谷 好通コラム

2019年12月14日(土)

12.14.競技用カヤックにダイヤモンドキーパー?

ひょんなご縁で
競技用のカヤックにダイヤモンドキーパーを塗ったらどうかと
声をかけてもらったので、
今日は御殿場に行ってきました。

伺ったのは「Mooncraft」の由良拓也氏というレーシングデザイナー。
昔から流体力学において独特の哲学と理論をお持ちで、
昔のスーパーGT、つまり、全日本GT選手権で、
「紫電」という変わった形のレースカーでチャンピオン争いをしたことで
由良拓也氏の名前をはじめて知りました。
それ以来、ユニークなものづくりで何度か認識したことを記憶しています。
その「紫電」に乗ってレースをしていたのが
この8月にKeePer技研鰍ェ資本提携をしたVTホールディングスの
若かりし頃の高橋社長で、その縁で由良拓也氏をご紹介いただきました。

レースカーの場合の流体力学の対象は「空気」であり、
今は、その対象が「水」になって、
競技用のカヤックに
ダイヤモンドキーパーを塗ったら、
その強い撥水力で、水との摩擦が減るのではないか、試してみたいので、
カーボンファイバー製の競技用カヤックに
「一度、キチンと塗って見てくれないか」との依頼があったのです。

この手のご提案には基本的に大喜びで出かけます。
他業界からのご提案は、私達からでは思いつかないようなものが多いので
大変面白く、実用化される場合も多いのでビジネスとしても有用であり、
それにも増して、
何と言っても面白いので、私は、真っ先に出かけます。
それに今回は、私の憧れの一人であった由良氏からの依頼です。
ワクワクで出かけたものです。

伺ったmooncraftの現場では、
私達のコーティング作業は皆さんの予想外の作業内容で驚かれ、
ダイヤモンドキーパーでコーティングされたその表面の変化にまた驚いて、
「これはひょっとしたらいいかもしれない。」と
来週、実際の水に浮かべて、
オリンピックに出場が内定しているアスリートに走ってもらってみて、
実際にテストしていただけるそうです。

その結果は、全く未知数です。
「美しさ」と「保護」を目的に造られたダイヤモンドキーパーが、
水との抵抗の軽減にどれくらい役に立つものか、まったく判りません。

このテストに合格したとしても、
ダイヤモンドキーパー本来の能力が高く証明された訳ではなく、
その逆に抵抗は変わらなかったとしても、
ダイヤモンドキーパーの本来の目的の性能が否定された訳でもありません。
しかし、新しい可能性が試されることは、いろんな意味で有益です。
だいいち面白いではありませんか。
来年からは、また新しい可能性が山ほど待っています。

画像(600x400)

本日の我が幸運の富士山は、あっ晴れでした。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

Posted   パーマリンク

2019年12月13日(金)

12.13.すべてが申し訳なくて、後悔が募ります

大切な社員を失いました。
長い間、仙台営業所の責任者を務めてくれた渡邊淳君が、
闘病の末に、昨日、息を引き取られたそうです。
享年42才の若さでした。
奥様とお子様達を残しての逝去で、さぞや無念であったとお察しします。

社員は増えましたが、みな若いので、
社員が亡くなる経験はあまりありませんが、
創業からこれで四人目です。
社員さんが亡くなると、
その人の生前、なぜもっと良く接することが出来なかったのか
ああすれば良かった。こうすれば良かった。
あんなこと言わなければ良かった。
と、思い出すことすべてが申し訳なくて、後悔が募ります。

私は会社の経営者として社員さんたちの人生に少なからず影響を与えます。
社員さんの一人一人が良くなりたい気持ちを持って働いており、
自らとその家族の幸せを願い、その実現に努力しているのだから、
それを実現できるように会社の成長と発展を、
経営者は生み出すべきであり、
その力量が無いのならば、あるいはその覚悟がないのならば
その職を辞すべきであろう。
経営者とは会社と社員のあらゆる事に責任を取る覚悟が必要で、
それ以前に、
自らにその責任を取る力量が無いのならば、その職に就くべきではない。
最高責任者なのだから、
いつもその覚悟を持って仕事をすべきです。

しかし思い半ばで世を去らざるを得なかった社員があると、
その人の人生に少なからず影響を与えたはずの自らが、
彼に与えた影響が、これで良かったのかと自問して
少なからず後悔に結び付くのは、
いつまで経っても人間としてはもちろん、
経営者としてまだ未塾だからです。
私はいつまで経っても未熟です。

渡邊君の安らかなご冥福をお祈りします。

Posted   パーマリンク

2019年12月11日(水)

12.12.私が”勝手に”考える日本モンキーセンターの活性化策。

世の中はいよいよ師走で、
KeePerの店舗も年末らしい慌ただしさがやってきており、
表題のようなのんびりしたことを言っている場合ではありませんが、
あれから日本モンキーセンターのサル達を思って色々と勝手に考えたので、
“勝手に”書いて見たいと思います。

まず、日本モンキーセンターはその主役である霊長類、サル達は、
その生活環境の老朽化はあったにしても、
非常によく手入れされており、
飼育スタッフの皆さんの技術の素晴らしさと熱心さのおかげで
サル達はみな清潔であり、健康で、幸せそうなので、
日本モンキーセンターの、その本来の目的はすでに果たされているものとして、
ここでは、どうやってもっと来園客数を伸ばしていくかについて
考えてみたいと思います。

この園への来園客の目的となるべき「霊長類」は、
約90種800匹と種類も数も豊富であり、
中には珍しい希少な霊長類たちもいて、
「役者」の質と量には文句のつけようはなく
問題は、その役者を見る観客をどう楽しませるか。
そして、
「また、来たい。」「家族にも見せたい。」「恋人と一緒に来たい。」と思わせて、
リピーターをいかに作るか。
洗車・コーティングのビジネスならば、
お客様が初めて来店する時に持っていた「期待」を、
いかに越えることが出来るかどうかが勝負の分かれ目で、
前もって聞いていた評判と、値段からして
「これくらいのキレイさになるだろう」と思った期待を、
KeePerを施工して出来上がったキレイさが、
「え~、こんなにキレイになるとは、おもっていた以上だ。すごい。」
となれば、
「また、来よう。」「家族にも教えたい。」「恋人とも一緒に来たい。」
と、思ってもらえて、リピーターとなって
KeePerの2年目のジャンプとかが実現して、
繁盛店への道が開かれる。

モンキーセンターの場合はどうだろうか。
この園は丘陵地の地形をそのまま利用して造られているので、
展示から展示の距離が相当にあって、しかもアップダウンがあって、
歩くのが少し苦手な人には辛い場所ではある。
苦労してバリアフリーにはしてあるが、
車イスの人にはアップダウンが多いのでよりつらい。
可愛いサル達を見て嬉しい人は、
ひょっとしたら年寄り達だとするならば、これは何とか解決したいところだ。
「シニアカ―の貸し出し」なんてどうだろうか。
東京の真ん中をマリオカート?が、群れを成して走っている。
あれは危ないと思うのだが、悲惨な事故の話も話題になっていないので、
人は緊張感があれば結構大丈夫なのではないだろうか。

私の住んでいる大府市のような田舎でもシニアカーは多くないが、
あれは子供たちがその気にならないとなかなか買ってもらえない物なので、
モンキーセンターのような所で自分の親が、
活き活きとしてシニアカーに乗っている所を見たら、
買って上げようという気になるかもしれない。
親も、足が不自由になってから家に閉じこもりがちだったのが、
シニアカーを買ってもらって、外に出たがるようになったら、
いつまでも寝たきり老人にならなくて、
みんなが幸せでいいのではないだろうか。

シニアカーは、機械として寿命が来て壊れるまで使われることは稀だろう。
ならば、まだ使えるシニアカーがいっぱいの家庭の中に眠っているはずだ。
そんなシニアカーを寄付してもらえばいいのではないか。

老人がシニアカーで走回っているモンキーセンターを思い浮かべてしまった。
私なら一日中見て回っていたい。想像するとワクワクする。
シニアカーの使用料は一日3千円位・
バッテリーを使い果たしてしまったらバッテリーの交換料は1500円位。


もう一つ、もうちょっと現実的なアイディアで、
それぞれのサル達の飼育スタッフの人に
「プライベートガイド」になってもらって、
二時間か、三時間か、何種類かのサルについて、
実際の飼育舎の前で、いっぱい話をしてくれたら、
私だったら、全部の種類のサルを網羅するまで、何回でも通う。
一回について一万円はちょっと高いが、5千円から7千円位なら、
ちょっとぜいたくな楽しみとして、需要はあるのではないだろうか。
三人とか五人くらいでグループを造って
共同でガイドをしてもらってもいい。
ガイドの為のインカムなどの道具も用意すればいい。

本物の飼育スタッフの話は、ぜったい面白い。
話下手のスタッフだとしても、
自分が愛情を持って育てているサル達の話は自然に盛り上がるはずだ。
飼育スタッフに”ファン”も出来て
指名制は、きっと受けるはずだ。三千円くらいの指名料は取れる。
中には指名の多いスタッフはSNSで評判になって、
スターが生まれるかもしれない。
飼育スタッフにも本来の飼育とは別の遣り甲斐が生まれるかもしれない。

地代や家賃で豊かなご老人は今や山ほどいます。
そして豊かに人生経験で、高い感性と価値観を備えている人が
それを満たしてくれるような高いレベルの満足を得たいと思っているはずだ。
そんなご老人をリピーターとして
日本モンキーセンターは開発してみてはいかがだろうか。

こういう園は、子供をターゲットにすることが普通だし、
それを目的にすることが多いが、
日本モンキーセンターのレベルの高さは、子供には無理だ。
子供が見たって「かわいい」だけで済んでしまう。
かわいいだけで済んでしまうには、ここは、あまりにももったいない。

Posted   パーマリンク

12.11.トップを狙う東海店のまずお化粧直し

先週までで二週間のテレビコマーシャルの放映も終わり、
新聞折込みのチラシも入って
店頭にはKeePerコーティングのお問い合わせがいっぱい来ています。
毎朝届く店舗の販売実績も、
はっきりと年末を感じさせられる数字になってきました。
12月になると、東海店は毎日
1年間の垢を落とすように鉄粉だらけになった車で溢れます。
その風景は、もう、この地域の年中行事のようになってしまいました。
それで、製鉄の町、東海市の人々に貢献できているとしたら最高です。
然し、十五年くらい前に造った東海店は、
ふと、看板などがひどく古びてしまっている事と
夜の照明が暗くなっているに気が付きました。

今年も1600万円以上の予算をたてて、トップを狙う東海店は
このまま年末を過ごさせる訳には行かないとして
小リニューアルとすることにしましたが、
この忙しい時期にどうかとも思い、
看板と照明だけは年内に工事することにしました。

小リニューアル、小リフレッシュでも、
その準備の為に、何度でもパースで新しい看板の案を書いて検討します。
何度も何度も納得のいくまで検討し直して実行します。
その手間を省くと、いいものは出来ません。

画像(600x424)
画像(600x424)
画像(600x424)
画像(600x424)

Posted   パーマリンク

2019年12月09日(月)

12.09.イタリアンレストランで気がついたすごくいい事

昨日はいい事がいっぱいあった日でした。
一つは「日本モンキーセンター」で元気で幸せそうなサル達と会った事、
そしてもう一つは、
夕食で行った大府のイタリアンレストランでの事です。

このレストランは地元の農家と提携していて、
毎日朝採れの新鮮な野菜が「ぜいたくサラダ」という名前で山ほど出て、
(正直に告白するが)野菜が嫌いな私でも、
ここの野菜はわざわざ行ってでも食べたいと思わされるような、
新鮮でシャキシャキですごくおいしく、
もちろんパスタもピザもお料理も美味しいので、
決して安くないのですが、
全席で100名は座れるほどの大きな店でも、
いつも満席で、待ちのお客様が座って並んでいる大繁盛のレストランです。

その日もすでに二十人が待っていて、
私達は四番目でしたが、当然のように待ちました。
30分近く待ってから席に案内され、美味しい食事をしました。

ふと、
忙しそうに料理を運ぶアルバイトの女の子達に目が止まりました。
彼女たちは誰もほぼノーメイクで、
ストレートヘアを後ろにまとめて
清潔でシンプルなコスチュームを着こなし
口角を上げることなく真剣な表情で、
躊躇することなく動き回り、
元気な明るい声で仕事をこなしている。
明らかにアルバイトなのだが、かっこいい。
「自分の娘が、ここでアルバイトをしたら嬉しいだろうな」と思ったのです。
そう思った時に、
はたと気が付きました。
この店ではアルバイトさんの数には不自由していないだろう。と、

店の中に【アルバイト募集】と書いておけば、
食事に来た”親”がそれを見て、
自分の娘に「あの店でバイト募集していたよ。
良さそうな店だから、やってみたら。」と言ってくれるだろう。
親にそう言われて、
親がそう言うならやってみようかな。と素直に思う娘は、
たいてい親子の関係がうまく行っていて、素直な真面目な子が多いはずなので、
結果的に、比較的いい子が集まることになる。
すると、
そういう子は簡単には辞めないので、
仕事も良く憶えて、慣れ、いい仕事が出来るようになって、
店の雰囲気と料理の味だけでなく、
受注と給仕のレベルも上がる。
その姿を見た大人が
「自分の娘が、ここでアルバイトをしたら嬉しいだろうな」とまた思う。
あくまでも私の勝手な想像だが
そんなプラスの循環が起きることになる。

それと似たようなプラスの循環を思いついた。
就職活動の季節になると私達のLABO店舗にも
職場見学の人がいっぱい来られるが、
高校卒業予定の人の場合、本人が来るだけでなく、
親御さんがお客様のような感じで来て、職場を見に来られる場合も多い。
そんな時に、
あとでよく言われることに
「スタッフとお客様が両方ともニコニコして笑顔で話をしていた。
この職場だったら、自分の子供が働いたら嬉しいと思った。」
それはアルバイトの親御さんにも言われることがある。
来年の四月には、また40人を越す高校卒業の若者が入社してくる。
ひょっとしたら、
私達の職場でも、嬉しいことに、
あのイタリアンレストランで感じたプラスの循環があるのかもしれない。

あるいは
地主さんから土地を貸してもらう時も、
土地を貸してもらう申し込みをした後、多くの地主さんが、
「他のLABOの店に行って洗車をしてもらいました。
その時の感じが良かったので、あなたの会社に貸す事に決めました。」
地主さんも、ご自分の土地をこの会社に貸して、
地元の人たちに喜んでもらえるのかどうかを確かめに来られるのだろう。
貸してくれることが決まった時に、よくそんなことを言われる。

お客様の笑顔と、
従業員の笑顔は、KeePerの基本だ。
その両方の笑顔が同時にある事が、KeePerの最大の力とも言える。
そんなことを思って、
イタリアンレストランで胸がいっぱいになってしまったのです。

もちろんお腹もいっぱいになりました。
とってもおいしい「ノンナカコーレ」という近所のイタリアンでした。
https://nonnakako-re.gorp.jp/

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.