロナの新規感染者の数が急激に増えています。
寒さが感染増の要因だとテレビが言っていました。

その北海道と緯度が同じか、もっと高い緯度にある国、
ドイツやフランス、スペイン、イギリスなどのヨーロッパ諸国でも、
急激に感染者が増えていて、二度目のロックダウンや、
飲食店の夜間営業禁止や、
店舗での飲食がすべてダメで、
持ち帰りやデリバリーだけに限られるなど、
厳しい経済活動の制限が始まっているのだそうだ。
そんなニュースを見た次の場面で、
日本でのプロ野球のニュースでは、
球場にようやく観客が入って賑わっている様子が写っていた。

私たちも、マスクを着ける習慣がすっかり身について、
コロナ対策にまつわる行為が自然の習慣になっていますが、
春から夏にかけての一時のような緊張感は無くなっています。
しかし、
これから、名古屋も東京も北半球はみんな冬になって、
今の北海道やヨーロッパの国々のように
私たちの周囲でも、また、
コロナ感染者が急増してくる事態は避けようがないのかもしません。

これまでは、
コロナ禍によって多くの人が苦労をしている時にも
皆さんの今後の経済状態への警戒や、
清潔意識が高くなったことや、公共交通機関を避ける風潮などによって、
キレイを求めるマインドが高まって、
KeePerにとっては、むしろ、実績を上げるような追い風になっていますが、
決して、いい気になって調子に乗らず、
気を引き締めなければならないと思いました。

来ないかもしれないが、
来るかもしれない現実的な二回目の緊急事態に備えて、
どのように社員を守り、
どのように、どんな意味のある価値をお客様に提供できるのか。
今からよく考えて、備えていかねばなりません。

ヨーロッパでの二度目のロックダウンを伝えるテレビのニュースを見ながら、
そんなことを、考えたのです。

Posted   パーマリンク

11.01. 2020年10月のキーパーラボ運営事業の主観的報告

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。



10月7日に新LABO鹿児島県庁前店がオープンして全83店舗になりました。
その83店が4億41百万円で前年の80店に対して158.2%の実績であり、
また80店の既存店のみで4億31百万円であり前年同月比154.6%でした。

お天気は、どの都市も前年に対して同じくらいの降水量と日照時間で、
特に昨年に比べて天候的に恵まれた訳ではありません。
もちろん昨年の10月は、消費税増税の直後の月であり、需要が落ちた月です。
その低迷した月に対する当月の158.2%ならば上がって当然のようですが、
来店客台数は前年比128.8%であり、売上げの増加率にははるかに及びません。

いずれにしても、前年10月は増税直後の特殊な月なので、
そんな月との直接的な比較では評価しにくいので、
あえて、2年前の10月と比べると、
つまり、既存店での前々年同月比でみると面白い事実が見えてきます。
来店台数の前々年同月比は96%であり、僅かですが減少しているのです。
それに対して平均単価は前々年10月が9,257円/台で、
今年の平均単価は13,445円/台であり、前々年同月比145.3%と
大幅に上がっています。

画像(640x224)・拡大画像(800x281)

つまり、前年が特殊な事情で需要が低下したのですが、
今年、特に来店台数は前年比同月比120.1%と劇的に増えた訳でもなく、
あえて2年前と比べれば、今年は94%で6%減少しているぐらいで、
逆に1台当たりの平均販売単価が145.3%と著しく上がっているのです。

その平均単価の大幅な上昇は、
ほとんどKeePerコーティングの販売数の増加によるものです。
特に最新のEXキーパーは、前年0台に対して施工台数が423台、
売上で約5,830万円と大幅な実績の上乗せとなっています。
従来からの人気のダイヤモンドキーパーシリーズも46%増と大きく伸びて、一番多く販売されているクリスタルキーパーは、32%増となり、
メンテケア類も48%増と伸び、ミネラルオフ(+ピュア)も54%増と、
全てのコーティングにおいて非常に大きな伸びをしめしました。

これらのコーティングの増販による売り上げの増加は約1億4千万円にのぼり、
83店の合計の売上アップ分約1憶6千万円のほとんどを占めています。
高付加価値、高効率のコーティングが大幅に増販された結果、
人時生産性が二年前の5,771円/人時から
今年の6,984円/人時と、121.0%に上がっています。

このビジネス自体の生産性が著しく上がっていると言えます。
コロナ禍を端に発したLABOの実績の上昇は、
ここに至って、
コロナ禍から別の次元に移っているような気がしていて
KeePerコーティングの本物の価値が、
ひろく広まって浸透しつつあることを実感します。

画像(640x508)・拡大画像(800x635)
画像(640x431)・拡大画像(800x539)
画像(640x568)・拡大画像(800x711)
画像(640x512)・拡大画像(800x641)
画像(640x347)・拡大画像(800x434)

Posted   パーマリンク

2020年10月31日(土)

10.31.お客様満足を競う「2020年キーパー選手権」応援ツール

今年の8月のキーパー選手権は中止となり、
今後も、炎天下での選手権は無理があるとして、
キーパー選手権は今年の12月から
毎年12月1回だけの開催となりました。
内容も、
従来のように各種のKeePerコーティングの施工台数を競う形から、
KeePerコーティングのお客様満足度を競う形で開催することになりました。
より高くKeePerの品質向上を図る意味もあります。

その選手権を盛り上げるためのツール造りが、
10月はじめから始まっています。
たくさんのツールを造ることが決まっていて
昨日、9人のデザイナー(全員社員)が電話で繋がったり、集まったりで、
何回目かのミーティングをやりました。

それぞれのデザイナーが力を込めてデザインした作品を、
みんなで吟味して、ある時は叩いて、何度か修正を入れて、
やっと完成一歩手前程度ぐらいにまで来ています。
フライイング気味ではありますが、
10月最後の日、一区切りの成果として
更に、今年唯一のKeePer選手権へ向けての盛り上がりの手始めとして
みなさまに完成前ツールの一部をご披露したいと思います。
(ここからまだブラッシュアップがあります。)

まず、6ページ「コーティングパンフレット」

画像(318x450)

全16ページ、LABOでの先行配布で大好評の「新メニューパンフレット」

画像(315x450)

B1サイズ「2020年キーパー選手権共通ポスター」

画像(424x600)

EX PROSHOPにB1サイズ「新EXポスターその@」strong>

画像(425x600)

EX PROSHOPにB1サイズ「新EXポスターそのA」

画像(424x600)

「共通 KeePerのぼり」

画像(437x500)

「スマホKeePerのぼり」

画像(425x500)

B3サイズポスター「スマホKeePer」

画像(319x450)

B3サイズポスター「ガラスウロコ取り」

画像(318x450)

B3サイズポスター「布シートコーティング」

画像(317x450)

「Webアンケートご案内チラシ」

画像(316x450)

Webが苦手な方に「アンケートはがき」

画像(565x400)
画像(386x550)

Posted   パーマリンク

2020年10月30日(金)

10.30.うんと簡単に説明すると

二日かけてミネラルオフを超長い文章で解説したが、
かえって解りにくくなっているかもしれないと思い、
短い文章で出来るだけ簡便に説明したいと考え、以下の文書を書いてみました。


「ミネラルオフを簡単に説明すると」

新車の時、
ボディガラスコーティング(以降、単にコーティングという)をやったのに、
しかも保証期間内なのに
水弾きが悪くなったり、艶が無くなってきたのは、
多くの場合、
コーティングが取れてきたのではなく、
水道水などに含まれているミネラル分が
薄い膜になってコーティング表面に付着したからです。

このミネラル膜は
親水性であり表面が凸凹しているので、
水弾きが悪くなり艶が無くなってきたのです。
解決するにはミネラル膜を取ってやればいいだけです。

ミネラルオフは、ミネラルの膜を取って
まだキチンと着いているコーティングを全く傷めないので、
コーティングが表面に露出して
新車の時のように、水弾きと艶が復活します。
しかも、ミネラル膜が再付着するのを防ぐ力もあるので、
意外と長く水弾きと艶が持ちます。
しかし、ミネラルオフ自体は決してコーティングではありません。
ミネラルオフは
本当の意味で一番キレイになる洗車なのです。
だから、元々、コーティングを掛けてない車には、ほとんど効きません。

繰り返しますが
ミネラルオフは、あくまでも
コーティングしてある車を
劇的にキレイにする「一番キレイになる洗車」なのです。

Posted   パーマリンク

2020年10月29日(木)

10.29.ミネラルオフは、画期的かつ素晴らしく実用的だが、限界もある。

前日のミネラルオフの話の続きです。

まず、ミネラルオフが画期的かつ素晴らしく実用的であること。
ミネラルオフは、そのケミカルに含まれるクリーナーが特殊で、
ポリシラザンで作ったボディガラスコーティングの表面に付着した「ミネラル
の薄膜」を簡単に除去します。
さらに、その膜の下にあるガラスコーティングを全く傷つけず、
ミネラルの薄膜だけを上手に取り去るので、(独特の技法)
ガラスコーティングの表面が露出して、本来の撥水性能と美観が戻ります。
しかし、そうなるとガラス質の表面に出るので、またミネラル分が付きやすく
ミネラル膜の再付着が早くなるので、それを防止する為のレジンを同時に薄く塗布する。

ミネラルオフの役割は本来のガラスコーティング被膜を表面に出す事
つまり、ミネラルオフを施工すると素晴らしくキレイになるのは、
元々のガラスコーティングが表面に出て、
そのツヤが素晴らしくキレイな訳で、
ミネラルオフ自体が艶を出したわけではないのです。

しかしミネラルオフのレジンそのもののツヤは一時的な効果でしかない。
ミネラル膜再付着防止の為のレジンもツヤを出しますが、
このレジンは分子同士が結合してできる強固な被膜は造りませんので、
分子的にバラバラであり、比較的短期間で流れて取れてしまいます。

コーティングが無い車にやると、ただの持たないWAXになってしまう。
ですから、ボディガラスコーティングも何もしていない車に、
ミネラルオフを施工すると、塗装の上に直接弱いレジンが塗られて、
一時的にはツヤが出て、撥水もありますが、
そのレジンは一時的な水シミ防止の為のレジンなので、
そんなに長い期間は塗装上にとどまらずに、流れ落ちてしまうので、
お客様は「9,000円もして、持たないワックスだなぁ」と嘆くでしょう。

ボディガラスコーティングが掛けてある車にミネラルオフすると、
ものすごく持って、かえってリピートしない。
では、コーティングが掛けてある車にミネラルオフをやるとどうなるか。
もちろん撥水を阻害しているミネラル膜が取れて、ものすごく水を弾くようになり、
表面の平滑(艶の元)を邪魔していたものが無くなるのですから、
新車でコーティングを掛けたばかりのような艶に戻ってお客様は喜びます。
しかし、このツヤと撥水力は元々のコーティングのツヤと撥水であり、
しかもミネラルの再付着をある程度防いでいるので、
下のコーティングの性能が高いほど、かなり長く持ちます。
するとお客様は満足が続いて、
ミネラルオフをやって良かったと思いますが、その長持ちの原因が
元々のボディガラスコーティングの性能だと知っているので、
ミネラルオフのリピートにはあまり繋がりません。
これがミネラルオフの限界なのです。

ミネラルオフはコーティング無しの車には絶対にやらない。
でも、コーティング有りの車にはものすごく効くが、あまりリピートはしない。
だから、例えば新車購入時にディーラーさんでカーコーティングを掛けているので、
皆さんの店では、洗車しかやらないお客様で、
ミネラル膜が付着して撥水が落ち、ツヤも鈍っている車があったら、
ミネラルオフは撥水とツヤが復活してすごく喜んでいただけますが、
それが繰り返しリピートしていただけることはあまりありません。

逆に、コーティングがやってない車にミネラルオフをやると、
その場は良くても、じきに撥水が衰えるので、
お客様は、効かないワックスを掛けたような気になって、当然リピートしません。

ミネラルオフ自体は、すでにコーティングしてある車に対する
「一番キレイになる”洗車”」であり、コーティングではない。
それ自体の効果が持続する訳ではなく、必然的にあまりリピートしません。
リピートするのは、
それ自体の効果が大きく、長持ちするコーティングであり、
水シミ知らずで本物の撥水とツヤと持続力を持つクリスタルキーパーであり、
ダイヤモンドキーパー、wダイヤモンドキーパーであり、
今では圧倒的なEXキーパーです。

KeePer車にミネラルオフは効くのか。もちろん効くが・・・
KeePerが掛けてある車(以下略して「KeePer車」)にも
ミネラルオフはかけてもいいのか。と言えばもちろんイエスであるが、
KeePerコーティングは元々ミネラル被膜が非常に付きにくくしてあるので、
撥水阻害被膜が多少ついても、ミネラルオフを使うまでもなく
「ミネラル取り洗車」という非常に安価で、洗車とほぼ同じ時間で出来る
簡単なミネラル取り作業を洗車に加えるだけで、撥水とツヤが復活する。
もちろん、ミネラルオフをしてはいけない訳ではなく、
ミネラルオフを使えば、より完璧なミネラル取りになることは間違いありません。

結論
ミネラルオフは、カーコーティングがすでに掛けてある車に対する
「一番キレイになる洗車=Cコース」であり、それ以上でも以下でもありません。

画像(445x640)・拡大画像(487x699)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.