谷 好通コラム

2019年10月29日(火)

10.29.大企業のつもりか、ばかばかしい

小さな会社が、
一人残らずのみんなの力と、
お客様のおかげで
だんだん成長し、月日も経てば構成する人の数も増え、
規模だけからすれば大会社に分類されるようになると、
一人一人においては、
与えられた目の前の分業だけが、自分の仕事になって
会社が造り出している社会への価値=仕事の目的が見えなくなる。
すると、仕事とは、
一連の行動の流れのすべてが同じ目的に向かうことによって、
大きな目的=仕事になるはずなのに、
みんながバラバラに自分の目の前の行動=分業の中に意識を閉じると、
仕事とは、本来、
他人の為に価値を生み出し、提供して報酬を得るものだが、
いつの間にか、一人一人の皆が自分の為に仕事まがいの労働を始め、
それぞれに分業が在るだけで、
会社が持っている社会的な目的=仕事が、仕事ではなくなってしまう。

バラバラで分業して仕事をしていると、
一人一人が普通に持っているべき仕事の意味を見失って、
自分が機械の一部になることが大企業の組織の中では当然と錯覚する。

大企業”病”とはウィキペディアによると
「経営者と従業員の意思疎通が不十分となり、
組織内部に官僚主義、セクショナリズム、事なかれ主義、
縦割り主義などが蔓延し、組織の非活性をもたらす。
社員は不要な仕事を作り出し、
細分化された仕事を”こなす”ようになる傾向がある。」

大企業病の最初の症状は、
経営者が現場に行かなくなることだそうだ。

経営者は会社の「意志」でなければならず、
その意志が、
会社そのものである現場から遊離してしまうと、
会社の隅々から意志が抜けて、
社会との接点としての現場が、社会に対しての意義を失って、
いずれ社会がその会社を必要としなくなると、会社は収入を失うことになる。

そういう意味で私達は間違いなく活きている中小企業でなければならず、
経営者は会社の意志として会社そのものである現場に入りびたり
組織の末端に神経をピリピリとして張り巡らし、
社会との接点に十分な意義を持ち続けなければならない。

大企業のつもりか? ばかばかしい。

Posted   パーマリンク

2019年10月28日(月)

10.28.エリザベス・カラーのリンダ

ギプスで骨折治療中のリンダは、
だいぶ痛みが無くなって来たのか、ギプスをさかんに舐めて、
この間、とうとうギプスが抜けてしまったので、
動物病院に連れて行ったら、
ギブスの着け直しと、
また舐めてギプスを取ってしまわないように、
舐められないように「カラー」を首の回りに付けられました。
これを通称「エリザベス・カラー」と言います。

昔から、犬や猫が怪我や骨折などをして、
ギプスなどの治療の具を自分で舐めないようにとよく使われる道具です。
最初はものすごく嫌がって、
これを着けているだけでしょぼくれていましたが、
今日で骨折してから10日目、カラーを着けてから4日目で、
もう前足の痛みも消え、エリザベス・カラーにも慣れてきたのか、
元気にヒョコタンヒョコタンと歩き回っています。
ご飯もしっかり食べています。
もう大丈夫です。

画像(600x397)

すっかり抱っこ大好き犬になってしまいました。一種の後遺症です。

画像(600x397)

ウィキペディアより本物のエリザベス・カラー(エリザベス1世)

画像(376x550)

Posted   パーマリンク

2019年10月27日(日)

10.27.三重は遠い。6時間半もかかった名張街道店⇒松阪店⇒津店

午前中、ごたごたを片付けて、
今日は昼から三重県を周ることにした。
前回、三重を周った時は
名古屋市内の店舗を何軒か周った後だったが、
道が混んでいて四日市店、鈴鹿店、鈴鹿玉垣店だけしか行けなかったのです。
三重県の店舗は、大体23号線に沿って存在していて、
一番南の店舗である松阪店でも本社事務所から65kmぐらいの所にあり、
松坂店に行ってから23号線で順番に北上すれば、
名張街道店を除いて全店周ることが出来る。
ルートを考えるまでなく簡単なのだ。

今回は名張街道店を最初に行ってから、
遠い松阪店と津店だけだったので、軽く考えて午後から出発した。
それも午後2時から出発であったのは舐めすぎであった。
今の季節は日が短くなって、
午後4時を過ぎると急に日が落ち、
じきに夜になるので、気をつけなくてはいけない。

名張街道店へは、まず伊勢湾岸道で三重の川越まで行き、
“東”名阪道に入って、亀山まで行って、
亀山ジャンクションから”西”名阪道に入って伊賀まで行くのだが、
この”東”から”西”の名阪道に移る所の標識が紛らわしくて、
いつもここで私は間違える。
いつの間にか名古屋に帰る道に入ってしまうのだ。
今日もまた、まったく同じ間違いをし、ジャンクションの方向をやり直した。
結局また約30分以上もロスしてしまい、
名張街道店に到着したのは午後4時近くなって、悪い予感がした。

名張街道店は、今日はアルバイトさんが自損事故でお休みを取って、
もう一人の戦力も不幸があって欠勤していて、
暇な平日は3名スタッフがいるのに、
肝心な日曜日に2名しかスタッフがいない不運な態勢で四苦八苦していた。
もう笑うしかない山本チーフ

画像(500x331)

同じく浅川店長

画像(500x331)

店を出る時点で、もう空はこんなになっている。

画像(600x397)

名張街道店から松阪店へは、
”西”名阪道で亀山ジャンクションまで行って、
伊勢道(伊勢”湾岸”道とは全く別の道路)に乗って、
久居インターまで行った、(松坂インターがあった筈だが)

松阪店の伊藤店長は、
今度の土曜日に結婚式を挙げることになっていて、
しかし私は翌日曜日にスーパーGT最終戦が「もてぎ」であって、
このレースはシーズンチャンピオンがかかったレースでもあり、
当日200名以上の応援の方々をお見えになるので、
午前中にご挨拶もせねばならずで、
土曜日の夕方からの結婚式出席は物理的に無理で、
欠席の侘びと、お祝いを言いに松阪店まできた。

今度の土曜日、花婿になる幸せ者の伊藤店長

画像(550x364)

伊藤店長の良き相棒である
一級技術資格辻野シニアスタッフ、水越副店長

画像(600x397)

松阪店から津店までは13kmで約30分。
割とすんなり来れた。
津店は今や三重県全体の店舗を引っ張る存在に成長した。

一級技術資格白木スタッフ。中村店長

画像(600x518)

店長から、みんなから絶大の信頼を得ている杉森チーフ

画像(500x331)

すでに一級技術資格直前の澤田スタッフ。

画像(364x550)

その津店から家までの帰り、
23号線は、延々と渋滞していて、帰り着いたのは午後8時半。
たった150km程度の移動で6時間半もかかってしまったのです。
三重は近いはずなのに、混んだら最後中々動かない23号線は、三重を遠い存在にしています。

画像(600x396)

Posted   パーマリンク

2019年10月25日(金)

10.25.どうも最近、話が長くなりがちです。

一つ目の心配です。
昨日は朝からテレビの撮影でした。
テレビの撮影自体は今までもやって来たので、どおってことはないのですが、
これは2分間のミニ番組で東海地方でだけ流される番組で
「め~テレ 反転の光」という番組だそうです。
編集が終わって、どんな内容になるのか見るまでは判りませんが、
話しの骨子は「反転の光」ということで、
この会社が出来て、どこでどんなことが「反転」のきっかけになったか、
つまりこの会社のターニングポイントはどんな事だったのか。
それをたった2分の番組の中で語ろうと言うのだから無茶な話です。
だから、どんな内容になるか全く判らないと言う意味です。

どんな風に表現されるのか、不安はありますが、
そして、たった2分間の東海地方だけでのローカル番組ですが、
いずれにしても、KeePerの事を悪く表現される訳がなく、
きっと、良い評判を聞いて出演が決まり、
(一切のお支払いは無い)
評判の良い商品として表現してくれるでしょうから、
KeePerの一つのPRの為と割り切って、
それなりに一生懸命に話をさせてもらいました。

しかし心配なのは、
私の話は、一つの短い質問にも、かなり長く話をして答えてしまい、
いずれのテーマについてもとても2分間の中には収まらないはずで、
どのように表現されるのかが心配です。


もう一つの心配、
昨日の午後は、大きな会社の12月へ向けてのキックオフのような会で、
ものすごく気合の入った素晴らしい会で、
私は主役とも言える方の次に出番があって、
5分間の割り当てをいただいていたのですが、
つい、今朝の番組の撮影の中での話になって、
つい、5分間を大幅にオーバーしてしまったかもしれないと言う心配です。
私は大勢の前で話をする時は、
自分の割り当て時間を守ることに自信があるのですが、
私の次とそのまた次の立派な方の話がすごく短かったのは、
やっぱり、私の話が長すぎた証拠のような気がして、
申し訳なくて、心配なのです。


三つ目の心配、
今日は、来年四月入社の新卒生の「内定式」がありました。
(来年もおかげさまで、高卒予定者も含めて50名程度が確保できそうです)

その中で。私が話をする場面があったのですが、
その会の前に準備をしている時に、
昨日の会に一緒に出席した者に、
「昨日の私の話が長過ぎたのではなかっただろうか」と、
話をしたついでに、
「今日の内定式は内輪の会だから、どれだけ話しても大丈夫だから安心だ」
なんて軽口を話していたら、
私は最近何かおかしいのであろうか。
なんと30分近くも(あるいはそれ以上かも)長話をしてしまったのです。
だからか、
みんなの到着が予定より30分早かったので、
式のスタートも30分早く始めてしまったのに、
会全体が終わって、食事に近くのイタリアンに行った時間は、
予定通りだったのは、
どこかで30分余分に使ったに違いないのですが、
私の長すぎる話ぐらいしか思い当たる要素はないのです。

最近の私は、
つい、長話になる癖があります。
ついつい調子に乗って話をして、話が長くなってしまうのは、
大きな声で長く話をすることに、全然疲れなくなったせいでしょうか。
かなり大声で話をしても、いい運動をしたという感じで気分がいいのです。
少なくとも悪い兆候では無い事は間違いなく、
長話に自分で気を付けないと、
よそ様に迷惑をおかけするので、
くれぐれも自重しなければと思うだけです。

スンマセン。

Posted   パーマリンク

2019年10月23日(水)

10.23.「きょうのわんこ」が6000回でKeePer TIMESが200号

私は朝、フジテレビ系列の「めざましテレビ」をつけていて
その中の
7時52分からの「きょうのわんこ」を見てから出勤の用意をします。

今年の2月に私は社長から会長になって実務からほぼ手を引き、
企画と製品開発に集中するようになってから、
私は本社事務所の社長室を明け渡してしまったので、
事務所に自分の席がなく、
元社長室は使われず、滅多に使わない会議室のようになっているので
また元のようにしても何ら支障はないのだが
今更戻る気にならず、
朝の出勤時間が、来客との約束が多い午前10時になって
私は少し家で時間を潰さなくてはならなくなったが、
相変わらず「きょうのわんこ」が朝のリズムの軸になっています。

その「きょうのわんこ」が今日、6000回目の放映だと言っていました。
わずか2分程度の短い番組ですが、
6000回というのはフジテレビでも記録ものでしょう。
しかし、この回の「きょうのわんこ」は、
特別に何かスペシャルをやる訳でもなく、
普通にいつもの「きょうのわんこ」で終わりました。

そういえば、私のこのブログも、
十数年前に2000話に達した時は、
意味もなくたくさんの人に飲みましょう」と誘って、
百人くらいで飲んで2000話達成を祝いました。
あれから何事もなく3000話を過ぎ、
1年半ほど前に5000話を突破しましたが、
ブログの中で、「5000話になりました。」と書いただけで、
小さな飲み会すらやりませんでした。
達成感も別になく、誰からも「おめでとうございます」と言われませんでした。
あと1年もすると6000話になりますが、
きっとまた何もないでしょう。

そういえば、キーパータイムスが今印刷している号で200号になります。
今でこそ、編集の坪井女史の強い意志で毎月欠かさず号を重ねていますが、
かつては号が抜ける月もあって、
200号に達するまでに約18年かかっています。
それでも、18年×12か月=216回になるので、
少なくとも10回以上はサボっています。

最初の頃は、もちろん坪井さんもいず、
記事を書く人もあまりあてにならなかったので、
タイムスの隅から隅まで私が自分で書いたような記憶があります。
今思うと随分暑苦しそうなタイムスでした。
それが、200号に到達したのですから、
何か、達成感と共に、記念に200号を振り返るような
特集号があっても良さそうですが、
今印刷している200号には、
それに触れている記事すらなかったような気がします。
今日、201号の編集会議をやりましたが、
200号とか201号とかに触れる人もいませんでした。

まるで6000回の「きょうのわんこ」のようです。

しかし、この201号KeePer TIMESには、
今度の12月のキーパー選手権が第30回を迎えるので、
その事と、これからのキーパー選手権をどのようにしていくか、
問題提起の意味も含めた記事を私が書くことになっています。

全国の皆さんがしのぎを削り、
魂のこもったキーパー選手権は、
一回一回に思い出があり、感慨深いものがあります。
何をどう書こうか今から考え込んでいます。

キーパータイムス200号も、
谷 好通ブログ5000回も、
「きょうのわんこ」の6000回と同じく何も無しでいいですが・・
30回目のキーパー選手権はそうはいきません。
色々考えます。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.