谷 好通コラム

2019年08月09日(金)

8.08.なお暑い、でも立秋。3番の豊田店、東郷店、岡崎店、豊橋店

今日は「立秋」。
暦の上では秋が始まった訳だが、
乗っていた車の車外温度は39℃の猛暑を表していた。
しかし毎年、お盆休みが終わる頃には暑さも治まってくるし、
夏のご来店のピークもお盆休みが終わると共に収まってくるので、
夏の頑張りもあと一週間くらいがピークである。

今年の夏は、
7月の記録的な長梅雨の反動で、
8月、けたたましいほどのご来店があって、
7月の不振を一挙に取り戻しつつあるが、
その中でもずば抜けて飛ばしているのがLABO豊田店。
豊田店は大型で着実な実績を上げている中堅店だが、
8月のスタートダッシュ凄まじく、第一週を全店中3番目で通過したのです。
今年の8月は、他のみんなも記録的なダッシュをしている時の
全店ベスト3は、価値があります。

豊田店は文字通りトヨタ自動車の総本山のど真ん中にあって、
車に縁が深くて目の高い人が多い。
そんな車の街で、KeePerの本物ぶりを認めていただいているのか、
豊田店の実績が上がり続いているのが嬉しい。

【豊田店】
左から木村副店長青山シニアスタッフ、一級技術資格石川スタッフ。

画像(600x397)

一級技術資格島本スタッフ。

画像(364x550)

快適なコーティングブースは豊田店がピカイチ。
キーパーコーティングを受ける車で空く間がない。

画像(600x397)

本当は一番目に行った【東郷店】
この店も来月から大改修を受ける。
友田チーフがすごく大人になっている。

画像(424x640)・拡大画像(530x800)

今日は二人営業で、バリバリと動いていた一級技術資格松永スタッフ。

画像(424x640)・拡大画像(530x800)

標準的な店と比べると一回り大げさに作られている東郷店。
もう少しで他の店と同じになれる。

画像(600x397)

【岡崎店】
先々月、更新工事を受け新しくなった。
コーティングブースには珍しく白い車ばかり三台が並んでいた。きれいだ。

画像(600x397)

7月は岡崎店は無残にもボロボロであったが、
この8月は、快調に飛ばしている。だからか鎌田店長がご機嫌であった。
左から一級技術資格北尾スタッフ、一級技術資格中村スタッフ。元気いっぱいの鎌田店長。

画像(600x397)

早く一級ツナギを着たい最近入った田中スタッフ。

画像(550x364)

岡崎店はJrなどの機械をキレイにすれば光るはずだ。

画像(600x397)

岡崎から高速に乗って【豊橋店】
先月から二年目になっている豊橋店は、ここからが正念場です。
相変わらず元気な畑田店長と、最近入った豊田スタッフ

画像(600x397)

通勤が遠い甲斐哲平チーフ。キーマンになってくれそうです。

画像(550x364)

明日も良いお天気のようです。でも、暑そうです。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

Posted   パーマリンク

2019年08月07日(水)

8.07.昔からのお客様でLABO新・鳴海店が蘇った。

快洗隊鳴海店は「RYKO」というアメリカ製の巨大な洗車機を、
ドライブスルー手洗い洗車機に仕立て上げて、
手洗い洗車の革命を目指していたが、
結果としてうまく行かず、つまりお客様の支持を得られず、
早々に撤去して、大きな損失を出したことがある。


15年前のブログから見つけ出しました。【RYKO】

画像(640x480)

痛恨の思い出がある店舗だったが、
建ててから15年後の今日、400m離れたもっと広い土地に、
純正KeePer LABO鳴海店として蘇った。
コーティングブースゆったり5台分。
手洗い洗車場2台分、
仕上げ場は、見学テラス付きで多分8台分。
最新のドライブスルー洗車機を設置したくなるような余裕だ。
しかし、この店舗はドライブスルーに悪い思い出があるので、
私の出したドライブスルー企画は反対され、潰された。
だから、恐ろしいほどの余裕たっぷりのLABO鳴海店が生まれた訳です。

画像(600x450)

その新しい鳴海店オープンの今日、
長梅雨明けとはいえ、
平日なのに、びっくりする程多くの来店があったのです。

一時、新店オープンの時にやって見た1000円洗車もやりませんでした。
だけど、このようなチラシを、
今のお客様に加えて過去5年間に来店された過去のお客様にも郵送しました。

画像(425x600)
画像(640x452)・拡大画像(700x495)
画像(640x452)・拡大画像(700x495)

そうしたら、
昔の会員カードを持って、いっぱいのお客様が来られたのです。
ひょっとしたら、
たまたま今東海三県には「キレイのピーク」のTVCMが流れているので、
それに「昔のお客様」が反応してまた来てくれたのかもしれません。

テレビコマーシャルの使い方は、
集中してテレビで流して、その間に昔来てくれたお客様にチラシを送ると、
すごく効果が上がって、一度はキーパーの良さを知った昔のお客様を、
蘇って来店されるという効果的な良い企画なのかもしれません。
たまたま鳴海店は新装オープンしたから、
キレイな店舗を見てみようと思われて、それに反応したのかもしれません。
よく分析して見なければいけません。
8月のシーズンには間に合いませんでしたが、
11月から12月にかけての最需要期刊にこの刺激的なCMを使って、
全国レベルで大販促を掛けます。

全力で分析し、効果的な販促策を全国に紹介して行き、
11月から12月にかけて、好評なこのCMを全国に大量に放映します。
今年はそうしようと決めたのだから。

しっかりものの羽尾スタッフと白石店長基常チーフ

画像(640x480)・拡大画像(700x525)

尼崎店からの応援団いい男の一級技術資格高田スタッフ。

画像(412x550)

この地域の担当伊東マネージャー

画像(532x414)
画像(600x450)
画像(600x450)
画像(600x450)

近い将来総務になる神谷マネージャー。
KeePer LABOを半年体験して上で、総務責任者をやってもらいます。

画像(550x412)

コーティングブースは「天井」が
冷房効果に一番貢献するようです。

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2019年08月05日(月)

8.05.#37 ドベ2から、ゴールではなんと4位にまで上がる

富士スピードウェーに到着したのは午前9時過ぎ、
しばらくいた後、平川亮選手にテントであったので聞いてみた
私「なんで遅かったの?」
亮「今日は800kmの長いレースだから、
スタートで前に行くより、
硬いタイヤを履いて、本番で前に行く方がいいと思ったんです。」
このレースでは、
決勝レースのスタートは、
予選で使ったタイヤをそのまま使わなくてはいけないルールがあって、
予選タイムを上げるためグリップのいいソフトなタイヤを履くと、
決勝レースで早くタイヤが減って、
早くピットに入らなくてはならなくなる。
それがこのレース展開にどう影響するのか、
ピットインの義務回数や燃費などと複雑に絡み合って、
それぞれのチームによって作戦が練られるのだが。
だから、この日の予選の遅さはタイヤの硬さの選択による計算済みの事らしい。
さらに、亮いわく
「とりあえず7位を狙っていきます。」
#37KeePer TOM‘S LC500は、
ただいまシリーズポイント2位であり、
つまり、ハンディウェイトも2番目に重いことを意味していて、
このレースは、優勝争いの勝負にはならない。
だから、シリーズチャンピオン争いをする身として、
ウェイトが重い今の時期にいかに少しでもポイントを稼げるかが勝負になる。
だから、7位狙いはまっとうな選択だ。

だから、午後1時40分からの決勝レースはのんびりと見た。
全177周の耐久レースだ。先は長い。
とは言っても、なかなか前に出てこないので、
さっぱり中継映像の画面にも映って来ないのでつまらない。

それから色々なことがあって、
セーフティカーが入るたびに、
たまたま、その時に、どの位置にいたかが運命の分かれ目になって、
ハンディウェイトが一番重い#6が、
セーフティカーが入る直前のピットトン。
とっさの判断がドンピシャで、
ペナルティをギリギリでのがれ、奇跡のようなトップを取った。
我が#37も、終盤のセーフティカーが入ったタイミングが良く、
しかも、最終ドライバーの平川亮の追い上げが厳しく、
目標の7位どころか、
なんと4位でゴールイン。

スーパーGT第5戦、富士スピードウェー
800km、5時間以上の長い長い耐久レースでしたが、
ずっと展開が激しくて、面白いエキサイティングなレースでした。

画像(600x399)
画像(600x339)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2019年08月04日(日)

8.04.主観的・7月実績に見るLABO考察

(前文)
この解説は、先に出された「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに相対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先の開示された情報が正しいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の7月は昨年比200%に近記録的な長雨であり、
特にLABO店舗が集中している中部と関東地方では、
洗車コーティングマインドに大きく影響する日照時間が昨年比で1/3であり
このビジネスにとっては過酷とも言える悪い気象状況でした。

画像(640x147)・拡大画像(800x184)

その悪天候に対して洗車での来店台数が大幅に減っただけでなく、
全体としての来店台数が既存店比で25.6%減少しており、
洗車台数の減少だけならば
少々の悪天候では影響の少ないコーティングが平均単価を上げるはずだが、
この月ではコーティングの台数にまで悪影響が出て、
年間を通じて増加傾向であるダイヤモンドキーパーの施工台数までが減り、
既存店全体としての台当たり平均単価が17.0%の増加にとどまっている。

画像(463x153)

その結果、
既存店としての売り上げ実績は13.0%減少の265,988千円に留まった。
また、新店舗が昨年同期から8店舗増えて全体では80店舗となっているが、
全体としての売上げも前年比7.1%減少の284,017千円に留まっている。

そんな厳しい状況の中でも、
新店オープンから「2年目」を迎えている準新店では、
さすがに伸び悩む店舗も散見されるが、
仙台の泉インタ―店の前年比79%増加、東京・葛飾店の前年比38%増加、
東京・246玉川店の前年比50%増加、相模原淵野辺店の前年比38%増加、
神奈川・トレッサ横浜店の前年比35%増加、
愛知・守山店の前年比101%増加、
大阪・箕面店の前年比21%増加など、
厳しい環境下でも、上昇傾向を維持している頼もしい店舗もある。
更に、既存店でも、
八王子店の前年比33%増加、師勝店の前年比27%増加など、
前年を上回る店舗がかなりあった。

もう一つ光明がある。
長梅雨の終盤、各地で激しい雨が降ったが、
強い撥水性で汚れをもはじくダイヤモンドキーパー、クリスタルキーパーが、
長雨で溜まった汚れを、激しい雨で弾いてしまい、
非常にキレイになってしまっているキーパー施工車が目立った。
そのせいか、
梅雨上げ後、店舗には待ちかねたように来られたお客様があったが、
コーティングを注文されるお客様に比して
洗車だけのお客様が少なかったような気がします。
特にKeePer施工のお客様が積み重なって多くなっている
比較的古い店舗でそんな傾向があり、
8月に入ってからの既存店の台当たり平均単価が1万円近くあり、
雨上がりの洗車集中時の単価の低下がみられず、
驚異的な売上スタートダッシュを切っている8月実績の源泉になっている。

画像(640x463)・拡大画像(800x579)
画像(640x388)・拡大画像(800x486)
画像(640x504)・拡大画像(800x630)
画像(640x466)・拡大画像(800x583)
画像(640x298)・拡大画像(800x373)

Posted   パーマリンク

2019年08月03日(土)

8.03.キーパーのご予約の電話が一気になり始めました

梅雨明け、夏の始りはいつも店舗が賑わいますが、
今年はとびっきりのようです。

7月はわずか1/3の日照時間の短さにやられましたが、
8月の(正確に言うと7月30日からですが)賑わいは、
洗車コーティング事業の最繁忙期12月のそれをも上回るような
大変な賑わいになっています。
この調子で行くと、今週末のわずか4日間で7月の2週間分を上回ります。

私自身は、現場には全く関われなくなってしまいましたが、
みんなからの興奮気味の報告を見ていると、
冷夏から一変しての”猛暑”に心配な気持ちもありつつ、高ぶってきます。


店舗や営業の最前線の皆の頑張りも大したものですが、
企画のスタッフが、独り立ちして「艶の写真」を撮れるようになってきました。
「艶の写真」は、
写真のプロが撮ると「キレイな”車”の写真」になってしまうので、
写真そのものには素人でも、
艶を創るのが仕事のプロの私達が、
自分達で「艶の写真」を撮るようになっているのですが、
それが、企画のスタッフだけでも撮れるようになってきました。
これは今後の大きな戦力です。

画像(550x366)
画像(640x451)・拡大画像(700x494)
画像(640x451)・拡大画像(700x494)


今日は、スーパーGT第5戦が富士スピードウェーで"予選"でした。
結論を先に言うと、500クラス15台中、14位のスタートに決まりました。
何がどうして、そうなっているのか。
ハンディウェイトが二番目に重いことは事実ですが、
だからと言って、予選までドベ2になることはありません。
それでも、明日は朝5時起きで、もちろん応援に行きます。

画像(600x399)
画像(600x399)

ついでにリンダが「トウモロコシ」が大好きで、
人間のように上手に横に移動しながら食べます。
ほんとです。

画像(600x450)

トリミングに行って、本当にかわいくなりました。

画像(600x450)

参考までにトリミング前のリンダを再度。

画像(550x366)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.