谷 好通コラム

2020年05月02日(土)

5.02.「宣言1か月延長で失業者77万人」

新型コロナウィルス禍で、緊急事態宣言が発令されてもうすぐ一か月になる。
当面の期限である5月6日を前に、
緊急事態宣言が1か月延長されると早々に総理大臣が言っていた。
そして、なぜ延長するのかを「専門家」であるという医者がとうとうと述べる。

YAHOO!のトピックスの欄に「宣言1か月延長で失業者77万人」とあった。
770,000人‼の失業者。

Webの記事によると新型コロナウィルスの感染者は、
今日までの累計14,545人で、
458人死んで、2,981人退院し、264人新たに増えて、
今現在の新型コロナウィルス患者は11,568人だそうだ。

やってはいけない計算をすると、
今現在11,568人の患者を何とか無くしていこうと、
人を止め、物を止めて、経済を止めて、770,000人の失業者を造る。
1人の患者に対して770,000人/11,568人≒66.5人の失業者を造る。
その失業者が平均二人の扶養家族を持っているとすると、
770,000人+770,000✖2人=231,000人/11,568人≒200人

もっとしてはいけない計算をすると
人口約120,000,000人の日本で、
11,568人の感染者がいてすでに468人死んでいるので、
それを何とか収束させようと、人を止め、物を止め、経済を止めて、
770,000人の失業者を造り出そうとしている。
その数は、
現在の死者1人に対して1,645人の失業者であり、
その扶養家族も入れると患者1人に対して約5,000人の失業家族を造り出す。

言ってはいけないことかもしれないが、
感染者1人に対して約200人の家族が生活の糧を無くすのが政治だろうか。
死者1人に対し約5,000人が生活の糧を失うのが政治と言えるだろうか。

医者は、人の健康を守り、命を守るのが仕事で、立派な仕事です。
しかし、それ以外の何物でもない訳であり、
人の生活の糧である仕事を造り出すことは仕事ではなく、
人の命と健康を守ることを唯一目的とするので、
そのためには、人が生活の糧を失うことになっても躊躇しないのでしょうか。
命あっての物種と言うから、確かにそうですが、
その為に一人の患者に対して200人の生活の糧を奪ってもいいのでしょうか。

一人の苦しんでいる患者、
11,568人/468人≒24.7人に一人が死ぬ病気の患者を終息させるために
患者一人に対して66.5人の失業者を造り出し、
200人の家族の生活の糧を無くすのは、賢明な政治とは思えない。

終息に向けて「短期」で勝負を決めようとするならば、
相当な強制力をもって規制しなければならないだろうし、
日本人のいい所を活かしてやんわりと共存して終息しようとするならば、
中途半端にだらだらと、
病気の恐怖を根拠とした自粛をいつまでも続けては、
膨大な失業者を生み出すだけで、誰も幸せになれない。

不要不急の仕事は休業をいう施策は、
この世の中にある仕事に
生活の糧を得ている仕事すべてが、その人にとって不要なんかではない。

医者は私にとにかくタバコを吸うなと言い、酒は飲み過ぎず
体に悪いものを食べず、心穏やかに、静かな生活をしろという、
仕事はほどほどにして、睡眠をしっかりとって、運動も適当にしろという。
確かにそうであろうし
体が元手ではあるが、
体が元気であれば良いというものでもない。
仕事は気が狂うほどしなくては面白くないし、
その末にバタンと死ねれば本望だ。
医者の価値観だけで、世の中は回らない。人生がつまらなくなる。

Posted   パーマリンク

2020年05月01日(金)

5.01.2020年4月のラボ運営事業の主観的報告とキャンペーンを

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先に開示された情報が正しいものです。



この2020年4月は、
日本のみならず世界中を新型コロナウィルスに蹂躙された月でした。
日本では4月初旬に政府によって「緊急事態宣言」が発令され、
キーパーラボは休業を要請された業種ではありませんでしたが、
特に感染の度合いがひどかった関東地区においては、
一都三県の29店舗において自主的に4月9日から休業することとしました。
休業せずとも
感染拡大の防止に必須の「密集」「密閉」「密接」を防ぐことは出来たのですが、
当初、運営スタッフの恐怖心もあり、ここは一旦休業することにした訳です。
他の全国の店舗は、
北海道の2店舗が今、雪融け期の最需要期で
どうしても休むわけには行かないとして平常運営をした外は、
西日本を中心とした49店舗が、
10時→18時迄の3時間時短営業を9日以降今も続けています。

休業した関東の29店舗は、
時短営業を続ける他店舗から三密を防ぐ営業方法に学んだ上に、
お客様からの営業を求める声に応える形で、
4月29日より、時短営業ながら、営業を再開いたしました。

このような休業と時短営業の実施によって、
この4月の営業時間は相当に短いものになりました。

休業した店舗が多かった東日本の店舗では、
昨年の4月は全38店の営業時間が計11,715時間ありましたが、
今年4月の全39店の営業時間が合計でわずか4,734時間であり、
11,715時間/4,734時間はわずか40.4%にしか過ぎませんが、
4月29日の営業再開以降のご来店はまるで年末のごとく多くのご来店を頂き、
売り上げは前年比49.7%の99,404千円です。
それに対して、
時短営業を続けている西日本は、
43店舗で昨年14,709時間の営業時間が、
今年は9,897時間、前年比70.3%の営業時間にとどまりましたが、
売り上げ金額は前年同月比88.9%の161,706千円と健闘しています。

営業時間が全81店舗で大きく減ったので、当然、来店客数は減り
81店舗の前年同月比で59.7%にとどまりましたが、
高単価のコーティング類はそれほど減っておらず、
更に今注目のEXキーパーが4月だけで156台、約21,000千円貢献して、
平均単価は前年同月比114%の12,538,円/台と12月並みに踏ん張って、
全体の売り上げ金額は、
前年同月比68.4%の261,110千円とよく健闘しました。
その中には、新型コロナウィルス禍の中でも二年目のジャンプなどで、
前年同月比 豊橋店147%、高針店130%、師勝店141%、松坂店123%、
鶴見店126%、交野店125%、広島東雲店159%、広島長楽寺125%、
福岡春日店155%と、大きく伸ばしている店舗もあります。

東西の店舗とも、営業時間が劇的に減ったにもかからず、
営業時間の減った分を大きく上回って売り上げがあったということは、
当然人時生産性も上がっており、
全81店舗で前年同月比107%の7,065円/人時に上がっています。

営業自粛ムードの中で、
営業時間を大幅に減らし、
短時間に中に密集を造らまいと、時間当たりの予約数の密度を減らすなどして
来店客数を大幅に減らす結果になっても、
お客様からの「キレイに対する欲求」の需要は高いものがありました。

私たちキーパーラボ以外の約5,800店舗あるKeePer PRO SHOPにおいては、
その多くがガソリンや軽油の販売を行うガソリンスタンドであり、
燃料の給油という社会的な使命の為にほぼ全店が開店していましたが、
お客様との接触を最小限に済ませるために、
KeePer商品についても一切の営業トークを行わないと決めた店舗も、
業界大手の会社を含めて多くあったと聞いています。
一切の作業を禁じられた店舗もあったそうです。
しかし、
4月の卸部門のケミカル数の出荷実績を見ると、前年同月比約80%もあり、
社会的な使命を果たしつつ、接触を減らすために
燃料油外の商品販売に一切の営業トークを行わなかった店舗が多くあったとは
とても思えないような出荷実績で、正直驚いています。
これはつまり、
KeePerをご利用のユーザーがリピートして、
あるいは、SNSでの高い評価を見て
お客様の方からキーパーを指名され、
受動的に作業されたケースが多かったと考える方が自然です。
お客様の方に「ニーズ」があったということではないでしょうか。

これは、つまり、2009年にあったリーマンショック時、
世の不景気で極端に新車の購買がなくなった時、
今乗っている愛車をもう一年、あるいはもう一車検分乗って、
この危機を乗り切ろうとした需要で
たくさんのKeePerコーティング売れたことがありました。
KeePer技研がまだアイ・タック技研だったころ、
一番大きく成長した時期でした。
今とあの時では、世の中もこの会社も違うので
一緒にしてはいけないかもしれませんが、
お客様のニーズは、あの時と同様の部分があるのではないでしょうか。

そこで考え、企画しました。
「愛車を一新、キャンペーン」
今乗っている愛車を、クリスタルキーパーとダイヤモンドキーパー、
Wダイヤモンドキーパーで「一新」「リバイバル」「新車に再生」
特に新車用のEXキーパーは、このキャンペーンに合うかもしれません。
いずれにしても、「愛車を一新、キャンペーン」は、
お客様にすごく喜んでいただけるような気がします。

このキャンペーンが、暗いコロナウィルス禍で自粛ばかりの世の中で、
明るく楽しいキャンペーンになれば最高です。

画像(640x292)・拡大画像(800x366)
画像(640x268)・拡大画像(800x335)
画像(640x251)・拡大画像(800x314)
画像(640x297)・拡大画像(800x372)
画像(640x315)・拡大画像(800x394)
画像(640x289)・拡大画像(800x362)
画像(640x312)・拡大画像(800x391)

Posted   パーマリンク

2020年04月30日(木)

4.30.「ミ」の付く三匹はいずれも不自由だったが

今日、連れ合いと話をしていて気が付いたのですが、
歴代の我が家で飼われてきたペットは、
「ミ」の付く子は、いずれも体に何らかの不自由を持っていた。
初代の「ミー」は、
黒の野良猫「チー」から4匹兄弟として生まれたキジ猫で、
育つ過程で交通事故にあって、
でも九死のところを、たまたま早く出勤した私に見つけられて助かった。
でも前足が折れていて、ずっと前足が曲がったまま育ち、
それでも不自由なく、ヒョコタンヒョコタンといつも歩いていて、
長生きし寿命を全うしました。

二代目の「ミー」は、
ペットショップで買ったパグ犬「モン」を母親として生まれた
血統書付きの7匹のパグ犬の中の一匹で、
7匹の中で一番体が小さかったので、家に残された。
他にも体が一番大きく出ちょっと不細工な「マー」と共に残ったが、
「ミー」は体が小さいのに、
「マー」と「モン」の餌と同じ量をムキになって食べて、
三歳の頃、糖尿病になってしまい、網膜症で失明した。
動物病院の先生の処方で、餌をうんと少なめにして
インスリンを打ちながら生き延びつつ”瀕死”の状態にまで弱った時、
死ぬ前に一度好きなだけ餌を食べさせて上げようと、
いっぱい餌を上げたら、
ミーは気が狂ったように餌を武者ぶり食って、
何と元気になってしまった。
「ミー」に食事療法は合わなかったのだ。
それからは「ミー」は好きなだけ餌をもらって、
インスリンをドカンと打って、
不思議にバランスして生きていた。
失明して何も見えず、
毎日昼は動物病院に預けられながらも、
連れ合いの愛情を一身に受けながら、何と何年も生きて寿命を全うした。


三代目の「ミ」の付く子、猫の「小ミミ」は、
出荷倉庫に紛れ込んできた野良猫で、
生まれてすぐの栄養状態が良くなかったのか、体が大変小さい。
それとも、まだ生まれてからそれ程経っていないので小さいのかもしれないが、
「腰」に障害があるのでしょうか
真っすぐ歩けず、フワーっフワーっと左右に揺れながら歩きます。
こんな調子なので、慌てて逃げたりする時には、
腰を左右にドタンバタンと床にぶつけながら、ジタバタと逃げます。
その格好がおかしいので、つい笑ってしまいますが、
本人は必死なのです。
哀れに思えて、つい抱きしめたりします。
「小ミミ」は、毛皮の色が「鯖」模様で、
保護猫の譲渡会等で、一番人気が無い猫だとテレビの番組で言っていましたが、
鯖模様の顔が無表情で人気の無さが判りますが、
見慣れてくると可愛いものです。
小ミミは、出荷層に紛れ込んでからしばらくの間、
出荷倉庫の皆に可愛がられていたのですが、
ある時、高い荷物に登って、落ちて、後ろ足を複雑骨折してしまったのです。
勿論、放っておく訳には行かないので、
連れ合いが動物病院に連れて行って、手術の末に、家に連れてきて、
我が家の住人になりました。

画像(500x333)

小ミミは、無表情で愛想無しですが、
犬のリンダと信じられないくらい仲良しで、
その気になると1時間近くくんずほぐれつで絡み合って遊ぶ。
その上、小ミミはチー姉さんが大好きで、
何度も何度も抱き着いて行って、チー姉さんにしつこいっと怒られるが、
まったく懲りる様子もなく、また、抱き着いていく。
「小ミミっ‼ やめなさい。ねーちゃん、嫌がってるでしょっ。」と
大きな声で言うと、
小ミミはすっとやめる。
小ミミは、ちょっと体が不自由で無表情だが、
実に面倒がかからない猫で、トイレの行儀も良く
何にでも好奇心をもってよく動いて、
くたびれると、おとなしく自分の寝床で丸まって寝る。

私が布団に横になると、くっついてくる。かわいいやつだ。

うちのペットは「ミ」が付く子は、なぜか体に不自由がある子が多いが、
みんな幸せに生きているように見える。

画像(450x337)

Posted   パーマリンク

2020年04月29日(水)

4.29.さぁ、今日からまた80店舗がそろう

新型コロナウィルス禍で休業していた29店舗のうち、
トレッサ横浜店を除いた全店28店が時短で営業を再開しました。
とすると79店舗だが、
今日から新・LABO小平店がオープンしたので、
全部で80店舗そろった訳です。
本当ならば飛んで行ってどんな様子か見に行きたいところだが、
歳取った者、つまり私は、危ないからウロウロ出歩かないようにとのことで、
今日もまたおとなしく、スタジオの部屋で、
井上陽水とクィーンをガンガン鳴らしながらこれを書いています。

朝方、電話で鈴置専務に聞いたところでは、
一昨日の朝、WebサイトのLABOトップページと店舗ページに
「4/29より営業を再開します。」としたところ、
早速、予約が入り始めて、
昭島店とか千葉NewTown店などでは、
30件を越すような予約が入って、すぐ、今日の予約が一杯になったそうです。
皆さん待っていただいていたようです。
先日、黄砂交じりの雨が降ったので余計に汚れていたのかもしれません。
店を開いてからどの店も12月のような多くのご来店を頂いているようです。
しかし、待合室の中でお客様が「密集」状態にならないように気を配って、
ソーシャルディスタンスをしっかり確保していると言っていました。
心配ですが、大丈夫でしょう。

新店の小平店は、一切の宣伝をしないままオープンしたので、
事前に挨拶に回った近所の方が、お車を洗いに来てくださっている程度で、
静かなオープンだと言っていました。

KeePer LABOの新店のオープンはいつもそうです。
小澤店長がオープン間際に撮った写真を送ってきました。

画像(640x480)
画像(640x480)
画像(640x480)
画像(640x480)

Posted   パーマリンク

2020年04月28日(火)

4.28.自宅待機とはこんなことなのか

今日は朝トレーニングをやってから出社したが、
ちょっとやり過ぎたか、
かなりクタクタになって仕事に出たので、
11時からのミーティングでは、私はイライラするばかりではかどらなかった。
それでも、昼からのミーティングにも出て、午後5時前まで色々話をしたが、
やるべき仕事が尽きたので、
今日は午後5時に帰宅してしまった。
ステイホームの自粛期間でもあるし、
何の予定があるでもなく、家に帰ってしまいました。

家に帰ると二匹の猫と一匹の犬が揃って
「どうしたの?」みたいな顔をして私を出迎えてくれたが、
ただ単に帰ってきただけと分かると、
「な〜んだ」みたいな感じで、すぐに解散。
私は自分の家で、
どちらかというと影が薄いのか。

今日は火曜日なので、LABOも定休日で、日報メールも入ってこないし、
私宛のメールもほとんど来ないし、
ご飯を食べて、
テレビを点けて、目的もなく見ていると、
何を見たか全く覚えのないまま、夜の9時半にまでなってしまった。
家に帰ってからの4時間半、ただ時間が過ぎて、何もない。

自宅待機とは、こんなことか。
これを書き始めても、何も思い浮かんでこない。
ただ閉じこもってじっとしていることとは、こんなことなのか。

たった四時間なのに
これは、たまらない。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2020


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.