谷 好通コラム

2020年02月10日(月)

2.10.テレビコマーシャルは今でも有効なのか

2019年の年末には、関東と降雪地域を除く全国で、
1200GRPというかなりの濃度でテレビコマーシャルを打った。
関東はWeb広告、降雪地域は雪解けの4月にTVCMを打つ。

1200GRPとはコマーシャルの前後の番組の視聴率が
全部で1200%になる本数のコマーシャルなので、
東海地方に住む私は、
実際にこの時、合計10回以上はKeePerのTVCMを見た。
私はテレビをビデオに録って見る習慣はなく、
テレビを点けたまま、
番組と番組の間のスポットCMもすべて見るオジサン族なので、
こんなに何度も見たのだろうことは理解できる。

私の知り合いの同じ年齢のオバサンでも、器用にビデオを駆使して
好きなテレビ番組だけを録画して、
好きな時にTVCMを飛ばして番組を見ていることを知っている。

若者がテレビを器用に小さなスマフォで見ていることも知っている。
その場合、コマーシャルは見ないことも知っている。

だから、テレビコマーシャルが、
昔ほどの効果はなく、限定的であることも理解できる。

インターネットを使ったWeb広告の方が効率的であるのかもしれない。
ユーチューブが具体的な広告効果がすごく大きいことも知っている。
よく知っている。

しかし、テレビコマーシャルが、
認知の広がりにはいまだに一定の効果があり、
特にローカルではいまだに認知を広げるには主流であり
名古屋のような首都圏を除く都市部でもTVCMはいまだに有効であること。

その効果の広さとスピードには一定の効果がいまだにあるので、
有名なメーカーやブランドはこぞってテレビコマーシャルを打っているし、
需要もいまだに大きいのだろう
テレビコマーシャルの放映料も一向に安くならない。
実際にKeePer LABOの12月の需要期の売り上げはほぼ20%上がった。

そのテレビコマーシャルを二年ぶりに打ったシーズンの半期決算を出した。
例年に比べて宣伝広告費を二億円も余分に使ったが、
会社としての収益である営業利益と経常利益は、
昨年とほぼ同じであった。
つまり、余分に使った宣伝広告費の分だけは十分に効果があり“元は取った”。
その上でCM以前よりKeePerの認知度はまた少し上がったのだから、
その分だけは、TVCMを打った効果有りと考えていいのではないのだろうか。
また、それが全国に施工店を持つKeePerの一つの義務ではなかったのだろうか。
だから、地域に分けた今回の宣伝広告戦略は、
この決算からの結果からも一定の成功であったと考えていた。

しかし、この半期決算を開示してから、株価は落ちた。
・・・・
投資家のみなさんの評価は、厳しいものであったのか。
今週から来週にかけて東京の機関投資家を回って決算の説明に回る。
その厳しい評価をしっかりとお聞きして学ばなくてはならない。

Posted   パーマリンク

2020年02月09日(日)

2.09.新しい東海店と、面白い吊るし雛、うまいカレー煮込みうどん

今日は久しぶりに何も仕事の予定がなかったので、好きなことをやった。
まず、東海店に行って、看板のほぼ全部入れ替えと、
テント周りが新しいブランディング仕様への工事が終わったと聞いたので、
早速見に行った。

店舗全体の写真は、私が撮った写真よりも、
企画のスタッフが報告用に撮ってくれた写真の方がよく分かるので、
まず、その写真を。なかなかかっこいい。

画像(600x450)

東海店には、入り口の脇にガラス張りのブースがあったのだが、
今度の店舗の模様替えで、このブースがよりかっこよく見える。

画像(600x450)

中央部あたりにインフォメーション看板を移動した。

画像(600x450)

古い物置小屋を改造したコーティングブースは、3連のKeePerブースに変えたことで、
作業環境が劇的に改善された。

画像(600x450)

一級技術資格浅田スタッフと、
北村店長。先日来た美しい奥さんの名は「由利奈さん」だった。

画像(600x450)

今日はちょっとイメージが違う一級技術資格砂山スーパーアルバイト。

画像(500x375)

5番(ごはん)中だった一級技術資格近藤スタッフ、一級技術資格後藤スタッフ。
そして製品部からの一級技術資格望月主任。

画像(600x450)

今日は、知人が出品していた「吊るし雛(びな)」の展示会を見に行ってきた。
名古屋博物館の三階では、いつも何かやっている。
吊るし雛とは普通のお雛様とは違って独特の文化のようだ。

画像(600x450)

全部、決まった製図などなしで造る。うまいものだ。

画像(500x375)

笑ってしまうほどかわいいスズメたち。

画像(500x375)

これらもみんな写真を見ながらだけで造ってしまう。すごい。

画像(600x450)

ご存じバイキンマンとアンパンマン。
部屋にぶら下げておいたら、どんなに楽しいだろう。

画像(600x450)

先日会社でお会いした仕事関係の方が、
ある「うどん屋」さんの「カレー煮込みうどん」がものすごく美味くて、
自分が死ぬ前に何か一つだけ食わしてやると言われたら、
文句なしで、あのカレー煮込みうどんを食べる。とおっしゃっていたので、
興味津々で早速食べに行った。

美味かった。
確かにおいしかった。
しかし、一生懸命食ったので、写真を撮るのを忘れてしまった。

久しぶりのお休みの日曜日の出来事でした。

Posted   パーマリンク

2.08.自分たちの持つ強みを見失うなかれ

今日は全国の営業所の所長たちが一堂に会しての所長会議。
その会議の中で一つ気が付いたことがあった。

年末前に新商品として出した製品の出荷量が、
営業所によって、ひどくバラつきがあったので、
それぞれの部署に、
その状況がどうしてなのかを聞くと、
出ていない部署の所長は、その新製品が出なかった訳を、
気候が悪かったとか、相手先の店長が会社の上司の許可を得られなかったとか、
それらしい”理由”を並べるが、
出た部署の所長に聞くと、
店の人にもそのお客様にもすごく評判が良かったので、たくさん出た。と言う。

やらない人は、やらなかった理由を何かのせいか、誰かのせいにするし、
やった人は、やれた理由を相手とお客様が喜んでくれたからと言う。
これはいつものことだが、
話を聞いていて、
ある事に気が付いた。

私たちの会社の営業職の人間は、
ちょくちょく近くの直営LABO店舗に入店する。
入店して店舗の技術スタッフとして、ともに作業を行い、接客もする。
その機会が、実はこの会社の営業職の人間の最大の強みなのです。
それは、
現場に出て直接お客様のお車を施工し、
お客様に接することで、
KeePerコーティングをはじめとするKeePerのサービス商品が、
お客様のお車をどんなにきれいにして、
お客様がそれをどんなに喜んでくれるのかを”直に”体験できる機会であり、
その体験を、営業として、施工店さんに直接伝えることが出来るのが、
この会社の営業の最大の強みなのです。

その感動を、熱を持って相手に伝えることで、
私たちの営業職の目的である
施工店さんのビジネスとしての成功に、直接的に結びつき、
それが成功報酬として営業職の仕事を全うする事につながるのです。

ところが、ちょくちょくある営業職のLABOへの入店が、
それが例えば年末であったり、連休であったりしていると、
いつの間にか、ただの《応援》になっていて、
そこでの作業はただの労苦になっていて、
お客様の喜びに接する機会でも何でも無くなっているのかもしれない。
そう気が付いたのです。

だからせっかくの、KeePerの会社ならではの強みのはずが、
ただ単なるやらされ仕事の労苦でしかなくなっていて、
強みのはずが、まったく強みでもなくなって、
その意味が無くなっているのかもしれません。

どんなことでも長く続くと、
最初はそれがどんなに鮮やかでもやがて色褪せてくるように、
その意味を持ったことでも、褪せてくるのかもしれません。

初心に帰るべきなのでしょう。
そんなことに気が付きました。
そして、どうすべきかもだいたい見当がつきました。

Posted   パーマリンク

2020年02月07日(金)

2.07.最後の最後に誉めることが出来ればいいのだろう。

約1年前に社長から会長に退いた時、
退いたからにはあまり出しゃばらないようにしようと思って、
会議などでも自分からの発言をなるべく控えていた時期があった。
しかしすぐ、ある時から、そんなことはきっぱり止めたのです。
思った事を、そのまま思った通りに、何の遠慮もなく発言することにしました。
それは、新しく社長になった者は、
社長の力を身に着けたから社長になった訳ではなく、
私が年を取って、これから先の健康上の不安もあって私が社長から退いたから、
新しく社長という地位になった訳で、
このまま私が楽をしてしまえば、
会社にとっての不足が発生するのは当然で、
それは社員の皆にとっても、株主の皆さんにとっても、
何よりKeePerを大切にしていただいているたくさんの皆さんにとって、
申し訳ないことになる。
それは本意ではない。

私は、新しい社長に、この会社の社長としての価値観を伝え、
あらゆる意味で社長の力量を備えるように、
教え育てる義務があると思えたのです。
そのためには、
よく言われることに、山本五十六の言葉通り
「やって見せ、言って聞かせて、やらせて見て、誉めてやらねば人は育たぬ。」
と、まず、やって見せるを、とにかく全力でやることにした。
一切の遠慮をせずに、
この会社をここまで引っ張ってきた価値観をもって、
リーダーシップを発揮して、新しい時代へ向けてこの会社のやるべき事を、
全力で実現していくことにした。
それがあらゆる意味において、やって見せる事になるはず。

何年かかってもいいので、
私は私として全力でリーダーとしての仕事を全うする事で、
この会社のあるべき指導者として皆を育てることにもなる。
だから何の遠慮もなく、アクセル全開で突き進もうと思ったのです。

ただ私は歳を取って、外を駆け回る体力が無くなっているので、
あまり外出はせず、月に一二度東京に行くぐらいで、
めったに遠くまでは出ていかないが、
あらゆる会議に出て、意見を出していき、
この会社のポリシーを隅まで染み渡らせることに全力を尽くす。

やって見せるとは、言って聞かせるとは、
自らが、全力で実践することに違いない。
一切の容赦はしない。
そして、最後の最後に誉めることが出来ればいいのだろう。
その日が来るかどうか、そんなことも考えず、
一切の容赦もなく、自らの体力、気力が許す限り、全力で進めばいいのだろう。

Posted   パーマリンク

2020年02月06日(木)

2.06.三歳の時から大好きだったおねェちゃんと結婚した北村店長

KeePer LABO東海店のある東海市は愛知県の中規模都市である。
しかし、周りのマーケットが圧倒的に濃い東京都にある足立店に、
その実績として肉薄し、
80店舗中トップの座を脅かす東海店は、
能力の高い北村店長を中心としたチームワークが素晴らしい。
その北村店長が、今年1月4日に結婚をした。

今日は朝から会議室を訪れる人がひっきりなしで、
私も目が回るほど忙しかったが、
夕方、若い二人が挨拶に訪れてくれたのは新鮮で、ものすごくうれしかった。
なのに、私は若いお嫁さんの名前を聞くのを忘れてしまったのは、
お嫁さんのとってもかわいい表情に見とれてしまっていたのかもしれない。

お嫁さんは,北村店長の3つ年上だと言っていた。
そして、北村店長が3歳の時からの近所の知り合いで、
小さな時からいつも一緒にいた人だったという。
だから、北村店長から見ればお嫁さんはずっと「おねェちゃん」で、
ずっと大好きで、
ずっと好きでい続けて、この年になってやっと一緒になれた。
三歳の時から想い続けて、23年間ずっとずっと想い続けて、
26歳になって、想いが実って結婚した。

「キレイでしょ」と、
本当にそう言うのだから、新鮮だ。

こんなことって本当にあるんですね。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.