谷 好通コラム

2019年10月16日(水)

10.16.自分達が造った機械の優位性がかえって会社の命を縮めた

今は亡き私の父の学歴は尋常小学校出、
今でいう中卒のようなものだったが、
無類の勉強熱心だったらしく、就職したその会社で素晴らしい実力を着けて、
定年退職時は取締役製作部長にまで昇り詰めた。
製作会社においての製作部長とはプロパーとして最高の地位だ。

特許もいくつも持っていたと聞いた記憶がある。
彼と彼らが造りだした最新の技術で、
その機械の製作会社は、その世界では名だたる大会社に成長し、
名証に上場するまでになっていた。

60年くらい前、私がまだ小学生の頃、
伊勢湾台風のたぶん前、
バリバリの最新の技術者であった父は、
まだ国交のなかった共産圏の「チェコスロバキヤ」での国際見本市に、
会社の最新鋭の機械を出展しに、
単身、決死の覚悟でヨーロッパに出張していた。
今で言えば、宇宙旅行に行くようなもの。(ちょっとオーバーか)

その後の東京オリンピックで
チェコスロバキヤのチャフラフスカ選手が
体操で金メダルを取った時は「やったー」と喜んでいたらしい。

そんな、世界的にも最新の最先端の機械のメーカーであったその会社は
父が18年前、75才で亡くなったその頃には、
経営が相当傾きつつあったようだ。
今はもう上場を廃止していて、他の会社に買収されて、
父が取締役をやっていた頃の創業家の人は誰もいない。
会社としては潰れたのだ。

その会社が持っていた最先端の技術が、
二十数年前、他の機械メーカーに追いつかれる前までは、
その最先端の技術の機械は、日本だけでなく海外からも、
客先から「欲しい」と、注文が殺到していて、
造れば売れる状態で、
”営業”は、来る注文に応じていればいいだけであり、
販売のノウハウも、販売力、営業力も育つことなく
社内では「こんな”殿様商売”いつまで続くものか。」と、
しきりに噂されていたとは、
その機械製作会社に父の紹介で入社した人の言葉。

はたして、その会社の機械としての優位性は、
いつか、追いつかれて、無くなった時、
販売力と営業力を自ら失っていたその会社にはなすすべもなく、
短期間で経営は行き詰まり、
上場廃止の上、身売りするしかなかった。

私の父が決死の思いで国交の無かった共産圏の国までに、
技術者として機械を売りに行った会社が、
機械の優秀性が故に、会社としての営業力が育つことなく無くなって
あっという間に、没落して、
実際は、今は、もう無いことを初めて知って、背筋が凍る思いがした。
私の父も、自分達が造った機械の優秀性と優位性が、
会社としての営業力というあるべき力を削いでしまい、
かえって、社の命を縮めてしまったとは、夢にも思わなかっただろう。

Posted   パーマリンク

2019年10月14日(月)

10.14.東郷店リニューアルオープン、&娘達帰る。

名古屋市郊外の南西に位置し、
トヨタ自動車の協力工場が並ぶ東郷町にあるLABO東郷店。
車の町にあってしかもいい立地と相まって、繁盛店を期待されながら、
威圧感を与えるような背が高過ぎるブースを建ててしまった時期の店舗で、
いまいちリピーターが着かず、実績的にもいまいちであった。
何とかイメージチェンジを図ろうと考えに考え抜いて
頑丈な洗い場と仕上げ場の建物を取り去って
大き過ぎるブースの前に、大きな低目のテントを張って、
軽快なイメージを加えるリニューアルの工事を一週間かけて行った。

画像(600x357)

それが出来上がって、
10月9日にオープンした。
昨日は、それから初の休みの日で、晴れた日、
さぞかしたくさんのお客様で賑わっているかと期待して見に行った。

画像(600x450)

店には、ご来店のお客様がいっぱいいて期待通りであったが、
店舗の入り口がまったく判らず、これは致命的であった。
作業するスタッフも、
レギュラーの三名+土日スタッフの四名しかいず、
応援もいず、担当マネージャーもいず、
起死回生のリニューアルオープンの企画は何もなしで、
お待ちのお客様が待合室にいっぱいいるが、
若いスタッフ達は、一生懸命働いてくれているが、
これで、苦労してきたこの東郷店の起死回生が果たせることはない。
何かがおかしい。

精一杯がんばってくれていた喜多店長

画像(600x450)

すっかり頼りになる逞しさを身に付けてくれている友田チーフ

画像(600x450)

ブースを一手に引き受けていた開発課の森本主任

画像(600x450)
画像(600x450)

みんなと共に頑張ってくれている一級技術資格松永スタッフ。

画像(600x450)
画像(600x450)

今日の昼過ぎに娘と孫娘が帰った。
台風が来る前日に夜のうちに走って、富山から深夜2時に着いた。
だから、三日間、我が家は家族四人の家になっていて幸せだったのです。
帰る間際、娘が幼稚園から小学校の時、
毎日、独立したばかりの私たち両親を待っていた中華料理の伍島園で、
みんなで昼ご飯を食べました。

私は天津飯で、娘が麻婆飯

画像(600x450)

孫娘がジャージャー飯。

画像(600x450)

娘にとって第二の実家のような伍島園は、
帰省したら必ず寄りたいところなのです。
みんないつもの料理と餃子を食べて、
娘は持ち帰りの”折り”で、
餃子を三人前と、骨無しから揚げをに二人前、チャーハンを三人前、
富山にお土産として持って帰りました。
富山に待つお兄ちゃんと旦那さんが好きなのだと言っていました。
涙がなぜか出ます。

画像(600x450)

娘たちを見送ってから、昼からまた長〜い会議です。

画像(600x450)

家族の二人が富山に帰っていなくなったら、
可愛いリンダが、笑顔で慰めてくれました。

画像(550x412)

Posted   パーマリンク

2019年10月13日(日)

10.13.一週間にたった12.5時間だけの営業 & 写真いっぱいの巻

昼ごはんシリーズのたぶん最終回。

ここも大府の本社事務所のすぐ近くの、今日は蕎麦屋さんです。
出来てから5年くらい経ったであろうか、
そばの実の仕入れから自分でして、石臼でそば粉に挽き、
自分でそばに打って、客からの注文を聞いてから茹でる。
当然と言えば当然だが、何も手を抜かない本格派の蕎麦屋で、
私はここの蕎麦を本当に美味いと感じる。

もちろん、メニューは蕎麦だけで、
私はいつも「桜エビぶっかけ」を食べる。
今日は連れ合いと娘と孫娘の四人で行ったので、
四人とも「桜エビぶっかけ」を注文し、陸上選手の孫娘だけは大盛り。

料理は桜エビの天ぷらと野菜の天ぷらで蕎麦が隠れているが、
それらの天ぷらをひたひたとツユに付けながら、
うまい蕎麦をすすり、桜エビを口に入れると桜エビの香りが口の中に広がり、
これを頼んで良かったと思う瞬間だ。
蕎麦は九割蕎麦と十割蕎麦のどちらかで、
追加料金の十割蕎麦は香りが強くてとてもいいが、
九割蕎麦の方が香りと食感、味のバランスが良いと感じるので、
私はいつも、普通料金の九割蕎麦で食べる。

食べ方は、ざる蕎麦と辛味大根添えのぶっかけ蕎麦、そして暖かい掛け蕎麦、人気のおいしい野菜とエビの天ぷらセットと一緒に頼む人が多い。
あと、鴨肉がたっぷり入った鴨汁蕎麦の食べ方も人気だ。
そして、私は桜エビぶっかけ蕎麦。
相模湾産の桜エビを香りそのままに質感たっぷりに揚げて、
新鮮野菜の天ぷらと一緒に、九割蕎麦の上に乗せ、ツユをたっぷりとぶっかけ、
辛味大根を大さじ一杯分散らして、
一気に食べる。
桜エビが、カラッと揚がっているのだが、
口の中でチクチクしないで、いい食感すら出しているのは不思議だ。
美味い。文句なしです。


※@出てきた時はこういう絵

画像(550x412)

※A 一口二口食べるとこういう絵になる。

画像(550x412)

※B 必ずペロッと平らげる。

画像(550x412)


ただ、人気の店なので、昼時に行くといつも並んでいて、
いすに座ってからも待ち時間が長くて、
お昼休みの時間中には間に合わないので、
来ている人は、もう働いていないであろうお年寄りがほとんどです。

値段は、桜エビぶっかけ蕎麦で1,500円(1,700円だったか?)。
今日はこれを四人前(一人大盛り)と、生麩のおつまみと、
別に天ぷらの盛り合わせを一人前で、全部で7,500円。

調理場には50過ぎの大将と、
若いサブの人と、
配膳がたぶんパートの品の良さそうなおばちゃん二人。
お客様は多く、昼時間だけで3回転はしている。

私の簡単な計算では、採算点にはちゃんと乗っている。

画像(600x450)

驚くべきは、
その営業日と営業時間!
火曜、水曜が定休日で、週5日間営業で、
時間はam11:30〜pm2:00・・・一日2時間半営業っ!!
夜は無し!
・・・・・・・・・・・・
とすると、1周間の営業時間は合計、5日×2時間半=12時間半
1週12時間半っ!!
いくら実務が無くなった会長職と言えども、
会議が続いたりすると、12時間半ぐらい、一日で働く日はざらにある。
皆さんだってそうだろう。

画像(600x450)

もちろん、営業時間が一日2時間半と言っても、
遅めギリギリに入ってもうちょっと遅くまで食べている人もいるだろうし、
石臼でそば粉を挽く時間も要る。
仕入れや研究の時間も取るだろうが、
それは多くの自営業の人は自分の休み時間を使ってやっている。
それに加えて
「予約をいただければ夜も営業します。」とは書いてあった。
しかし、
会社の近くなので店の前を通るが、夜の営業をしている所は見たことがない。

だから、色々はあるだろうが、
基本的に
週5日間×一日2時間半=一週間12.5時間は、大きく間違っていないようだ。
これなら、自分でもやれそうではないか。

ここでのポイントは、
徹底的に妥協なき美味い物を提供することと、
単価を十分な水準できちんと維持すること。
この二点に尽きるのではないでしょか。
同じではないにしても、参考になる事例です。


さて、ここからは、最近写真を全く乗せる機会がなかったのでかなりたまりました。

だから、ストーリーも何もなしで、一挙公開です。

犬のリンダがトリマーのお姉さんからもらったハローウィンのバンダナを、
動いてばかりで着けさせてくれません。困ったものです。

画像(550x412)

と、そこへ来たのが困った時のチーちゃん。毛並みが素敵ですね。

画像(600x450)

この角度で撮ると目つきが悪く見えることを発見しました。

画像(600x450)

困った時のチーちゃんは、リンダのバンダナをすんなり着けさせてくれました。

画像(600x450)

台風19号は、日本国中に深刻な災害を残していきました。
謹んでお見舞い申し上げます。

しかし、やはり、私のボルボは、強い雨ですっかりキレイになってしまいました。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)

Posted   パーマリンク

2019年10月12日(土)

10.12.名古屋は台風19号の影響がほとんどなかったが

東海地方も今日は台風19号も暴風雨警報が出ていたので、
この地方の全店舗は「出勤停止・禁止」で休業していましたが、
幹部役員と企画社員と開発社員が、
本当はいけないのですが、
どうしても延期することが出来なかった会議を無理して開いたのです。
会議中も台風19号が刻々と進んで中部地方に最も近づいた午後3時、
外の様子を見えるようにブラインドを開けて会議をしたのは、
一応、台風を警戒したつもりだったのですが、
一向に荒れた様子にはならず、
風も雨も嵐のようにはならず、拍子抜けで会議は終わってしまいました。

しかし、夜になって、東京を直撃した台風19号は、
深刻な豪雨で河川の氾濫が相次いで、
大変深刻な状況になっている様子をテレビが叫んでいます。
私も一年前まで、川の堤防の脇に家があって、
大雨が降ると溢れそうに流れる濁流が怖かった記憶があるので、
大都会を流れる川が大河のようになっている様子を見ると、胸が痛みます。

台風とはいずれは去るものなので、
本当に出来れば何事もなく、この禍が過ぎ去ることを祈ります。

Posted   パーマリンク

10.12.「これ以上入れるなよ。回らないだろうが」

私の大好きな料理の一つ「かつ丼」
「かつ丼」は昼ごはんの王者ではないだろうか。
カツ丼をメインにして大成功しているファストフードチェーンもあるほどだ。
あのカツ丼も決して嫌いではなく、食べることもあるが、
私は、実は最高においしてカツ丼を知っている。

たまに、みんなを誘って食べに行くのだが、
とても小さな店で、調理場にいるのはほとんど店主だけで、
料理を出したり引いたりしているのは、
とても美しい奥さんと、アルバイトの女の子もいる。
とても美しい奥さんはスタイルも良く、
どちらかというと西洋風の顔立ちで美人だ、
でも、ちょっととっつきにくい雰囲気で口調も少しトゲを感じる。
と言っても、あくまでも丁寧な言葉で、
失礼なことは決して言わないが、その美貌が、言葉をきつく感じさせるのか。
しかし、もうこの店には来ないでおこうと思わせるほどでもない。

店の中には、
有名人がこの店のトンカツを食べに来て、
亭主と一緒に写っている写真がいっぱい貼ってある。
地元テレビの取材も入っているようだ。
いわゆる『名店』というのだろうか。
この店は「トンカツ屋」なのだ。
そのトンカツはミルフィーユ状態になっていたり、
何種類もの手の込んだトンカツがメニューに並ぶ
また十種類以上のオリジナルソースが用意され、さながらトンカツのデパート。
カツ丼は、ランチサービスメニューとしてある。
どうやらカツ丼はこの店の推奨メニューではなさそうだ。
でも、
私はカツ丼が好きなので、カツ丼を注文して食べる。
専務の鈴置君はひたすら「味噌カツランチ」を食べるので、
私も時々味噌カツを食べたり、
他のトンカツを食べたりもするが、
そんな時にも「やっぱりカツ丼にしときゃ良かった」と思う。
それ程、私はここのカツ丼が好きなのだが、
午後1時を過ぎると、
「ランチタイムは終わりました」と言われてカツ丼は食べられない。
そんな時はカツ丼に似ている「カツ鍋膳」を食べるのだが、
カツ丼とカツ鍋膳は、
カツの卵とじがご飯の上に乗っているか、別なだけの違いなのだが、
私はやっぱりカツ丼の方が好きだ。

ここのカツは、肉が厚く、よく叩いてあって柔らかい。
衣がサクッとしていて、しかし柔らかすぎず、ちょうどよく美味しい。
お客さんも良く入っていて、
いす席に座ろうと思ったら、
待たなくてはいけない時もある。
しかし、待っている間に1時を過ぎてしまうと
ランチサービスメニューのカツ丼が食べられない。ジレンマだ。

店が混んでくると、
厨房の奥から亭主が大声で叫んでいる。
「おい、これ以上入れるなよ。中が回らんだろうが。」
入れるなとは、
客をもう店の中に入れるなと奥さんに言っているのだ。
自分一人で回している厨房が、手一杯で回らなくなってきたので、
「もう入れるな」と叫んでいる。
初めて聞いた人は、びっくりするが、何度も聞いていると、
何とも思わなくなった。
奥さんもそう言われても、平気で次の客を店に入れる。

それ程しょっちゅうは行かないが、時間がある時にはたまに行く。
カツ丼あるいはトンカツはそうしょっちゅう食べるものでもない。


しかし、先日、店内にビラが貼ってあって、
「一身上の都合により、10月15日からしばらくの間、店を閉めます。」
と、書いてあった。
何があったのだろうか・・・

ここからは私の勝手な空想です。
腕のいいトンカツ職人の亭主は、
ある意味、天性の職人で、
自分以外の者とは一緒に働くことが出来ない。
みんなが美味いと絶賛するトンカツは、亭主にとっては当たり前のもので、
それが出来ない方がおかしいのだ。
だから、それが出来ない普通の人とは一緒に働くことが出来ないのだ。

しかし、美味いトンカツを造るのは、肉体的に大変なのだ。
分厚い肉を切り出すのは大した力がいるし、
その肉を肉叩きでドカンドカンと叩くのは、大した力がいる。
その肉に衣を着けて、熱い油で揚げる。
店が混んでくると、
一人で回す厨房で、亭主は心底クタクタになって
「おい、これ以上入れるなよ。中が回らんだろうが。」
と、どなる。
値段も十分だ。安売りなんかしない。
だけどカツ丼は安い食べ物の印象で、カツ鍋と材料費は変わらないのに
高い値段をつける気にならない。
だから、カツ丼はランチサービスメニューなのだ。

小さな店で、奥さんとアルバイトの女の子だけで、
毎日クタクタになるほどトンカツを造っていれば、お金も貯まる。
一身上の都合とは、
美人の奥さんと当てもなく外国旅行に行きたくなってしまったのではないか。
そうであって欲しい私の勝手な空想。

しかし、思うに、
私としてはトンカツ料理類としては、カツ丼がチャンピオンだと思うので、
カツ丼も、他のトンカツ料理と同じ値段にして、
ランチタイムが過ぎても食べられるようにしてほしかったのです。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.