谷 好通コラム

2020年10月31日(土)

10.31.お客様満足を競う「2020年キーパー選手権」応援ツール

今年の8月のキーパー選手権は中止となり、
今後も、炎天下での選手権は無理があるとして、
キーパー選手権は今年の12月から
毎年12月1回だけの開催となりました。
内容も、
従来のように各種のKeePerコーティングの施工台数を競う形から、
KeePerコーティングのお客様満足度を競う形で開催することになりました。
より高くKeePerの品質向上を図る意味もあります。

その選手権を盛り上げるためのツール造りが、
10月はじめから始まっています。
たくさんのツールを造ることが決まっていて
昨日、9人のデザイナー(全員社員)が電話で繋がったり、集まったりで、
何回目かのミーティングをやりました。

それぞれのデザイナーが力を込めてデザインした作品を、
みんなで吟味して、ある時は叩いて、何度か修正を入れて、
やっと完成一歩手前程度ぐらいにまで来ています。
フライイング気味ではありますが、
10月最後の日、一区切りの成果として
更に、今年唯一のKeePer選手権へ向けての盛り上がりの手始めとして
みなさまに完成前ツールの一部をご披露したいと思います。
(ここからまだブラッシュアップがあります。)

まず、6ページ「コーティングパンフレット」

画像(318x450)

全16ページ、LABOでの先行配布で大好評の「新メニューパンフレット」

画像(315x450)

B1サイズ「2020年キーパー選手権共通ポスター」

画像(424x600)

EX PROSHOPにB1サイズ「新EXポスターその@」strong>

画像(425x600)

EX PROSHOPにB1サイズ「新EXポスターそのA」

画像(424x600)

「共通 KeePerのぼり」

画像(437x500)

「スマホKeePerのぼり」

画像(425x500)

B3サイズポスター「スマホKeePer」

画像(319x450)

B3サイズポスター「ガラスウロコ取り」

画像(318x450)

B3サイズポスター「布シートコーティング」

画像(317x450)

「Webアンケートご案内チラシ」

画像(316x450)

Webが苦手な方に「アンケートはがき」

画像(565x400)
画像(386x550)

Posted   パーマリンク

2020年10月30日(金)

10.30.うんと簡単に説明すると

二日かけてミネラルオフを超長い文章で解説したが、
かえって解りにくくなっているかもしれないと思い、
短い文章で出来るだけ簡便に説明したいと考え、以下の文書を書いてみました。


「ミネラルオフを簡単に説明すると」

新車の時、
ボディガラスコーティング(以降、単にコーティングという)をやったのに、
しかも保証期間内なのに
水弾きが悪くなったり、艶が無くなってきたのは、
多くの場合、
コーティングが取れてきたのではなく、
水道水などに含まれているミネラル分が
薄い膜になってコーティング表面に付着したからです。

このミネラル膜は
親水性であり表面が凸凹しているので、
水弾きが悪くなり艶が無くなってきたのです。
解決するにはミネラル膜を取ってやればいいだけです。

ミネラルオフは、ミネラルの膜を取って
まだキチンと着いているコーティングを全く傷めないので、
コーティングが表面に露出して
新車の時のように、水弾きと艶が復活します。
しかも、ミネラル膜が再付着するのを防ぐ力もあるので、
意外と長く水弾きと艶が持ちます。
しかし、ミネラルオフ自体は決してコーティングではありません。
ミネラルオフは
本当の意味で一番キレイになる洗車なのです。
だから、元々、コーティングを掛けてない車には、ほとんど効きません。

繰り返しますが
ミネラルオフは、あくまでも
コーティングしてある車を
劇的にキレイにする「一番キレイになる洗車」なのです。

Posted   パーマリンク

2020年10月29日(木)

10.29.ミネラルオフは、画期的かつ素晴らしく実用的だが、限界もある。

前日のミネラルオフの話の続きです。

まず、ミネラルオフが画期的かつ素晴らしく実用的であること。
ミネラルオフは、そのケミカルに含まれるクリーナーが特殊で、
ポリシラザンで作ったボディガラスコーティングの表面に付着した「ミネラル
の薄膜」を簡単に除去します。
さらに、その膜の下にあるガラスコーティングを全く傷つけず、
ミネラルの薄膜だけを上手に取り去るので、(独特の技法)
ガラスコーティングの表面が露出して、本来の撥水性能と美観が戻ります。
しかし、そうなるとガラス質の表面に出るので、またミネラル分が付きやすく
ミネラル膜の再付着が早くなるので、それを防止する為のレジンを同時に薄く塗布する。

ミネラルオフの役割は本来のガラスコーティング被膜を表面に出す事
つまり、ミネラルオフを施工すると素晴らしくキレイになるのは、
元々のガラスコーティングが表面に出て、
そのツヤが素晴らしくキレイな訳で、
ミネラルオフ自体が艶を出したわけではないのです。

しかしミネラルオフのレジンそのもののツヤは一時的な効果でしかない。
ミネラル膜再付着防止の為のレジンもツヤを出しますが、
このレジンは分子同士が結合してできる強固な被膜は造りませんので、
分子的にバラバラであり、比較的短期間で流れて取れてしまいます。

コーティングが無い車にやると、ただの持たないWAXになってしまう。
ですから、ボディガラスコーティングも何もしていない車に、
ミネラルオフを施工すると、塗装の上に直接弱いレジンが塗られて、
一時的にはツヤが出て、撥水もありますが、
そのレジンは一時的な水シミ防止の為のレジンなので、
そんなに長い期間は塗装上にとどまらずに、流れ落ちてしまうので、
お客様は「9,000円もして、持たないワックスだなぁ」と嘆くでしょう。

ボディガラスコーティングが掛けてある車にミネラルオフすると、
ものすごく持って、かえってリピートしない。
では、コーティングが掛けてある車にミネラルオフをやるとどうなるか。
もちろん撥水を阻害しているミネラル膜が取れて、ものすごく水を弾くようになり、
表面の平滑(艶の元)を邪魔していたものが無くなるのですから、
新車でコーティングを掛けたばかりのような艶に戻ってお客様は喜びます。
しかし、このツヤと撥水力は元々のコーティングのツヤと撥水であり、
しかもミネラルの再付着をある程度防いでいるので、
下のコーティングの性能が高いほど、かなり長く持ちます。
するとお客様は満足が続いて、
ミネラルオフをやって良かったと思いますが、その長持ちの原因が
元々のボディガラスコーティングの性能だと知っているので、
ミネラルオフのリピートにはあまり繋がりません。
これがミネラルオフの限界なのです。

ミネラルオフはコーティング無しの車には絶対にやらない。
でも、コーティング有りの車にはものすごく効くが、あまりリピートはしない。
だから、例えば新車購入時にディーラーさんでカーコーティングを掛けているので、
皆さんの店では、洗車しかやらないお客様で、
ミネラル膜が付着して撥水が落ち、ツヤも鈍っている車があったら、
ミネラルオフは撥水とツヤが復活してすごく喜んでいただけますが、
それが繰り返しリピートしていただけることはあまりありません。

逆に、コーティングがやってない車にミネラルオフをやると、
その場は良くても、じきに撥水が衰えるので、
お客様は、効かないワックスを掛けたような気になって、当然リピートしません。

ミネラルオフ自体は、すでにコーティングしてある車に対する
「一番キレイになる”洗車”」であり、コーティングではない。
それ自体の効果が持続する訳ではなく、必然的にあまりリピートしません。
リピートするのは、
それ自体の効果が大きく、長持ちするコーティングであり、
水シミ知らずで本物の撥水とツヤと持続力を持つクリスタルキーパーであり、
ダイヤモンドキーパー、wダイヤモンドキーパーであり、
今では圧倒的なEXキーパーです。

KeePer車にミネラルオフは効くのか。もちろん効くが・・・
KeePerが掛けてある車(以下略して「KeePer車」)にも
ミネラルオフはかけてもいいのか。と言えばもちろんイエスであるが、
KeePerコーティングは元々ミネラル被膜が非常に付きにくくしてあるので、
撥水阻害被膜が多少ついても、ミネラルオフを使うまでもなく
「ミネラル取り洗車」という非常に安価で、洗車とほぼ同じ時間で出来る
簡単なミネラル取り作業を洗車に加えるだけで、撥水とツヤが復活する。
もちろん、ミネラルオフをしてはいけない訳ではなく、
ミネラルオフを使えば、より完璧なミネラル取りになることは間違いありません。

結論
ミネラルオフは、カーコーティングがすでに掛けてある車に対する
「一番キレイになる洗車=Cコース」であり、それ以上でも以下でもありません。

画像(445x640)・拡大画像(487x699)

Posted   パーマリンク

2020年10月28日(水)

10,28,ミネラルオフの独創的発想と限界

人気サービス
「ミネラルオフ」の独創的効果と不思議

KeePerの「ミネラルオフ」というケミカル製品を使って、
手洗い洗車の中でも最もきれいになる洗車=「Cコース・純水手洗い洗車(ミネ
ラルオフ)」というコースがあります。
これは洗車にかかる時間プラス15分程で、車が見違えるほどキレイになり、
お値段もMサイズ(プリウスなど)で9,070円/台とお手頃であり、
手洗い洗車をご注文のお客様に
「ミネラルオフは一番キレイになる洗車で、ものすごくキレイになります。」
などと、ご案内すると、よく受注する人気サービスです。
しかしこのミネラルオフは、よくあるWAXやコーティングの類ではなく、
かなり独創的な発想で造られているので、
その意味と限界を、一度、書いてみようと思います。

「高いコーティングしたのに、保証期限前に効かなくなってしまった?」
カーコーティングとは車の塗装の表面を覆う「被膜」が分子的に結合し
連続的な膜になっていて、その保護効果は長期間にわたります。
カーコーティングの表面には水を弾く成分(撥水基)が敷き詰められていて、
雨などをよく弾きます。
しかし、多くのコーティングがうたっているような5年間の光沢保証と共に
撥水が5年間も続くことはありません。
光沢や美観についてもコーティングしたばかりのような光沢は続きません。
それを見て「コーティングが取れてしまった。」と多くの人が思いますが、
実はそうではない場合がほとんどなのです。

「水弾きを邪魔して、ツヤも落とすミネラルの薄い膜(撥水阻害被膜)」
水が弾かなくなったり、ツヤがくすんできた時の多くは、
環境に存在する「ミネラル」がコーティング表面に付いて膜になったからです。
それはナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウム・ケイ素などで、
主に水道水に交じっていて洗車をした時に付着したり、
降雪地帯では、塩化カルシウムである融雪剤が、直接、ボディに付着します。
ミネラルは無機質であり親水性で水はじきを邪魔します。
ボディに付着したミネラルは薄い膜になり、
その表面が凸凹しているので、ツヤもなくなります。
(この薄いミネラル膜のことを私たちは「撥水阻害被膜」と呼んでいる。)

多くのボディガラスコーティングは、ミネラル膜が付きやすい。
昔はカーコーティングと言えば、
高分子重合体で出来たいわゆるポリマーコーティングが主流であったが、
被膜のタフさから、ポリシラザン(水ガラス)を塗装に貼るボディ”ガラス”コー
ティングが主流となりました。
ボディガラスコーティングは被膜の硬度もあって生活傷からの防護にもなり、
被膜の寿命も長く、長持ちするのでカーコーティングの主流になっています。
しかし、その被膜表面はガラス質になっているので、
基本的にミネラルと親和性が良く、特にミネラルの一種のケイ酸塩は、
ガラス質表面に良くくっつき、
ひどくなると被膜上にミネラルの輪状の固着物が出来ます。
(これを「水シミ」(又は水垢、ウロコ、ウォータースポットなど呼んでいる。)
このような水シミは非常に頑固で、
しかも無機質の固着物なので洗剤類が全く歯が立たず、
高コストのポリッシャー研磨で物理的に削り取るしか方法がありませんでした。

「クリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパーは、根本的に解決(特許)」
15年以上前、世の中のコーティング業界では、
ポリシラザンを使ったボディガラスコーティングが大流行でしたが、
KeePerはこの水シミ問題を重視して、
ボディガラスコーティングを出さずポリマーコートだけで頑張っていました。
しかし、SONAXからの提案で実用化していた
ポリシラザンではないアルコキシオリゴマーの独自の厚いガラス被膜の上に、
水シミが付かないレジン被膜を乗せることを考え出して、
ガラス被膜の密着性に注意しながら作ったのが「ハイブリッドレジン」でした。
この試みは非常にうまく行って、
「水シミ」がほぼ完璧に付かない二層式の
クリスタルキーパーとダイヤモンドキーパーが完成したのです。
これは特許に登録されています。
後に、使用感を大幅に改善した「レジン2」に進化して、
水シミのクレームがほぼ完璧に無いガラスコーティングとして今に至っています。

他のボディガラスコーティング、ミネラル膜を取ったらいいのに。
KeePerのボディガラスコーティングは、水シミから解放されたが、
他のメーカーのボディガラスコーティングは、
相変わらずポリシラザンを使ったガラス被膜を表面に出したままで、
ひどい水シミまみれになっている。
あるいはユーザーが気を付けて水シミが付かないように、
洗車後の拭き上げなどを注意深く行ったりしていても、
薄いミネラル膜の付着までは防げず、
撥水が無くなったり、ツヤが何となくボケたりしている。
しかも
そのコーティングのメーカーさん達は、
普通のクリーナーWAXなどをメンテナンス剤として、
せっかくコーティングをただのWAXの表面にしてしまい、
何のためのコーティングであるのか分からなくしてしまっている。

原因はミネラル膜なので、その薄膜を取ってやればいいだけなのに、
。他のメーカーのことなので放って置けばいいのかもしれないが、
見かねて、撥水阻害の元凶のミネラルの薄膜を取るケミカルを造ってしまった。
しかも、単にミネラル薄膜を取るだけではなく、
その下にあるガラス被膜を全く傷めない特殊なクリーナーだ。
コーティング被膜ををそのままにミネラル被膜だけを取り去る。
別の目的で造ったものが、たまたまそんな特殊な働きをした偶然の産物だ。
この特殊なクリーナーの成分は、絶対に秘密なので、
特許も取っていない。
特許を取ると、ある程度の秘密を文字にして公開することになるので、
絶対に秘密にしたいことは、あえて、特許にしないことがある。
(爆白や爆ツヤもあえて特許にしていない。)

ミネラルオフは劇的に効果があるが、コーティグ剤ではない。
撥水阻害被膜である「ミネラル膜」が付いているボディガラスコーティングは、
撥水しなくなっていて、ツヤも落ちている。
しかも、その上にメンテナンス剤と称するアミノシリコンなどの「撥水剤」を
スプレーなど振りかけられて、鈍い撥水が出ているだけで、
ツヤはますます鈍くなっている。
そんな状態のボディガラスコーティングも、
ミネラル膜をパリパリっと取ってやると、嘘のように撥水とツヤが復活する。
元のガラスコーティングが表面に出るのだから、当然だ。
しかし、ガラス被膜がふたたび表面に出たのだから、
またミネラル膜が付きやすい表面になっていることも事実でるので、
クリスタルとダイヤモンドキーパーで得た特殊なレジンの技術を活かして、
ミネラル膜を取り去ると同時に薄くレジン被膜で覆うようにした。
すぐにミネラル膜が再付着させないことが目的だ。
しかし、
元々あるガラスコーティングの効果を復活させることが目的であり、
その上に強いレジン被膜を強く乗せてしまっては元も子もない。
ユーザーが高いお金を払って施工した
そのボディガラスコーティングを復活させることを目的としている。

しかも、洗車プラス15分で出来る作業性もテーマ。
そこで、レジンは塗る前にすでに架橋反応が終わっていて、
塗ってから分子的な結合が起きないようなものにして、
時間が経てば流れるようにして、コーティングではない状態にしたのです。
そのバランスが絶妙であって、
一時は「艶パック」の名前でデビューしたケミカルですが、
そこから改良を繰り返して、
今の「ミネラルオフ」の形に落ち着いたものです。
これは実に、
何十台ものテストを繰り返して造り上げたKeePerの開発陣の賜物なのです。

だから、ミネラルオフはコーティングではなく洗車の1つとしたのです。
それも一番キレイになる洗車。

これ以降、いよいよ話の本題に入って行きますが、
もう遅くなったので明日また続きを書きます。

Posted   パーマリンク

2020年10月25日(日)

10.25.六戦目にしてやっと実物を見た。

今日は、スーパーGTの六戦目の鈴鹿戦であった。
鈴鹿サーキットは家から1時間ちょっとで行けるし、
シリーズ全8戦中、前半の四戦は「無観客」であったが、
五戦目から観客を少し入れるようになって、
それも六戦目の今回は、KeePerからも250人の応援団を受け入れられたので、

張り切って、私も出かけたのでした。
しかし残念ながら、私は足がダメなので、
皆さんのいるグランドスタンドに行くことが出来ず、
コントロールタワーのビルの上の何とかテラスという場所で
見ることにしました。
久しぶりに見るGTカーの実物は、迫力満点で、
スタートの時は、
感動して、鳥肌が立ち、涙が出てしまいました。
六戦目にしてやっと実物を見たわけです。

でも写真はありません。
コロナ対策で、私たちが契約していた中村カメラマンが、
今年は、理不尽にもサーキットに入れず、
チーム所属のカメラマンからの写真が、このブログには間に合わず、
残念ながら載せることが出来ません。

レースは、残念ながら、
些細なことで#37はリタイヤとなり、私たちも途中で帰ってきました。

ウェイトハンディが次レースの”もてぎ戦”では半分になり、
最終戦の富士戦では、ノーウェイトになります。
だから、今年のシリーズチャンピオンの勝負は、次戦からです。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2020


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.