谷 好通コラム

2019年09月08日(日)

9.08.晴れて、満を持して追い上げ、襲いかかって見事に3位

今日決勝のスーパーGT第6戦オートポリス戦は、
サーキットに行かず、家のTVでスカパーのJスポーツでの応援でした。
言い訳だが、昨日も午前はのんびり同窓会を楽しんだが、
午後からは三つの大事な打ち合わせがあったり、ここしばらく本当に忙しく、
しかも、オートポリス戦はさすがに日帰りは無理なので、
今回は岡山、タイに続いて今年三回目の自宅観戦・応援とさせてもらった。
言い訳を長々と書くのは、
レースが終わった今、
サーキットに見に行けば良かった。と、
行かなかったことをしみじみと後悔しているからです。
今回のレースは、現地でみんなと一緒に大騒ぎしながら見たかった。

大分県オートポリスは阿蘇山の麓にあってお天気が変わりやすく、
「雨」とタイヤの駆け引きでどんでん返しがよくあります。
今回のレースのハンディウェイトはたぷん80kg。二番目に重いウェイト
しかし予選はQ1でニック・キャシディ―が4位に入ったのに、
Q2で平川亮が7位に下がって、ちょっとがっかりしていた。
スタートはニック、途中でゲリラ的に大雨が1コーナーに降って、
コースは完全にレインタイヤのコンディションになったが
慌ててレインタイヤに換えても、
雨はすぐにやんで、じわっと渇き、
何周目にでもドライになったら、ドライのスリックタイヤの方が断然、速い。
勝負にならない。スリックタイヤの圧勝だ。
でも、やんだ雨が、また降ったら、
結果的にレインタイヤに換えていた車が勝つかもしれない。
しかも、タイヤ交換はドライバー交代の時の一回だけで、
(二回のタイヤ交換の時間は勝負を捨てたことになる)
その時にどちらにするか、判断するしかない。
“判断する”というよりも、どちらかに”賽を振って賭ける”しかない。
ドライバーの交代のタイミングで雨が止んでいても、
この後、何回、どれくらい、雨が降るのか降らないのか、
最新の雨雲レーダーでもサーキットが広いので、必ずしも当たらない。

ニックから平川亮へのドライバー交代の時、
#37 KeePer TOM‘Sは、ドライ、スリックタイヤを選択した。
#36 au TOM‘Sもドライを選択。
多くのチームがドライを選択した。
雨が止んでからの追い上げ戦略をとったのだ。タイミングも一番早い。

#39 DENSO SARDや#17 KEIHIN NSXなど数チームは、
ウェット、レインタイヤを選択したが、
この時点では500も300クラスも”ドライ”を選択したチームの方が多かった。
ところが、一度上がった雨が、また降ってきたり、
ドライを履いた車が滑ってコースアウトし、スフティーカーが入ったりして
三度目に大雨がコースの一部に降った時には、たまらず、
ドライからレインに換える為に二度目のピットインする車が相次いだ。
僚友の#36もそのうちの一台であった。
超強気の関口をもってしても雨中のスリックタイヤは我慢できなかったようだ。

一方、ニックから変わった平川亮は何度かの雨で濡れたサーキットを、
ドライのスリックタイヤで淡々と走り続けていた。
当然レインタイヤを履いている車にはタイム的に敵わないので、
徐々に順位が落ちて来た。
と思っていたら、終盤、亮はスピンして、コースアウトし、
ガクンと順位を落としていたらしい。
やっと、雨が上がってしばらくしてコースが乾いてきた。
こうなったら、本来のグリップを持つドライのスリックタイヤが圧倒的で
1周あたり10秒以上のハイペースで差を縮め始めた。
怒涛の追い上げだ。
しかし、それが始まったのはゴールまであと6周か5周かのところ。
すでに10位くらいにまで落ちていたが、そこから追い上げて、
気が付いたら、みるみる先頭グループに迫っていて、
とうとうゴールは、三位にまで上がっていたのだ。
結局、三位入賞!

しかしそれにしても、
あと2周あれば・・・、
あと2周分、早く雨が上がっていたら・・・、
レース距離があと2周長ければ・・・、
それよりも、あの終盤のスピンさえなければ・・・。
間違いなく優勝であった。たら・ればはレースに禁物ではあるが、
ぐちぐち言いたくなるような惜しいエキサイティングなレースであった。

これでシリーズランキングは相変わらず2位だが、
トップとは10ポイント差にまで縮まった。
あと2レース。十分にトップを狙える位置に来た。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)
画像(640x426)・拡大画像(700x466)
画像(640x426)・拡大画像(700x466)
画像(426x640)・拡大画像(533x800)

Posted   パーマリンク

2019年09月07日(土)

9.07.●○× △□子はキレイだった

小学校の同級生かと思ったら中学校の同級生であった。
LINEで集まったミニ同級会。ファミレスの「ガスト」。

学校は名古屋市南区の南光中学校。
60年の昔、伊勢湾台風が直撃した南部の工業地帯の学校です。
みんなが明るい下町の学校でした。
多感な思春期の頃、いっぱいの事がありましたが
思い出してみると、嫌な思い出や、つらい思い出はほとんどありません。

最近集まり始めた会で
26年(生まれ)の会と言っていました。
私は三月生まれなので昭和27年生まれですが、同級です。
68才と67才は、よく喋りました。
中学校と小学校の卒業アバムを回し見しながら、
時を忘れて、一人一人を思い出しながら話していると、
しわくちゃになって頭の毛が薄くなった一人一人が、
昔の写真と重なってきます。
あの昔からはもう50年以上も経っていて、
その間の長い年月の歴史は、町の様を一変させますが、
人はその見た目以上には変わらず、
ほんの短時間で、近しい親しみを取り戻します。

今日集まってくれたのは8人で、
みんなが昔の一人一人の安否で話題が盛り上がっている時に
思わず
「●○× △□子はかわいかった・・・キレイだった」
と、つぶやいてしまった私は不謹慎な奴だった


夢のような二時間であった。

画像(640x480)・拡大画像(700x525)

Posted   パーマリンク

2019年09月06日(金)

9.06. 会社にデザイナーさんがいたのでKeePerが出来た

今、KeePer技研の企画部には6名のデザイナーさんと、
店舗部に1名のデザイナー。
2名のWeb技術者、1名の動画技術者はただいま産休中です。
愛知に3名、東京に2名、福島に1名、福岡に1名のデザイナーがいて、
各地のPRO SHOPさんのオリジナルの看板を、直接現地を見てデザインし
チラシなどは直接PRO SHOPの人と会って、一緒に企画して造ります。

デザイナーたちの
それぞれの仕事はKeePerのブランディングの一環であり、
販促活動の一環なので、基本的に企画料とかデザイン料はいただかず、
製作費もほとんど実費で提供しています。
だから、ご利用いただく機会も多く、
我が企画部の販促物を制作する量は、
下手な広告代理店よりよっぽど多いものです。
しかし、そこからの利益はほとんどありません。
それでも10名のデザイナーたちと
専用のスタジオ、事務所などの設備、高性能のMACなどの機器は、
膨大な経費を要しますが、
これこそが、すべてKeePerのキーパーたる強みに他ならず、
この膨大な効果と、KeePerの統一されたブランディングは、
かかる費用を補って余りあるメリットであると信じています。
間違いありません。

というよりも彼らが生み出すデザインの効果無しでは、
今のKeePerのブランディングはあり得なかったものと断言できます。
今の彼らの仕事量を広告代理店を通じて行ったら、天文学的な金額になるし、
それよりも今のデザインのクォリティを維持することは難しく、
なによりKeePerのポリシーを正しく表現することは不可能だったでしょう。

その中でも異色なのが店舗部のデザイナーは、
元々企画部に所属していたのですが、
いつの間にか店舗部にいて、
すべてのLABO店舗の店舗デザインと看板デザイン、
果てはチラシ、パンフレット、色々なツールのデザインまで手掛けていて、
LABOの先行して新しいことを試してみる役割を果たしてくれています。
彼には、企画部から店舗部への転籍辞令を出した覚えがないのですが、
いつの間にか、自分で店舗部に引っ越していました。
それで非常にうまく行っています。
この会社では、いいか悪いか別にして、よくある事なのです。
私も「あれっ?」とは思うのですが、それで仕事が上手くいくので、
いつの間にか自然に収まってしまいます。

仕事は自分の意志で行うべきであり、
仕事は上からやらせるものでもなく、上からやらされるものではないと、
あくまでも自分の意志で自分を動かすべきだと
常日頃から言っているので、
こんなことが起きているのでしょうか。

今日のプラン会議で、
今度行うLABO東郷店の改装で、
テントの骨の部分の”色”をみんなで話し合っている時、
その場でどんどんいろんな色でデザインして
5種類ほどその場で造ってくれたので
よくイメージで来て、こんな風にとりあえず決まりました。
建築バースは専用のソフト驚くほど上手く、キレイに劇的に早く造ります。
建設図面だけでデザインを検討するより、
はるかに具体的にリアルに検討出来て、
実際に出来ると、ほぼこのまま出来上がります。

画像(640x334)・拡大画像(700x366)

Posted   パーマリンク

2019年09月05日(木)

9.05.全国2位なのに、みんなが「残念でした」という雁道店

下記の記事は、キーパータイムの取材を元に書いていますが、
まだ、事実関係を取材先に確認が済んでいないので、
内容が変更される場合があります。
ご承知おきの上で、お読みいただけると幸いです。




全国3位の豊山店に行ってから
全国2位のENEOS WING雁道店に行きました。
より上位の店舗に来たのですから、さぞ明るいかと思えば、
ちょっと元気が無さそう。
雁道店は、昨年12月のキーパー選手権も全国2位で、
今回こそは全国トップにと意気込み全員で挑んだ8月であったのに、
トップは同じ会社ENEOS WINGの湾岸浦安店が、
9,135,000Pを獲得して優勝し、夏・冬・夏の三連覇した。

雁道店は惜しくも、また全国2位となり、
本来ならば「おめでとうございます。」のはずだが、
「みんなが『残念でしたね。』と言ってくれるんです」
と、おっしゃるのは雁道店の西田マネージャー。
お話の中でも「目標は日本一しかなかった。」と悔しそう。

画像(600x400)

雁道店は8,560,000Pで、
湾岸浦安とは「予約の時点で差が着いた」と、西田マネージャー。
しかし、それでもこの得点は、
最繁忙期である年末の選手権で獲得した8,257,000Pを越えている。
昨年12月よりこの8月の方が高い実績の店舗というのは珍しい。
それでも優勝出来なかったのだから悔しさもひとしおだろう。

12月よりも高い得点を挙げた秘密は「コーティングブース」に尽きると言う。
やはり密閉された空間で施工されることにお客様が好感を持って、
「あそこでやるんだろ? いいねぇー、俺のもやってくれよキーパー。」
と、
「お客様の方からキーパーを注文してきたのには驚きました。
受注がすごく楽になったことと、
ダイヤモンドキーパーがやたらと増えました。
たぶん、ダイヤモンドキーパーの台数日本一だったんじゃないでしょうか。」

画像(600x400)

それに何と言っても
スタッフにとっての作業環境が良くなったこと。
冷房付きのブースの中での作業だから、
昨年の夏にはずいぶん気を使った熱中症にも、
今年は全く心配することなく全員の健康を守れたと嬉しそうにおっしゃる。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

「全員がキーパーに自信を持っているので、
特に何も指示をしなくても、みんなの意志で、お客様に喜んでいただくために
自然にキーパーを販売して来ました。」

西田マネージャーと話をしていると楽しくなって来て
このあと、いっぱいの話をしたのですが、
キーパー選手権とは関係ない話にまで広がって、戻らず。
話が盛り上がって、私はついインタビューを忘れてしまいました。
ついでに写真を撮るのも途中から忘れてしまいました。
それだけ西田マネージャーは口数少なそうなのだが、
人を引きつける魅力があるようです。


スタッフ皆さんの写真は、豊山店、雁道店共に後で撮って送っていただけるそうです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年09月04日(水)

9.04.まずキーパー選手権全国3位の豊山店に行ってきました。

下記の記事は、キーパータイムの取材を元に書いていますが、
まだ、事実関係を取材先に確認が済んでいないので、
内容が変更される場合があります。
ご承知おきの上で、お読みいただけると幸いです。



今日は、8月のキーパー選手権の結果が発表されたので、
KeePer技研の社長や専務、部長達が、全国に飛び
入賞店にインタビューを行っています。
年寄りの私は、出張が続くと気の毒だと思われたのか、
愛知の2店舗を担当させられました。(ありがとう)
しかし、全国2位と3位の店舗であり責任重大です。
それで名古屋営業所の青山所長に車に乗せられて行った店舗は、
最初に、全国3位に輝いたENEOS WING豊山店です、

画像(600x400)

この店舗の鈴木マネージャーは、昨年全国3位であった店のマネージャーで、
その店はENEOS WING七宝下田であり、今年、その店も4位で入っています。

去年、七宝下田店で全国3位に輝いた店の鈴木マネージャーが、
今年は豊山店に移って来て豊山店を全国3位にした。
しかも、鈴木マネージャーが去った後の七宝下田店も、
今年全国4位に入っている。
会社としてはこんなおいしいことはなく、理想的な人事と言えるのか。
というより、この鈴木マネージャーはすごいですね。
今年、自分が赴任した豊山店を全国3位入賞させただけでなく、
自分が残してきた七宝下田店をも4位入賞させたのだから、
理想の結果ですね。
どこにもスーパースターの店長はいるものですが、
自分が行った店舗の実績を上げるのは良くある事でも、
残してきた店の実績も落とさないと言うのは、
そういう店にして残して来たのですから、よほどの人です。

その鈴木マネージャーが、豊山店に来てまずやったのは、
店の片づけと大掃除だったそうです。
豊山店は結構古い店舗で、
セルフのガソリンスタンドとトラックの軽油スタンドを併設しており、
更に大きな車検の指定工場を、別の事業部として併設しています。
その上ダブルのセルフ洗車機と手洗い洗車場があって、
一瞬戸惑うのですが、よく見ると整然としています。
最初はきっと色んな物が混在して、
ゴチャゴチャとしていたのかもしれませんが、今はすっきりしています。
まず片付けから始めるのは優秀な人の”王道”なのでしょう。
それに加えて、コミュニケーションを大切にしたそうです。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

スタッフは8人がコーティング技術一級資格を持っていて、
そのうち4人が受注と施工を担当して、
残りの4人がもっぱら施工を担当したのだそうです。
クリスタルキーパーが60台、
ダイヤモンドキーパーが45台、
ダブルダイヤモンドキーパー45台、
ダブルダイヤモンドキーパー・プレミアムが17台、
これに全国10位入賞のアラカルトが加わり、
洗車料金を加えて、全部で1000万円に少し届かなかったそうです。
スタッフ8人が集中して取り組んで全国3位。
高い収益性を生み出すには、それなりの陣容が必要だと言うことのようです。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)
画像(640x426)・拡大画像(700x466)

その中でも、ひときわスーパースターが女子スタッフの高橋さん。
(上の写真の真ん中の女性です)
今年の春のキーパー技術コンテストで愛知県2位に輝いて、
この事を前面に出して強力にアビールしたそうです。
チラシを造ったり、Webの店舗ページでアピールしたり、
LINEでの訴求も効果が大きかったそうです。

画像(600x354)

店舗にコーティングブースはまだありませんが、
暑かったこの夏をみんなでやり切ったとおっしゃっていました。
更に、全国3位のご褒美に今度コーティングブースを造ってもらえるそうで、
今年の12月以降のキーパー選手権は、
ブースという強力な武器を手に入れた豊山店が大きな脅威になりそうです。


明日は、全国第2位の雁道店の取材を載せます。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

9

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.