谷 好通コラム

2019年09月30日(月)

9.30.時間を潰すことの空しさとツラさ

15時まで決まった仕事が入っていず、
午前中のドタバタが終わってからほとんど時間潰し状態になった。
こんな時は、どっかの店舗に出かけるか、
なかなかやれなかった雑用をこなしたり、
まとまった時間が取れなくて出来なかった計画など、
こういう時にこそすべきことが必ずあるのだが、それが今日はないのだ。
だから、仕方なく、スタジオの方の私の部屋で、
CDをかけながら、いつになく長い原稿を書いて見たり、
珍しく、ほとんど時間潰しモードに入っています。

この会社は年商約90億、社員約500名の会社ですが、
事務所には、
アルバイト・パート(AP)さんを含みで総務が8名、経理が6名、
電算3名、プロショップ事務局4名、
東西支社事務所に採用・看板・店舗担当として8名、
ここから直接稼ぐ人で企画のデザイナーが7名とWebで2名
あとは出荷現場が23名、製品開発と購買4名
営業インストラクターが東西合わせて45名、
そして80軒のLABO店舗に390名で、
稼いでいる人が471名。
事務職と呼べるスタッフは29名。
事務所と現場を合わせてちょうど500名。(APさん87名、社員413名)
※暇つぶしに人員表を読んで数を書き写して見ました。

これでも、この会社の事務職は決して少な過ぎず、
もっとキチンと合理化、電算化をすればもっと少人数になるはずです。
しかし会社によっては、
現場の人が8人しかいないのに事務員さんが5人もいるような
変な構成の会社も見ることがあります。
特に中国に行った時は、
そんな感じの事務員さんがものすごく多い会社をよく見ました。
そんな場合、事務の仕事なんてそんなにある訳がないので、
やらなくてもいい仕事をわざわざ作って、
机にしがみついて無駄な仕事を延々とやっているとしか考えられません。
まるで、今日の私のような暇つぶしの仕事なのでしょうか。

しかし、やらなくてもいい事を時間潰しの為だけにやっていると、
空しいし、ツラいのですが、
給料を取るためだけに、時間潰しをするのでしょうか。
現場の仕事を極端に嫌う人がいますが、
そんな時間潰しの為だけの無駄な仕事を一生懸命そうにやることの方が、
よっぽどツラくて、つまらないと思うのです。

そういう意味では今日の私はとてもツラい人でした。
でも、世の中には、無駄だと判っているのに、ただ自分の時間つぶしで、
仕事をしているフリをしているつまらない空しさの塊のような人もいます。
現場の中にすらいます。気の毒な人です。

Posted   パーマリンク

2019年09月29日(日)

9.29.台湾からのLABO6か月研修が終了しました。

昨日、小さな研修終了式がありました。
半年前、台湾からの研修生の研修が始まって、昨日で終了です。

台湾のフォードの大手カーディーラーさんから
「キーパープロショップを台湾でやりたい。相談に乗って欲しい」と
連絡があったので、
とりあえず、お会いしたのが何か月か前で、
信頼できる相手と判断したので、
協力させていただくことにした。

しかし、こちらから英語の解るスタッフを海外に派遣して、
先方での技術研修や店舗構築をやってきたこともあるが、
中々うまく行かなかったので、今回は違う方法を取ることにした。

「台湾から日本語の解るスタッフを2名日本に派遣して下さい。
その2名を最低半年、LABOの店舗で預かり技術の全てを体に叩き込みます。
その間にマネージメントも教えます。
その人達を台湾でのKeePer事業のけん引役にして下さい。
店舗の構築はその彼らとKeePerの店舗部が一緒にやって行きましょう。」
ということにした。

あれから半年、台湾からの派遣スタッフは途中から1名増えて3名。

最年長60歳の呉さん、なんと博士号を持つインテリだ。
LABOでの半年は体力的につらかったが頑張り切った。

画像(600x400)

それよりうんと若い周さんは日本人の妻と子供を持つ。
高い能力の人です。
台湾でのキーパープロショップビジネスには単身赴任で取りかかる愛妻家。

画像(600x400)

最後に途中から参加のポンさん(該当する日本の漢字がない)。
元台湾総督専属の警備の経験者で、運動能力抜群。性格も超明るい。

画像(600x400)

彼らの先生、預けられたLABO安城店の広木マンサノ店長と、
LABO大須店の鬼頭店長は参加できなかった。

画像(450x300)

とりまとめの安藤マネージャー

画像(450x300)

LABOでは、半年間、分け隔てなく技術を習って、
一緒に作業に参加する。正味、戦力の一人だ。

トレセンではすべてのコースの研修会に出て、
二級技術資格と一級技術資格技術資格を取って、
研修先のLABOでとことん施工をやって、
更に、
技術コンテストでの審査を仮の審査員としてやって見て、
本当の審査員の点数とほぼ同じになるまで、教えてもらう。
更に最終テストでは、技術検定審査で150点が取れるまで練習する。
体力的につらかった博士号の呉さんもかろうじて150点を通過したらしい。
呉さんいわく「これが一番きつかった」そうだ。
よく通ったなぁと感心する。

画像(640x308)・拡大画像(748x360)

Posted   パーマリンク

2019年09月28日(土)

9.28.妄想として、九か月がかりのキーパー選手権は成り立つか

キーパープロショップとして8月と12月に
年2回のキーパー選手権が開催され、すでに30回を迎えるようになりました。
このキーパー選手権は、
KeePerコーティングを施工するようになった店舗が、
まず、店の初期の固定客を積み上げていくために、
8月と12月の需要期にKeePerの施工強化月間を設けて、
あるいは一つの手法として前月の7月と11月に集中予約月刊を設けて
集中的にお客様にアプローチして、結果、施工台数を積み上げ、
多くの施工を通じて施工スタッフの技術の向上と「上手いは速い」で、
常日頃からの作業の効率化を図り、
事業として完成させていきます。

だから過去の優勝・入賞店は、
今は年間を通じて多くの施工があり、
ルーティンの仕事店舗の主役の商品の一つとして、
コンスタントにKeePerコーティングが施工され、
事業に貢献し
地域のお客様に喜んでいただいています。

言い方を変えると
キーパー選手権の目的は固定客を積み上げる一つのきっかけとして、
集中して「施工」あるいはその前段階の「予約」を実施し、
高品質のKeePerコーティングのファンづくりを通じて、
店舗の収益の一つの柱づくりをしていくことであったのです。
だから、過去のキーパー選手権の優勝店、入賞店は、
つまりキーパー選手権OBたちは、
お客様やスタッフにある程度の負担がかかる
年2回の一ヶ月間キャンペーンを卒業して、
いつものKeePerとして、年間を通じたメイン商品の一つとしています。
もちろん、年2回、2か月間に集中した数字よりも
コンスタントに積み上げた12か月間の施工の方が、
高い売り上げである事は当然です。
そんなKeePer施工店が増えてきています。

そこで考えたのですが、
一つの案として
キーパー選手権を4月から12月までの9か月間ロングランとして、
開催したらどうかということです。

4月は北海道・東北などの雪国の雪融けの時期であり、
最もコーティング需要が盛り上がる時期です。
この4月をスタートとして、普段あまり表舞台に出ることの無い地域が、
花形としてまず群を抜いたスタートダッシュを見せます。
と同時に
4月は新車登録が一番多い3月の次の月なので、
納車を受けた新車が多くダイヤモンドキーパーが一番忙しい時期です。
また「花粉」の被害も多く、「黄砂」も多い時期です。
お客様が相談に来られることが多く、
お客様との信頼関係が築かれます。
また4月は新卒者が入社してくる月で、新人教育が始まります。

そのまま5月の連休も大切な需要期の一つ、
ゴールデンウィークは、毎年、盛り上がります。
6月から7月の梅雨の時期は、ウィンドウ関係、殺菌消臭関係、
あるいはエアコン関連の需要が高まります。

暑くなって8月9月は、
これまでのキーパー選手権の延長線上で、
たくさんのクリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパーが、
再施工の予約を入れて来られます。
10月はさわやかな秋、
洗車が多くなる季節ではないでしょうか。
高付加価値な洗車を企画し提供したいと思います。
11月は最需要期の12月の準備も兼ねて、態勢を整えます。
12月は全開。総力戦で、1年間の総決算です。

そして正月明けの1月2月3月には、
もっと工夫されて効果的であり盛り上がる技術コンテストを考えたい。

今は、8月・12月の2回のキーパー選手権の時に、
その季節に合ったポスターとか横断幕、チラシなどの販促品を、
申し込まれた店舗に提供していますが、
選手権が9か月のロングランになると、
その販促の内容の企画と提供の仕方に工夫が必要になってくるだろう。
現状の支援販促ツールは、その企画が硬直化しているので、
活性化するいい機会になるのではないだろうか。

いずれにしても、
今年12月の第30回キーパー選手権記念大会は、
1か月間の従来の形で開催することは間違いありません。
今、
私が妄想しているのは、
来年からの選手権の在り方です。

Posted   パーマリンク

2019年09月27日(金)

9.27.恐るべしユーチューバーと動画の威力

先日、ある投資家の方から
街のユーチューバーに取り上げられたLABO昭島店での
ダイヤモンドキーパープレミアムの動画の再生回数が
すさまじい数字になっているとのメールが来ました。

動画と言えば、第3回技術コンテストの優勝者安藤さんの
「ノーカット・クリスタルキーパー施工ビデオ」が、
100万回を越して見られている事に驚きましたが、
投資家が送ってくれた動画は
こちらが意図せずに、
顧客が顧客の意志で撮られた動画が、
短期間に、何十万回も見られていて、
それが評判になっている事に更に驚きました。

このことを知ったのは8月23日ですが、
その影響が、LABO昭島店にもろに出ているようなのです。

下の表は8月31日の月報ですが、
昭島店は売上げが563万円で前年同月比が154%で、かなりいい成績です。
更にD(ダイヤモンドキーパー)施工数が32台で前年同月数200%です。

画像(640x80)・拡大画像(800x101)

更に、もっと驚くのが、
9月1日から9月26日までの日報では、
売上げが481万円、前年同月比181%で。
上がり方がエスカレートしています。
更に更にD(ダイヤモンドキーパー)施工数がすでに33台で、
前年同月同日比で238%と、とんでもない上がり方です。

画像(640x64)・拡大画像(800x80)

ダイヤモンドキーパーが目立って上がっていることなど、
この驚異的な上がり方は、
8月のユーチューバーによるWダイヤモンドキーパープレミアムの動画が
大きく影響している事は容易に想像できます。

スマフォとSNSは、宣伝広告に革命を起こしていますが、
そのすさまじさは、実際の例を目の当たりにすると改めて驚きます。

そこで、この投資家の方の提案
「*“俺の”keeper愛車自慢コンテスト
プロショップのコンテストではなく、顧客のコンテストをやって・・・」
を、積極的に検討して
ちょうど30回目の記念大会となる今度の12月キーパー選手権で、
企画してみようと思っています。

Posted   パーマリンク

2019年09月26日(木)

9.26.議長が自分ではない株主総会はさみしい

今日はKeePer技研株式会社の株主総会。
今年も、便利でいいと言うことで評判の良い名古屋駅のマリオットホテル。
でも、いささか料金が高いので、ちょっと考える。

昨年は、
170名様の参加を見込んでイスと机を用意したが、
便利さが数を呼んだのか、最終的に210名様の参加があって、
急遽、追加の椅子を用意して通路に並べた。
一昨年の、
大府のトレセンでやった総会が50名様位の出席だったので、
駅前で便利が良くなったからと言って
せいぜい170名で十分だろうと思ったのが、甘かったのだ。

そこで今年は、学習したので、
最初から318席のイスだけを用意した。
机なしでイスだけならば318席まで並べられることを聞いて、
部屋はそのままで、机を無くしてイスを増やすと言う作戦だ。
ましてや、今回は総会の直前に資本業務提携を開示していて、
市場もストップ高⇒翌日暴落という激しさだったので、
きっと昨年よりももっと多くの株主さんが来られるだろうと踏んだのだ。

そして、今年からは総会の議長が私から新しい賀来社長に変わる。
私は総会が好きだった。
議事を長々とセリフを読んでいくのは大変だが、別に嫌いではない。
それより、株主さんからの質問を受けて、それに応える時間が好きだった。
株主さんは多かれ少なかれKeePer技研鰍ニいう会社の事を考えてくれていて、
色々と質問してくれる。
普段、私達が考えもしないような角度で切り込んできて、
それに私達がたじたじするのが好きだ。
質問者を当てるのは議長、応えるのも議長。
その議長を、今年は私ではなく、新しい賀来社長がやることになっている。
つまらない。

今日は、たくさん来られると思って机を無くしてたくさんイスを並べたのだが、
意外と出足が少なく、11時の開始前の時点では170名様ほど、
それでも開始の時刻にはどやどやっと来られて230名ほどになった。
318席揃えた椅子は空席が目立つが、
そみしいほどのガラガラではない。

総会が始まる。
セリフを読んでいくが、
それを読んでいるのが自分でないのが寂しい。
そのうち、私が2月12日に社長を変わったことの報告と挨拶をする。
今日の朝の星占いは「言葉足らずで相手にうまく伝わらない。」だったので、
気を付けるが、言い残しがあるようでスッキリしない。
資本業務提携についての説明も私がやった。

質問が始まる。
最初の2つの質問に私が答えたが、
質問「会長は、新しい社長と専務を、なぜ彼らを選んだのですか?」は、参った。
そんなこと考えたことも無かった。
「順番です。」と言ったらひんしゅくを買うだろう。
仕方ないので
「よく働くし、みんなの先頭に立って仕事が出来て、信頼されているから・・・」
今日の朝の星占いが
「言葉足らずで相手にうまく伝わらない。」をまた思い出す。

しかし、株主様からの質問は次々と出て、今日は非常に活発だ。
質問
「自己資本比率が随分高いが、もっと株主に還元すべきではないか・・」
そういう話は、君はオーナー社長ではないから、こちらに回せ・・と思うが、
議長は「私がお答えします。・・・・」と、中々こちらに話を回してこない。
そういえば、
昨年まで、私が議長をしていた頃は、
あらゆる質問に対して。すべてを私が答弁していた。
それが議長の当然の仕事のように、すべての質問を自分で答えていたのだ。
だから、新しい賀来社長もそうしなければと思ったのだろう。
一生懸命に答えている。

誰が答えるべきかどうかという問題ではなく、
単に自分が、会社側と株主さんとの間のコミュニケーションに入れないことに、
イラついている事に気が付く。

自分は単にたぶん寂しかったのだろう。
ふと、きがついた。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.