谷 好通コラム

2020年02月29日(土)

2.29.初代プリウス、オリバーカーンからアビルのケツまで

昔、KeePer LABOはまだ「洗車屋・快洗隊」であって、
極上手洗い洗車と極上の磨きがメイン商品で、
体力と気力勝負の体育会気風の店であった。
街の広告代理店が入り、
プロのカメラマンとプロの照明と、本物のスタジオで
大勢のプロのスタッフが寄ってたかって撮った。最初の車は初代プリウス。
写っている一人一人が懐かしい。今はもう誰もいない。さみしい。

画像(385x550)

それから何年か経って、四軒目の快洗隊、岡崎店が出来たころ、
かっこいいビジュアルを撮ろうと
縁のあったアーティストとバリバリのプロで固めた撮影隊を駆使し
アストンマーチンのバンキッシュという当時もっともかっこいい車の一つで
大阪の車用のスタジオで、
初代の写真と同じように多重露光で撮ったが、
その出来栄えには驚きの差があった。
そのクオリティの高さは、今の今でも、そのまま通用する。

画像(600x399)

キーパーはまだKeePreであったが
キーパーの守りを表現する最初のゴールキーパーは、
アイスホッケーとサッカー、ハンドボールの三人のゴールキーパーであった。
いずれもプロではなく地元の社会人チームから来てもらったものだが、
出演料としてフィーを払ったかどうか覚えていない。
いや、払った覚えがないから、多分、払っていないだろう。
「ハンドボール」は大同製鋼のチームで
この世界では強豪チームの名キーパーだったらしい。
「サッカー」は刈谷市の地方リーグのサッカーチームで、
実力派のキーパーだった。
「アイスホッケー」は趣味で集まった市民チームで、
ゴールキーパーはごっついプロテクターとは反対にかわいい男の子であった。
撮影に使った刈谷のスタジオは、今は、もう無いらしい。

画像(387x550)

ドイツSONAXとの提携が深くなっていくころ、
SONAXの本社と研究所、工場がバイエルン地方のノイブルグの街にあって、
マンフレッド ホフマン社長が
ドイツのブンデスリーガのバイエルンミュンヘンに顔が利くと聞いて、
バイエルンミュンヘンのゴールキーパー「オリバー・カーン」に
CM出演の依頼を交渉してもらったら、見事に一発OKで、
幸運の塊のような私の人生の中でも、とびっきりのラッキーであった。

ちっぽけな日本のコーティングメーカーが、
世界のオリバーカーンを使ってTVCMを造って流したのは、驚きで
KeePerに縁のない人でも、このCMだけは覚えている人も多い。

この時点ではKeePerはまだKeePreであった。

画像(640x293)・拡大画像(650x298)

少し経ったら、KeePerになっています

画像(399x550)

この後くらいから、広告全般を広告代理店に頼ることに疑問を持つようになり、
デザイナーさんを自社の社員にして、自分たちで広告を造るようになった。
その方が、単に「売り」の広告から、
KeePerのキーパーらしい姿勢と考え方を反映できるし、
とにかく、この方が早い。
早いだけでなく、すぐに直しが利いて、何度でもブラッシュアップが出来る。

私は「買ってほしい」を全く感じさせないこのポスターが大好きです。

画像(389x550)

今では、写真も全部、自前で撮るし、
デザイナーはなんと10人もいて、
キーパー製品のデザイン回り、
ラボのパンフレットからチラシや看板・パースまで造りながら、
全国のPRO SHOPがご希望のチラシや看板などを、
KeePerのBIをきっちり守りつつ、デザイン料無料で提供している。
質の高さと、自分の思う存分を表現できるということ、
そして、何よりも圧倒的に安いのです。

皆は、このポスターの写真を愛着を持って「アビルのケツ」と呼んでいます。

画像(394x550)

Posted   パーマリンク

2020年02月28日(金)

2.28.10か月ぶりの新店小平店4月オープン

ここ最近、KeePer LABO直営店の新店オープンがありません。
去年の六月、東京に杉並店がオープンしたのが最後ですが、
今、東京の小平にコンビニの居抜きで大き目のLABOを建設中で、
四月の連休前には、オープンできる予定になっており
かれこれ十か月ぶりの新店になります。
四年前から二年前までの二年間、新店を集中的に造った時期があって、
三十数軒から造り始めて今ではほぼ二倍の80軒の直営LABOがあります。

五年前に東証マザーズに株式を上場して、
翌年東証一部に市場替えをしました。
そのことによって社会的な信用が上がったからなのでしょうか
上場前には新卒の採用などほとんどなかったのが、
上場した翌年には新卒の新入生が70名も入社してびっくりしたのですが、
翌年にも70名入り、中途入社もコンスタントにあって、
直営新店オープンラッシュの大きな動機になりました。
一番多かった年には16軒も新店を造ったのです。

しかし、KeePer LABOはストックビジネスの傾向が強く、
オープンしたての1年目は固定客がまだ少ないので、
売り上げもそれほどなく、収支はなかなか取れないのですが、
1年間、とにかく高品質な洗車とコーティングで
お客様の満足を積み上げることによって、固定のお客様が増えます。
すると、来店客数も伸び、売り上げも上がってきて、
ほぼすべての新店が「二年目のジャンプ」現象で浮かび上がり、
もう一年積み重ねて「三年目のジャンプ」で収支が取れてくるようになります。
収支が取れるようになるまでに多くの新店が丸二年を越します。

だから、営業している店舗の約半数近くまで新店であった時期は、
KeePer LABO運営事業は収支が厳しくなって、
会社全体として2018年6月期は創業以来初めての「減益」を経験しました。

それでも増収であり、会社としての利益はキチンと確保したのですが、
成長過程での減益はマイナスであり、
次なる増益体質を作るべく、
新店が一定の成長を果たして採算点に上がってくるまで、
新店ペースを落として、言ってみれば「養生期間」として間を置き、
新店の成長と既存店の再構築に力を注いで、
2019年6月期には、
二年分の増収増益を果たすことに成功したのでした。

画像(596x407)


その間にも、新卒入社の人は60名程度を確保できたのですが、
成長してくる新店と既存店への戦力補充と、卸業事業の強化に人員が必要で、
いつの間にか従業員が500名を越す大所帯になりました。

そして、今年の4月にも55名の新卒社員が入社してくれます。
さらに、何年か前に入社した若者がすっかり成長して、
「店長を目指している。」と声を聞くと、
会社のエネルギーの源である新店を、またそろそろ、
今度は適正なペースで新店を建てていく時期が来たと考え、
今何軒かの新店の工事にかかっています。

あくまでも適正なペースで、
会社全体としての増収増益の健全な成長を確保しつつ、
また新店を開けていきます。
とりあえず開示済みの東京・小平店の完成予想パースをご紹介します。

画像(640x452)・拡大画像(800x565)
画像(640x452)・拡大画像(800x565)
画像(640x452)・拡大画像(800x565)
画像(640x452)・拡大画像(800x565)

Posted   パーマリンク

2020年02月27日(木)

2.27.いっぱいの話し合いは決して無駄にはならない。

社長職から引退して、はや一年余。
出勤時間はおおむね午前10時とのんびりしたものだが、
会社での仕事は、
自分の部屋に戻ることなく、
会議室で1時間から2時間程度の話し合いが一日中続く。
今日もそんな話し合いが5度もあったので、昼ご飯はコンビニのパン。
何をそんなに話す事があるのかと、思うが、
一つの話をするとそれぞれが実現すべきことが出来て、
それを実現した上での次の話し合いの約束を作っていくと、
結果として、何度も果てしなく話し合いが続くことになる。

会議ばかりやっていると、行動が疎かになるようにも思えるが、
相手はどんどん変わっていくので、みんなが行動してくれて、
どんどん実現が進んでいく。

引退前までは、私は自分が真っ先に行動することを良しとしていたので、
名実共に先頭に立ってぐいぐいと物事を進めていたが、
色々な意味で体力的に限界が来ると、
出来る事が非常に限界的になりました。
そこで、
腰の手術を機会に社長職を引退して、
営業と店舗の運営のすべてを任せて、
私はほぼ動かず、
相手をとっかえひっかえしながら、
いっぱいの人と話し合いで仕事を進めていくスタイルを持ってから、
体的には楽ちんで、ひょっとしたら、
以前よりも、たくさんの仕事の量をこなせるようになったかもしれません。

新製品もいい製品がたくさん出せて、これからもどんどん出します。
新しい企画も、大胆に繰り広げていきます。
新店も、春からたて続けにオープンしていきます。

体を動かす必要が無い体制になったら、
不思議なくらい、たくさんのいい仕事が出来るようになった気がします。

飛び切りの新製品「EXキーパー」も順調な滑り出しで、先行販売が活発です。
何より施工されたお客様からその出来上がりに、感動的な言葉をいただきます。
そんな体験から、
製品をご案内するパンフレットや掲示板も、
何度も何度も繰り返されるブラッシュアップでどんどん良くなっていきます。

画像(400x565)
画像(400x490)
画像(500x411)
画像(500x410)
画像(550x393)

Posted   パーマリンク

2020年02月26日(水)

2.26.最高の組み合わせ

今日、たまたまガーシュインの「ラプソディ イン ブルー」を、
レナード バーンスティン指揮のロスアンゼルス フィルハーモニーで、
しかもバーンスティンのピアノソロで聞いた。
文句のつけようのない完璧な組み合わせだ。
アドリブが入り込む余地がない完全なクラッシックなのに、
まるでジャスのように独特のタメが随所にあって、
クラッシックもジャズも大好きな私にはたまらない名曲の一つであり、
最高の組み合わせです。

最高の組み合わせとはあるもので、
たとえば、#37 KeePer TOM’S LC500は、
平川亮とニック キャシディの組み合わせが最高だった。
二人の攻撃的なドライビングは、私たちを飽きさせないし、
タイヤマネージメントの巧みさと、頭脳的かつ戦略的な走りは、
レース後の解説がいつも楽しみだ。
2017年にRC-Fでチャンピオンになった後、
2018年、2019年とLC500で連続2位に甘んじたが、
いずれも最終戦にまでチャンピオン車とデッドヒートを繰り広げてくれたが、
残念ながら、結局、#37のLC500をチャンピオンにすることなく、
その車をトヨタとして久しぶりのレクサス車からトヨタ車のスープラとした。
さして、ドライバーは今年も
最高の組み合わせの平川亮とニック キャシディのアグレッシブコンビだ。

2020 #37 KeePer TOM'S GR スープラ

画像(452x640)・拡大画像(565x800)

Posted   パーマリンク

2.25.EXキーパー先行販売と施工スタート、滑り出し好調、満開

EXキーパーの先行販売の時期を2月22日としたものの、
パンフレットとかメニューブックとか販売に伴うツールが中々出来ず、
やきもきする場面もありましたが、
技術習得とかケミカルや道具を揃えることも一応出来て、
とりあえず、無事に先行販売が始まりました。

しかし、このEXキーパーの発売は何かで大々的に発表した訳でもなく、
単にネットでの「開示」とこのブログに書いただけ。
こんな状態で、LABOでやおら売り始めても、
高いコーティングが売れるものだろうかと心配であった。
意外や意外、
初日から快調な売れ行きで、
しかも、普段から目立っている花形店舗だけでなく、
どちらかと言えば地味な店舗でも、何気なく施工されていて、
その日の日報で、
店長がお客様からEXキーパー施工後お渡しした時の様子を、
「本日発売のEXキーパーをお任せ頂きました。
仕上がりをご覧いただき、『凄いツルツルしてて艶も凄い』と
満足してお帰りになられました。」(高島平店)
と、興奮気味に報告している文章を見て、
こちらも興奮しました。

発売初日から10台も注文をいただき、施工されました。
店頭でのご案内だけで、ここまで行けるとは思っていなかったので、
改めて、このクラスのコーティングの需要の存在に確信が持てた思いで、
気分は満開です。

一昨日の日曜日に、鈴鹿のしだれ梅を見てきました。
去年、3月18日の腰の手術の三日前に外出でこの梅を見に来て、
その時も満開でした。
そう考えると、今年は、しだれ梅の満開が三週間も早いということで、
今年の暖冬具合に改めて気が付きました。

画像(600x450)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(600x450)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.