谷 好通コラム

2019年12月02日(月)

12.02.「らしく」してしまうと学習が全く出来ない。

先日、出張コーティングをやっている人のサービスカーを見る機会があった。
自分のいつもの工場ではなく、
他人が、他人の都合で造った所へ行って、
自分が思ったようなコーティングを造り上げる為には、
いったい何が必要になるのか。
アウェーである他人の造った工場に行っての作業は苦労が多いだろう。

私達もそういう機会があるが、
多くは「積載車」を先方に乗って行って、
依頼された車を積載車に乗せて、ホームの自分の店に持ってきてしまい、
勝手知ったる自分の店で、いつものように施工をして、
出来上がった車を再び積載車に乗せて、先方の工場に持っていく。
そんなローテーションで仕事をしていた。
しかし、それではいかにも効率が悪いので、
出張サービスカーを造って、技術者がそのサービスカーに乗って先方に出かけ、
先方が提供してくれる場所で、
いつもの自店舗で行っている質の高い施工を実現しようとしています。
それは、多くの磨き屋さんがすでにやっている事なので、
自分達に出来ない事は絶対ないと考えています。

自分達も出来るようになるには、まず、学ばなくてはいけません。
そこで、KeePerの製品をたくさんお使いいただいていて、
長い経験をお持ちで
たくさんのお客様から信頼を得ている技術者の方が、
実際に出張コーティングに使っていらっしゃるサービスカーを、
私達に見せていただける機会があったので、
こんな機会はそうそうあるものではないと思い、
わが社の幹部連中と一緒に見に伺ったのです。

そのサービスカーは、何の変哲もない普通のバン車で、
プラスチックの工具箱、あるいは道具箱に、
いつも使っている道具と材料を見事に整理して、
きっと用途別に分類されて、整然と並べて、見事なサービスカーでした。

しかし、私達のメンバー幹部達は誰も何があるのかを記録しようともせず、
メモを取るどころか、写真も撮らず、
整然と並んでいる道具と材料を確認しようともせず、
これだったらすぐに出来るな。と、感想を言い合っているばかりで、
客先だったので、私も怒鳴りもせず、黙ってみんなと帰って来ました。

その後行く予定になっている岐阜県の自動車改造屋さんに行くのは、
みんなと別の自分の車に乗って、
改造屋さんで何をするのか、何を検討するのか、
興味があったので、1時間かけて改造屋さんに行きました。
しかし、そこで交わされる言葉は、
イメージあるいは見た目の話ばかりで、
何がどう必要なのか、先程見てきた見事なサービスカーの事は出ず、
頭で考えた、自分達のサービスカーに積むべき持ち物を、
先程の見たサービスカーの半分程もない量の道具と材料を、
ああして、こうしてと、構想ばかりを話して、
結局、サービスカーに使う車がまだ無いので、
具体的には話しようがないと言うことで、何もせず帰ってきてしまいました。

せっかく長い時間、苦労して作業してきた結果、
出来上がった見事なサービスカーを見せていただきながら、
幹部連中が雁首揃えて行った改造屋さんでも、何も学べず、
たった一つの発見も無しに
「まだ、出来ない」で帰ってきた。

それではなぜいけないのか、
どうすべきなのか。
何度も何度も、何十辺も教えてきたつもりだったが、
みんな「らしい」ことをしただけで、何も学べなかった。
ここで怒鳴って、何が始まるのか。
言えば、言っただけのことはするし、
能力がそれなりにあるので幹部になっているのだが、
みんな言われてきたので「らしく」なっているだけで、
自ら「学ぶ」ことは、何もできないのか。

自分が知らないこと、出来ない事を、謙虚に吸収して、
貪欲に学ぶことをせずに、
みんな解かっている「らしさ」を振りまくばかりで、
宝を目の前にして、何も吸収せず、
出来ない理由を付けて、「まだ、出来ない。」で帰ってきてしまった。

みんな誰でも、
昇進して「○○長」になっても、
すぐにその○○長がやるべき仕事が出来る訳がない。
そんな能力がある訳がない。
その○○長の役職に成ったら、
その○○がすべき仕事が出来るように「学ぶ」のが仕事だ。

必死になって先輩から学んで、
自分自身が知らないこと、出来ない事をさらけ出して、貪欲に吸収して、
○○長の仕事が少しでもできるようになって、
長い時間がかかることは当たり前の事なので、
うんと謙虚になって吸収すべき真空の空間を思いっきり拡げて、
○○長になったのに、
まだまだ全然そのすべき仕事が出来ない自分を、
曝け出すしか、与えられた役職に似合う能力を身に付ける方法は無い。

その前に「らしく」振舞おうとしたり、
周りに「らしく」扱われることを求めたりしていては、
まったく学ことは出来ずに、「らしい」だけの張子の虎になるばかりだ。

ひょっとしたら、
張子の虎ばかりなのかもしれない。
「らしさ」ばかりが気になっている空虚な張子の虎ばかりかもしれない。

画像(450x300)

Posted   パーマリンク

2019年12月01日(日)

12.01.リニューアル東郷店とリプレイス鳴海店の初12月

12月初日の今日、午前中に用事を済ませて、
昼から名古屋の店舗を周ろうと思っていたら、
予定ソフトで鈴置専務が回っている事を見て、しかし、
今のシーズンは紅葉狩りで、どこへ行っても観光の車で混んでいるので、
私は急遽、先日リニューアルオープンした東郷店と、
リプレイスしてオープンした鳴海店に行くことに変更した。

まず東郷店。

何をごめんしているのか喜多店長。

画像(500x333)

真面目な一級技術資格松永スタッフ。頼りになる友田チーフ

画像(600x400)

寿退社間近だが、一番忙しい12月いっぱい助けてくれるそうだ。
誠実さと優しさがうれしい。
一級技術資格森本シニアスタッフ。

画像(500x333)

信頼される安藤マネージャー

画像(500x339)

東郷店もすっかりスマートになった。

画像(600x400)

外から見るとすごく感じがいい大テント。

画像(600x400)

リプレイスオープンして飛躍した鳴海店

白石店長が元気だ。
一級技術資格羽尾スタッフは素敵で存在感が濃い。

画像(600x400)

一級技術資格伊藤スタッフ、一級技術資格高田スタッフ。
今年の鳴海店は彼らの存在でグンとパワーアップしているらしい。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

豪華メンバーを率いる基常チーフ
コンタクトレンズを入れて、調子がいいそうだ。

画像(500x333)

今年の鳴海店はすごいですよ。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

11.30.11月の最終日、比較的新しい可児店、小牧山店、頑張る。

愛知県との県境に近い岐阜県にある「可児店」は、
ホームセンター「カーマ」の駐車場にあり、
主要道路沿いではないが、
たまたまこの可児市に当社の社員が住んでいて、
その彼の言葉「ここは抜け道で通る地元の車が多い」が、決め手になった。
1年余り前に建った。
出だしはまあまあ良かったが、二年目のジャンプが少し鈍い。
みんなで一生懸命頑張る。

渡邊店長加藤チーフ

画像(600x400)

一級技術資格須藤スタッフ。

画像(500x333)

土曜日でも昼はガランとしていることが多いという。

画像(600x400)

急いで大府に帰るが、
少しの回り道もしないでこの小牧山店に寄れるので、ちょっとだけ寄る。
中では武藤チーフが一級技術資格資格村瀬スタッフに、技術を教えていた。

画像(600x400)
画像(600x400)

いい感じでオープンから来たのだが、11月はちょっと一休みか。
ヘアースタイルが短くなってグッと大人っぽくなった鈴木店長。

画像(500x333)

元気な一級技術資格横井スタッフ。

画像(500x333)

会社に近く、大府店にはみんなが元気よく働いていた。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年11月29日(金)

11.29.今日の東京はとりわけ寒かった

昨日、名古屋から新幹線に乗って東京駅で降りた時、
まるで、冬の千歳空港で飛行機を降りて、ブリッジを渡っている時に感じる
「うぉー、さぶ一っ」と肩を縮めるあの感覚でした。
それぐらい名古屋と東京の温度には差があったのです。
知らなかったのだが、
東京はこの2週間、雨が降る日が続いていて、
これは69年ぶりの記録だと言っていた。
「さざんか梅雨」と呼ぶそうだ。

異常気象が日常的になって来ている。
明らかに大きな変化がやってきている。
しかし、そんな異変に今回は私が気が付かなかったのは、
毎日報告される関東の店舗の実績が、
そんな異常を思わせるような数字ではなく、
普通に12月の前の嵐の前の静けさ程度の数字だったので、
69年ぶりの記録というほど悪い天候とは思わなかったのです。

今朝の寒さはテレビによると2℃にまで下がったと言っていましたが、
久しぶりに晴れ上がり、強い日差しに溢れていました。
今日は、昨日の西日本の店長会議に続いて
東日本のLABOの年末キックオフの店長会議で、
最初の一時間、話をした後、私は用件があったので名古屋に帰りました。
新しい店長もいっぱいいて、お互いに知らない者同士だったと思うのですが、
紹介も、自己紹介も何もありませんでした。
何かが変化しているのかもしれません。

午後、名古屋に帰る新幹線で、
きょうは絶対にくっきりの富士山が見えると思って、
みどりの窓口で富士山側の窓の席を注文したのですが、
今日は、みんな考えることが同じようで、富士山側の窓席は全部塞がっていて、
仕方なく、反対の海側の席で我慢して、
富士山の近くに行ったら、デッキに行って絶対にスッキリの富士山を撮ろうと、
構えたのですが、
なぜか富士山だけが雲につきまとわれていて、
こんな写真になってしまったのです。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x480)・拡大画像(700x525)

デッキの所で粘って、
最後に撮れたのが、この程度の写真です。

何かが変わっているのでしょうか。
昔はもっと富士山の写真がいっぱい撮れた記憶があります。
何が変わっているのでしょう。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)
画像(640x373)・拡大画像(800x467)

Posted   パーマリンク

11,29,三つの手洗い洗車コース

洗車で来られるお客様は半数以上の全体の70%であり、
そのお車に対する仕事量は、全部の仕事の内約50%ですが、
でも、その結果の売上げは全体の30%でしかない。
それに対して、
KeePerと何かを買って行かれるお客様は全体の30%でしかないが
その車に対する仕事量は全体の仕事量の約50%であり、
その結果の売り上げは全体の70%もある。
これらは店舗によって大きく変わり、
あるいはその月のお天気によっても大きく変わりますが、
大まかにいうと、そんな傾向があります。

ならば、
洗車をやめてしまって、KeePerだけをやっていれば、
今よりも30%だけのお客様を受け入れて、
つまり30%の家賃の店舗で
半分の仕事量、つまり半分の人件費を払って、
70%の売上げを上げていれば、利益は倍増しそうだ。
つまり、儲かる仕事ばかりをやっていれば、
楽して儲かって、楽ちんで良さそうだ。

しかし、現実はそうは行かない。
洗車という日常の仕事を喜んでやっているからこそ、
年に一回、あるいは三年に一回のKeePerコーティングがあるのだと思う。
言い方を変えると、洗車のようなベーシックな仕事がキチンと出来るからこそ、
KeePerコーティングのような高度が仕事を任せられる。
いずれにしても、
洗車を喜んでやらせてもらっているからこそ、
KeePerもやらせていただいている事は、自然に判る。
だから、洗車一つでも、気合を入れてやれるのだ。
店長会議での技術コンテストは、
実は「洗車」。
洗車にこそ車のキレイの原点があり、
洗車が上手く出来るからこそ、KeePerも上手く出来る。
根性論ではなく、原則論だ。

しかし、洗車は洗車機でもできるし、誰でも出来る。
だから洗車は安い。

付加価値の高いダイヤモンドキーパーや、
今評判のWダイヤモンドキーパーなどは、
高い評価と評判で、どんどん施工台数が増えています。
だから、平均単価も上がって入るが、
洗車の平均単価が低いままでは、全体の平均単価には限界がある。

お車を新車で買った時に、
純正コーティングを施工して、洗車機の使用を制限されたり、
駐車環境を制限されながらも、
撥水効果の低下にあって疑心暗鬼に陥ったりしている。
それでも、せっかく何万円も払ってやったコーティングなので、
洗車しか出来ないでいるお客様がいる。
そんなお客様の為に考えたのが「ミネラルオフ」

コーティングはその被膜表面がどんなに撥水力が強くても、
水道水などに含まれている無機質のミネラルが、
表面で乾燥して膜になると、無機質=親水なので撥水が妨げられる。
(これを我々は撥水阻害被膜と呼んでいる。)
KeePerならば、その表面がレジン被膜になっているので、
マイクロファイバークロスにレジンを染ませたもので、
洗車時の水滴の拭き上げをやれば、
レジン膜とレジンにミネラル膜が挟まれて
パリパリッとミネラル膜が剥がれてしまう。
これを「ミネラル取り洗車」と呼んで、
日常的なケアとしてよく行われている。
二重被膜のKeePerコーティングならでは出来る技だ。

しかし、
他のカーコーティングにはそんな芸当はできない。
レジン膜を持っていない他のカーコーティングには
ミネラル膜がしつこくくっついていてそう簡単には改善できない。
そこで、非常に軽い、特殊なコンパウンドを採用して、
「ミネラルオフ」という変わったクリーナーを造りました。

これは、レジン層を持っていないコーティングでも、
(KeePerのようにレジン層があるコーティングでも)
洗車した後、水滴を拭き上げないまま「ミネラルオフ」を一様に塗って、
乾いて、拭き上げるといった作業で、
頑固なミネラル膜を簡単に除去することが出来て、
コーティング皮膜を露出して、
ツヤと撥水をコーティグしたての状態に取り戻すことが出来ます。
ただしコーティングのように分子同士が結合した被膜を造ることは無く、
保護効果は無いのでコーティングとは言えません。

この作業は、手洗い洗車をする時間とさほど変わらない時間でやることが出来、
コーティングというより、むしろ洗車の一種ということが出来ます。

このことから
「ミネラルオフ」を手洗い洗車の一番上のグレードの商品と位置付けました。

そして、三つの手洗い洗車のコースとして新しい企画を造りました。
新車を買った時に高いカーコーティングをすでにしているので
どうしてもKeePerコーティングはせずに
洗車しかしないお客様に、
そんなお客様にも、単なる洗車以上の満足を得られるように。

画像(450x640)・拡大画像(563x800)

「純水」の装置を持っている店舗、およびLABO用。

画像(449x640)・拡大画像(562x800)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

12

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.