谷 好通コラム

2020年09月21日(月)

9.21.空白の日に、ショックを受け、ただくたびれる。

四連休の三日目。
私のスケジュールソフト・サイボウズは相変わらず空白で、
家族にどこか行きたいところはないかと聞いたら、
「熱帯魚屋さんに行きたい。欲しい小さな熱帯魚を何匹か買いたい。」と、
言うので、家族が知っているという熱帯魚屋さんに行ったのです。
そこで、予定通りのクラウンローチという魚と
オトシンという苔を食べる魚を、
全部で四千円分くらい買ったのです。

その熱帯魚屋さんはいわゆる大きな総合ペットショップで、
犬や猫もいっぱいいて、お客様もすごく多かったのですが、
その中に「チョウゲンボウ」や「メンフクロウ」「コノハズク」など、
自然の中の食物連鎖の頂点に近い小さな猛禽類が、
5種5匹も生きて展示されていて、其々に8,900円などの値札もついていて
一羽ずつ止まり木に紐で繋がれておとなしくしています。
彼らが人工繁殖されたペットとも思われず、
ペットショップに自然の動物が売りに出ていることにショックを感じました。
それも何と安い値段で売られているのか。
それで気が滅入ってしまいました。

床屋さんも、月曜日でも祭日なのでやっているかと思ったら休みでした。
テレビを見ても、大相撲がほんの少しだけの観客でやっていますが、
ちょっと寂しげです。

世の中は、昨日行った福山・広島・鹿児島のように、
新幹線も、高速道路も、街中のお店も、飛行機も、混んでいて、
新型コロナ禍からの脱出がなされたかのような雰囲気ですが、
よく見ると、私たちのような年配者はほとんどいません。
満席の飛行機で、残らず若者と子供だけだったことに気が付き、
そんな目で見たら、
久しぶりの混雑が若者だけで出来ていることに気が付きます。
重症化するリスクがある年配者は、どうも、まだ引っ込んだままのようです。
今日のペットショップでも、
店員が私たちを見てギョッとしたような表情をしたのは、
そういうことだったのかもしれません。

今、この四連休を境に、GOTOキャンペーンに東京が加わり、
一挙に規制解除の雰囲気が高まりましたが、
私たちのような年配者は、未だ蚊帳の外なのかもしれません。
これからの世の中は、無症状の若い感染者が無数にいて、
感染力を持ったまま新型コロナウィルスは現実にあるものとして、
感染しても重症化せず軽い風邪程度に治る場合が多い若者が中心となって
規制解除が一挙に進み、
重症化の恐れがある年配者は、今までのように、
怯えて、家に閉じこもり、社会から徐々に排除されていくのかもしれない。
あるいは、来年になるらしい「ワクチン」の普及が、
今のこの事態を一挙に打開するのかもしれない。
どんな風になって行くのか、
仕事好きの年配者にとっては、もうしばらく、辛い日々が続くのかもしれない。

一定程度、退いた身から見ると、やっぱり現役はいいですね。光っています。

昨日まで二日間の出張中、
老猫のチーちゃんだけを家において、
犬のリンダと猫の小ミミを動物病院に預けたのですが、
しばらく一人ぼっちになったチーちゃんは、
よっぽど寂しかったのか、
リンダと小ミミを迎えに行って帰ってきた瞬間は、
今まで見たことのないような表情をしました。
それから、
チーちゃんを大好きな小ミミが、抱き着いて行っても、
迷惑そうに逃げますが、シャーと怒りの恫喝はしなくなりました。
なんか変化があったのでしょうか。

画像(500x375)
画像(500x375)
画像(500x375)
画像(500x375)

Posted   パーマリンク

2020年09月20日(日)

9.20.完成直前の新鹿児島中央店(仮称)と桜島、夕日、

今日の広島から鹿児島に走る新幹線「みずほ」は、結構混んでいた。
そして、今乗っているANAの鹿児島→名古屋便、
ボンバルディアDHC8-Q400もほぼ満席。
新幹線の混みようにも驚いたが、
プロペラ機のほぼ満席には驚きを通り越して、ちょっと感動してしまった。
みんなきっちりマスクをして、
でも、不安そうな表情もなしに乗っている。
いよいよ、新型コロナとも共存していく生活が始まるのか。

しかし、気流の不安定な中を飛ぶと言っていただけあって、
イス横四列のナローボディはドンドンとよく揺れている。
それでも誰もワーともキャーとも言わないのは、
みんなこの飛行機に慣れているのだろうか。
つまり、鹿児島の人たちなのだろうか。
お盆に帰省できなかった人が、鹿児島に帰っていたのか。

今、機内放送で「あと15分ほどでよく揺れる場所を通り過ぎますので、・・」
と言っている。
今でも十分に揺れているのに、もっと揺れるとは怖いことだ。
なんてことを考えながら、名古屋に向かって飛ぶ飛行機に乗っています。

今日は、鹿児島まで足を延ばして、
完成直前の新しいLABO鹿児島中央店(仮称)を見に来ました。
初めて見た実際の建物はトレセン併設だけあって、想像以上に大きかった。
特に、洗濯と物置の部屋、営業所部分の部屋が大きくて驚いた。
しかし、この店は店舗部分が思ったより早く忙しくなって、
トレーニングセンターとしての働きを併用できなくなることも予感されて、
今現在使っている小さな鹿児島トレセンの閉鎖を、当面止めることにして、
ひょっとしたら、ここはLABO単独店になる可能性もあります。
それだけこの地域のマーケットの大きさと好立地を改めて感じたという事です。

画像(600x450)

10月7日のオープンを控えて、
新店・鹿児島中央店(仮称)は順調に出来上がりつつあります。
地元の工事屋さん宮下工務店さんのおかげです。ありがとうございました。

画像(600x450)
画像(600x450)
画像(600x450)

この旅の最後に少し時間が余ったので、
鹿児島中央店から5分で行ける鴨池ふ頭に行って、
桜島を間近に見てきました。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)

しかし更に、鹿児島市内から空港に向かう途中の高速のS.A.から見て、
桜島から噴煙が少し上がっているのが判ったので写真を撮りました。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)

更に、更に、
帰りの飛行機が中部空港に降りるために降下している頃、
ちょうど日没にあたり、見事な夕日を撮ることが出来ました。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)

Posted   パーマリンク

9.20.福山店の10,000,012円と、広島長楽寺店、広島東雲店

昨日はまず姫路に行って、新店候補物件を見て、
勝ちパターンかと思ったが、休日に思ったよりも交通量が減っていて、
ちょっと待ったの、思案のケースになった。

そこから福山に行くのだが、
新幹線で姫路→福山は20分足らずなのだが、
意外とややこしくて、どんな列車に乗っても岡山で乗り換えなければならない。
その上、姫路→岡山→福山はいずれも10分そこそこなので、
指定席を取るまでもなく、自由席に乗ったのだが、
その新幹線自由席が意外にも混んでいて、
座るだけでも、中々、苦労をしてしまった。

いずれにしてもLABO福山店にはどうしても行きたかった。
福山店は、新幹線福山駅から2kmの地点の交差点にある。
以前は、そこからもう2km離れた場所にあって新涯店と言っていたが、
今の場所に移って2年余、売り上げ実績は約3倍になった。
新涯店の時とは交通量と視認性が桁違いに良くなったのは違いないが、
前店長と現・安藤店長の功績も大きい。
福山店は、この8月、1千万円オーバーを果たした。

東京の足立店、世田谷店、草加店、三鷹店、八王子店に次いで、
猛者が集まる中部圏の店舗も差し置いての10,000,012円は、
福山店の皆の頑張りようが目に浮かぶようだ。
福山店は今日も混んでいたが、誰もジタバタ慌てていない。
姫路の新店候補地を見て、似た立地にある福山店を見て、
よく考えて決めなければならない。

10,000,012円のあっぱれLABO福山店。

画像(600x450)

ますますたくましくなった高橋チーフ

画像(500x375)

スーパー超働き者の天才安藤店長

画像(550x412)

福山に新たな人気者が一級技術資格佐藤シニアスタッフ。

画像(500x375)

存在感大きい一級技術資格橋本シニアスタッフ。

画像(500x375)

力量アップ著しい一級技術資格楢崎シニアスタッフ。

画像(500x375)

力をつけている一級技術資格福本シニアスタッフ。

画像(500x375)

福山から広島には、新幹線で約30分。
車でそのまま走っても2時間程度。
新幹線の駅への行き来を考えると大して変わらないので車で行く。
・・大して変わらないはず・・だったのが、
あれっと思うほど国道2号線も山陽道も混んでいて、
この4連休で、日本列島はコロナ禍の呪縛から解き放たれたのだろうか。

LABO広島長楽寺店に着いたのは、夕方に近かった。
昼は空いていたが、夕になってから洗車が重なったということで
細長い店舗は、洗車中の車と仕上げの車が交差してあわただしかった。
この様子を見て、私は持っていた一つのアイデアに自信を持った。

画像(600x450)

力を着けている岩田スタッフ。

画像(500x375)

頑張る秀平店長

画像(500x375)

存在感の一級技術資格大林シニアスタッフ。

画像(500x375)

良き相棒の原チーフ

画像(500x375)

最後にLABO広島東雲店
この店の近所には高級車のカーディーラーがずらっと並んでいて、
店の持っていくべき方向性は間違いなく「かっこいい店」であろう。
スタイリッシュは私の不得意としたところなので、誰かにやってもらおう。

かっこいい店の店長&四人の子持ち。三戸店長

画像(550x412)

頑張っている一級技術資格徳田スタッフと一級技術資格木村スタッフ。

画像(600x450)

信頼のダブルチーフ。加藤チーフ農間チーフ

画像(600x450)

清潔なブース。

画像(600x450)

広島の最後はお好み焼きの大福に決まっています。

画像(500x375)

Posted   パーマリンク

2020年09月19日(土)

9.19.得意の勝ちパターン? 「姫路」?

今日からの4連休を「シルバーウィーク」というそうだ。
ゴールデンウイークより短い連休だからシルバーウィークらしいが、
シルバーとは「お年寄り週間みたいだ。」とは、ごもっとも。
お年寄り優先シートの事をシルバーシートっていうのだから。

朝、名古屋駅から「姫路」への直通の「ひかり」に乗る。
1時間に一本しかないみたいなので、慎重に早めに名古屋駅に着いたら、
名古屋駅で30分待つことになった。
みどりの窓口では、久しぶりに開いているすべての窓口が客で塞がっていて、
ほんの一瞬ではあったが、列に並んだ。
人が公共機関で移動しなくなってもう半年以上も経つが、
そろそろ緩んでくるとしたら、それはすごくうれしい。

新型コロナウィルスも、ワクチンが出来て普及するのも時間の問題となり、
治療法も進んで、
もうちょっとでインフルエンザ並みの病気になるそうだ。
しかしそれまでは、
高齢であり基礎疾患がある私のような者には、
重症化し死に至る危険性がある怖いウィルスであることに違いなく、
決して油断すべきではないことは理解している。
それでも、
怖い怖いと引きこもっていては、
なにもいい事はないし、どんどん悪い方に転がってしまうから、
キチンと用心して、やるべきことをやり
その上で、
大胆に行動していくことが大切なように思うので、積極的に動いている。


今日は、昨日大阪で会った平川マネージャーと「姫路」で待ち合わせをする。
姫路にすごくいい立地の物件が出たと聞いて、大急ぎで見に行くのだ。

良い立地というのはつまり視認性が良いということに他ならず、
視認性が良いということは、誰も目にも目立っているということでもあり、
競争相手の目にも止まっている筈だ。
だから、たまたま今日から連休が始まったとしたら、
サラリーマンである可能性が高い競争相手にとっては「お休み」の筈、
休みの概念のない私たちにとっては”チャンス”なのだ。
競争相手がお休みの間にさっさと動いて、さっさと決め、先に取る。
得意の勝ちパターンである。

姫路はどうか?

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2020年09月18日(金)

9.18.新店・鹿児島中央店(仮称)のキックオフ

今日は、10月7日にオープン予定の
新店・鹿児島中央店(仮称)のキックオフミーティングでした。
鹿児島中央店(仮称)で働く三名の若者と、店舗部とLABO運営部の責任者と
広報、企画の担当者が集まり、
LABO運営の最高責任者の専務と社長、そして私が、
出来上がりつつある店舗の最終的な仕様の検討と、
看板の仕様、店舗名などの最終的検討と、
オープン販促の検討などを行う最終的なミーティングだ。
午前11時から始まって、
午後1時に、みんなで揃って近所の「うなぎ屋かとう」に行って、
みんなで”うなぎのひつまぶし”を食べて、新店スタートの最終段階を祝う。
私は”ひつまぶし”ではカロリーが高すぎるので”うなぎの小丼”を食べる。
言ってみれば、儀式的な意味もあるのだが、
それぞれの具体的な検討は、真剣であり、結構本格的な変更もある。

今日は比較的スムーズに進んで、大きな変更、どんでん返しはなかったが、
今は、コロナ禍の事もあるので、
みんなで揃って「うなぎ屋かとう」に行くことはせず、
テイクアウトのうなぎ弁当を造ってもらって、みんなで食べる。
それでも十分に美味しくて、みんなが舌鼓を打ったことには変わりない。
そのみんなで”うなぎ”を食べる場面にだけは、
創業者族特権で我が連れ合いが参加して、
いつも、うなぎを一緒に食べて、みんなを祝う。
わが社の変わらぬ変な習慣である。


社内のデザイナーが書いた見事なパース絵3枚。新鹿児島中央店

画像(640x452)・拡大画像(800x565)
画像(640x419)・拡大画像(800x524)

これは写真ではなく、ソフトで書いた"絵"です。

画像(640x397)・拡大画像(800x497)

増田店長横山チーフ、一級技術資格関屋スタッフ。

画像(640x467)・拡大画像(700x511)

キックオフミーティングの後、早速、次の新店の打ち合わせです。

画像(640x479)・拡大画像(650x487)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2020


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.