谷 好通コラム

2019年08月26日(月)

8.26.「変わらない」が強みでもあり、致命的にも成りうる。

先日の機関投資家への決算説明会で、
出席者のお一人がこうおっしゃった。
「上場して4年で、売り上げを2倍、利益を3倍にした会社は、珍しい・・・」
そう言われてポカンとなった。
同席していた者も同じくで、「え~そうかなぁ」と、まるで他人事のよう。

あれからもう一週間経ったが、
ちょっと調べてみた。
東証マザーズ市場に上場したのが2015年2月なので
その直前の2014年6月期は、
売上げが約52.9億円で粗利益が35.7億、
2019年6月期は、
売上げ83.2億円で粗利益が62.0億なので、
割ると売上げが5年前比159.1%であり、粗利益で5年前比173.7%。
2倍は無いが、大きく四捨五入すれば2倍と言って言えないことはない。
粗利益率が上がっているのは、サ―ビス料収入が大きいLABOが増えたから。

経常利益は、5年前比は288.5%なので、
これも四捨五入すれば3倍と言える。
確かにそうだ。
税引き後の純益で言えば322.6%。
あの機関投資家のおっしゃった言葉にオーバーな誇張はない。

我がことながら、改めて、凄いなと思った。
と同時に、
しかし、
会社が大きくなったという実感がまったく無い。
確かにLABOの店舗数は32→80で2倍以上になったし、
従業員も5年前の2倍を越して500人以上が在籍していているが、
同時に会うことは年に一度あるかどうかだけで、
店舗に行けば1対1で、みんな仲間だ。
食べる物が変わった訳ではないし、
持ち物も同じ、着る物も一緒、
新しい服は上場してから2度ほどしか買いに行ったことがない。
棲む家は変わったが、連れ合いと二人だけになったので平屋になっただけ。
それでも、自分達の会社の売り上げが2倍近くになって、
利益が三倍近くにもなれば、何かが変わるはずなのだが。
良くも悪くも何も変わらない。

ひょっとしたら、
この会社の急速な成長の秘密が、この「変わらない」にあるのかもしれない。

私は今、
Webサイトによる予約システムを造る会議に出ている。
会長である私だけでなく社長も専務も出ている。
会社のトップが三人とも出ている会議で、
今、「定休日」をどのように表示するのか、どのように設定するのか
プログラマーを中心にして、順番に造っていく。
まるで、若いスタッフを中心にした予約システム製作分会みたいな会議で、
この場に、東証一部上場会社のトップ経営者三人が加わって、
ボタンの色を一緒になって決めているのは、一般的に見れば異常であり、
とても、一流の会社とは言えない。
しかし、KeePer技研株式会社という会社からすると、これは日常なのだ。
経営者たる会社幹部が、現場の実に細かい所にまで平気で参加している。

極論を言えば、
年末年始の最繁忙期には、
体が動き、きちんと技術を持っている者ならば、
たとえ、どんなに上の役職の者であっても、平気でつなぎを着て、
皆と一緒になって作業をする。
だから、会社の上層部が、
会社の細かい所のことまで知っていて、
こまかい所にまで会社の意志が届いている。

役職が上になったから、
細かいことはみんな下の者にやらせて、
上の者は体を動かさず、手も下さないようにはならない。
あるいは、
上の者は、大局に関わる事だけを議論し、
細かいことはみんな若いスタッフが議論して決めさせる。
なんてこともない。
どんな細かい事でも、会社幹部が平気で議論に参加してくる。

そんな「変わらない」がこの会社の強みでもあり、
逆に弱みでもある。
上の役職の者が、細かい仕事でも平気でやるので、
絶対的な仕事量がはかどらない。
もっと会社が大きくなったりすると、いつか致命的になる可能性がある。

しかし、そのまた逆に、
上の役職に上った者が、
それまでやっていた事を役得としてサボる様になったら、
もっと早く致命傷になる。これは簡単に致命傷になる。

この会社の強みの一つは「変わらないこと」。

もう一つの強みは、実は「激しく変わること」でもある。
これはまた明日。



いつまでも変わらず仲良しのリンダとチーちゃん

画像(500x331)

Posted   パーマリンク

2019年08月25日(日)

8.25.八月最後の日曜日、半田店、守山店、春日井店、長久手店

大盛況のうちにお盆の連休が終わり、
少し下がってきた気温で、秋が間近にやって来ている事を感じます。
それでも店舗を訪問する時には、まだアイスが喜ばれます。

午後から回り始めました。
最初に行ったのは【LABO半田店】
半田店の名物・太陽的存在の横山店長は、
千葉県の松戸店に1ヶ月短期派遣されていて、
この厳しい8月を、半田店は、横山店長抜きで乗り越えねばならなかったが
横山店長は毎日電話をかけてきて、
自分が松戸店でのお休みの日は、
毎週千葉から帰って来て半田店に来ていたらしい。

そんなおかげもあってか、
半田店は片翼飛行のような状態で、
前年比115%を越えた実績でここまで来ていて、
今日、たまたま訪問した時も、
たくさんの車が、ブースの中で並んで施工を受けていた。

「店長のいない8月はどうだったか?」と聞くと、
杉浦チーフは「きつかった」と一言、笑って答えてくれた。

一級技術資格豊島スタッフ、杉浦チーフ

画像(600x397)

一級技術資格磯部スタッフと、一級技術資格小田スタッフ。

画像(600x397)

【守山店】は、
先月まで店の責任者だった堀課長が技術開発課に転進したので、
坂崎チーフが店長に昇格しました。
その途端の8月に現在進行形で前月比220%の大活躍ぶりです。
この8月がちょうど2年目のスタートで、
1周年フェアのようなものをやり、それが当たったこともありました。
しかし何よりも、堀課長が預かった1年間が良かったので、
この2年目の素晴らしいスタートになったのでしょう。
もちろん、坂崎新店長が良かったこととみんなが頑張ったことも大きな要因です。

坂崎店長、一級技術資格武藤スタッフ、松下チーフ

画像(640x423)・拡大画像(700x463)

守山店は目の前に大きなカーディラーがあります。

画像(600x397)

次に【春日井店】に行きました。
春日井店も二年目のジャンプ中で、現在進行形では160%近くで大健闘中です。
この店舗は永井課長が造りだすチームワークがすごく良いようです。

永井課長、一級技術資格松浦スタッフ、体力気力充分一級技術資格安富スタッフ、

画像(640x423)・拡大画像(700x463)

かわいいだけでなく存在感がすごくなってきた川村チーフ

画像(600x397)

【長久手店】は、
長く長久手店のチーフを務めていた梶田君が店長になって、
ようやくその力を発揮してきてこの8月は絶対400万円台に挑戦です。

梶田店長、いい味出していた田中チーフ
近い将来上がってくること間違いなしの大物中根スタッフ。

画像(640x423)・拡大画像(700x463)

一級技術資格高井シニアスタッフ。

画像(600x397)

長久手店は立地はいいのだが、あまりにも視認性が悪く苦戦していたが、
今では一人前の実績を出しつつあるまでになってきた。

画像(600x397)

明日もいいお天気のようです。

画像(640x423)・拡大画像(700x463)

Posted   パーマリンク

2019年08月23日(金)

8.23.こ二三日どうしても書けませんでしたが、

ここ二三日、どうしても書けません。
日記のような文章も書けないでいて、困っています。
昨日も今日も、何も無かったわけではなく、
けっこうたくさんの事があって、
たくさんの事を感じ、いっぱいの事を考えたのですが、
たくさんの事があり過ぎて、
昨日はまた強い刺激があったので、余計書けなくなっているのでしょうか。
私はこれからずっと何も書けなくなるのでしょうか。
写真を積極的に撮っていないので、こうなっているのかもしれません。
明日はまた、あらかじめ入っている用件が済んだら、
店舗をずっと周ってきましょうか。
私は今、ちょっと異常なのかもしれません。
皆と会うと、まともに戻れそうな気がします。

一つ書くことがあるとするならば、
私は今、アウディA1funcupレースに出ようかどうか、
と言うよりも、レースに出るための練習走行をまたやろうかどうか、
すごく迷っています。
先日、富士スピードウェーで2台のアウディA1を壊して、
自分もろっ骨を痛めたのは、
油断したから駄目なのであって、ちゃんと緊張感を持って走れば、
まだまともに走れるのではないかと真剣に思っているのですが、
三日前に機関投資家を周って決算説明をした時、
ある投資家から「自分で出るレースはもうだめですよ。」と釘を刺されたし、
それでやめてしまうようでは、
私の青春はとうに終わっていたことになるし、
これきしの事でやめる様なら最初から止めておけばいいのだから、
絶対やった方が自分らしいと思うのですが、
やっぱり、もう、やめておいた方がいいのでしょうか。ものすごく迷います。
そういえば、昨日我が尊敬する人と一緒に食事をして、酒を飲んだので、
その時、相談すれば良かった。

やっぱり、まだ書けるかもしれない。

Posted   パーマリンク

2019年08月20日(火)

8.20.その差が大きくなる。

お盆が終わりました。
LABOもPRO SHOPもどの店舗も、
今年は大盛況のお盆でした。
19日現在に至っても全体で前年同月同日比140%を越しているのは驚きです。
ただしここから先、週間天気予報の表には雨マークが散らばり
月末までがそう簡単には行かないことを予感させています。

どんなビジネスでも同じかもしれませんが、
特に車を綺麗にするこのビジネスは、お天気の良し悪しに大きく影響されます。
キーパーなどのカーコーティングは
雨が降っても予約がキャンセルになることはあまりなく、
売上げ実績にも大きくは影響しませんが、
普段のお手入れである「洗車」は雨が降ったらそれで終わりです。
雨が降っている最中に洗車をする人はまずいません。

雨が降ったり曇ったりしていると、
既に予約を入れているコーティングはあまり影響されませんが、
洗車をする気が無くなるので、コーティングマインドにも影響して、
全体としてはマイナスに効きます。
逆に今年の長梅雨のように、異常に降って、
スパッと晴れ上がると、一挙にコーティングマインドも跳ね上がって、
洗車のラッシュと同時にキーパーコーティングなども大忙しになります。

来る時は一挙に来るのです。

需要というものはそういうものなのでしょう。
でもそんな時に、「自らの意志で働いている人」と
「働かされている人」の差が出ます。
自らの仕事によって多くの人が喜んでくれている事を、
自らの喜びとも感じることが出来る人は、
忙しければ忙しいほど、
自らの仕事でお客様が得る喜びが大きくなるのだから、
自分にとってもより大きな喜びとなり、
結果として売り上げも伸びて、仕事の報いである報酬も増えて、皆で喜びます。

これが逆に
仕事をやらせる人の下で働く「働かされている人」は、
こんな一挙にお客様が来る時は悲劇です。
雨が降って暇な時と”同じ給料”で、
何倍もの洗車とコーティングの作業をしなければならないのでから、
最悪です。
「お客様をお待たせすると申し訳ないので・・・」とかなんとか言って、
ていよく仕事を断って、
電話でも、「忙しい?」と聞かれたら、「はい、忙しいです。」ときっぱり。
何とか仕事量を減らそうとします。

「自らの意志で働き、
仕事によって得られるお客様の喜びが、自らの喜びでもある。」人
と、
「働かせる人」に「働かされている人」では、
その結果に大きな差が出る。

その大きな差とは、
結果としての実績の差であり、
つまり、それはお客様が得た満足と喜びの量でもある。
更に、それは自らの喜びと満足の量と質の差にもなる。

洗車とかコーティングは必要商品ではなく欲求商品なので、
特にその差が大きくなる。

Posted   パーマリンク

2019年08月18日(日)

8.18.蒲郡竹島水族館の大ヒットはグソクムシだけではなかった。

愛知県蒲郡市の三河湾に面した観光地「竹島」に、
日本で4番目に狭いと自称する蒲郡市営の水族館「竹島水族館」があります。
お盆連休の最後の日に、とうとう休んでこの水族館に行ってきました。

竹島水族館は狭いだけではなく半端なく古い水族館で、
観客数もある時までは激減していて、予算もつかず、
日本国中にいっぱいある閉鎖必須の、老齢、狭小、公営水族館の一つでした。
それが、いつの事か、
どうしてなのか理由は知りませんが、
30才台前半の若い館長を起用して、
彼がこの水族館に革命を起こして、今では大繁盛水族館になっているのです。
最初に大きな話題になったのは、
深海の巨大ダンゴ虫「オオグソクムシ」を、
タッチプールで観客に触らせたことでしょう。

オオグソクムシは深海の生物で最近発見された生き物ではありますが、
大量に生息していて希少な生物である訳ではないのですから、
多くの人に触ってもらう企画は自然保護を無視した暴挙ではありませんが、
見た目は気持ち悪いそのものであり、
それを触らせるとは奇抜な企画ではあります。
そんな変であり奇異な話題はSNSの世界であっという間に広がって、
それまで全く無名であった竹島水族館を一躍有名にしてしまいした。
と言っても、
竹島水族館はグソクムシを触れるだけが取り柄の水族館ではなかったのです。
多くのここを見に行った観客が、
「面白い」「素晴らしい」と高評価をしたのです。
テレビにも何度か取り上げられたのかもしれません。
私の頭の中には「竹島水族館→深海の生物」の図式だけが残っていて、
いつか行きたい所の一つになっていたのです。
それで今日、お盆の連休最後の日、
どこにも連れて行ってなかった家族ととうとう竹島水族館に行ったのです。

竹島水族館には、23号線バイパスに乗ってどんどん南下し、
バイパスの一番南の端まで良き、そこから数kmです。
びっくりするほどの古い建物で、
「竹島水族館」と書いてあるのですぐに判ります。

さすがに人気水族館のお盆連休最後の日、
駐車場の空きがなかなかありません。
少し並んで大人一人500円の入場券を買い、入口へ、

入った途端にほとんどびっしり状態の満員です。
混んでいるとはある程度予想していましたが、まさかここまで混むとは。
中に入ってからも中々列が進みません。
みんな、展示の説明の文字を一生懸命読んでいて、進まないのです。
でも、ちょっと方角を変えたら、
びっしり状態は解消して、何とか展示を見られる状態にはなったので、
一緒に見て回りました。

水族館の設備としては古い方なので、
決して良い設備ではないのですが、展示の内容は素晴らしいものでした。
なによりも、生き物がみんな活き活きしていて健康に見えます。
私は専門家ではないので判りませんが、
たぶん本当に健康で幸せそうです。
丈夫でいっぱい獲れる「ウツボ」なんて、これでもかと言うほど居ます。
珍しい生き物、つまり看板となるような展示はあまりありませんし、
大迫力の回遊大水槽なんて派手な展示もありません。
つまり、展示側が自慢したくなるようなハードは全くありませんが、
観る側の目的である展示の生き物は、みんな活き活きしていて、
大合格です。
展示されている生き物たちに対する飼育スタッフ達の愛情をひしひしと感じます。

列がなかなか進まない原因の一つになっている「説明書き」というか、
解説員のつぶやきの様な、家族を紹介しているようなコメントが面白いので、
そう感じるのかもしれません。
また、観客からのコメントにも面白いものがありました。
そう、そのやり取りはSNSのコミュニケ―ションそのものです。

展示の生き物たちの学術的な価値がどうなのかは
素人の私には解りませんが、
見たことの無い種類の魚やカニがいたり、
深海の生き物であって、世界最大の甲殻類であるタカアシガニが、
最大級の大きさで”生きて”展示されていたり十分に堪能しましたが、
それ以上に、
展示側と観客側に本気でのコミュニケーションがあって、
グソクムシのタッチ展示に対する批判的なコメントも表に出して、
それに対して謙虚な展示側の意見も述べて
本音のコミュニケーションが、SNS上の世界と同時にありました。

竹島水族館は、SNS世代のパパとママが子供をいっぱい連れて、
展示を真剣に見ているのです。
不思議なくらい真剣に見ていました。

この老朽狭小公営水族館の異常なまでの人気は、
どんな経緯で任されたのか判らないが、有能な若い責任者たちが
本気で生き物たちを幸せにしようと造りだした素晴らしい展示という仕事と
説明文という自分たちからの発信を本音で語って、
それに呼応する形でいただいたコミュニケーションを大切にした。
言ってみれば「本気」と「本音」が造りだした
スーパー大盛況とでも言えるのではないだろうか。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

私達のビジネスでも「本気」は、
いつも本気で車をキレイにするから、
キレイにするという作業をさせられてしている作業とは別物の、
本物のキレイを提供できるし、
お客様をいつも本音で歓迎の気持ちを持った接客応対をすると、
お客様も真剣に相談していただける。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.