谷 好通コラム

2020年01月26日(日)

1.26.異質だからこそ、お互いを知っている必要がある。

昨日、ダイエットの一環として筋トレもしなくてはと考えて、
製品部の増田君がネットで探してくれた個人トレーナーに来てもらって、
トレーニングの一日目をやったのだが、
最初は機能の確認と、基礎的な動作の練習で終わった。。

私の場合は、
去年三月にやった腰の手術に伴って衰えた足腰のリハビリが
全然出来ていなかったために、歩くのも不確かになっていたので、
まずそこの復活から始めなければならないようだ。
やる前までは、それなりにハードなトレーニングを覚悟していたので
ちょっと拍子抜けではあるが、
あんな単純な動きでも確かに効いているのを感じるのだから大したものだ。
始めて良かったのだろうと思っています。

体重はあれから行ったり来たりでちっとも減っていきません。
おなかが減ると一旦89kgが88.5kgにはなるのですが、
ご飯を食べると元に戻るという繰り返しが続いています。
目標の76kgは果てしなく遠く、
はるか手前の89kg↔88.5kgでうろうろしている現実にくじけそうです。
しかし、ある意味、その道のプロに就いてもらった訳なので、
きっと、どこかで軌道に乗るでしょう。

食事制限と運動はやることは正反対ですが、
どちらかが欠けても目的は達せられません。
いくら運動しても、しっかり食べたのでは筋骨隆々とするばかりで
体重を落とすことは出来ません。
逆に食事をいくら落としても、運動無しだと体が弱ってしまうだけで
健康のためのダイエットという目的を達することは出来ません。
食事制限と運動はその両方を理解して、補完する関係にあるのでしょう。

そんなことが仕事の上でもあります。
「営業」と「経理」はやっていることは全く違いますが、
お互いのことを理解していないと、大きな間違いが発生することがあります。
例えば、営業の一連の仕事には請求書の発行が必ず伴いますが、
その請求書の作成を、
経理的仕分け上の都合で変則的な内容あるいは形式にした時、
営業的には、思いもよらぬ不都合が発生して、
そのおかげで営業としての成果が全く上がらなくなる場合があります。
その不都合に営業も経理も気が付いていないと、
ひどい時は、その会社は永遠に業績が上がらないことになります。

経理は、経理で、経理の都合でものを考え、
経理的につじつまが合ったとしても営業的には話にならない事もあるので
経理は、営業を理解しなければならないし、
営業は、経理的な部分を分業だからと言って無関心でいてはならない。
特に経営者は、経営全体を網羅しなければならないのだから、
あらゆるスタンスからの視点と関心を身に着ける必要がある。

会社としての組織が大きくなればなるほど分業が進んで専門化するので、
お互いがお互いの分野を知らないから発生する不都合が増えてくる。
分業化が進めば進むほど
お互いが、お互いを知って、意識して理解することが必要になる。
そのための最良のツールが報・連・相であり、そのための人事交流なのだろう。

お互いがそれぞれの分野で、
コミュニケーションを閉じていると、
いとも簡単に、そんな不都合な事態に落ち込む。

報・連・相をはじめとした徹底したコミュニケーションと、
積極的かつ展望を持った人事交流が必要だ。


話は違うが、
異質な犬と猫が、一緒に寝ているのは、
猫がなついて押しかけているだけで、犬は迷惑そうです。

画像(600x339)

Posted   パーマリンク

2020年01月24日(金)

1.24.新型ウィルスによる肺炎のニュースは、本当に怖い。

3年前だと思いますが、私は肺炎になって入院し、
酸素吸入を受けてそのマスクを外すと息が苦しくて、
また、慌てて酸素マスクを引き寄せ、着けて
「アー、死ぬ時ってこうなんだ。」と、しみじみ思ったことがありました。

そして、何かの本に、
「人類が滅亡する時はインフルエンザのウィルスが突然変異して
あらゆる抗生物質に対して耐性を持った時だ。その日は遠くない。」とあった。

新型ウィルスが突然変異で
強烈な毒性を持ち、
罹患したら最後、致死率100%で
空気感染で、人から人への感染力が絶望的に強く、
地球上のあらゆる物質に対して耐性を持ったウィルス。
そんなウィルスが突然変異で生まれる可能性は、
時間が無限である限り、100%であるが、
人間が抗生物質を次から次へと作っていくので、
ウィルスはそれに対して耐性を持てばいいだけなので、
無限の時間を待たなくても、確実に生まれるのだろう。
そんな風に本に書いてあった。

そんな想像をしていると、
3年前の肺炎に罹った時に、ぞっとしたことを思い出す。

中国武漢での新型ウィルスによる肺炎は、
突然変異をしながら広がっていくので本当に怖い。
しかし、
中国共産党は、武漢からの交通機関をすべて停めて、
人口1100万人の巨大都市武漢を封鎖状態にしてまで、
何とか鎮静化しようとしている。
恐ろしい国だ。
日本で、同規模の東京を同じように交通閉鎖したら、どうなるだろう。
というより、閉じ込められたら、人々は大パニックになるのではないか。

中国の人々は、政府権力の強大さと非情さをよく知っているので、
誰も暴動を起こそうとはしない。
こんな時に暴動を起こしたら確実に撃ち殺される。
しかし、そうまでして新型ウィルスを鎮静化しようとしている中国政府に、
人々は「政府の言うとおりにしていれば助かる。」と
むしろ信頼の言葉を発していた。
本当に不思議な国だ。

いずれにしても、
1100万人の巨大都市を閉じ込めてまで、
新型ウィルスを鎮圧しようとするのは、それなりの理由があるからだろう。
異常なまでの密集生活を始めた人類の宿命を感じる。

Posted   パーマリンク

2020年01月22日(水)

1.22.車・コーティングビジネスと「暖冬」の関係

暖冬は地球規模の大変な問題の一環だとは思うのだが、
この暖冬が私達の洗車・コーティングビジネスにとってどう影響しているのか、
非常に近視的な観点から、ちょっとだけ考えてみたい。
考えてもそれがどう役に立つのか、
たぶん、どうでもいい事だろうけど、
無駄なことを一生懸命考えることも、たまにはいい。

まずだいいちに暖冬だと車体に「霜」が降りないので、車があまり汚れない。
「霜」は、車にふんわりと乗ったホコリを、
糊(のり)のように塗装上にくっつけるので、
独特の汚れ方をして、車をいくら洗ってもまだ汚れるので、
このシーズンは洗車がやたらに多くなった。

自動車の車体に霜が降りるほど寒くなると、
洗車がやたらに忙しくなる。
でも、洗ってもまたすぐに汚れることが判っているので、
値段の張るコーティングなどの作業には結びつかないシーズンだ。
この現象は毎年必ずあって、
寒い中をやたらと洗車ばかりをしていた覚えがある。

ところが、今年のような一度もO℃に届かないような暖冬は、
あまり車が汚れないので、
洗車でのご来店もそれほど多くなく、
春先のコーティングラッシュのシーズンが来るのかどうか心配になってくる。
今のところ、前年の実績を下回るような深刻さはまったく無いが、
「霜」での汚れが来る前に、
これからのシーズン特有の「黄砂」の襲来があって、
ほんのちょっとの雨に混じった黄砂で車が粉を被ったように黄色く汚れる。
このシーズンの「小雨」は、車が黄色く汚れる。
その上に「霜」が降りると、
その黄色い砂が糊で張り付けられた様にひどく汚れる。
「黄砂」+「小雨」+「霜」で、自動車はひどく汚れる。
特に屋根のない場所に駐車している車はひどく汚れて、皆が洗車する。

しかし、
雨はざっとまとまって降ってくれれば、
KeePerが掛けてあるクルマはかえってキレイになる。
特にクリスタルキーパーとかダイヤモンドキーパーのような
強力な撥水を持つガラスコーティングが掛けてあれば、
強く弾かれる水に流されてホコリも落ちて、嘘のようにきれいになる。

今のように暖かく、空気が乾燥していると、
ふんわり降りたホコリが、静電気に寄せられたようにうっすらと埃が被るが、
天気予報を見ていると、
週末からまとまった雨が降るようなので、
KeePer生活の長い人は、
その雨でまた埃が流されてキレイになることを予感して、
今、洗車をするのは我慢してしまう。

何日か後に「雨」が予報されていると、
普通は、その雨でまた汚れてしまうと予感して、
お客様が洗車するのを控えると考えるが、
KeePer生活の長い人は、
何度かの経験で、まとまった雨が降ると車がキレイになるので、
それを楽しみにして洗車をしない。
不思議なKeePer常識なのです。

だから、どうかというと、
長くKeePerを提供しているKeePer LABOやKeePer PRO SHOPでは、
「霜」が降りないと、
汚れ方が中途半端なので、
この時期が洗車ばかりがやたらと増える平均単価の低い時期ではなくなり、
でもKeePerコーティングもほどほどにあって、
平均単価もそこそこ維持されて、
どちらかというと来店客数が減って、
12月の忙しさに慣れてしまっているスタッフ達は、
「大丈夫だろうか」と心配になって来るが、
前年に比較してみると、実績が下がっている訳でもなく、
心配しながらも、皆が交代で、
お楽しみの「一週間休み」を取る時期なのです。

そういえば最近の一週間休みは、ちょっと変わってきました。
ちょっと前までは、
12月の大繁忙期に店が忙しくで休めなかった「週二の休み」を、
一月と二月にまとめて取るのが普通だったのですが、
最近は、
12月に休みが取れなかった分は、
ちゃんと「休日出勤」としてドカンと手当を取って置いて、
1月、2月になったら、
「有給休暇」を申請して、同じように「一週間休み」を取るのです。
それで全く問題ないし、
年次の有給休暇をみんなが取るように、
積極的に会社がせねばならない時代なので、
これが当然なのだが、
「世の中、変わったなぁ」とため息が出ます。

Posted   パーマリンク

2020年01月21日(火)

1.21.今日は火曜日、当社直営店舗の定休日

今日は火曜日なので、直営LABO店舗の定休日です。
2019年の7月に定休日を作って、もう半年がたちました。
定休日を作ることによって、
確実に店舗の営業日数は減るのですから、
販売実績にマイナス効果が出ることは
ある程度は当然だろうと思っていましたが、
意外にも、その実感は全くありません。
強がりでも何でもなく、
それをまったく感じないのは、むしろ拍子抜けしているぐらいですが、
定休である火曜日の分が、上手に月、水、木、金曜日に振り分けられて、
数字の上にその影響を見つけることもありません。

何が変わったというと、
本社が店長会議や研修会などの予定を計画する時、
みんな火曜日はお休みとしての用事を入れてしまっているので
予定から火曜日を外さなければならず、
多少面倒だと思うくらいで、他に不便はありません。
本当に意外なほど、ネガティブな影響がないのです。

逆に、働くスタッフにとって定休日はどうかというと、
「変更のない予定が作れるようになった。」と、100%歓迎です。
定休日を作ったからかどうか分かりませんが、
退職する子がピタリと止まりました。
私たちの店舗はお客様に直接接し、
KeePerを施工させていただければ、そのお客様に喜んでいただけて、
その喜びに直接接することができるので、
元々、皆さんが驚くくらい離職率の低い職場だったのですが、
最近では、「休みが決まった日に取れないから・・」と言って
辞める子が出ていて、悩みの種になっていたのですが、
昨年の7月から火曜定休にしてから、辞める子がピタッといなくなりました。
たまたまタイミングが合っただけかもしれませんが、
定休日を作った時を境に見事に退職者がいなくなったのです。

年中無休24時間営業のコンビニエンスストアやファミレスが
24時間営業をやめたり、お正月休みを取ったりする時代になりました。
これまでお客様の利便戦を第一に考えての年中無休でしたが、
「店舗のスタッフも休みたい」にも、お客様のご理解をいただいて、
休みの日を避けてご来店いただくご不便を、
みなさん、許していただけるようになってきたのでしょう。
そんな時代になってきているということで、いいのではないでしょうか。

もちろん、
多くのキーパープロショップさんが運営しているガソリンスタンドでは、
燃料の供給という社会的なインフラを担っているわけなので、
販売実績が変わらないからと言って
そう簡単に店を閉めるわけにいかないことも考えると、
申し訳ないとも思うのですが。

火曜定休の無い2018年7月〜11月と
火曜定休実施の2019年7月〜11月の売り上げと来店台数の比較。
(12月は火曜日も営業したので削除した。)

火曜定休する前と後で売り上げも来店台数もほとんど変わらない、

画像(640x267)・拡大画像(800x334)

Posted   パーマリンク

2020年01月20日(月)

1.20.今日1月20日は「大寒」。

今日は、一年の中で一番寒い日とされた「大寒」の日だそうだ。
ところが、今年はまだ一度も0℃を下回っていない。
薄氷も張っていないのだ。
この暖冬が1月21日以降も続けば、
観測史上始まって以来の記録であり、
つまり何万年か前の前回の間氷期以来の、
文明を持った人類が初めて経験する記録的な暖冬だということになるのか。
それがどういう意味を持つのかは、私は詳しくないが、
恐ろしいことが起き始めている事は間違いなさそうだ。

氷河期と氷河期の間の「間氷期」とはレベルとその速さがまるで違う
今の急激な地球温暖化が、広範な種の絶滅を招くことは
研究者でなくとも容易に想像が着く。
あと三十年は生きることは無い私達のような年取った人間が生きている間は、
2050年ぐらいまで文明が持てばいいので、
温暖化の影響は、まだ、それほど絶望的ではないので、
テレビの中で地球温暖化の問題を取り上げている番組でも、
その温度変化のグラフの最終地点を大抵2050年ぐらいにしている。
それでも大変だ大変だと言っている。

しかし、まだ十年とか二十年しか人生を生きていない若者たちは
この先70年とか80年生きて行くのだから、大変だ。
彼らの最終地点はなんと”2100年”で、
その次の次の世代、つまり私達の玄孫以降の世代では、
2150年が最終地点になるはずだが、
そこまでを予測しているグラフなど見たことも無い。
たぶん絶望的な数字を表すグラフになるのではないだろうか。

そんなことを考えていたが、
大寒を迎えた今日、今年はまだバケツの薄氷が一時もない事を聞いて、
私でも、頑張ってあと十年を生きようとしているのだから、
今の時点で、現実に水が凍らない冬を経験しているのだから、
あとたった十年の間にも、
絶望的に巨大かつ強烈な台風に襲われたり
種の絶滅を伴うような環境の変化があるのかもしれない。
ひょっとしたらその可能性があるのかもしれない。
そんな予感がしてならない。

最高気温が十度以上もある気持ちの悪い大寒に、
中国で新型ウィルスによって死者が出ているニュースと共に見て、
環境の破壊で全滅の危機に瀕している動物たちを心配する間に、
人類こそが意外と速く種の絶滅の危機に襲われるのかもしれない。

私の首の付け根にあった脂肪の塊はもう何十年にもなるが、
何の具合か化膿して、おとといの土曜日の朝、切開して膿を出したのだが、
切開後に先生が容赦なく腫れを押したのが、無茶苦茶痛くて、
半べそをかき、
今日のノーネクタイの言い訳を説明する情けなさから、
細菌の恐ろしさを改めて思い知った上に、
氷らない大寒のニュースを見るにつけて、
恐怖の妄想に襲われた本日のしょうもない私でした。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.