谷 好通コラム

2020年10月18日(日)

10.18.一人一人、あるいは家族が豊かに乗るクルマ

軽自動車に乗って一ヶ月余り
私は今、軽自動車乗り慣れて、大好きになっています。
今の軽自動車は、私が知っている昔の軽自動車とは全く変わっていて、
装備の充実ぶりからその操作感覚のレベルの高さまで普通車そのもので、
軽自動車だからとか、
コストをかけられないからという造る側の理由で
軽薄な操作感覚や、低いクォリティであることを許していない。
あらゆる品質レベルにおいて普通自動車と同じ基準で造られていると感じた。
軽自動車とはただ単にボディが小さいだけの普通自動車そのものです。

もう何十年も前のことかもしれませんが、
私は免許を取って直に軽自動車の陸送のアルバイトをしたことがありますし、
初めてのマイカーは2年落ちの中古軽自動車でした。
でもあれからずっと軽自動車とは縁がありませんでしたから
今の軽自動車は、あの頃の軽自動車とは全く別物で、本当に驚きました。

ちょっと考えるに、
昔の軽自動車はエンジンの排気量が360ccで、
車体サイズも今よりひとまわり小さく、
制限速度も普通自動車よりも少し低かったような気がします。(今も?)
車両価格は軽自動車のほうが明確に安く、
自動車税は今と同じように普通自動車よりもかなり安いが、
昔は、
軽自動車には駐車場の確保義務がなく、
確か、車検も無かったような気がする。

昔の軽自動車は、
今よりずっと小さく、遅く、でも圧倒的に安く、
金のかかる義務も少なく、税金も安く、
昔、軽自動車とは、取得費も維持費も圧倒的に安く乗れる「安い車」であった。
だか、昔、軽自動車に乗ることは優遇を受ける事であり
ある意味「豊かではない」ことでもあった。

しかし自動車社会が成長する中で、
何十年か前、交通事故死が年間一万人を超して
根本的に自動車社会の安全の見直しが必要になった時、
安全装備の為に軽自動車のサイズも大きくなって、エンジンも660ccとなり、
普通自動車並みの安全基準を満たすための「車検」が科せられて、
軽自動車は必ずしも、圧倒的には安くなくなった。
優遇が少なった結果、
軽自動車は中途半端にしか安くないので、
装備の貧弱さを我慢する理由が無くなってきたと同時に、
社会全体が豊かになり、人々も豊かになってきたので、
我慢して乗る車はだんだん受け入れられなくなってきた。

そんな需要の変化に対して
軽自動車はどんどん普通自動車化して、
特に電子デバイスは普通自動車と同じ装備で充実して
車両価格も普通車とほとんど変わらなくなった。
だから、現代の軽自動車とは、
ただ車体が少し小さく、駐車場確保義務がなく、自動車税が安いだけの
優遇などのメリットも少ないが、価値もほとんど変わらない
「豊かな人」も乗る貧弱さの全くない普通の車になっていると感じたのです。

それどころか、
軽自動車は、縦✖横だけのサイズ規制はあるが高さの規制はないので、
ハイトワゴンなる背の高いワゴンが主流になって、
かつての大衆車カローラなどの普通車よりも
はるかに大きな体積を持ったパッケージングに成功して、
家族のある家庭のマイカーの主流になっている。

エンジンはターボ装備も多くなっているので、
動力性能も普通車に遜色が無くなっており、
しかも、小排気量ターボ車は低燃費の世界の一つの主流であり、
時流にも合っている。

軽自動車を作るメーカーも、
ユーザーの好みに合わせて
一つのメーカーで何種類ものタイプの軽自動車を造って、
ユーザーは楽しく選び、迷って、豊かに買い、乗っている。
今の軽自動車は、
昔の、我慢して乗る安い車の面影はみじんもない。
一人に一台の豊かなクルマなのだ。

そんな軽自動車の良さを、
軽自動車を基本にして、
車幅を10cm程度拡げて、エンジンの排気量を1000cc程度にした、
ワイド版軽自動車とでもいうべきハイトタイプのコンパクトカーが売れている。
今、一番売れているクルマなのではないだろうか。

そういう意識で、街を走る車を見ていると、
軽自動車とハイトタイプのコンパクトカーが、半分くらいの感じがしてきた、

トヨタや日産など本体では軽自動車を造っていないメーカーでも、
一番売れているのはハイトタイプのコンパクトカーだと言う。

私たちは、軽自動車を「安くて我慢して乗る車」から、
「一人一人、あるいは一家庭が豊かに楽しく乗る車」に意識を変えないと、
今の時代を理解できないと思ったのでした。

私は約一か月、軽自動車に乗り続けて、
惨めさを感じたことはゼロであり、
狭さを我慢したこともなく、
電子装備の充実ぶりに今でも感心することがあります。
(ヘッドライトが自動的に遠目近目に切り替わるのにはびっくりしました。)
小回りの効くコンパクトな車体と、
軽さは最高でエコがうれしく感じます。

ただ、対向車が「どけっ」て感じで迫って来るのだけはちょっと嫌ですが。

Posted   パーマリンク

2020年10月16日(金)

10.16.創業の頃からの大まかな流れ

1982年つまりKeePer技研株式会社の創業の年、
それまで会社員として、大きなガソリンスタンドを運営する会社の中の
統括マネージャーをしていた谷 好通は、
一軒のガソリンスタンドを店主として運営するチャンスを手に入れて、
愛知県刈谷市に小さなガソリンスタンドで妻と一緒に働くことで
株式会社タニとして独立をしたのです。
元々ガソリンスタンドの運営に優れた手腕を持っていたので
そのガソリンスタンドは、すぐに成功して
ガソリンスタンドの軒数を増やして潟^ニを成長させようとしたのですが、
ガソリンスタンドとして伸ばして行く為には、
燃料をより多く仕入れて行く為に「担保」の追加が必要でした。
しかし、谷 好通は独立した時には裸一貫だったので、
担保の追加が出来ず、
潟^ニはガソリンスタンド運営会社として成長が難しいことに気づき、
会社の営業をガソリンスタンドから
洗車、カーコーティングに大きく転換しました。
そして、ガソリンスタンドは廃業して、今の形で成長したのです。

ですから、
谷 好通は元々ガソリンスタンドの人脈を多く持っていたので、
洗車、カーコーティングのケミカルなどの材料の販売を始めた時、
その販売先をガソリンスタンド相手に大きく偏って活動した訳です。
しかも、谷 好通はガソリンスタンドのビジネスを熟知していて、
ガソリンスタンドの中で洗車コーティングの販売のやり方や、
どんな洗車コーティングが合っているか知っていて、
ガソリンスタンドで圧倒的に便利で、
ガソリンスタンドでのお客様に喜ばれるKeePerコーティングを考案したのです。
複数の特許も取得しながら、委託製造工場を確保しつつ、
洗車、カーコーティングのメーカー「KeePer」として
今のように、全国のガソリンスタンドの中での
大きなシェアを取るに至った訳です。


なぜ、こんなことを急に書き始めたのかというと、
今日も海外の投資家からのIR取材を受けたのですが、
また英語で、通訳の方を通じての取材だったのですが、
最初に、KeePer技研株式会社の成り立ちの話を求められて、
上記のような話をしたのですが、
英語の通訳を通じての話だったので、
素晴らしく能力が高く、理解が早い通訳の方を通じてだったのですが、
やはり、時間がかかって、
その基本的な話だけで、相当な時間を要し、
肝心なKeePer技研の将来の話とか、可能性の話があまり出来なかったので、
せめて、最初のこの部分の話だけでも
早く「英語版」の資料を造らなければと思って、
その元になる日本語版の「KeePer技研発祥の話」を、
ブログついでに書き始めた訳です。

今日はこの辺にしておきましょう。


画像(640x409)・拡大画像(687x440)

Posted   パーマリンク

2020年10月14日(水)

10.14.英語通訳付きでのIRは疲れますが必要です。

IRといえば、新聞等では統合型リゾート(Integrated Resort)が話題になるが、
一般的には「投資家向け情報」(Investor Relations)の略としてIRという。
株式を上場している会社の担当者が、
機関投資家の事務所を訪ね、
財務状況とか現在の営業状態や今後の見通しなどを説明して
自分たちの会社への投資をすすめる。
東京の中心地にある投資家の事務所を訪ねて回るのが常だ。
あるいは機関投資家や個人投資家まで多くの人を集めて、
講演会みたいな形で行うIRもある。
今はコロナの影響で、ZOOMを使ってのオンラインIRや、
電話でのIRがほとんどになった。
そのおかげで、かえって外国からの取材を受けることも多くなった。

IRの担当者は経営企画室や管理部門などが表に立っている場合が多いらしい。
しかし、会社の状況を熟知し、
将来についての構想を実際に持っている社長などが
IRにはうってつけで、
株価について熱心な会社は、たいてい社長がIRを担当している。
私が知っているある会社の社長は、
いつもたった一人だけで、しかも何も持たず、
ふらっと機関投資家の事務所をたずね(もちろんアポイントは取っている)、
「何でも聞いて(下さい)。何でも答えますよ。」と、
資料もなしで、数字でも何でもスラスラと答えるのだそうだ。
かっこいい。
機関投資家の評判も極めて良い。
我がKeePer技研株式会社は
代表取締役の片割れである私が担当しているが、
私も
ぜひ真似したいところだが、
私は足がダメなので、どうしても介添えがいるので、
いつも二人づれになっている。
だから、不便だと言いながらも、
私にはオンラインIRや、電話IRは大変助かっている訳です。

電話IRならばこちらは愛知の自分の事務所にいたままで
投資家が東京であっても、
世界のどの都市にいても平気なのです。
だから、最近はぐんと海外からの取材が増えました。
それでも海外の投資家から資金を預かっているファンドに所属している
日本人のアナリストからの日本語での取材だったのですが、
今日はとうとう外国人からの日本語通訳を通じての取材を受けました。

以前は、海外によく出張していたので、
そのたびに、その外国の日本語通訳を通じて仕事をしていたので、
あの頃は、割と平気でしたが、
通訳を介すると、とにかく時間がかかることは憶えていたので、
今日も1時間の取材の予定でしたが私自身は2時間用意して備えました。
今日はアメリカのシカゴからの取材でしたが、
つっかえながらも、よく理解をいただけた良いIRが出来たつもりでしたが、
時間は最終的に1時間半以上かかってしまい、
最初から2時間用意をしておいたのは大正解だったのです。

もちろん、いつもより時間がかかったのですから、
しかもいつもより集中して聞かなければいけなかったので、
いつもより相当ぐったり疲れました。
しかし、これは慣れの問題でもあり、
何より、
外国の投資家にあらかじめ当社に対する理解を確保しておく為に、
英語版の会社案内を早急に造らなければなりません。
それが一番でしょう。
逆に、英語版の会社案内が今まで無かったことが不思議です。
これでは今まで、海外からの投資に一切の門戸を閉じていたことになります。

以前にそう言われたこともあったのですが、すっかり忘れていました。
私はこういうことが多くて、反省です。
ちょうど広報の部署も出来たことなので、すぐにやりましょう。

Posted   パーマリンク

2020年10月12日(月)

10.12.新・メニューパンフレットがほぼ出来上がってきました。

新しいメニューパンフレットとは、
LABOで扱っているほぼ全商品の紹介と
全サイズの車に対する価格が一応すべて書いてあって、
何がいくらで出来るかがすべて分かるいわゆる「メニュー」になっている。
しかしそれだけでは、単に役に立つだけなので、
一歩進んで、
「読んで楽しい」をテーマに、
それぞれの商品に、お客様から見て興味が湧くような話題を切り口にして、
面白く読んでいただけるような雑誌的「メニュー」を目指しました。

KeePerが車に使われるだけでなく、
スマートフォンだとか船、
お風呂、巨大看板、オートバイ、レースカー
東京オリンピックに出場が決まっているカヤック選手のカヤック。
など、KeePerが本当に使われているものを紹介したページから始まります。
これは読んで面白い事、請け合いです。

色んな嗜好を凝らしたこんな面白いページが、
全部で表紙、裏表紙まで入れて20ページあって、読みごたえがあります。

画像(640x452)・拡大画像(800x565)

これは、12月の顧客満足を競うKeePer選手権開催に伴って、
お客様にこの面白い新メニューパンフレットをプレゼントしていただき、
お客様にもっとKeePerを好きになっていただき、
皆さんのお店のファンになっていただこうというものです。
だから、商品名を叫ぶような表現もなく、
安さを訴求したり、買うと得だと媚を売るようなこともしていません。
あくまでも、
お客様に面白くKeePerを知ってもらって、
KeePerを好きになって
そのKeePerを正しく実現する皆さんと、
皆さんのお店のファンになっていただくことを目指して作りました。

きっと、12月の顧客満足を競うキーパー選手権の主旨に
合うものになったと思います。

まず、10月末からLABO全店で使います。
使っていく中でブラッシュアップすべき部分をして、
その上で、すべてのKeePerPRO SHOPに使っていただけるように
すべき変更を加えて、11月中に皆さんの手に届くように仕組みます。

お楽しみに。

画像(452x640)・拡大画像(565x800)

Posted   パーマリンク

2020年10月11日(日)

10.11.かなり真剣に頑張らなくてはならない。

昨年の10月は増税直後の月であり、
昨年9月の駆け込み需要(前々年比148%)の反動で、
前年10月の需要は落ちており、
既存店での前々年比が88.6%でしたから、
今年の10月は、前年比(100/88.6=112.9)約113%あっても、
増減なしと言えるのですが、
そんなレベルははるかに越して
しかも、今年の10月は、お天気が悪い日が多いというのに、
今年のペースはあまりにも異常で、
8月にこの異常なペースに気が付いて、
8月中に急遽の中途採用募集を始め、9月に40名確保をして
配備を始めておいて良かった。
判断と行動のタイミングが遅かったら本当に大変だった。
10月から11月は、特に倍近くの増加傾向がある関東に集中した募集申請が、
稟議として回っていました。良い判断でしょう。

それにしても昨日の店舗プラン会議で、
年内あと2店舗の新店オープンと、
年明け早々の新店ラッシュの予定は、
待ったなしの人員の確保と共に、かなり真剣に頑張らなくてはならない。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2020


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.