谷 好通コラム

2019年10月25日(金)

10.25.どうも最近、話が長くなりがちです。

一つ目の心配です。
昨日は朝からテレビの撮影でした。
テレビの撮影自体は今までもやって来たので、どおってことはないのですが、
これは2分間のミニ番組で東海地方でだけ流される番組で
「め~テレ 反転の光」という番組だそうです。
編集が終わって、どんな内容になるのか見るまでは判りませんが、
話しの骨子は「反転の光」ということで、
この会社が出来て、どこでどんなことが「反転」のきっかけになったか、
つまりこの会社のターニングポイントはどんな事だったのか。
それをたった2分の番組の中で語ろうと言うのだから無茶な話です。
だから、どんな内容になるか全く判らないと言う意味です。

どんな風に表現されるのか、不安はありますが、
そして、たった2分間の東海地方だけでのローカル番組ですが、
いずれにしても、KeePerの事を悪く表現される訳がなく、
きっと、良い評判を聞いて出演が決まり、
(一切のお支払いは無い)
評判の良い商品として表現してくれるでしょうから、
KeePerの一つのPRの為と割り切って、
それなりに一生懸命に話をさせてもらいました。

しかし心配なのは、
私の話は、一つの短い質問にも、かなり長く話をして答えてしまい、
いずれのテーマについてもとても2分間の中には収まらないはずで、
どのように表現されるのかが心配です。


もう一つの心配、
昨日の午後は、大きな会社の12月へ向けてのキックオフのような会で、
ものすごく気合の入った素晴らしい会で、
私は主役とも言える方の次に出番があって、
5分間の割り当てをいただいていたのですが、
つい、今朝の番組の撮影の中での話になって、
つい、5分間を大幅にオーバーしてしまったかもしれないと言う心配です。
私は大勢の前で話をする時は、
自分の割り当て時間を守ることに自信があるのですが、
私の次とそのまた次の立派な方の話がすごく短かったのは、
やっぱり、私の話が長すぎた証拠のような気がして、
申し訳なくて、心配なのです。


三つ目の心配、
今日は、来年四月入社の新卒生の「内定式」がありました。
(来年もおかげさまで、高卒予定者も含めて50名程度が確保できそうです)

その中で。私が話をする場面があったのですが、
その会の前に準備をしている時に、
昨日の会に一緒に出席した者に、
「昨日の私の話が長過ぎたのではなかっただろうか」と、
話をしたついでに、
「今日の内定式は内輪の会だから、どれだけ話しても大丈夫だから安心だ」
なんて軽口を話していたら、
私は最近何かおかしいのであろうか。
なんと30分近くも(あるいはそれ以上かも)長話をしてしまったのです。
だからか、
みんなの到着が予定より30分早かったので、
式のスタートも30分早く始めてしまったのに、
会全体が終わって、食事に近くのイタリアンに行った時間は、
予定通りだったのは、
どこかで30分余分に使ったに違いないのですが、
私の長すぎる話ぐらいしか思い当たる要素はないのです。

最近の私は、
つい、長話になる癖があります。
ついつい調子に乗って話をして、話が長くなってしまうのは、
大きな声で長く話をすることに、全然疲れなくなったせいでしょうか。
かなり大声で話をしても、いい運動をしたという感じで気分がいいのです。
少なくとも悪い兆候では無い事は間違いなく、
長話に自分で気を付けないと、
よそ様に迷惑をおかけするので、
くれぐれも自重しなければと思うだけです。

スンマセン。

Posted   パーマリンク

2019年10月23日(水)

10.23.「きょうのわんこ」が6000回でKeePer TIMESが200号

私は朝、フジテレビ系列の「めざましテレビ」をつけていて
その中の
7時52分からの「きょうのわんこ」を見てから出勤の用意をします。

今年の2月に私は社長から会長になって実務からほぼ手を引き、
企画と製品開発に集中するようになってから、
私は本社事務所の社長室を明け渡してしまったので、
事務所に自分の席がなく、
元社長室は使われず、滅多に使わない会議室のようになっているので
また元のようにしても何ら支障はないのだが
今更戻る気にならず、
朝の出勤時間が、来客との約束が多い午前10時になって
私は少し家で時間を潰さなくてはならなくなったが、
相変わらず「きょうのわんこ」が朝のリズムの軸になっています。

その「きょうのわんこ」が今日、6000回目の放映だと言っていました。
わずか2分程度の短い番組ですが、
6000回というのはフジテレビでも記録ものでしょう。
しかし、この回の「きょうのわんこ」は、
特別に何かスペシャルをやる訳でもなく、
普通にいつもの「きょうのわんこ」で終わりました。

そういえば、私のこのブログも、
十数年前に2000話に達した時は、
意味もなくたくさんの人に飲みましょう」と誘って、
百人くらいで飲んで2000話達成を祝いました。
あれから何事もなく3000話を過ぎ、
1年半ほど前に5000話を突破しましたが、
ブログの中で、「5000話になりました。」と書いただけで、
小さな飲み会すらやりませんでした。
達成感も別になく、誰からも「おめでとうございます」と言われませんでした。
あと1年もすると6000話になりますが、
きっとまた何もないでしょう。

そういえば、キーパータイムスが今印刷している号で200号になります。
今でこそ、編集の坪井女史の強い意志で毎月欠かさず号を重ねていますが、
かつては号が抜ける月もあって、
200号に達するまでに約18年かかっています。
それでも、18年×12か月=216回になるので、
少なくとも10回以上はサボっています。

最初の頃は、もちろん坪井さんもいず、
記事を書く人もあまりあてにならなかったので、
タイムスの隅から隅まで私が自分で書いたような記憶があります。
今思うと随分暑苦しそうなタイムスでした。
それが、200号に到達したのですから、
何か、達成感と共に、記念に200号を振り返るような
特集号があっても良さそうですが、
今印刷している200号には、
それに触れている記事すらなかったような気がします。
今日、201号の編集会議をやりましたが、
200号とか201号とかに触れる人もいませんでした。

まるで6000回の「きょうのわんこ」のようです。

しかし、この201号KeePer TIMESには、
今度の12月のキーパー選手権が第30回を迎えるので、
その事と、これからのキーパー選手権をどのようにしていくか、
問題提起の意味も含めた記事を私が書くことになっています。

全国の皆さんがしのぎを削り、
魂のこもったキーパー選手権は、
一回一回に思い出があり、感慨深いものがあります。
何をどう書こうか今から考え込んでいます。

キーパータイムス200号も、
谷 好通ブログ5000回も、
「きょうのわんこ」の6000回と同じく何も無しでいいですが・・
30回目のキーパー選手権はそうはいきません。
色々考えます。

Posted   パーマリンク

10.23.デザイン料無料・企画チーム全員集合

私達の会社の企画チームは、
デザイナーが福岡に1名(九州、四国、中国担当)
名古屋に3名(大阪、中部、北陸、LABO、店舗企画)
東京に2名(関東、LABO)、
福島に1名(東北、北海道担当)
合計7名のデザイナーが常駐していて、
いつでも現場に飛べる体制にあります。
他にWeb係が2名いて、
動画担当が1名いるのですが、ただいま産休中です。
来年5月ぐらいに復帰すると聞いているので待ち遠しいところです。

7名のデザイナーは、いつもメールがMLでつながっていて、
それぞれが造った作品を常に共有している形で、CI、VIを維持しています。
KeePerの企画チームの最大の特長は、
皆さんの店舗の看板やチラシ、パンフレットなどを作成するのに、
基本的にデザイン料はタダにしています。

看板でも、パンフレットでも、小物でも、チラシでも、
企画料、相談料、デザイン料、修正料、全部タダです。
デザイナーが直接皆さんの要望をお聞きしますので、
一般の広告代理店のように「営業」が中に入らないので、
ダイレクトに自分の考えや要望をデザイナ―が形にしてくれます。

広告屋さんの営業が中に入ってくれた方がうまく出来そうに思えますが、
実際にKeePerのデザイナーに直接話すと、
KeePerに関してはずっとあらゆるデザインを手掛けてきたデザイナーなので
KeePerのトーンマナーをよく理解していて
KeePer施工店さんの気持ちや思いに対して理解が早く、
代理店の営業越しのまどろっこしさがまるでなく、
意外と、思ったとおりのデザインが出来ます。
だいいち、看板などの場合、現地をデザイナーが直接見に伺うので、
いいものができます。

デザインをタダで自分の思い通りに造ったら、
印刷、あるいは看板の制作は、地元の印刷屋さんや看板屋さんに出してもOK。
或はそのまま、
こちらの印刷屋さんに出していただいてもOKです。
私達が使っている印刷屋さんは、
例えばチラシの企画やディレクションはしませんが、その分経費は安く、
印刷の腕は良いので、大抵の場合、大変安くて良いと喜んでいただいています。

7名ともベテランのデザイナーなので、
現場の大切さをよく知っていますし、
デザイナーは全員(?)がKeePerの一級技術資格年を持っているので
年末とか連休にはLABOで一緒に働いており、
お客様の喜びも良く知っています。
なによりKeePerの本当の良さを身を持って知っているので、
デザインするチラシや看板にも現実味と実感があります。

だから、結構引っ張りだこで、
デザイナーを2名増やすことが決まっております。
KeePerを使う皆さんは、どうぞKeePerのデザイナーを存分に使って下さい。
きっと良かったと思っていただけると思います。

昨日は、12月のキーパー選手権の応援ツールの打ち合わせです。
いいものが出来つつありますよ。お楽しみに。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)

終わってから、本格派の現地そのままの韓国料理で腹いっぱいです。

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2019年10月21日(月)

10.21.リンダ近況、ギプスが似合う犬。

先週の金曜日に、全速力でのUターンに失敗して肘を脱臼し、
骨折したリンダは、今日の朝、無事に退院してきました。
皆様にはご心配をおかけして、大変お申し訳ありませんでした。

本当は、入院は一日で良く
三泊4日間も入院する必要があった訳ではないのですが、
私達が富士スピードウェーにレースを見に行っていたので、
ついでに金、土、日、月と入院させた訳です。
ゴメンな、リンダ。

金曜日病院に連れて行った時は、まだ、だいぶ痛かったらしく、
顔を近づけても舐めもしなかったのに、
今日はもう。ペロペロで元気でした。
大丈夫のようです。


リンダはギプスが似合います。

画像(600x450)

ねっ、もう平気でしょ。

画像(600x450)

チー姉ちゃんからチェックを受けます。

画像(600x450)

チー「くっせえー、お前、病院に臭いプンプンじゃないか。」

画像(600x450)

「ねぇ、だっこして」リンダはすっかり甘ったれの抱っこ犬になっていたのでした。

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2019年10月20日(日)

10.20.どうしてもレースには興奮する。

昨日から富士スピードウェーに来ています。
インタープロトスポーツの(IPS)第5戦の第6戦がある今年三回目の大会です。

その前座の形で、昨日の昼、
アウディA1funcupというレースもあったので、それも見ました。
このレースには一度本気で出る気になって、二度、練習に来たのですが、
二度目の時に二回車をぶつけて、肋骨を傷つけて、
すっかり自信を無くして、レースに復帰するのを諦めたのですが、
未練がましく、出ようと思ってあきらめたそのレースを、
コソッと見に来たわけです。
このレースは本当に入門編レースなので、
一番速い人の車が、一台だけ飛び抜けて先を行って、
何台かが、デットヒートしてレースをやっていて、それからまた、
ずいぶん遅い車が1台、そこからまたうんと遅れて1台。

全部で10台だけだったので、緊迫感こそなかったものの、
私も、走りたいな〜〜と思って最後まで、
コースが近くに見える所まで行って、立って見ました。
あのみんなの車の集団から遅れて走っている二台のA1は、
あの二台よりは自分は速く走れるな。と思いつつ、
立って見ているだけの自分に比べてあの人たちは立派だと
コンプレックスに似た感覚を持ってしまい、
たった二回車をぶつけたくらいで諦めてしまった自分を恥じ、
また練習をやって見るだけでもやって見ようと本当に思いました。

それはさておき、IPSレースは、
今朝9時からジェントルマンレースが行われました。
IPSはその車のオーナーが乗って競うジェントルマンレースと、
プロが乗るレースがあって、プロのレースが面白くて私は見に来ていました。
しかし、今回はA1レース見たさで土曜日から来ていたので、
せっかくだからと思って朝一番のジェントルマンレースも見たのです。
レースは速い人とそうでもない人、遅い人がいるので、
一度順位が決まってしまうと、その順で回るだけのレースになってしまいます。

それでも、みんなIPSに乗って相当練習を重ねているので、
プロより1周2秒遅れぐらいで走ります。
結構速いのです。
タイムで言うとプロが1周1分45秒くらいで、
(コースレコードは平川亮の1分43秒885)
ジェントルマンで一番速い永井選手で1分47秒くらい、
他の人で1分48秒から50秒くらい。
一番遅い人でも1分51秒台だ。
私はこのIPSに真剣に乗ろうと練習したことがあるが2分を切るのが精一杯。

そう考えると、かなり速いレースなので、
見ていて楽しいレースで、また見たいと思った。

その次に「競女レース」
女性ドライバーだけで争われる本格的レースで、
このレースも、激しい抜きつ抜かれつがあって興奮する。
わずか10周のスプリントレースだから、見ていて飽きない。
前回のレースでは見事にデビューウィンを飾った#37の翁長さんが、
惜しくも2位でゴールし、残念であった。


プロのIPSレースは午後1時50分から見ました。
当たり前のことながら、
プロとアマではまるで違います。
絶対的なスピードで言えばわずか2秒足らずの違いだが、
実際のレースは、デッドヒートぶりの激しさもあって、
まるで違う車の闘いのように感じます。
ジェントルマンクラスのレースでは、
何となくどんなふうに運転しているか想像がついて、
出来るものなら自分もやって見たいと思ってしまうのですが、
プロのレースを見ると、
そんなことを思う間もなく、すっかり観客として見てしまい、
単なる1ファンに過ぎなくなっている自分があります。
自分があの中にいたらなんてとても思う間も無く、ただ興奮するのです。

プロのレースは本当に興奮します。
レース中は、私もただの1ファンで、みんなと一緒に興奮します。

画像(600x450)

次に「レジェントレース」で、
何十年も前に活躍した、今のレース界の草分け的なレジェント達の、
“レース”だ。
皆さん、既にずいぶん歳を取っていらしていて、
若い関谷正徳さんで70才。
元ドライバーでありTOM‘Sの昨年までの社長の大岩さんは80才、
第一回日本グランプリのクラス優勝者である多賀さんが最年長87才、
みんなトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、ダイハツなどの
バリバリのファクトリードライバー達でありプロ中のプロだ。
私はTOM‘Sと一緒にいるので大岩さんのことはよく知っているが、
あの方がレースに出られるとはとても信じられないほど、
もう完全に老齢と言っていいと思っていた。
その彼がレースカーに乗って運転すること自体信じられない。

とすると、レースと言っても、
実質的には「パレード」であってのんびり運転するもの、と思っていた。
しかし、乗るのは「ヴィータ」という1000ccながら、
パイプフレームの軽量レースカーで、
富士スピードウェーで2分を切って走る本格的なレースカー。
しかも、クラッチ付きのマニュアルのミッションカーだ。
更にシフトがフォーミュラカーのように『右』についているという。
シートが真ん中なので乗って運転する分にはまるでフォーミュラカー。
多分、私には運転できないだろう。

それを、70才代、80才代の爺さん達が運転するのだから、
元プロドライバーといえども、それだけで大変なことだと思える。
80才の大岩さんは「来年”免許返納”なので、これがラストドライブだ。」
そう笑っていらっしゃった。

しかし、どんなに爺さんでも、元プロレースドライバーだ。
レースで闘うことを職業してきた猛者たちだ。

レジェントレースが始まった。
最初の一周は「紳士協定」で、追い抜き無しで、
最年長の多賀さんを先頭にパレードのような走りだった。
しかし、紳士協定が外れた2周目からは、みんなフルスロットル。
ガンガン抜きあいを始めた。
穏やかな関谷さんが前の車を抜きまくって、いつの間にやら2位にいる。
その前を行く1位の長谷見選手は、抜かれまいと必死に走る。
第1コーナーで見ていたのだが、
関谷さんは、細かくカウンターを当てて走っていた。
中団では、混戦でコーナーでインをついて、鼻をねじ込み抜いていく。
これはパレードどころでなく、今日のレースでも一番激しいバトルではないか。

プロとアマでは、歳を取っても違うのだろう。

車のレースは、三十歳とか私のように四十歳とか
ある程度歳を取ってから始めても、それなりには速くなって、

ちょっと走れるようになると「おれって才能あるのかな?」と勘違いするが、
アマチュアはしょせんアマチュアでしかなく、
闘いを職業としたプロとは本質的に違うのだろう。

プロとアマの違いと、
実際に歳をとっても、レースそのものは間違いなく出来るものだということを
改めて痛感した今日の一日でした。

やっぱりやるしかないですね。

写真は85才の多賀選手

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.