谷 好通コラム

2019年10月07日(月)

10.07.売るべきは「付加価値の高さ」であり「安さ」ではない。

昨日の「キッチンなかむら」のハンバーグの話。
どのメニューも当店の看板でもある美味しいハンバーグとの組み合わせで、
1,200円~1,500円。
ガストなどのファミレスやトンカツ屋と比べたらちょっと高い。
牛丼の吉野家、すき屋、松屋などと比べると2倍か。
しかし、コメダでサンドなどとコーヒーを頼むと必ず1,000円は越す。
カレーのCoCo壱番屋で、
2種類もトッピングを選んでつけたりすれば1,000円は越す。
毎日でも食いたい美味いハンバーグと何かの組み合わせのランチは、
この1,200円~1,500円くらいがぴったりだ。

食事ならば”味”が絶対的な付加価値だ。
昔のような栄養価の価値は相対的に下がって、むしろ低いことが求められる。
絶対的な付加価値の”味”が、圧倒的ならば、
高目の値段設定がちょうどいい。
これが、
お小遣いの少なくて牛丼くらいしか食べられない貧しい人にも、
ぜひこのハンバーグの味を楽しんでもらいたい。などと気負って、
牛どん並みの値段をつけると、
納得のいく材料を仕入れたりすることが出来なくなって、
味を落としたりして元も子もなくなったり、
あるいは、大変忙しい思いをする労苦に報いられるような報酬を得られず、
途中で嫌になってしまったりして
いずれにしても、美味しいハンバーグを喜んでもらいながら、
働く自分も報いられて”続く”。ということが出来なくなる。
高い付加価値を提供できるのならば、
単価はきちんと維持しないと、
何もかもが台無しになる。
単価をキチンと維持と言っても、ランチで1,200円~1,500円程度、
採算が十分に取れるレベルであって、
暴利をむさぼるというレベルでは決してない。

自分で付加価値を生み出すものは、
「安さ」で売っていけない。
「付加価値の高さ」で売るべき。
例えば食べ物ならば、売りはまず「味」であるべきであって、「安さ」でない。
そんなことを考えさせられた美味しいハンバーグであった。

Posted   パーマリンク

2019年10月06日(日)

10.06.毎日でも食べれそうなおいしいハンバーグがあった。

今日、たまたま北名古屋市に用があって行ったのですが、
その用を済ませて帰る時、ちょうど昼ご飯の時間だったので、
何を食べようかと連れ合いと話していたところ、
偶然に、長屋になった貸店舗の一軒に
「てづくりハンバーグ 」の看板がかかっていて、目に付いたのです。
その看板と店の雰囲気に雑な感じがなく、安っぽさもなく、
独りよがりな自己主張もなく、
「キッチンなかむら」とありました。
直観的にここは、きっとオイシイとひらめいて、
三人連れで入ったのです。

外から見ると、地味で小さな店でしかないのですが、
中にはお客様がいっぱい入っていました。
看板と店の外観の雰囲気で、繁盛店だとは予感したのですが、
ドアを開けて入った瞬間はちょっと驚くほど混んでいたのです。
席は全部で二十席ほど
しかし、ちょうど私達が座る分だけ席は空いていたのはラッキーでした。

メニューを見て、ちょっとびっくり。
ハンバーグとカレーとか、ハヤシライスとか、
ハンバーグとエビフライとか、カツとか、
○○とか、△□とか、オムライスとか、バラエティーに富んでいて、
メニューの種類は50くらいもあったか、
いずれにしても、あのメニューの多さは、何度もわざわざ行きたくなるほどだ。

私はハンバーグとエビフライのランチセット。
連れ合いの一人はハンバーグとクリームコロッケのランチセット。
もう一人がハンバーグとオムレツのセットを頼んだ。

店は混んでいたので、当然、少し長めに待ったが、

やっと来たハンバーグは期待通りのおいしいハンバーグで、
私のエビフライは、超高級店で食べたことがあるエビフライと同じ香りがした。
ご飯も付け合せのサラダもドレッシングも、
野菜が苦手な私も全部ペロッと食べてしまうほどおいしく、
味噌汁は合わせ味噌でおふくろの味であった。
そして主役のハンバーグは、本当においしかった。
それもオーバーにおいしいのではなく、
毎日、主食として食べていたいすごく普通に刺激的でなくおいしいのだ。
今、静岡県下でチェーン店「さわやか」のハンバーグが爆発的な評判だが、
あのおいしさは並んでも食べたい美味しさだが、
毎日食べたい美味しさとは違う。
それがこの「なかむら」の主食でもいいと思える自然な美味しさとの違いだ。

後で気が付いたのだが、
この店のメニューは
ハンバーグと・・‥のバラエティは驚くほど豊富なのだが、
ハンバーグは、
チーズインハンバーグとか、○○ハンバーグとか、×■ハンバーグとか
そういうのは無くて、
ハンバーグはハンバーグだけ、
デミグラスソースをかけた普通にハンバーグだけ。
それが主食級に美味いのだ。
こういうメニューの展開は初めてで、参考になった。

こういう掘り出し物の店が時たまある。
店は小さいけど、50才代のご主人が一人で造るには、
この店ぐらいの規模が手一杯で、ちょうどいいのだろう。
しかし、
値段も私達が食べたランチセットは1,500円したので、
単価は決して安過ぎず、きっと大変な労働量に報いるだけの
良い収入を得て見えるはずだ。

店とご主人と配膳をされている品のある奥様に惨めさが微塵もない。
お客様がみんな「おいしい」、「おいしい」と喜んでくれて、
キチンと報酬をいただいていて、
仕事は大変そうだが、悲惨さがこれっぽっちもなく、むしろ、楽しそうだ。

こういう店の存在価値とは、
実は、大変大きい。
今後の店舗の在り方に大きなヒントを与えてくれています。

その事については、またいずれ、じっくりと書いて見たい。


※写真はハンバーグを一口食べてからあわてて撮った写真。

画像(600x339)

連れ合いのオムライスと、クリームコロッケ。
あなたの想像通り、メチャ美味しい。

画像(600x339)

Posted   パーマリンク

2019年10月04日(金)

10.04.私の足の事でご心配をおかけしました。

私は、最近、足の具合が良くなくて、
特に階段の上がり降りには、人の肩を借りるなどして、
いかにも弱ったように見えて、ご心配をおかけする場合があるので、
その辺の事情を説明させてもらいます。

私は4才の時、
脊髄性小児麻痺(通称ポリオ)に罹ったことがありました。
ポリオはその時代に大流行して社会問題にまでなったものです。
私の学年の中には、私の他にも大抵一人は同じようなポリオ経験者がいて、
後遺症を持っていたのですが
そういう人とは不思議と声を交わさず、
ポリオ経験者と友だちになったことがありません。
例えば、KeePerの純水製造機を造ってくれている会社の社長は、
私よりひどい後遺症を持っているのに、すごく元気に歩いていて、
一緒に酒を飲むほど仲が良くても
不思議とその話題には触れません。
二人ともそのことについて意識していないからでしょう。


私のポリオは、昔、
体の小さなおふくろが毎日、体の大きな方だった私を背負って、
安城市の厚生病院に連れて通ってくれて、そのおかげもあって、
ポリオ経験者の中では、比較的軽い後遺症で済んでいます。

でも、やはり走るのは苦手で、
幼稚園から小学校、中学校の時まで、
必ず、学年で一番足が遅い生徒でした。
私の左足は短くて細いので足首が斜めに立っていて
立っているといつも痛いのですが、我慢すればいいだけだったので、
慣れてしまっていて、いつもみんなと一緒に歩き、走っていました。
高校の時には柔道部に入って初段で黒帯を得ています。
名古屋市制大会では、柔道でベスト8に入ったこともあります。
障害のおかげで柔道が超変則的であり、対外試合では異様に強かったのです。

足にハンディがある事を自分で認めないような行動を取っていたのは、
子供のころ、同じようなハンディを持った子と、
不思議と友達にならなかったことと似ているかもしれません。

それが歳を取ってきて、
足の筋力が弱ってくると、足首の変形を支えられなくなって来て、
変形が進んでしまい、
一歩歩くごとに足首をくじくような痛みがあって、
まともに歩けなくなってしまったのです。
ドイツ人が造ってくれた魔法の矯正靴で、一時は相当にカバーできたのですが、
今年の3月に腰の手術を受けた時に、
腰は劇的に良くなったのですが、足の筋肉の低下で、
足首の変形が一層進んでしまい、
100mを超すような距離では、
素直に諦めて車いすを使っています。(上手いものです)

しかし、短い距離で済む時は、
見栄を張って自分の足で歩くので、
しかし階段は至って苦手なので、転ばないように人の肩を借りたりして、
かえって、
人様にご心配をおかけしてしまうことがあるようです。

若い子の肩を借りて段を上る姿は、痛々しく見えるかもしれませんが、
相変わらず、憎まれ口をきいて、
みんなから煙たがられるぐらいの元気は、まだまだあります。
痛々しい姿ほどは、みんな平気で、私のスケジュールに仕事を詰め込んできて、
私の事をよく知っている者達からは、まったく同情されていません。
「たまには少しは同情しろよ」と思うことがあるほどです。
だから、私は基本的に元気です。見た目ほどには弱っていません。

Posted   パーマリンク

2019年10月03日(木)

10.03.何も仕事をしない平日の「予定あり」必要で役に立つ

今日の私のサイボウズには「予定あり」と一言だけ書いてあった。
他の役員が時たま使っている言葉なので、私も真似して
10月3日の冒頭に一言だけ「予定あり」と入れておいたら、
誰もその日に近寄ろうとせず、
他の日に色々な予定を依頼してきた。

私のスケジュールは、
会社のすべての人が見ることが出来るが、
予定の入力は、自分自身か秘書と社長と専務だけが可能になっている。
しかし、すべての人が見ることが出来ること自体が、
非常識だと言う人もいるが、
うちの会社の人は、私のスケジュールを見て、
私に会って欲しい人がいたり、やって欲しいことがあったら
私のスケジュールを見て、そのスケジュール繰りに合わせて、
仕事を依頼してくるので、私は自分でスケジュールを工夫する必要がなく、
非常に便利にしているのです。

逆に言えば、
私のスケジュールを秘密にしておくと、
誰かから仕事の依頼があるたびに、自分で予定の全部を見て、
都合のいい日を提示しなければならず、
それは考えただけで面倒くさい。
だから、
みんなが私のスケジュールを勝手に見て、
私の空いている隙間を見つけて、
土曜日も日曜日も容赦なく
私に仕事をはめ込んで依頼して来てくれる便利さが良いのです。

そんな私のスケジュールに「予定あり」の一日に、
誰もかすりもせず、何の予定も打診してこなかったのは、
みんなの”やさしさ”なのだろうか。
それとも、滅多に書かない「予定あり」が気味悪かっただけなのか。

いずれにしても、何の仕事もなく、何の予定もない一日を
私は連れ合いと一緒に個人の銀行に行ったり、市役所に行ったりして、
積もり重なっていたプライベートな用事を済ませました。
最後に、友達と、独立した頃によく行った焼肉屋に行って、
あの頃の焼肉の上手さと感動がまだ自分に残っているか、試してみました。
しかし、早い話が30年後の私の体は、間違いなく老化していて、
あのカルビの脂の美味さが、油っこいだけにしか感じないのは、
残念だけど、
仕方ないな、と思った一日でした。

Posted   パーマリンク

2019年10月02日(水)

10.01元年9月のKeePer LABO直営販売実績 主観的解説

(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先の開示された情報が正しいものです。


2019年9月のKeePer LABO直営店販売実績の特長は、
何と言っても、過去5年間にさかのぼっても新記録の伸び率です。
80店舗全体で昨年の74店舗全体の実績に対して147.7%であり、
339,400千円です。
また、前年実績のある既存店だけでの比較でも前年同月比140.2%であり、
322,048千円です。
しかし、これはあくまでも前年比という相対的な数字であり、
前年が週末のたびに台風に襲われる記録的な荒天であり、
比較的標準的な前々年9月と比べると(店舗数が違うので参考的でしかないが)
前年の前々年比が94%なので、
140.2%×94%=131.7%で、比較的落ち着いた数字になり、
昨年の10月の既存店前々年同月比137%に劣るものの、
近年の記録においては、やはり記録的な数字と言えます。

この好成績の背景には少ない降雨量、申し分ない日照時間など、
好天に恵まれたことはもちろんであり、
来店台数が既存店前年同月比が142.6%と記録的な多さではある。
しかし、このように天候に恵まれて来店台数が増えた時には、
比較的単価の低い「洗車」の数が増えて、平均単価を著しく下げ、
販売実績においては来店台数の増加を相殺する効果を伴うのが常でした。
ところが、この9月は平均単価の前年同月比が98.3%であり、
洗車の台数が増えても、全体での単価がほとんど落ちていません。
これはKeePerコーティング類が増えたこと、
特に平均50千円から80千円の高価格のダイヤモンドキーパー類が、
既存店前年同月比で148.7%と著しく増加していて、
この月の洗車の増加による単価の低下を防いで平均単価を支えたものです。

画像(640x248)・拡大画像(800x310)

つまり、この月の5年来の記録的な好成績は、
好天による来店客数の増加と同時に、
高価格商品の増販が大きく寄与しているものと言えます。

では、その高価格商品の増販が何によってもたらされたものかを考えたい。
一つ目立つのは、東日本の「昭島店」
この店舗はダイヤモンドキーパーが前年同月比244%の37台であり、
売上げが前年同月比190%の5,794千円で、
東日本全体の実績140%、ダイヤモンドキーパー145%を大きく上回っている。
この店舗では、8月の後半に有名なYouTuberが、
この店舗のダイヤモンドキーパーを取り上げてくれて
短期間に何十万回という再生を得て評判になったいきさつがあり、
その効果が、この店舗の数字に表れている者は想像されます。
このことによってYouTuberによる動画の宣伝効果のすさまじさを痛感し、
今後の販売促進施策に活かしていくべきと学びました。

また、愛知、岐阜、三重の三県で8月に
新しいテレビコマーシャルを1200GRPという濃度で放映しました。
このコマーシャルが「判りやすい」「すごい」と評判をいただきました。
東海三県の店舗のダイヤモンドキーパー施工数が前年同月比の162%であり、
その効果が9月にも集中しているものと考えられます。
この事実からこの手のコマーシャルの効果が
放映から少し時期がずれて出ると考えられ、
関東と降雪地域を除く12月の全国放映本番の時期は、
11月終盤から12月序盤にかけての期間に設定し直しました。

逆に、全体の店舗が絶好調であるこの9月に、
みんなの好調に着いて来れなかった店舗が数軒あります。

たとえば、東日本のわらび店や246玉川店や数店舗が
当初立てた「予算」を下回り、
悔しい思いをしているのですが、
これらの店舗の特長を見ると、
来店台数の少なさよりもむしろ平均単価の低さです。
この店舗の平均単価を、東日本全体の平均単価に当てはめて計算すると
大きく実績が上がり、予算も余裕で達成しています。
この月に不調であった店舗の問題は来店台数の少なさではなく、
「ダイヤモンドキーパーの少なさ」=「平均単価の低さ」であり、
すべき行動は「増客活動」でなく、
「接客受注の改善」と「施工技術の向上」=自信の積み重ねであると言えます。

画像(640x464)・拡大画像(800x581)
画像(640x387)・拡大画像(800x484)
画像(640x540)・拡大画像(800x675)
画像(604x640)・拡大画像(756x800)
画像(640x352)・拡大画像(800x441)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.