谷 好通コラム

2020年03月04日(水)

3.04.アクシデントと変化に強い会社であるかどうか

会社は、仕事が増えれば増えるほど、
関わる人が増えれば増えるほど、
いつも、何らかのアクシデントが必ず起きるといってもいいでしょう。
あるいは、何らかの変化はいつも伴う。
そんな時に、そのアクシデントや変化に過敏に反応して、
いちいち恐怖心にかられたようにヒステリックな行動を起こしていたのでは、
その会社は、刻々と変わっていくこの時代に存続し続けることは難しいだろう。

そんな観点から見た時のこの会社はどうだろうか。
以前にも何度も書いたが、
この会社が一番の伸びを示したのは、リーマンショックの時です。
景気が悪くなって世の中の人が新車を買えなくなった時、
「気に入った車をキレイに長く乗ろう。」と、
かえってKeePerコーティングがたくさん増えて、業績が伸びました。

もっと昔、
世の中のバブルがつぶれて土地が暴落した時、
この会社は二店目のクリーンベースの132坪を持っていただけで、
その借金はありましたが、
土地を買うことに懲りていたので、それ以来、店が増えてもすべて借地で、
投機的な土地も借金も全くなかったので、
バブルの時の栄華もありませんでしたが、
バブルの崩壊とは全く無縁の平和な会社でした。

約9年前、東日本大震災で東北と関東の経済がかなりの期間止まった時、
この会社の仙台営業所と東京営業所も活動が止まりましたが、
不思議に、この年の会社全体は、それまでの成長と同じ成長をしています。
なぜ、そうだったのかは覚えていません。
でも間違いなく、この会社も異常な事態を被ったのですが、
記録を見ると、不思議と、何もなかったかのように、
いつもの年と同じように成長しています。

今の、新型コロナウィルスの異常事態も、
外食産業にお客様が来ず、悲惨な状態とテレビが言っていますが、
人々が感染防止の為になるべく電車を使わず、
自分の車での移動が多くなったのか、
道路はいつもより混んでいるし、だからなのか、
ご来店が少し増えているような気がします。

この会社は社会的なアクシデントに、
強いというより、いかにも鈍感な会社のように思えます。

だけど、早くこの新型ウィルス騒ぎが収まって、
絶対、東京オリンピックが見たいですね。

Posted   パーマリンク

2020年03月03日(火)

3.03.かつて私も社員を一人残らず知っていた。

私は何年か前まで、
社員の名前はもちろん一人一人の事をよく知っていることが自慢だった。
社員が300人になるぐらいまでは本当に自慢できるほど知っていた。
5年前会社が株式を上場して、
ありがたい事に新入社員がいっぺんに70人~60人も入るようになって、
あれから、私の記憶力が追い付かなくなりました。
新入社員の半分も憶えなくなって、今では、知らない社員も何十人もいます。
せっかく入社してくれて仲間になったのに、
知らないままで申し訳ないのですが、もう無理です。
昔は、毎月の一人一人の給料を必ずチェックして、
これでいいのか自分に確かめたので、
一人一人の事をいろんな意味で知っていたのですが、今はもうしていません。
去年の二月に社長職を退いて、その三月に腰の手術をして入院した時以来、
給与チェックをしなくなって、
社員の一人一人に対する意識が薄くなって、
社員が500人を超す今では、加速度的に社員の事を知らなくなってきました。

ところが今日、幹部会議で、会社全体の戦略的な人員配置を議論して、
新しい体制を組み上げていた時、
新しい経営者である社長や、特に専務が、
社員一人一人の事を、一人残らず知っていると断言し、
事実、本当に詳しく、それぞれの事情まで知っていることに驚きました。
しかもその口調が、一人一人と気持ちが通じていることを感じさせるのです。
驚きました。

この会社は大丈夫だと思いました。

Posted   パーマリンク

2020年03月02日(月)

3.02.とりあえずEXキーパーの懸垂幕を

新発売のEXキーパーが予想以上に順調なスタートを切っており、
一台20万円もするクラスのコーティングを、
ユーザーはこんなに望んでいたということに驚くと共に、
それに気が付かなかった自分たちの鈍さに反省するばかりです。

何の販売促進活動をすることなく、
2月終盤の1週間で31台販売施工されただけでなく、
3月1日(日)には1日だけでなんと15台のご注文をいただき、施工しました。
本格的に販売促進活動を始めたら、どんな販売になるのか、
ちょっとビビっているくらいです。

もちろんEXキーパーは値段が高いだけでなく、
それだけの価値があることが、そのツヤの凄まじさに一目で判るだけでなく、
EXキーパー独特の施工後の「触感」は、
施工をされたお客様が一人残らず感動的に驚かれます。
そして、「やってよかった」と口にされるので、
施工店のスタッフとしても、やっていてすごくうれしい商品です。

商品名をEXSECCES BEAUTY「過剰なまでの美」
と、自虐的かつ逆説的に表現しましたが、
もっと素直に言えば良かったかなとも、思っています。

先行販売を進めているキーパーラボと、
KeePer選手権全国上位10位までの店舗に、
手始めにこんな「懸垂幕」を上げようとしています。

何度も何度もブラッシュアップをして造ったものです。
EXキーパーはそのパンフレットに「新車用」としているので、
施工台数の約半数が新車であり、
その人たちは「新車用」としてあることが施工の動機になったようですが、
半分近くは経年車であり、丁寧な「研磨」作業を施したうえで、
新車の状態に戻して施工させていただき大変喜んでいただきました。
だから、パンフレットのように
対面でお客様とコミュニケーション出来るツールには、
「新車用」と書いてあっても、それを経年車に乗るユーザーにも説明できるが、
「懸垂幕」のように、
一方的に叫ぶような宣言的な媒体では、
相互のコミュニケーションが成立しないので、
店舗の入り口に掲げるような懸垂幕では、
新車以外を切って捨てることになるので、
懸垂幕には「新車用」とは書きません。

画像(640x452)・拡大画像(800x565)

「EXキーパーは新車用にお客様は反応して買われたので
懸垂幕にも新車用と書いた方がいいのでは」と意見を言ってきた者には、
上記のような論理を書いて返したが、返事がありません。
理解できなかったのでしょうか。心配です。

Posted   パーマリンク

3.02.異動の四人の店長に期待する事

昨年の秋、KeePer LABO運営部はマネージャー体制を造るために、
かなりの店長、課長の人事異動を行ったので、
今年の年明けの店長クラスの人事異動は行わないことにしていました。
チーフやスタッフの人事異動は、
四月の新入生が大挙して入社してくる時に、
店舗ごとの新しい体制作りをするので、それまで待つことになるのですが、
今年は、年明けのこのタイミングで、
数人の店長に人事異動を命じたので
それぞれに意図のある重い責任を持って、新しい任地に着いたはずです。

一昨日の土曜日、
まず高針店に行きました。
高針店はカローラ中京さんというカーディーラーと同じ敷地にあり、
今後自由化の波がやってくるカーディーラーさんといかに協業関係を持つか
大胆な実験店になっていかなくてはならない宿命を持っている。
積極的に意図を進めて行く為に、
企画力と実現力を見込んで、永井課長が抜擢された。
この日の訪問はその方向性のキックオフの意味を持っている。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

その永井課長が前任であった春日井店は、
19号線に面した大きなマーケットを有している大切な店舗であり、
それだけに難しい面も持った店舗であった。
永井課長が抜けたあと、春日井店の店長に抜擢されたのは、
一宮店の陸浦チーフ改め、陸浦店長

画像(500x333)

初の店長業を責任ある春日井店で果たすには、大変ではあるが、
ここには可愛いだけでなく、人間力と仕事力を持った川村チーフがいる。

写真は一級技術資格松浦スタッフ。一級技術資格鈴木スタッフ

画像(550x366)

次に行ったのは安城店。
安城店は、去年、広い場所にリプレイスをして、大幅にお客様を増やし、
業績を上げた張本人の広木マンサノ店長兼マネージャーがいる。
広木マネージャーは、フリーとなって複数の店舗を担当することになるが、
その前に、海外担当だった菅野マネージャーを、
もう一度初心に帰って、
安城店の一店長として、
KeePerの基本と、経営感覚を持った”運営”を、安城店で実践する。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

今後、本格的に海外進出を考えた場合、これは避けては通れない過程だ。

画像(600x400)

そして月曜日の今日。
名張街道店に赴任している村田課長
名張街道店は額は小さいが万年不採算店で、
思い切って、メンバー層替えで、真剣勝負を挑むことにした。
村田店長は、若い時、岡崎店をダントツのトップ店舗に仕立てたことがある。
それから紆余曲折があって、
問題店の再生を喫して切り札として赴任した。

今日は、課長として名張店と間接的に関わってきた横山課長と、
名張街道店の現状の報告をもらい、今後どのようなリバイバル策をしていくか、
そのキックオフの会議です。
真剣に話し合った後、昼ご飯に誘ったら、
横山さんが「ウナギが食べたい。まだ食べさせてもらったことがない。」と
嬉しそうにリクエスト。

画像(600x400)

今回のイレギュラーな時期の店長人事異動は気合の入った異動なのでした。

Posted   パーマリンク

2020年02月29日(土)

2.29.初代プリウス、オリバーカーンからアビルのケツまで

昔、KeePer LABOはまだ「洗車屋・快洗隊」であって、
極上手洗い洗車と極上の磨きがメイン商品で、
体力と気力勝負の体育会気風の店であった。
街の広告代理店が入り、
プロのカメラマンとプロの照明と、本物のスタジオで
大勢のプロのスタッフが寄ってたかって撮った。最初の車は初代プリウス。
写っている一人一人が懐かしい。今はもう誰もいない。さみしい。

画像(385x550)

それから何年か経って、四軒目の快洗隊、岡崎店が出来たころ、
かっこいいビジュアルを撮ろうと
縁のあったアーティストとバリバリのプロで固めた撮影隊を駆使し
アストンマーチンのバンキッシュという当時もっともかっこいい車の一つで
大阪の車用のスタジオで、
初代の写真と同じように多重露光で撮ったが、
その出来栄えには驚きの差があった。
そのクオリティの高さは、今の今でも、そのまま通用する。

画像(600x399)

キーパーはまだKeePreであったが
キーパーの守りを表現する最初のゴールキーパーは、
アイスホッケーとサッカー、ハンドボールの三人のゴールキーパーであった。
いずれもプロではなく地元の社会人チームから来てもらったものだが、
出演料としてフィーを払ったかどうか覚えていない。
いや、払った覚えがないから、多分、払っていないだろう。
「ハンドボール」は大同製鋼のチームで
この世界では強豪チームの名キーパーだったらしい。
「サッカー」は刈谷市の地方リーグのサッカーチームで、
実力派のキーパーだった。
「アイスホッケー」は趣味で集まった市民チームで、
ゴールキーパーはごっついプロテクターとは反対にかわいい男の子であった。
撮影に使った刈谷のスタジオは、今は、もう無いらしい。

画像(387x550)

ドイツSONAXとの提携が深くなっていくころ、
SONAXの本社と研究所、工場がバイエルン地方のノイブルグの街にあって、
マンフレッド ホフマン社長が
ドイツのブンデスリーガのバイエルンミュンヘンに顔が利くと聞いて、
バイエルンミュンヘンのゴールキーパー「オリバー・カーン」に
CM出演の依頼を交渉してもらったら、見事に一発OKで、
幸運の塊のような私の人生の中でも、とびっきりのラッキーであった。

ちっぽけな日本のコーティングメーカーが、
世界のオリバーカーンを使ってTVCMを造って流したのは、驚きで
KeePerに縁のない人でも、このCMだけは覚えている人も多い。

この時点ではKeePerはまだKeePreであった。

画像(640x293)・拡大画像(650x298)

少し経ったら、KeePerになっています

画像(399x550)

この後くらいから、広告全般を広告代理店に頼ることに疑問を持つようになり、
デザイナーさんを自社の社員にして、自分たちで広告を造るようになった。
その方が、単に「売り」の広告から、
KeePerのキーパーらしい姿勢と考え方を反映できるし、
とにかく、この方が早い。
早いだけでなく、すぐに直しが利いて、何度でもブラッシュアップが出来る。

私は「買ってほしい」を全く感じさせないこのポスターが大好きです。

画像(389x550)

今では、写真も全部、自前で撮るし、
デザイナーはなんと10人もいて、
キーパー製品のデザイン回り、
ラボのパンフレットからチラシや看板・パースまで造りながら、
全国のPRO SHOPがご希望のチラシや看板などを、
KeePerのBIをきっちり守りつつ、デザイン料無料で提供している。
質の高さと、自分の思う存分を表現できるということ、
そして、何よりも圧倒的に安いのです。

皆は、このポスターの写真を愛着を持って「アビルのケツ」と呼んでいます。

画像(394x550)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

3

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.