谷 好通コラム

2020年10月24日(土)

10.24.KeePer技研鰍フ仕組み、そのCケミカルなどの製品。

KeePerの数多くのケミカルは、
国内3社のケミカル工場とドイツSONAXのケミカル工場で造られています。
国内の工場は「水もの」が強い工場と、
「ホモミキサー」での撹拌分散が得意な工場など、
それぞれ得意な分野が違う工場に分けて生産を委託しています。

製造設備を自前で持つことは難しくありませんが、
製造の為の機械の機能は決まっているので、
持っている機械で造る製品の幅が決まってしまい
自由が失われて、イカンと考え
研究開発の設備と機能は自社内に置き、
そこで開発された製品のレシピを渡して委託製造をする方が、
開発する製品の自由度が増して良いと考え、当初から、そうしています。

しかし、 (たぶん) 2004年、
ドイツのSONAX(ヨーロッパ最大のカーケミカルメーカー)と巡り合い、
私もドイツに行くようになって、
研究部門の責任者であるピッチ博士と出会い、
彼の持っている類稀なる能力と、
KeePerが望んでいる製品の方向が一致したのでしょうか。
ピッチ博士の提案してきたサンプルは、
KeePerに劇的な革命を起こしました。

更に、KeePerの技術開発部は直営のKeePer LABOでの経験で、
造り出すべき製品の性能を求めて数限りないテストを繰り返して、
SONAXピッチ博士に的確な報告をして、
持っていくべき性能の方向を示しました。
それに応えて、ピッチ博士は次から次へと改良サンプルを造り出して、
何十種類ものサンプルがドイツから届いた。

そのサンプルを、残らず、テストしてレポートし、ドイツに送った。
このやり取りが一つのケミカルを開発するたびに果てしなく続き、
妥協することのないケミカルを造り、
安全テストもしっかり重ねた上で、
毎日お客様のお車を実際にキレイにさせていただいているLABOの店長や
ベテランスタッフたちに使ってもらって、意見を集め、
ケミカルの更なる改良と、
その施工技術の改善を行って、
いよいよ実践的なケミカルにブラッシュアップして、
完成したケミカルを、LABOで実際に使い、更にブラッシュアップして
施工技術の確立と共にケミカルも最終的に完成して、
とても長い時間を経て、正式なKeePerケミカルとしてデビューします。

製品開発の仲間たちとピッチ博士

画像(640x425)・拡大画像(800x532)

日本の工場でも中々応じてくれないような執拗なまでの調整と開発に、
SONAXは呆れるほどの根気良さで付き合ってくれて、
ダイヤモンドキーパー・ケミカルやレジン2などのコーティング剤や、
爆ツヤをB.D.C.などのクリーナー類を作り上げてきました。
最近では、画期的なEXキーパーのVP326などの傑作を生み出しています。

日本国内のトップクラスのケミカル研究所との共同開発もありますが、
なかなかピッチ博士のようには行きません。
サンプルの数と開発へのしつこさがピッチ博士は別格なのです。

こうやって出来上がった製品は「KeePer製品」であり、
SONAXのマークを付けて売られることはありません。
SONAXの提案でも、
KeePerとの共同開発で出来上がった製品は
KeePerのマークで売られます。
これは世界のレベルでそうであり、
SONAXでの生産はKeePer全体の50%近くにまで成長していて、
SONAXはKeePerにとって欠かすことが出来ないパートナーになっているのです。

昔、ドイツのアウトバーンで見た不思議なまでに美しい夕日

画像(640x424)・拡大画像(800x530)

ドイツなのでSONAXとはユーロの取引になるが、
比較的ユーロの為替レートは安定しているので為替リスクはほとんどない。
ケミカルの原料に石油製品はどうしても関わってくるが、
その付加価値の中で石油コストの比率は非常に低いので、
石油価格変動のリスクも、ほとんどない。

KeePerの研究所で最初からオリジナルで造り上げる物もあります。
LABOでの運営でお客様のニーズを直接汲み取り、
実践的な製品を企画して、試作を重ねて、テストを繰り返し、
満足のいくまで完成した製品を、最も適した工場に振り分けて製造します。
最近の例でいえば、
「窓ガラスのウロコ取り」シリーズなどがそうで、
LABOでの先行販売では、ニーズにぴったり合ったのだろうか、
はるかに予想以上の数の施工販売が行われている。

タオルやマイクロファイバークロスの生産は、
KeePerの初期のころ、中国の工場に何度も出かけて、
直接、独自の製品として開発したが、
チャイナリスクを考えると、アジアの他の国での生産が必要となっている。
ドル決済なので、為替リスクはあるが、
これらの製品の、KeePer全体の中での比率は非常に低いので、
実質的にはドル為替リスクは無いに等しい。

機械の生産は、北海道の洗車機メーカーであるアベテックに委託しています。
KeePerが提案した機械の機能をアベテックが設計し、
出来た機械をLABOでしっかりと使って、改善点を抽出して、
新しいアイディアを加えて新しい機械が出来ます。


KeePerの製品は、
どこまでもLABO現場での実際のサービスの中で、
お客様の生のニーズから生まれてきた物であり、
実際の作業の中での使い心地を追及し、
実際のお客様の目に訴えることで、
その反応を直接受け取る生の現場で、生まれ育って、生きている製品なのです。

Posted   パーマリンク

2020年10月23日(金)

10.23.もう一回だけ一服、エバンゲリオンになった紫電

もう一回だけ、一服。

今日は松阪市にデザイナーの佐伯課長と一緒に行ってきました。
ボンネットパンフレットという説明すると長くなる変わった物を造っていて、
その中心となるミニチュアのボンネットの製作を依頼しに行ったのです。
そこはレースカーを製作する町の工場で、
見た目は雑然としていますが、本当に雑然とグチャグチャで、
こんな所で技術の最先端のレースカーが造られているかというと、
何軒もレース屋さんを見ていますが、
みんな似たようなもので、
本当に、こんな所で時代の最先端のレースカーは造られています。

そこには、
昔(20年くらい前か?)、
スーパーGT(当時の名前は全日本GT選手権?)で、
一世を風靡した「紫電」がありました。
紫電は最後の最後までシリーズチャンピオンを争って負けた名車です。
その時のドライバーは今、KeePer技研鰍フ盟友であり仲間の一人。
その「紫電」が、
何と「エバンゲリオン」の衣装を纏って静かに止まっているではありませんか。
その理由を工場の社長が説明してくれましたが、
ボーっとして聞いたので憶えていません。

画像(600x450)


そしてこれが、今造っている最新の車とおっしゃっていました。
とっても小さな車で軽自動車?をレースカーに仕立てるようです。

画像(600x450)

いずれにしても、
レース屋さんに共通して流れる空気を楽しんで、
きちんとミニチュアボンネットの製作の仕事の話もして、
でもつい、レースの話に行ってしまいながら、ちゃんと目的は果たした上で、
せっかく松阪に来たのですから、
LABO松阪店に寄ってきました。
パラパラと雨も降っていたので、松阪店にお客様は少なかったですが、
ブースの中にはしっかり2台、コーティングを施工中でした。

画像(600x450)

LABO松阪店は、
今、前年同月比176%で好調に進行中なのですが、
今年の10月は、前年同月が増税直後の比較的実績の低い月でもあり、
三重県の5店舗の中では一番低い増加率なのです。
隣の大阪府を入れてもまだ最低です。

今年の10月は、新型コロナ禍の影響もあって、
LABOは今、何ともすさまじく進行中なのです。

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2020年10月22日(木)

10.22.ちょっと一服。秋、秋、秋、

英語版の会社案内も造るべきと思って、
まず「KeePer技研株式会社の仕組み、その・・・」を、
日本語で書き始めたら、なかなか終わらなくなってしまい、
同じようなことを繰り返し書いているような気もしたので、
ちょっと一服する。

社長職から身を引いて、
店舗廻りもお客様巡りもやめて、
そんなに長い時間ではないが、
ずっと事務所にいるようになってから、
猛烈にいろいろと物事が進んで、いつの間にか隙間なく忙しいが、
フィジカルな面でも、メンタルの面でも、
まったく無理とか疲れを感じないのは快適な毎日です。

強烈な夏が本格的に終わって、
着々と秋が来ました。

画像(400x337)
画像(400x355)
画像(539x436)
画像(450x337)
画像(478x462)
画像(550x412)

Posted   パーマリンク

2020年10月21日(水)

10.21.KeePer技研の仕組み そのB5,927店のKeePer PRO SHOP

KeePer製品関連事業は、
直営店「KeePer LABO」以外のすべての事業を指し、
主に、全国5,927店舗の「技術認定店KeePer PRO SHOP」をはじめとする
KeePer施工店に、ケミカル、機械、道具などを販売している事業です。

その軸になっている客先KeePer PRO SHOPとは、
KeePer技研鰍ェ独自に設定しているコーティング技術資格1級を、
検定会で合格した技術者が、在籍している店舗であり
KeePerを高品質に施工出来る作業環境であることを条件とし、
KeePer技研がその店舗でのKeePerの品質を保証する
文字通りの「技術認定店」です。
その多くがガソリンスタンドを本業として運営し、
併設の副業としてのKeePer PRO SHOPを運営の店舗が全体の95%です。

そしてKeePer PRO SHOPには、
「入会金」も「会費」も「ロイヤリティ」もなく、
唯一「施工したKeePerの品質の維持」を約束してもらいます。

また8月と12月に年二回、
全店チェックが全営業スタッフによって行われ、
高品質のKeePer施工を施工できる環境と技術を確認します。
その時点で、品質を維持できていないと判断された場合は、
KeePer PRO SHOPの看板を没収させていただき、
ホームページ上のリストからの非表示と、
店舗情報ページも非表示処理がされます。
これは、けっこうしっかり実行されていて、
全店チェックの後は、何軒か(多い時は十数軒)が非表示になって、
改善を確認後に復活されているところを見ます。

ここの部分を厳密に実行することによって品質の維持を実現し、
広くお客様からの信頼を得られるので、
お客様の支持をいただき、
KeePer PRO SHO店舗としての売り上げを確保できるので、
評判が評判を呼び、石油元売り会社からの推奨もいただいて、
一切の募集活動もなしに、
現在の5,927店にまで成長しました。
これは直営店のKeePer LABOで学んだことであり、
この種類のサービス業においては品質の維持が最も重要であって、
最強のマーケティングでもあるようです。

KeePerの技術研修は全国13か所の専用トレーニングセンターや、
場所によってはKeePer LABOの設備を使って行われている。
研修は8種類のコースに分かれていて、
研修生は1種類のコースを受けたら自店舗に帰って練習し習熟した上で、
次のコースを選択して進む。
そして途中のステップで二級資格を検定会で取得し、
すべてのステップを終えると一級技術資格を検定会で取得する。
KeePerでは、たくさんの技術を何日か掛かりでいっぺんに教えることは、
キチンとした技術伝達にならないとして、
例えば、研修→習熟→研修→習熟・検定→研修→習熟→研修→検定、など
研修と実践を交互に行い、検定で確認する実践的な研修方法を取っています。


この何種類もの研修と検定のスケジュールは、
トレセンごとにカレンダーが作られており、
毎月発行の機関紙KeePer TIMESに掲載されて(Webでも)います。
この研修でインストラクターを務めるのが、
全員、KeePer LABOで活躍してきた店長であったりしたスタッフ達です。
実際にお客様と話をして、KeePerを紹介し、
実際に技術を使ってお客様のお車をキレイにして、
お客様の喜びを目の当たりにして、共に喜んできたスタッフたちが、
実感を持って研修をするので、これ以上の実践的な研修はないと言えます。

KeePer PRO SHOPでは、8月と12月にKeePer選手権が開催されて、
日本国中のPRO SHOPがKeePerの施工の数の競い合います。
コロナ以降、8月の夏のKeePer選手権は取りやめることになりましたが、
12月の選手権がお客様満足を競うような新しい嗜好で開催されていきます。
また、
2月の予選から4月の全国大会まで、キーパー技術コンテストが開かれます。
2月には全国13か所のトレセンなどで、
地域のPRO SHOPから自主参加の「予選」が全部で百回以上も開催されて、
約1200名の参加を持って
各県別のチャンピオンを決める県チャンピオン戦への参加を決めます。
そして各県のチャンピオンが決められます。
その県チャンピオンが4月、
一堂に愛知の中央トレセンに集まって、
それぞれの県の名前を書いたゼッケンをつけて
二日間にわたる全国チャンピオン戦を繰り広げ、
たった一人の日本チャンピオンが生まれます。
この大会は毎回、すごく感動的であり、テレビでの放映も何度かありました。
日本チャンピオンは全国のキーパー一級技術資格者の憧れであり目標です。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

Posted   パーマリンク

2020年10月20日(火)

10.20.KeePer技研鰍フ仕組み・そのAKeePerの起源

事の初めは、今から約30年前、
谷 好通が独立して6年目のことです。

色々な事情があって、
莫大な借金をして2軒目ガソリンスタンドを建てたが、
ガソリンを売ることが出来ず、
洗車とコーティングだけで1年間食いつないで行かなければならなくなった。
しかし、普通の洗車だけでは
とても収益を上げることは出来ないので、
苦肉の策として、その頃、流行り始めていた「磨き」と「コーティング」を、
愛知から横浜まで通って、
高いお金を払って習い、
憶えた研磨+コーティングは、当時としても破格の5~7万円もして、
滅多に売れなかった。
来店客がゼロの日もざらにあって苦しかった。
苦し紛れに販促の広告に無駄なお金を使いながらも、
1軒目のガソリンスタンドの収益が良かったので、
株式会社タニは、無事になんとか、1年を食いつないだ。

1年経ったので、晴れて2軒目もガソリンの販売が出来るようになったら、
今までほとんど来なかったお客様が、
ガソリンスタンドなので山ほど来て、(それまでに比べると)
そのお客様に、今まで身に着けた車を特別にキレイにする技術、
つまり磨きとコーティングの経験を活かして収益に結びつけようとしたが、
そんな何万円もするような磨きとコーティングを買う人はいない。
少なくともガソリンを入れに来たついでの人が、買う訳がない。
そこで考えた。
それまで習い覚えた技術と知識を総動員して、
ガソリンを入れに来たお客様が、ついでに待てる時間を45分と設定して、
出せる料金も5,000円程度として、それでも、
素人のお客様が出来ないキレイさを造り出せれば買ってくれるのではないか。
そして、色々考えて、工夫して、
市中に売っている○○クリーナーとか、▽◆コーティング剤を寄せ集め、
駆使して、Qシステムなるコーティングシステムを作り出して、
ガソリンを入れに来たお客様に紹介して、いっぱい宣伝もして、
頑張って売って、
たった132坪のガソリンスタンドであるが、
その12月、洗車+コーティングQシステムで450万円を売り上げた。

これは全国のガソリンスタンドの洗車売り上げの中で2位の成績だった。
それが業界新聞に載って、一躍名前が売れ、
「聞いたこともない小さな店が突然?」と
見学の人がいっぱい来られて、
嬉しくて、そのたびにQシステムを実演して見せ、熱を入れて説明をした。
しかしそれも毎日続くと、毎回一組ずつ説明をやっているのは辛くなった。
そこで、そのシステムを「塗面改善の方向性」という特許に登録して
週に一回の「ワンデースクール」なるものを作って、
まとめて研修会のようなもので一般に公開し始めたのです。

それが現在、
全国13か所のトレーニングスクールで年間延べ5万人を研修する
KeePerスクールの最初の姿であり、KeePerの原始の姿でもあった訳です。

大昔、最初は市販のケミカルや道具の寄せ集めであったQシステムは、
新たなブランドとして「キーパー」「キーパーコーティング」とし、
ローマ字書きでは「KeePre」としました。
KeePerは、昔、KeePreだったのです。
なぜそうだったのかは、話が長くなるので説明するのはやめます。

そして、市中品の寄せ集めであったケミカルも、
最も理想に近いものを造るべく、
たまたま知り、縁があった小さな化学研究所を買い取って、
自前のKeePerケミカルとなって、独自に進化したのでした。


その後、KeePerを全国に広めようと
日本全国を飛び回っていた頃、
よく乗っていたNAL(中日本エアライン)のフォッカー50(愛称・赤鼻のポチ)

画像(500x218)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2020


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.