谷 好通コラム

2020年06月24日(水)

6.24.永久凍土が溶け出すシベリア

真冬にはマイナス50℃を下回って、
その大地が、まるで金属のように固く凍った永久凍土になっているシベリア。
昔、その上空を北極回りドイツ行きの飛行機から覗き見ると、
ただただ真っ白で、そこへ、たとえば飛行機が不時着でもして、
放り出されたら、1時間も生きているのは絶対無理だと思って、
意味もなくぞっとしたことがあった。
もっと北の北極の海でも夏になれば氷が溶けて海になるが、
シベリアの永久凍土は、地表から何10cmも下では、その名の通り凍ったまま。
そんな過酷な地が、
気候変動で、この夏、灼熱の38℃の気温にまで上がって、
永久凍土がものすごい勢いで溶け出していると
テレビのニュースが、すさまじい洪水の様子を写していた。

しかし、永久凍土が溶けだしているのは、
洪水になって大変だという問題ではない。
その洪水で住んでいた家を失った人もいるのだから、洪水は大変だが、
それ以上に大変なのは、
永久凍土が溶けると、その凍った層に封じ込まれていたメタンガスや、
二酸化炭素が大量に大気に放出されて、
特にメタンガスは温室効果が二酸化炭素の何十倍、何百倍もあって、
地球の温暖化現象を加速させる恐ろしい効果がある。

今、世界中は新型コロナウィルス感染が最もひどく蔓延していて、
それどころではないようだが、
地球温暖化の加速は、地球のすべての生き物にとっての死活問題であって、
新型コロナウィルスは、
約二年後に全世界に普及するであろうと言われているワクチンが、
すべてを解決するだろうが、
地球温暖化現象は、
一度進んでしまえば、逆戻りすることはなく、
解決は地球に氷河期が来るまでの何千年か、何万年も待たねばならない。
その絶望的な温暖化現象を加速させてしまうような、
メタンガスの大放出が、地球規模で今、シベリアで起きているのです。
私はよく生きても10年から20年だろうから、
地球規模での絶滅の灼熱地獄を見ることはなかろうが、
これから何十年も生きていかねばならない若者たちは、
今こそ深刻に、この現在進行形の悲惨な未来を、深刻に捉えなくてはならない。

経済の停滞を恐れて規制を進んで解いているブラジルでは、
何万人もの人が死につつある愚かな悲劇も、
シベリアの永久凍土の溶解は、
その何万倍もの悲劇を連想させる絶望的な現象にも思えて仕方がない。

Posted   パーマリンク

2020年06月22日(月)

6.22.念のためだけの自粛は意味がない。

昨日、KeePerが冠スポンサーをしている
インタープロトレース(以降”IPS”と略)の主催者である関谷正徳氏が
KeePer技研の本社事務所に来られました。
今年のIPSは、新型コロナ禍で未だに走行できずにいます。
それでも世間一般が自粛緩和に向かっている中で、
関谷正徳氏と富士スピードウェーとの話し合いが煮詰まって、
その方向がはっきりしたので、そのご報告をしに来られたのです。

今年のIPS第1戦目は、
7月4日(土)ワンデーで無観客レース。
ジェントルマンとプロが2レースずつを無観客の中、1日だけで走り切る。

第2戦目は、
7月25日(土)、26日(日)で、観客を入れてのレース。
IPSにとっての初めての鈴鹿サーキットでのレースは、
ピットへの人数の規制はあるが観客席に入ることは出来そうだ。

第3戦は10月に富士でワンデー、無観客かどうかは未定、
第4戦は来年の1月、富士でワンデー、無観客かどうか未定。

あの広大な富士スピードウェーに、
1チーム当たり4名の入場だけが認められ、
冠スポンサーとしては8名の入場が認められるそうだから、
全部合わせても100名は入っていないだろう。
IPSレースは、まだ名前が売れていないので、
最大でも3000名くらいしか入場した実績はない。
その全員を入れても密接、密集、密閉の三密など発生のしようがない。
それだけ富士スピードウェーは広大だ。

何の意味の無観客なのか、
数万人の大観衆が予想されるスーパーGTを無観客で開催するので、
三密の可能性のないIPSも”ついで”に無観客にするのか。
あるいはスーパーGT主宰者などを納得させる為なのか。
どんな理由があったとしても、
それは、コロナ禍とは関係のないことだと思う。

それと同じようなことで、
重症者が極端に少ない年少者の通う小学校・中学校の休校が疑問視されている。
これらの学校では勉学の遅れが深刻だそうだ。
そんなニュースを見ながら、
ここまでたどり着いて、やっとここまで育て上げたIPSレースを
無観客レースで開催しなければならない関谷氏の
無念がにじみ出た、昨日のご報告であった。
私どもとしても、無観客での開催で宣伝効果が激減するIPSレースに、
資金投下をする意味を探すことが必要だが、
色々と考えて、何とか意味をひねり出し、今後の可能性の継続の為に、
今シーズンを前年に近い形での提供でご納得していただくことにした。
関谷氏ともども無念の一言です。

Posted   パーマリンク

2020年06月20日(土)

6.20.一つの事にもたくさんの意見を惜しみなくつぎ込む。

洗車とコーティングの専門店というビジネスは、
前例のないビジネスであり、成功のパターンがある訳ではない。
だから、その地域に合わせて、お客様のニーズを考え、感じ、
何をどう提供していくのかを、
たくさんの感性を寄せて、
誰も彼もが凡人なのだから、
誰も我を通すことなく
たくさんの意見を出し合って、何度も話し合い、
何度も修正しながら、一つ一つを作り上げていく。
一つ一つを大切にして、妥協無く。
この新しいビジネスに共通の成功パターンはないのかもしれない。

画像(640x452)・拡大画像(700x495)
画像(640x452)・拡大画像(700x495)
画像(640x451)・拡大画像(700x494)

Posted   パーマリンク

2020年06月19日(金)

6.19.上意下達(じょういかたつ)的な発想の「落とし込み」

最近の話し言葉には首をかしげることが多い。
一つの言葉で色々な意味に使ってしまっている。
最も多く使われるのが「確認する」という言葉で、
確認するとは「確かめる」という意味だが、
ただ単に「聞く」「見る」という意味で使われたりする。
たとえば、
事務所に電話で「○○さんいますか?」と聞くと「確認します。」と一言。
「席にはいませんが。探してきましょうか。」とか、
「来客中です。」とか、今の状況を言ってくれればいいのに、
「確認します。」と一言だけ言ってずっと保留音になると、
聞いた私にはどう状況なのかが一切分からずに待ち続けることになるので、
その電話は切る。

たとえば、
お客様がお問い合わせの電話をしてきて、
「今、お店、混んでいますか?」と聞いただけなのに、
一言「確認します。」と言って、
保留にして、店の上司に
「お客さんが混んでいるかと聞いていますがどう答えましょう。」と聞く。
混んでいるかどうかぐらい見れば分かるのだから、
それはまず答えなければならない。
その上でお客様に「すぐ洗車できる?」と聞かれたら、
「店長に聞いてみます。」と言われれば、
電話に出た子が店長に聞いてくれてるのだから、こちらも待つ気になる。
でも、こんな時にも「確認します。」の一言で済まされるとイラっと来る。

たとえば、
会議で出席しているメンバーに何かを質問したら、
そのメンバーは「確認します。」と一言言ってPCをいじり始める。
分からないのなら「分かりません」と言って
その上で「調べましょうか」と聞けば、
こちらも「はい、調べてください。」と言うか、
「知らないのなら、それでいいです。」と終わるかどちらかなのに、
こんな時の「確認します。」の一言は、意味不明で、
その人にはもう何も聞きたくなくなる。
今の人は、多くの場合「確認する。」を「確かめる。」という意味では使わない。
その人の都合のいいようにものすごく幅広い意味で、
好き勝手にぼやッと使う。

そういう意味では、「共有する。」も広い意味で使われる。
中には「ご共有する」と「御」まで付けられて使われるようになっている。
決して、正式な文章の中には出てこない面白い使われ方だ。

あるいは自分の口で「私の所感は・・」と言う。
「私は・・・と思います。」と言えばいいのに、
かしこまった文章を書いた時に使う「所感」を話し言葉で使うのは滑稽だ。

また、最近の耳にするようになったのは「落とし込む。」という言葉。
「落とし込む」を辞書で調べるとまず「おとしいれる(陥れる)」と出てくる。
相手をハメるという悪い意味で使う言葉なのだが、
「このデザインには、私の考えを反映させてある。」と言う意味で
「このデザインには、私の考えを落としこんである。」と、使う場合もある。
しかし、
「今回決まったことを、全国の皆に落とし込んでいく。」とは、使わない。
あるいは「落とし込む」とは、あくまでも上位の者が、下の者に
正しいことを一方的に伝えることをいい、
上意下達という民主的な議論とは正反対の独善的な言い方だと理解している。
上から下への独善的な落とし込みとは、
正しいコミュニケーションで成り立つ現場主義とは正反対の言葉と言わざるを得ない。

Posted   パーマリンク

2020年06月18日(木)

6.18.カエルが鳴く季節に車がキレイになる

居間の前のベランダに置いてあるメダカの水槽にカエルが来た。
たった直径40cmの水蓮鉢だが、
メダカの数とホテイアオイのバランスがいいのか
梅雨の時期は、雨がよく降るので
水が澄んでいるのが気持ちのいい水槽に、カエルが来て、鳴いています。
ホテイアオイの葉に乗ってゲロゲロといい声で鳴いています。
アマガエルではなさそうで
何という種類のカエルか分かりませんが、
声の大きさの割には、信じられないくらい小さなカエルです。

カエルがよく鳴く季節は、
雨がよく降るので、キーパーを掛けてある車がキレイになります。
黄砂が偏西風に乗って流れてくるより
たくさんの量の雨であり、
雨はもともと基本的に蒸留水だから
雨はキレイなので、そのまま車もキレイになります。
雨をはじいて、汚れもはじかれるので
カエルがゲロゲロと鳴きながら、そのまま車もキレイになります。

画像(500x375)
画像(500x360)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

6

2020


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.