谷 好通コラム

2020年05月22日(金)

5.21.車が売れるのかもしれない

「景気が悪くなって、新車が売れなくなると
今の車を長く乗る為にKeePerを施工する車が増える。」とは、
長年キーパーを扱ってきて経験的に憶えた方程式のように思っていましたが、
今のコロナ禍においてはもう一つの要素が加わったようです。

10日ほど前に、ある機関投資家の方がおっしゃった言葉で、
「今回の新型コロナ禍で、都会の人はみんな
電車とかパスなど公共交通機関に乗らなくなった。三密が怖いからです。
乗車率数%にまで落ちています。
その代わりに自家用車に乗る人が増えて、
特に都会にあった「車離れ」が、
大きくマイカー所有の流れになったのではないでしょうか。
そしてさらに、
カーシェアなどは人と共有の車は怖いので、
自分あるいは家族専用の車、つまり自家用車復権の流れです。
これは、KeePer技研としては、プラスの影響になるのではないでしょうか。」

このお話を聞いて私なりに納得していたのですが、
それを裏付けるようなデータを知り合いの人が教えてくれました。

「コロナ禍の影響におけるクルマの購入意識の変化」
と銘打った消費者アンケートの結果です。
1.「車を買う予定があったが、買うのを中止・延期した人」が11%。
2.「車を買う予定がなかったが、買いたくなった人」18%。


これはうれしいですね。
「便利で楽な乗り物」という価値として、
車が公共機関に負けつつあって「、
車離れ」が、都会で進みつつあった所に
新型コロナウィルス禍という新らに要素が社会に加わったことによって、
「他人との接触を避けられる移動手段」としての価値が、車に大きく出て、
・クルマは生活に必要な移動を安全に行うことができると認識されている(80%)
・特定警戒8都道府県、特に東京ではクルマ移動が増加(26%:全国比+10pt)
となって、
2.「車を買う予定がなかったが、買いたくなった人」18%。
が、
主に経済的に苦しくなることを予想して
1.「車を買う予定があったが、買うのを中止・延期した人」11%。
を、
7ポイントも大きく上回ったという結果になったのでしょう。

これはうれしいですね。
個々の人がそれぞれに自分の車を持つという傾向が増えたとしたら、
それはKeePerが活躍するマーケットの可能性が大きくなったことになり、
それはそれで素直に嬉しいと思うのです。

ちなみに、あるカーディーラーさんの話では、
「四月は全く車が売れなかったが、五月になってからぼつぼつ売れ始めている。」そうです。

Posted   パーマリンク

2020年05月20日(水)

5.20.あの日、スパーランドにたしかに人はいなかったのに

先週の日曜日、三重県のLABO店を廻った時、
最初に一番遠い松坂店に行くために、伊勢湾岸道路を走った時、
この日はもう自粛解除になっていたので、
途中の「長島IC」の周辺で、中部地方最大の遊園地「長島スパーランド」は
どんな賑わいになっているか興味があったので、
長島スパーランド入り口付近駐車場の車の込み具合を写真に撮ろうと思って、
カメラを構えたのだが、見えた駐車場には車が一台もいず、
遊園地の何台もの巨大ジェットコースターも動いているのはなく、
人影も全く見えなかった。
だから、先のブログに「長島スパーランドはまだ開いていなかった。」と書いた。

ところが、夕方家に帰ってきてから見たテレビのニュースでは、
長島スパーランドの様子が映り、
人が乗ったジェットコースターが走っている様子が映り、
それらの乗り物がアルコールで消毒されている絵が映っていた。

長島スパーランドの前を通ったのは午前11時半ごろ、
本当に遊園地が開いていたのなら、人がいなかった訳がない時間だ。
翌朝見た新聞には、
自粛解除に開いた長嶋スパーランドに、
遊びに来た人はわずかでしかなかったと書いてあった。
だから、上から覗いた私達には人の姿も、駐車場の車も見えなかった訳だ、
しかし、
テレビのニュースでは、人が乗ったジェットコースターが映っていて、
ニュースで伝えていたのは、乗り物が消毒されて動いていたことだったので、
それを見た人は、長島スパーランドがにぎわっていたように見えただろう。

実際に覗いた私たちには、
駐車場にたまたま一台の車も見えず、たまたま動いている乗り物が無く、
たまたま一人も見えなかっただけで、
だから遊園地が開いていなかったように見えた。

しかし、テレビはたまたま人が乗って動いた数少ないジェックコースターを、
たまたま映して、
たまたま係員が消毒している場面を撮り、
たまたま歩いていた人を撮ったので、
その場面をつないで伝えられた遊園地の様子が、
遊園地はもう開いていて、乗り物が動き、人が多くいるように見えたのだろう。

映像というものは恐ろしいものだと思った。
高速道路で通過する短い時間ではあったが、
確かに、一台の車もいなかつたし、
歩く人もいず、動く乗り物は無かったので、閉園しているように見えた。

しかし、たまたま歩いている人を撮り、たまたま動いた乗り物を撮って、
それを、つないだら、開いて賑わっている遊園地の様子のニュースに見えた。
作為的であったかどうかは知らないが、
私がこの目で実際に見た遊園地の様子と、
ニュースに流れた賑わった遊園地の様子はまるで別者だった。

映像は、写し方、つなぐ編集で、実際とはまるで違う現実を造ることが出来る。
その偽りの現実を見破ることは不可能だろう。
映像とは、動かない写真よりも、
動くことで真実の映像に見えるが、
撮り方、写し方、編集の仕方で、いかようにも造り出すことが出来、
かえって信用できないものであることをしみじみと思ったのでした。

画像(539x311)

Posted   パーマリンク

2020年05月19日(火)

5.19.価値を守る為に

EXキーパーを今年二月にキーパーLABO店で先行発売して以降、
研修が終わったキーパープロショップからも順次発売が始まり
5月18日現在、約1,000台のEXキーパー(Premium)が施工されました。
その内訳は、納車早々の新車が約60%、
数か月あるいは数年たった経年車が約40%です。

「過激に美しすぎる。」とか「車にここまでの美しさが必要なのか」の、
激しいキャッチコピーに輸入車ユーザーが反応して、
施工も輸入車が相当に高い比率であるかと思っていましたが、
国産車のユーザーが80%でした。

EXキーパーは、従来の最高価格商品Wダイヤモンドキーパーよりも
かなり高い価格帯のサービスにもかかわらず、
手堅い買い物をしたと思われる国産車のユーザーが多かったのは、
EXキーパーの技術研修を終えた全国の方たちが、
EXキーパーの出来栄えに相当な自信でお勧めしたものと想像します。

EXキーパーの出来栄えは、
世のあるような値段が高いだけで、
値段が高いこと自体に価値があるような似非商品ではなく、
高い値段に見合うだけの飛びぬけた高い価値を備えた本物であることを、
実際にEXキーパーの実際を体験し、
難しい技術を身に着けてきた者であるからこそ、
自分を信頼してくれている大切なお客様にお勧めした証と思うのです。

EXキーパーは、大変難しい技術を要しますが、
きちんとした技術者によって正しく施工されたその出来栄えは、
誰もがいまだかつて見たことがない類の、
あきらかに透明感を伴った不思議なツヤを創り出し、
汚れをもはじく驚異の水はじきのダイヤモンドキーパーをも凌ぐ
凄まじいまでの水はじきを実現して、
いかなる人も、雨が心待ちになって、
雨が降って車がきれいになる奇跡を信じるようになります。
しかし、EXキーパーの真価はそれだけにとどまらず、
誰もがその肌に触れると、初めての触感に驚き、
ドアの開け閉めのいちいちが、このうえない楽しみになるようになります。

EXキーパーはどれだけ美辞麗句を並び立てても
表現しきれない未経験の美しさと、
ユーザーの楽しみを実現する異次元のカーコーティングです。

だからこそ、
その価値を無駄に下げるような販売はしたくないのです。
競合相手とまったく同じ付加価値の商品を販売する時のような値引き合戦は、
自らの最高の技術と集中力で造り上げるEXキーパーにはそぐわないのです。
値引きを伴った販売をされる場合は、
EXキーパーをお取り扱いしていただかなくても結構であるとの覚悟をもって、
これからEXキーパーの技術を真剣に身に着けていく皆さんに接して行き、
EXキーパーの最高の「価値」を全力で守って行きたいと決意するものです。

Posted   パーマリンク

2020年05月17日(日)

5.17.自粛要請解除と松坂店、津店、鈴鹿玉垣店、鈴鹿店。

「自粛要請」が徐々に解除されつつあります。

罰則を伴わない日本独特の”自粛”とは、
やってもやらなくても権力からの罰がある訳ではないが、
一見、自分で自分を抑制して、自分の意志でやらない行動をとること。
とはいうものの、
みんなが自粛しているのに、
自分だけが営業したりすると(例えばパチンコ屋)、目立って、
みんなから仲間外れにされたりして、結果的に、ひどい目に合うので、
人の目を気にするという意味で受動的に”自粛”することもある。

あるいは、逆に
自分の価値観として、
今はやるべきではないと判断して、やらない、という
能動的な”自粛”もあり、
これが”自粛”としては本来的である。
しかし、
こういう人は、自分の価値観としてやるべきと思う行動を、
権力が”やるな”と禁止してきても、
やるべきと考え、逮捕覚悟でそれを能動的に実行することも考えられ
その違法行為を実行した人は犯罪者として扱われる。いわゆる政治犯だ。
残念ながら、
権力者が中央集権的に独裁政治を行っている国では、
政治犯とは最も重大な種類の犯罪者であって、過酷かつ非人間的に罰せられる。
中国がその代表的な存在。
だから、こういう国では、
能動的な、つまり本来的な”自粛”は、両刃の刃(やいば)的な意味を持っていて
むしろ奨励されない。
だから、今回の新型コロナウィルス禍では、
厳罰を伴う都市封鎖も、かえって容易に国民たちに受け入れられた

日本は、その完成度はともかくとしても「三権分立」が成立している国であり、
国民の一人ひとりが自分の意志で自分のやりたい行動を決めて、
実際に行動しても、そのこと自体で罰せられることはない。自由だ。
だから、
日本では厳罰を伴う都市封鎖は、非現実的であり、
無理矢理、都市閉鎖を出来るような制度を法制化しようとすれば、
憲法問題となって、改憲を伴うような大変化が必要となる。
それはそう簡単には出来ないので、
国家権力が国民に対して“自粛”を”要請”する(命令ではなく要請)という
世界的に見ても、稀な、奇跡的に平和な手法がとられた訳で、
その手法に対して、
日本の1億2千万人は見事に”自粛”して見せて
その結果が、
例えば、
今日の東京の新規感染者数は”5人”という成果となった訳です。
日本人は、すごいですね。


そんなことで、自粛が徐々に解除されつつある中、
三重県の店舗を訪ねてみました。
先日は東京から転勤の高井店長の歓迎の意味も含めて四日市店に行ったので、
今日はいったん三重県を一番南まで南下しました。
高速道路の途中で中部地方最大の遊園地「長島スパーランド」の様子を見たら、
まだ開いてなく、駐車場は空っぽでした。

画像(539x311)

松坂インターまで行って、
ナビが今日は初めての道を案内して、【松坂店】の遠景が見れました。

画像(600x370)

前年同月比150%近くで2年目の大ジャンプを伊藤店長の元で果たしつつあり、
早々に四人目の強化スタッフを得ていました。
今はマスクでしっかりガードです。

画像(600x400)

もうすぐ2級技術検定を控えている新入生の奥出スタッフと、実力派の伊藤店長

画像(600x400)

名張店から地元の松坂店に戻ってきた一級技術資格山本シニアスタッフ。

画像(500x333)

松坂店もう一人の主役辻野チーフ

画像(500x333)

松坂店から十数キロ北上すると三重県の県庁所在地津市の【津店】があります。

画像(600x400)

津店の大きな倉庫風のブースの中では難題ものコーティングが進んでいました。

一級技術資格沢田スタッフ、一級技術資格白木スタッフ。

画像(600x400)

中村店長と、
今、LABOに入店し一級技術資格に挑戦している西村デザイナー

画像(600x400)

さらに北上して【鈴鹿玉垣店】
ごめん。うっかりトイレの前で写真を撮ってしまった。
一級技術資格夏目スタッフ、水越店長小古チーフ

画像(600x400)

今日の最後は【鈴鹿店】
玉垣店に続いてまたトイレの前で撮ってしまった。ごめん。

細井チーフと、一級技術資格山本スタッフ。

画像(600x400)

新入生の浅田スタッフと、一級技術資格スタッフ。

画像(600x400)

田中店長。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2020年05月16日(土)

5.16.リンダ・ビフォア アフター

トイプードルの犬種は、
体毛が全く抜けないので、部屋が汚れなくていいのですが、
抜けない代わりに際限なく伸び続けます。
それもかなりのスピードで伸び続け、約二ヶ月間でこうなります。

画像(500x333)
画像(500x333)

こうなると、本人もうっとおしいでしょうから、
約二ヶ月に一回は床屋(トリミング)に行って、丸ごと刈ってもらいます。
一回5,400円だそうです。(ちなみに私の頭は3,500円)

画像(500x333)
画像(500x333)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2020


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.