谷 好通コラム

2020年01月06日(月)

1.06.一番楽しい会議、店舗プラン会議

この会社にも何種類かの会議があって、
どの会議もそれなりに重要で、会議でみんなの意見を聞き、
議論して、たくさんのことを決めて、それをみんなで実行に移していく。
だから、会議は会議として重要なのではなく、
会議で議論され決定したことが、
みんなの行動で一つ一つ実現して行って、結果を出すことが重要だ。
結果を出さずして、議論だけが空回りするような会議なら
それはタダの時間の無駄であるだけでなく、その組織は必ず負けることになる。
あるいは、
結果が潰れているのに、
その結果を潰した本人たちが、自己の行為の正当性を主張するばかりで、
潰れている事実の重大な負の結果を認めようともしない者は、
事実の重大性が分らないのだから、最悪、排除するしかない。

会議の中で、
一番需要なのは、
人の意見を理解することであり、
その意味を理解して、自分の意見を修正し、
実現すべき結果を生む為の行動を見つける能力であると思う。
いかに人の意見を吸収して、理解して、自分の意見に反映して、
出すべき結論を導き出す能力が、その会議を有意義なものに出来るかどうかだ。
その姿勢を持たずに、
自己主張、または自己弁護しか出来ない者は、議論の邪魔になるだけで、
最悪、排除するしかない。
あるいは、会議に参加しているだけで、意見を一切述べない者は、
つまり自ら参画しようとしない者は、次の会議から呼んではいけない。
無駄であるだけでなく、ある時は邪魔になる時すらあって、害毒でしかない。

会議とはそんな厳しさを持っていないと会議の意味が無いだけでなく、
その組織としての力を大きく削いでしまうことだと思う。

その点、店舗プラン会議は楽しい。
会議の中で一番好きだ。
新店舗を造っていく過程で、
今までの成功体験を活かして、より良い店舗を紙上で造って行くのは、
みんなで話しているとワクワクしてくる。

あるいは、
既存の店舗の改造、改良を検討するのは、
その店の皆を働きやすくすることであり、
同じ働きで、より大きな成果を出す工夫でもあるので、
楽しくない訳がない。
例えば、
東郷店で造った
店のイメージを大幅に軽くして、
お客様が「入りやすくなった」とおっしゃってくれて、
新規の来店客数が増えて順調な、パイプで構成された新しいテントは、
早速、鈴鹿店に活かすことを検討して、
改造の図面とパースを造られた。
これは店舗部の佐伯デザイナーが、自分の感覚で自発的に造ったもので、
このパースに、みんながいっぱいの意見を言って、
修正すべき点を意見し、
もっと良くするアイデアが出され。
もっと活性化できるアイデアを誰かが加えて、
それを佐々木マネージャーが図面に落として、
それをまた佐伯デザイナーがパースに実現して、具体的な計画に発展していく。
ここしばらく低迷していた鈴鹿店の決定的な再起プランになるかもしれない。
こんな議論が、楽しくない訳がない。
そんなプランを今日は、5軒ぐらいにしただろうか。
もちろん新店もあって、
ホントに、楽しい一日であった。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2020年01月03日(金)

1.03.ふと閃いて、不意に見通せる時がある。

その場、仕方ないと過ごしてきたことが、
何かの拍子に、全貌が不意に見えてきて、
何をどうすべきか、どうすればいいのかが解かり、
その場その場で仕方ない事として過ごしてきたことを
一挙に解決できることがある。
すべての要素を満足させることは出来ないが、
我慢するところをちょっと変えると、
今までとは違う方向で一挙に解決できる時がある。

それまで絶対に動かせない事としてきたことを
少しだけ変えて、
見え方を少しだけ変えると、
すべてが一挙に解決して、地平が開かれることがある。
実現の障害は意外と無い。
飛び込んでみると、意外に出来たことに驚くことがある。

今の無為の道が、確実に無につながるのならば、
その果てが天か地か、はたまた後悔でしかなかったとしても
確実な無より、実体があるだけ救いがあって、
意外と障害は無く、有に勝る無は無いのと同じように、
無は自殺と同じことなので、
間違いなく後悔はないに違いない。

Posted   パーマリンク

2020年01月02日(木)

1月02日.休みの日、人間四人とチーちゃんとリンダと小ミミ

お正月の家には富山から来てくれている娘と孫がいて、
(上の孫は、今春、高校受験を控えているので、さすがに富山でお勉強だが)
連れ合いと私を入れて、
人間が四人と、
15才の大お姉ちゃん茶トラ猫のチーちゃんと、
2才半になって三か月前に右前脚(手?)を骨折した黒トイプードルのリンダ。
たぶん生後半歳の妹で先日左腰の骨を骨折してしたサバトラ猫の小ミミ。
犬猫が三匹と人間四人で、
大して広くない私の家は、
ずいぶん賑やかでした。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(640x407)・拡大画像(665x423)

でも、
今日の午後、娘と孫が帰ってしまったので、
三匹の犬猫も寂しそうに寝てばかりになって、
二人の人間も、しょぼんとしています。
お正月はいつもこうですね。寂しいですね。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2020年01月01日(水)

1.01.これからの10年をどう生きる。

「十年ひと昔」と言うが、
2019年から見て十年前の2009年は、
・「洗車屋 快洗隊」が「KeePer LABO」にブランド変更した前年であり、
・直営店はまだ10店しかなかったが、この10年で80店舗に増えた。
・キーパープロショップは2009年の二年前に1号店が誕生している。

・2009年にはダイヤモンドキーパーの発展形であるクリスタルキーパーが、
 1年で繰り返し」という新しい概念のコーティングとして発売されて、
KeePerが急激に世に拡がる契機となった。

・当社が重要視している売上総利益が、
2009年は年約15億円が、2019年には62億円になって約4倍に増した。

この10年間は、まさにこの会社の成長期と言える。

更に、もう十年”前”の1999年は、
・売上総利益は約4億円であり、10年後に約4倍に増している。
・「洗車屋 快洗隊」が初めて開店した年で、
・二年後の2001年1月にこのブログがスタートしている。
・その翌年2002年、ドイツのSONAXとの共同開発が始まった。
・またこの時期に、積極的にアメリカ・中国に進出して活動したが、
最終的にうまく行かず、約70回の渡航と膨大な時間と資金が無になった。

大まかに起業からの35年間を分類すると
◎創業1986年から約5年は、1店のガソリンスタンドを運営して終わった。
◎1989年から1999年の約10年間は2店舗運営とケミカル販売に明け暮れた。
◎上記の1999年からの10年間が現場を伴うKeePerとしての草創期で、
◎2009年からの10年間が、今の形での成長期で、4倍に伸びた。

起業以来、不思議なことに、35年間、紆余曲折があっても、
ほぼ毎年、売上総利益は前年比120%の上昇をを維持し続けた結果です。

・そして2019年、私は66才であり、
健康の不安を感じ、万一のことも考えて一線を引くことを決意。
・会長に引く以降は、営業と店舗の運営に対して積極的な活動はせずに
「製品開発」と「企画」の責任者として残り、積極的に関わる。

新社長がもっぱら営業の活動の軸となり、
KeePerにとって新しい業界への働きかけを積極的に行い成果が出つつあり。
新専務がKeePer LABOの運営活動の軸になる体制で、
80店舗の運営の為の人心掌握が1年間の活動を経て、成果を出している。

私は会長として顧客などへの訪問を避け、店舗への訪問も最小限にして
製品開発と企画の活動に専念することによって、
この会社の最大の武器である商品力のある製品開発に弾みがついている。
更に、企画の面において、新しい機軸を出せつつある。

創業以来35年間、
最初の約5年間で会社を経営することをおぼえて、
次の10年間で新しいスタンスの経営を模索して活動し、失敗もして、
次の10年間で4倍、店舗を持ちながらKeePerを広める今のスタイルが出来、
最後の10年間でまた4倍成長し、スケールが大きくなっても成長し続けた。

画像(640x452)・拡大画像(701x496)

では、これからの10年間がどのようになって行くのか、
普通ならば、
草創期があって、成長期があって、さらに飛躍したら、
次に来るのは成長が止まって停滞するのか、あるいは衰退するか、
そのいずれかが多い。
なぜならば、当然、新しい経営者が創造的な能力を持っている訳がなく
それでも創業者の真似をするか、カリスマのふりをして、
やたらと決断をしたがり、力を振り回すと、
内外ともに人心が離れ、会社全体としての力が急速に衰えるからであろう。
これを私の知っている会社の社長は「新社長の金正恩化現象」と呼ぶ。
これを防ぐためには徹底した報・連・相に尽きるのだが、
これが中々出来るものではない。

しかし、当社の場合、
これがなんとか出来そうな感じであり、
私も変な遠慮をせずに、大きな役割分担をすることに加え
経営集団として、互いに相談し、議論、検討することによって
積極的に関わりを経営に対して持っていくことによって、
私がワンマンでやっている時以上に、
ひょっとしたら、大きな力が発揮できるかもしれないと思い始めている。

そして、この新しい体制と役割分担と集団経営で、
過去に何度もあった10年間で4倍の成長を、
更にまた、これからの10年間で、さらに成長できそうな気がしています。
私も、このスタンスならば、
思い切った方法を取って、次の10年間を迎えることが出来そうなので、
更に発想を進めるべきと考えるようになりました。

絶対に独断は厳禁であり、
万が一、専制的な体質を持った時、この会社は早々に消滅するでしょう。
しかし、
今後10年後に4倍の成長は、
一人一人が謙虚さをもって集団で経営することで成し得るはずです。

Posted   パーマリンク

2019年12月31日(火)

12.31.大晦日の可児店、江南店、小牧山店、師勝店、春日井店

今日は大晦日。
一年の最後の日ですが、
さすがに飛び込みのお客様はほとんどなく
予約のお客様の、予定の洗車などが淡々とこなされていきます。

“30日”までの直営80店舗への総来店台数は40,245台であり、
クリスタルキーパーが5,938台、(14.8%)
ダイヤモンドキーパー類が2,734台(6.8%)、
洗車(アラカルトのみ含む)合計は、31,573台(78.4%)なので約80%
「カーコーティングと洗車の専門店」と言いながらも
やはり洗車の数(約80%)が圧倒的に多い。

でも今年の年末からは、洗車コースで予約をされても、
ご来店になってから、
「手洗い洗車には3つのコースがあります。」と案内される。

Aコースのベーシックな純水手洗い洗車だけ(約2,000円)を選択される人は、
洗車全体の約50%。
Bコース(+ホィールクリーニング前席掃除機掛約5,000円)を選択される方は
洗車全体の約35%。
そして
Cコース(Bコース+ミネラルオフ約9,000円)を選択された方は、
4,932人で、洗車3コース中のCコースの率は15.6%(約15%)となる。

とすると、
昨年までは洗車は、ほぼ純水手洗い洗車だけだったので、
平均単価でも台当たり2,000円。
今年からは純水手洗い洗車3コース企画で、大まかな計算をすると
(2,000円×0.5)+(5,000円×0.35)+(9,000円×0.15)=4,100円
※洗車の平均単価が2,100円上がることになる。
これを、
総来店台数約40,000台×約0.8=洗車台数約32,000台に掛けると、
32,000台×2,100円≒67,200,000円となって、
全体に大きな影響を与えることになる。

何が言いたいかというと、
今年は11月末から12月前半にかけて、
ダイヤモンドキーパーに訴求力を持ったTVCMが好評であったり、
もちろんダイヤモンドキーパーの商品力も認知されて来て
全体としての台当たり平均単価を上げている事は事実であり、
12月の店舗全体の好調ぶりに繋がっているのだが、
もうひとつの要因が、この洗車平均単価2,100円アップがあった。

来店客数のピークとなる29日30日31日のラスト三日間に、
例年この三日間は、
洗車だけ、あるいは洗車+車内清掃のお客様でごった返し、
収益の素であるコーティングが出来なくなってしまうジレンマがあった。
28日ぐらいまで予算達成のペースに乗せていても、
最後の三日間での低い平均単価にたたられて、
最後の最後での追い上げが果たせない仲間があったのだが、
今年は、洗車の3コースの企画で、
その洗車のごった返しの中でも、平均単価を下げずに済んで
最後の三日間の追い上げが実現した店舗が何軒にもあったような気がします。

とにかく、最後まで盛り上がりが衰えなかったこの年末でした。

今日の最初は【可児店】


加藤チーフ、一級技術資格今泉スタッフ、渡邊店長、一級技術資格須藤スタッフ。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

可児店はカーマホームセンターの駐車場にあるが
カーマホームセンターは大晦日はもうガラガラだった。

画像(600x400)

そのまま【江南店】にはしった。
正面の馬鹿でかいターボリン看板は、これはあまりにもデカすぎますね。

画像(600x400)

一級技術資格内田スタッフ。

画像(600x400)

塩崎店長若松チーフ、一級技術資格杉山スタッフ。
初の500万円突破

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

次に行ったのは【小牧山店
貫録の出た鈴木玲音店長と一級技術資格長瀬スタッフ。

画像(600x400)

ちら見の鈴木店長と、武藤チーフ、一級技術資格横井スタッフ。

画像(600x400)

意外と今日は空いていた。しかし余裕で予算達成です。

画像(600x400)

【師勝店】
何やらすごいスタッフがいる。

画像(600x400)

なんと、先日他の仕事がやってみたいと退社した谷本女史ではないか。
この年末に応援に来てくれているらしい。しかも一級技術資格だからたまらない。
金髪は年明けの「成人の日」に真っ白いヘアーにするための下地だという。
私はこの自由さが好きだ。この会社のいいところだと思う。
ただし男は絶対にダメ。

画像(550x385)

懐の深い玉城店長と新人の梶田スタッフ。

画像(600x400)

また玉城店長と一級技術資格安富スタッフ、奥岡チーフ

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

拡張計画を思いついた。

画像(600x400)

最後に【春日井店
頼もしい応援の三浦部長、頼もしい新人の鈴木スタッフ。
一級技術資格は以前に勤めていた職場で取ったそうだ。即戦力。

画像(600x400)

永井課長と一級技術資格松浦スタッフ。

画像(600x400)

2019年のトリは、風にたなびくさわやか川村チーフ

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2020


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.