谷 好通コラム

2019年08月29日(木)

8.29.いくらなんでも5時間はケツが痛かった

鹿児島中央駅を出たのは16時32分。
「みずほ」という東海道新幹線で言うと「のぞみ」に当たる列車で、
鹿児島中央駅から新大阪までの超特急だ。
だから、「みずほ」は博多⇒新大阪間は「のぞみ」と同じ駅に止まり、同じダイヤで走るので、
名古屋駅まで行く「のぞみ」に「みずほ」から乗り換えるのは、
博多を過ぎたらどの駅でも構わない。
だから、
鹿児島中央駅の「みどりの窓口」で、
名古屋行きのチケットを頼むと、「どの駅で乗り換えますか?」と聞かれる。
その辺の事情を知らない人、あるいは理解してない人は
「えっ? どの駅で乗り換えるのかって? 私は知りませんけど。」となる。
そういう人はいっぱいいると思うのだが、
そんな時はどんな会話をしているのだろうか。
何かマニュアルがあるはずだ。
今度、鹿児島中央駅で名古屋行きのチケットを頼む時は、
ぜひ、
「えっ? どの駅で乗り換えるのかって? 知りませんけど」と言って見よう。
駅員さんがどんな風に見事に説明するのか、大変興味があります。
(決していじわるでなく)

答は人に寄るかもしれませんが「新神戸駅」が正解です。
新神戸駅には上下1本ずつしかホームが無いから、
新神戸駅ならば乗り換えるのにホームを移る必要が絶対にないからです。

それにしても、
新幹線に5時間乗るのは、ツライですね。
PCを打っていても、本を読んでいても、寝ていても、
とにかく3時間を過ぎあたりから、ケツが痛くなってきます。
年とって、ケツの筋肉の柔軟性が無くなって来ているのでしょう。
ケツが痛くてたまりません。

やっぱり鹿児島行きは飛行機が一番いいようです。
これからは行きも帰りも両方飛行機に乗りましょう。
絶対そうしましょう。前話を取り消します。
もう21時を過ぎました。
飛行機に乗っていれば、
もう家に着いて、風呂に入って、ビールを飲みながらテレビを見ている時間です。


九州北部は空が不気味でした。

画像(600x450)
画像(600x450)
画像(600x450)
画像(600x450)

Posted   パーマリンク

8.29.鹿児島は超楽々日帰りコース。

鹿児島行なので、当然、飛行機です。
少なくともひと昔まではそうでした。
ところが今では新幹線が鹿児島まで通ってしまったので、
必ずしも鹿児島は飛行機とは言えなくなったのです。

飛行機では空港までの時間と出発までの時間を見なければなりません。
今日ならば11時40分の飛行機に乗るために、
10時20分に会社を出ました。
中部空港に着いたのは10時40分。
(当社は空港に恐ろしく近いのです)
私の場合、空港での手続きがいちいち面倒なので、時間の余裕を見ます。
案の定、チェックインしてゲート前に着いたのは11時15分。
搭乗して11時40分に出発です。

鹿児島便は新幹線に乗客を取られて減ったからなのか、
機体が、ジェット機のB737-800搭乗客数160席から、
プロペラ機のボンバルディアDHC8-400搭乗客数74席に代わっていました。
だから、飛行のスピートが落ちているので、
2時間近くかかるようになっています。
鹿児島空港への到着は13時30分ぐらいの予定です。

そして、空港から市内までが30分以上はかかるので、
会社を10時20分に出て13時30分に市内に着くので、
結局、3時間10分移動にかかったことになります。
新幹線ならば名古屋⇒博多⇒鹿児島で約5時間。
駅までの移動は合わせても1時間なので結局6時間見ればいい事になる。
しかし、飛行機の便数は少なく、新幹線の本数は圧倒的に多い。

名古屋⇒鹿児島は、やはり、飛行機の方が速いので、
行きは飛行機に乗っています。
しかし、帰りの飛行機が17時の便の席が無かったので、
その後が20時30分の便しかなく、
鹿児島での時間がかなり余る。
やはり、絶対的な便数が少ないのは不便だ。
向こうでの打ち合わせがどれくらいかかるか判らないので、
帰りは、時間を決めずに西鹿児島駅から適当に新幹線に乗って帰ることにした。
片道5時間の新幹線を往復で10時間は嫌だが、
帰りの片道だけならば5時間は許容範囲だ。

打ち合わせにある程度時間がかかって、
新幹線に17時に乗ったとしても、名古屋駅には22時には着く。
東京出張でも名古屋への帰りが22時ぐらいになることは日常茶飯事。
夜の名古屋駅前の繁華街に引っかからなければOKだが、
(たまには引っかかってもいいかな。)

鹿児島は、新幹線の開通で、
飛行機の少ない便数に縛られなくなったので
完全に日帰りコースになってしまったのです。
それも、朝10時20分出発の超楽々コースです。

画像(600x450)
画像(600x450)
画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2019年08月28日(水)

8.28.残念だったが、ひょっとしたら逆に縁を得たかもしれない。

九州の北部で記録的な豪雨が降り続き、
私も明日の長崎行きが中止になりました。
久しぶりの長崎は楽しみにしていたので大変残念ですが、
たまたま出ていた鹿児島の有望な物件を、急遽見に行くことになって、
それはそれで、何か得したような気がしたのです。
ひょっとしたら、
明日行かなかったら逃していたかもしれない物件を、
たまたまの偶然で、急遽行けることになって、これも一つの縁かもしれません。

そんなことが今までの過去にもいっぱいありました。
たまたまの偶然で手に入れた縁もあれば、失った縁もあったのかもしれません。
そういう意味では、私達は、
何もかも自分の意志で動かしているような気になっていても、
もっと大きな見えない意志で動かされているような気にもなってきます。

太古の人間が、
神の存在を思いつき、
神がいると考えると何もかものつじつまがうまく合って、
何もかもの説明が着くことに気が付き、
地域とか民族によってそれぞれに神が出来て、
価値観が共有されるようになると、文明が出来上がってきたらしい。
(今ベストセラーの「サピエンス全史」が面白い。)
価値観の共有が文化だとするならば、
神の概念は人類史に豊かな文化を創りだしてきたとも言えるのでしょうか。

もしかしたら、
私は、神様のおぼしめしで長崎行きが中止になって、
神様のおかげで鹿児島のすごい物件を手に入れるのかもしれない。
何がどう巡って、何がどうなるのか全く分からないのだから、
何が幸運で、何が不幸かも解かったものではない。
解かっているのは、
自分が誰かのせいで不幸だと思い始めたら、
誰かのおかげで幸せになることも無くなるという事だろうか。

いずれにしても、
誰もが持っている共通の等しい運命は死ぬということ。
限りある人生が、
いかに長いかということに意味があるのか。
限りある人生をいかに快楽に豊かに生きるということに意味があるのか。
自分の人生を他人の定規で測られても困る。
いつも思うのだが、人生は成るようにしかならない。
ジタバタしても、いくら嘆いても、成るようにしか成らないのだから、
精一杯の事を、堂々と心置きなく成せばいい。と思う。
その上で、
自らに与えられた運命をいかに潔く受け入れるかで、
自分の人生の自分にとっての価値の高さが決まって来るのではないか。
長崎行きが中止になっただけだが、
色んなことを考えてしまった。

歳をいよいよ取ってきたのだろうか、
色んなことを自らの人生においてどうなのかなんて、
すぐにオーバーに思うようになった。



先日、孫たちが来て組み立ててくれた「内臓シリーズ」のカブトムシ。
腹の部分が透明で内臓が見える。

画像(500x331)

角度を変えるとほれぼれするほど迫力がある。

画像(500x331)

タランチュラも腹の部分が透明になっている。

画像(500x331)

我が家の玄関。私はかっこいいと思うが、たいていの人はびっくりする。

画像(640x423)・拡大画像(650x430)

Posted   パーマリンク

2019年08月27日(火)

8.27.「変わる」「変え続ける」強み

前話で、上場後、この会社が急成長できたのは
「変わらない」ことが、強みの一つであったと言った。
成長する組織の中で、
役職が上がってもその仕事ぶりと感性が「変わらない」という文化と、
大切にしなければならないものを変わらず大切にしていく文化が、
組織の成長を止めない強みになっているとも書きました。

逆に、
「変わること」「変えること」も躊躇しません。
組織全体が常に成長しているので、
組織の中に安定してそのままであり続けようとする部分があると、
すぐに歪みが生じてしまうので、
「このままではイカン」という危機感を常に持ち続けます。
そして、必要となれば、
いつでも、常に、変えることを躊躇せずに実行します。

組織が成長するから常に変わるのですが、
逆に、常に変わり続けるから成長しているのだとも言えます。
弁証法的な進化が、
常にみんなで議論することで自然に発生します。
進化している者が自らの進化に気づかないのと同じように
進化し成長し続けていると、
その節目が無くなって連続した進化と成長になるので、
その成長に気が付かなくなってしまうのではないでしょうか。

ここ5年間で、2倍の企業に成長したことを、
内部の人間が驚いているのは、
変化し続けて、成長し続け、
節目無く成長を続けたので、
成長していること自体に気が付かなくなっていたのかもしれません。

「変えること」「変わること」とは、
常に進化する方向性を持った思考の連続と、絶え間ない議論。
議論は自己主張より他人の感性を受け入れること。
自分以外をいかに受け入れるということが議論。
「変わること」とは、
自分以外を如何に受け入れること。
変わることは議論する事から始まる。

Posted   パーマリンク

2019年08月26日(月)

8.26.「変わらない」が強みでもあり、致命的にも成りうる。

先日の機関投資家への決算説明会で、
出席者のお一人がこうおっしゃった。
「上場して4年で、売り上げを2倍、利益を3倍にした会社は、珍しい・・・」
そう言われてポカンとなった。
同席していた者も同じくで、「え~そうかなぁ」と、まるで他人事のよう。

あれからもう一週間経ったが、
ちょっと調べてみた。
東証マザーズ市場に上場したのが2015年2月なので
その直前の2014年6月期は、
売上げが約52.9億円で粗利益が35.7億、
2019年6月期は、
売上げ83.2億円で粗利益が62.0億なので、
割ると売上げが5年前比159.1%であり、粗利益で5年前比173.7%。
2倍は無いが、大きく四捨五入すれば2倍と言って言えないことはない。
粗利益率が上がっているのは、サ―ビス料収入が大きいLABOが増えたから。

経常利益は、5年前比は288.5%なので、
これも四捨五入すれば3倍と言える。
確かにそうだ。
税引き後の純益で言えば322.6%。
あの機関投資家のおっしゃった言葉にオーバーな誇張はない。

我がことながら、改めて、凄いなと思った。
と同時に、
しかし、
会社が大きくなったという実感がまったく無い。
確かにLABOの店舗数は32→80で2倍以上になったし、
従業員も5年前の2倍を越して500人以上が在籍していているが、
同時に会うことは年に一度あるかどうかだけで、
店舗に行けば1対1で、みんな仲間だ。
食べる物が変わった訳ではないし、
持ち物も同じ、着る物も一緒、
新しい服は上場してから2度ほどしか買いに行ったことがない。
棲む家は変わったが、連れ合いと二人だけになったので平屋になっただけ。
それでも、自分達の会社の売り上げが2倍近くになって、
利益が三倍近くにもなれば、何かが変わるはずなのだが。
良くも悪くも何も変わらない。

ひょっとしたら、
この会社の急速な成長の秘密が、この「変わらない」にあるのかもしれない。

私は今、
Webサイトによる予約システムを造る会議に出ている。
会長である私だけでなく社長も専務も出ている。
会社のトップが三人とも出ている会議で、
今、「定休日」をどのように表示するのか、どのように設定するのか
プログラマーを中心にして、順番に造っていく。
まるで、若いスタッフを中心にした予約システム製作分会みたいな会議で、
この場に、東証一部上場会社のトップ経営者三人が加わって、
ボタンの色を一緒になって決めているのは、一般的に見れば異常であり、
とても、一流の会社とは言えない。
しかし、KeePer技研株式会社という会社からすると、これは日常なのだ。
経営者たる会社幹部が、現場の実に細かい所にまで平気で参加している。

極論を言えば、
年末年始の最繁忙期には、
体が動き、きちんと技術を持っている者ならば、
たとえ、どんなに上の役職の者であっても、平気でつなぎを着て、
皆と一緒になって作業をする。
だから、会社の上層部が、
会社の細かい所のことまで知っていて、
こまかい所にまで会社の意志が届いている。

役職が上になったから、
細かいことはみんな下の者にやらせて、
上の者は体を動かさず、手も下さないようにはならない。
あるいは、
上の者は、大局に関わる事だけを議論し、
細かいことはみんな若いスタッフが議論して決めさせる。
なんてこともない。
どんな細かい事でも、会社幹部が平気で議論に参加してくる。

そんな「変わらない」がこの会社の強みでもあり、
逆に弱みでもある。
上の役職の者が、細かい仕事でも平気でやるので、
絶対的な仕事量がはかどらない。
もっと会社が大きくなったりすると、いつか致命的になる可能性がある。

しかし、そのまた逆に、
上の役職に上った者が、
それまでやっていた事を役得としてサボる様になったら、
もっと早く致命傷になる。これは簡単に致命傷になる。

この会社の強みの一つは「変わらないこと」。

もう一つの強みは、実は「激しく変わること」でもある。
これはまた明日。



いつまでも変わらず仲良しのリンダとチーちゃん

画像(500x331)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.