谷 好通コラム

2020年10月11日(日)

10.11.かなり真剣に頑張らなくてはならない。

昨年の10月は増税直後の月であり、
昨年9月の駆け込み需要(前々年比148%)の反動で、
前年10月の需要は落ちており、
既存店での前々年比が88.6%でしたから、
今年の10月は、前年比(100/88.6=112.9)約113%あっても、
増減なしと言えるのですが、
そんなレベルははるかに越して
しかも、今年の10月は、お天気が悪い日が多いというのに、
今年のペースはあまりにも異常で、
8月にこの異常なペースに気が付いて、
8月中に急遽の中途採用募集を始め、9月に40名確保をして
配備を始めておいて良かった。
判断と行動のタイミングが遅かったら本当に大変だった。
10月から11月は、特に倍近くの増加傾向がある関東に集中した募集申請が、
稟議として回っていました。良い判断でしょう。

それにしても昨日の店舗プラン会議で、
年内あと2店舗の新店オープンと、
年明け早々の新店ラッシュの予定は、
待ったなしの人員の確保と共に、かなり真剣に頑張らなくてはならない。

Posted   パーマリンク

10.11.「Sumaho KeePer」LABOで先行し、PRO SHOPも発売

スマートフォン用KeePerそのものは、すでに半年以上前から一般販売されています。
これは、あるスマホ販売大手の幹部が
ご自分の車に施工されたKeePerの高性能ぶりに驚かれ、
KeePer技研に直接「KeePerをスマホに使ってみたい。」とご連絡をいただき、
そこからKeePer技研の開発が始まった。

スマートフォンのコーティングはいかにあるべきかを調べ
これまで造った数あるクルマ用コーティング試作品の中から
要求に適応する何種類かをピックアップして、
そこから本格的にスマートフォン専用のコーティングに作り上げた。

数々の耐久テストなどを経て完成し、
大手携帯系列ショップで販売が始まり、
施工技術や販売手法などもラッシュアップされる。
その間に数万件の販売実績が出来、
多くのお客様に好評をいただきました。
更に「確かに効果がある」との認定もいただき、今後もっと広く販売されます。

そして、満を持して、
KeePerのナショナルブランドとして「Sumaho KeePer」が発売され
全国のKeePer LABOとKeePer PRO SHOPでも施工が開始されます。

スマートフォンは車に比べて施工される面が圧倒的に小さいので、
Sumaho KeePer」は単価も比較的小さなものになりますが、
施工時間も短く、販売数の単位が車とは桁違いに大きいので、
相応の期待を持って、万全を期します。
その一つとして、
今日は、「Sumaho KeePer」の施工マニュアルビデオを撮っています。

画像(600x522)

Posted   パーマリンク

2020年10月09日(金)

10.09.新しいKeePer選手権の形を模索して

8月の猛暑に辟易として、
KeePer LABOのコーティングブースの屋根に断熱工事をやると決めてから、
その工事の完成の報告が、順次、届いているが、
夏の延長線上のような報告と同時に、
年末に向けての準備も着々と進んでいます。
秋はそんな季節でもあります。

毎年、キーパー選手権は8月と12月に開かれますが、
今年の8月は新型コロナ禍の影響で中止になっています。
今思うと、これは当然であって、無理して強行していたら大ひんしゅくでした。
更に今後のことも考え、コロナ後も今まで通りには行かないこともあり、
今後の夏は、気候変動によって猛暑が続くことも考えられ、
施工台数を競うキーパー選手権自体に無理があるとして、
8月は今後もずっと選手権を開かないと決定しました。、

では、今年の12月はどうするか。
まだまだ新型コロナ禍の影響は強いものがありますが、
警戒する反面、経済を動かして行こうという意欲的な動きもあって、
何もしないことを求められていたこの夏とは明らかに違います。
だから、
感染防止にできうる限りの努力をした上で、
今の時勢に合った方法で、やれることを精いっぱいやって、
日本国中のKeePer PRO SHOPを盛り上げるべきと結論しました。

12月のKeePer選手権は開催します。

その開催方法は、以前のように、
すべてのKeePerコーティング商品の施工台数をポイントで競う方式ではなく、
その施工の品質とお客様の満足度を、お客様に投票してもらい、
その点数で競う形はどうでしょうか。
KeePerを施工されたクルマの写真と共に、
ポイントを投稿していただく為の”専用アプリ”を造り始めました。

写真の撮影と投票はお客様のスマホを使っていただくことを前提として、
面倒な場合は店側が用意したスマホ、あるいはタブレットでも出来る事とし、
集計はそれほど難しくなさそうですが、
それをどこまで一般に公開するのか、
お客様に対するお礼をどうするのか、
競うのは、台数✖評価の総合点数と、
1台当たりのお客様の評価の平均点を競うのか、
商品別に設定するのか、
ソフトの問題もあるので、なかなか難しい所もありますが、
早く形にして、前もってKeePer PRO SHOPの皆さんにご意見をいただいて、
評価をいただきながら、現実的な形に造り上げていく。
何とか10月中にやれるところまでやって、
新しいKeePer選手権の在り方を作り上げていきたいと思います。

新しいメニューパンフレットが、形になってきた。
今日の取締役会でプロトタイプの形で見せたが、
総じて「面白い」の評価をいただき、目的通りの仕上がりに進んでいます。
これは、先行してLABOで使って行って、
ブラッシュアップの上、12月の新KeePer選手権でも使っていく予定です。


夏の後始末のような「断熱工事」が複数の店舗で着々と進みつつ、
冬の準備が駆け足で進む秋らしい日々です。

メニューパンフのひとつのページ

画像(600x424)

Posted   パーマリンク

2020年10月07日(水)

10.07.只今、中途入社50名確保し、あと50名。新卒は60名。

新型コロナ禍によって、KeePerの需要が急に増えたことは、
以前に報告したとおりですが、
当然、その傾向は今なお続き、
前年が増税直前の月であった9月ですら、前年比15%増の結果であった。
ましてや、前年が増税後の需要が減少した10月は、
今年は、もう前年と比較することが無駄なくらいのペースで進んでおり、
8月の途中から中途入社確保の動きをしておいて良かった。
今ぐらいから動いたのではとても、この事態に追いつけなかった。

9月は面接を、社長と専務は百数十名以上したのではないだろうか。
その上で、厳選して、50名を確保しました。
お客様の喜びを自らの喜びと感じることが出来る人を妥協無く選びます。
9月は来店客数が増税前の仮需があった前年に比べれば減っていますが、
絶対的な数はあり、
しかも単価がとんでもなく上がっているので、
仕事量は確実に前年を越していて、
この増員が無ければ、
直にやってくる年末を考えるとみんな精神的に参ってしまったことでしょう。
関東中心に確保された中途入社の皆は、それぞれの店舗に配置され、
初歩の洗車の訓練から始まっています。
今からなら、12月にそれなりに役に立つ戦力に育っているに違いありません。

予定としてはあと50名の確保を目指しています。
10月と11月の両月を確保の月として、
あの手この手を使って、惜しみなく募集費用を使ってやっています。
だから、きっと大丈夫でしょう。

今年7月時点で491名の従業員がKeePer LABOに所属していました。
だから100名増やしても591名なので、
591/491≒120%で、
8月以降の増客、売り上げ増に追いつきません。
高効率の商品が伸びているので効率は相当上がりましたが、
それでも人員増強の必要性はまったく解消したわけではなく、
しかも今日、「LABO鹿児島県庁前店」がオープンで、
年を越したら新店ラッシュがやってきます。
だから、
来年4月に予定されている新卒予定者の60名も、
決して過剰人員になる訳ではなく、
年内の中途入社募集の手を緩めるわけにはいきません。

そう言いつつも、
販売強化の手立ても手を抜きません。
社会からKeePerが望まれている今こそ、
それに応えるべきであり、天から与えられたチャンスと考えて、
精一杯、伸ばしていこうと思います。

オープンした今日の鹿児島県庁前店

画像(640x480)
画像(640x480)
画像(426x600)

Posted   パーマリンク

2020年10月05日(月)

10.05.意外と面白いものが出来上がりそうだ。

今造っているのは、
「KeePerメニューパンフレット」という小冊子で、
キーパーのサービス商品を単に並べて、その価格を知らせるだけでなく、
その商品をいろんな角度で紹介して、
読んでいるだけでも楽しくなってくるような
どちらかというと”雑誌的”に面白いメニューを造って、
今一度、KeePerのサービス商品に興味を持っていただこうというものです。

単に商品を並べて、解説して、書き並べるだけなら、
機械的に仕事をこなせば出来るが、
“楽しく”とか”面白く”となると、なかなか難しくて、
それをどう造るのか思いつかず、難航していたが、
KeePer LABOのマネージャー達と、
雑談ペースで冗談をいっぱい言い合って、
普段の会議とはまったく違う雰囲気の中で、たくさんのアイデアを出した。
そして、それぞれのテーマに一人の担当者を決めて、
その担当者には私も、社長も専務も、担当を一つ持って参加し、
それぞれに一人ずつデザイナーが着いて、
一つのテーマについて見開き2ページを造って行くことにしました。
初めての手法です。
どんな結果になるのか、まったく予測も立ちません。
正直言って、ダメなような予感がしていたのですが、
意外や意外、
なかなか”面白い”ものが出てきました。

今日出てきたのはあくまでも「タタキ台」。
これをLABOマネージャー全員と広報や幹部連中がみんなでタタキまくって、
もっと面白いものにするために、それぞれが持ち帰って造り上げます。
こういうものは昔から、私が主導で造ったものです。
それでもいつも大して面白くなく、それでも自分でやらないと気が済まず、
自分で抱え込んで造ったものですが、
KeePer TIMESがみんなで手分けして書くようになってから、
しばらく経っているように、
このような企画ものも、みんなで冗談を言いながら楽しく造ると、
意外と、本当に面白いものが出来そうです。

創業者は初めから何でも自分で造り上げてきたので、
何でも自分で造らなくては気が済まず、
組織で造り上げていく力を会社の中に造り上げられない傾向がありますが、
みんなで造るには、
みんなで”楽しく”がキーポイントなのかもしれません。

以下、まだ、ぜんぜん未完成のタタキ台です。

画像(600x424)
画像(600x424)
画像(600x434)
画像(600x434)
画像(600x434)
画像(600x434)
画像(600x425)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2020


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.