谷 好通コラム

2019年08月05日(月)

8.05.#37 ドベ2から、ゴールではなんと4位にまで上がる

富士スピードウェーに到着したのは午前9時過ぎ、
しばらくいた後、平川亮選手にテントであったので聞いてみた
私「なんで遅かったの?」
亮「今日は800kmの長いレースだから、
スタートで前に行くより、
硬いタイヤを履いて、本番で前に行く方がいいと思ったんです。」
このレースでは、
決勝レースのスタートは、
予選で使ったタイヤをそのまま使わなくてはいけないルールがあって、
予選タイムを上げるためグリップのいいソフトなタイヤを履くと、
決勝レースで早くタイヤが減って、
早くピットに入らなくてはならなくなる。
それがこのレース展開にどう影響するのか、
ピットインの義務回数や燃費などと複雑に絡み合って、
それぞれのチームによって作戦が練られるのだが。
だから、この日の予選の遅さはタイヤの硬さの選択による計算済みの事らしい。
さらに、亮いわく
「とりあえず7位を狙っていきます。」
#37KeePer TOM‘S LC500は、
ただいまシリーズポイント2位であり、
つまり、ハンディウェイトも2番目に重いことを意味していて、
このレースは、優勝争いの勝負にはならない。
だから、シリーズチャンピオン争いをする身として、
ウェイトが重い今の時期にいかに少しでもポイントを稼げるかが勝負になる。
だから、7位狙いはまっとうな選択だ。

だから、午後1時40分からの決勝レースはのんびりと見た。
全177周の耐久レースだ。先は長い。
とは言っても、なかなか前に出てこないので、
さっぱり中継映像の画面にも映って来ないのでつまらない。

それから色々なことがあって、
セーフティカーが入るたびに、
たまたま、その時に、どの位置にいたかが運命の分かれ目になって、
ハンディウェイトが一番重い#6が、
セーフティカーが入る直前のピットトン。
とっさの判断がドンピシャで、
ペナルティをギリギリでのがれ、奇跡のようなトップを取った。
我が#37も、終盤のセーフティカーが入ったタイミングが良く、
しかも、最終ドライバーの平川亮の追い上げが厳しく、
目標の7位どころか、
なんと4位でゴールイン。

スーパーGT第5戦、富士スピードウェー
800km、5時間以上の長い長い耐久レースでしたが、
ずっと展開が激しくて、面白いエキサイティングなレースでした。

画像(600x399)
画像(600x339)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2019年08月04日(日)

8.04.主観的・7月実績に見るLABO考察

(前文)
この解説は、先に出された「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに相対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先の開示された情報が正しいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の7月は昨年比200%に近記録的な長雨であり、
特にLABO店舗が集中している中部と関東地方では、
洗車コーティングマインドに大きく影響する日照時間が昨年比で1/3であり
このビジネスにとっては過酷とも言える悪い気象状況でした。

画像(640x147)・拡大画像(800x184)

その悪天候に対して洗車での来店台数が大幅に減っただけでなく、
全体としての来店台数が既存店比で25.6%減少しており、
洗車台数の減少だけならば
少々の悪天候では影響の少ないコーティングが平均単価を上げるはずだが、
この月ではコーティングの台数にまで悪影響が出て、
年間を通じて増加傾向であるダイヤモンドキーパーの施工台数までが減り、
既存店全体としての台当たり平均単価が17.0%の増加にとどまっている。

画像(463x153)

その結果、
既存店としての売り上げ実績は13.0%減少の265,988千円に留まった。
また、新店舗が昨年同期から8店舗増えて全体では80店舗となっているが、
全体としての売上げも前年比7.1%減少の284,017千円に留まっている。

そんな厳しい状況の中でも、
新店オープンから「2年目」を迎えている準新店では、
さすがに伸び悩む店舗も散見されるが、
仙台の泉インタ―店の前年比79%増加、東京・葛飾店の前年比38%増加、
東京・246玉川店の前年比50%増加、相模原淵野辺店の前年比38%増加、
神奈川・トレッサ横浜店の前年比35%増加、
愛知・守山店の前年比101%増加、
大阪・箕面店の前年比21%増加など、
厳しい環境下でも、上昇傾向を維持している頼もしい店舗もある。
更に、既存店でも、
八王子店の前年比33%増加、師勝店の前年比27%増加など、
前年を上回る店舗がかなりあった。

もう一つ光明がある。
長梅雨の終盤、各地で激しい雨が降ったが、
強い撥水性で汚れをもはじくダイヤモンドキーパー、クリスタルキーパーが、
長雨で溜まった汚れを、激しい雨で弾いてしまい、
非常にキレイになってしまっているキーパー施工車が目立った。
そのせいか、
梅雨上げ後、店舗には待ちかねたように来られたお客様があったが、
コーティングを注文されるお客様に比して
洗車だけのお客様が少なかったような気がします。
特にKeePer施工のお客様が積み重なって多くなっている
比較的古い店舗でそんな傾向があり、
8月に入ってからの既存店の台当たり平均単価が1万円近くあり、
雨上がりの洗車集中時の単価の低下がみられず、
驚異的な売上スタートダッシュを切っている8月実績の源泉になっている。

画像(640x463)・拡大画像(800x579)
画像(640x388)・拡大画像(800x486)
画像(640x504)・拡大画像(800x630)
画像(640x466)・拡大画像(800x583)
画像(640x298)・拡大画像(800x373)

Posted   パーマリンク

2019年08月03日(土)

8.03.キーパーのご予約の電話が一気になり始めました

梅雨明け、夏の始りはいつも店舗が賑わいますが、
今年はとびっきりのようです。

7月はわずか1/3の日照時間の短さにやられましたが、
8月の(正確に言うと7月30日からですが)賑わいは、
洗車コーティング事業の最繁忙期12月のそれをも上回るような
大変な賑わいになっています。
この調子で行くと、今週末のわずか4日間で7月の2週間分を上回ります。

私自身は、現場には全く関われなくなってしまいましたが、
みんなからの興奮気味の報告を見ていると、
冷夏から一変しての”猛暑”に心配な気持ちもありつつ、高ぶってきます。


店舗や営業の最前線の皆の頑張りも大したものですが、
企画のスタッフが、独り立ちして「艶の写真」を撮れるようになってきました。
「艶の写真」は、
写真のプロが撮ると「キレイな”車”の写真」になってしまうので、
写真そのものには素人でも、
艶を創るのが仕事のプロの私達が、
自分達で「艶の写真」を撮るようになっているのですが、
それが、企画のスタッフだけでも撮れるようになってきました。
これは今後の大きな戦力です。

画像(550x366)
画像(640x451)・拡大画像(700x494)
画像(640x451)・拡大画像(700x494)


今日は、スーパーGT第5戦が富士スピードウェーで"予選"でした。
結論を先に言うと、500クラス15台中、14位のスタートに決まりました。
何がどうして、そうなっているのか。
ハンディウェイトが二番目に重いことは事実ですが、
だからと言って、予選までドベ2になることはありません。
それでも、明日は朝5時起きで、もちろん応援に行きます。

画像(600x399)
画像(600x399)

ついでにリンダが「トウモロコシ」が大好きで、
人間のように上手に横に移動しながら食べます。
ほんとです。

画像(600x450)

トリミングに行って、本当にかわいくなりました。

画像(600x450)

参考までにトリミング前のリンダを再度。

画像(550x366)

Posted   パーマリンク

2019年08月01日(木)

8.01.八月が始まりました。すべてを切り替えて

記録的にお天気が悪く、陽が差さなかった七月でした。
しかし、梅雨が明けたとたんの猛暑。
体が変化の激しさに適応できない人がいても不思議ではありません。
そんなな劇的な環境の変化に、
羨ましい変身を遂げたものがいます。

5月の初めにトリミングしてもらったあと
すぐにまた毛が伸びて、7月に入ってすぐいつもの動物病院に予約したら、
7月の30日にしか予約できなかったのです。
多分、季節が暑くなるのを見越してトリミングを頼む人が多かったのでしょう。
だから、ほとんど三か月も間が空くことになった訳です。
こんなに間が空くのは初めてで、
そろそろ毛がうっとうしいなぁと表始めてからの約1か月間は、
見ている方も暑苦しかったですが、本人は最悪だったでしょう。
トリミングをした30日、ちょうど猛暑に間に合った形で、
さすがにさっぱりしたのか、はしゃぎっぱなしでした。
人間もこんなに劇的にさっぱりできたら、
どんなに気持ちが良いでしょう。

7月の店舗には前年比約3/4の来店しかありませんでした。
雨が東京や名古屋では昨年の倍近く降って、
洗車コーティングのマインドに大きく影響する日照時間に至っては、
関東及び中部ではわずか1/3の時間しかなかったのですから、
ご来店が少なかったことは当然のことと受け止め、
梅雨明けと同時に来た猛暑の中で、
早くさっぱりしたくてうずうずしていたお客様が、
いっぱい店舗に来られます。
体調もそうですが、早く頭の中を切り換えて大歓迎したいものです。


3か月ぶりのさっぱり

画像(550x366)
画像(511x327)
画像(550x366)

Posted   パーマリンク

2019年07月30日(火)

7.30.KeePerがインタープロトシリーズの冠スポンサーに

インタープロトシリーズとは、
レース界のレジェンドの一人、関谷正徳氏が提唱して始めたレースです。

モータースポーツは昔から車のメーカーの代理戦争の一面があり、
それはそれで大いに意味があることは解かっていても、
レースに参加するドライバーを、
出来るだけ平等な条件で、アスリートとして戦うようなレースがあってもいい。
そんな呼びかけに応えたのが、
モータースポーツファンならだれでも知っている超有名な
トヨタ系「石浦宏明、坪井翔、中山雄一、宮田莉朋、小高一斗、阪口晴南、
蒲生尚弥、土屋武士、山下健太」
ニッサン系「ロニー・クインタレッリ、松田次生」
ホンダ系「福住仁嶺、野尻智紀」など、
日本を代表するチャンピオンたちが、
自動車メーカーの枠組みを超えて
レーシングアスリートを標榜して多数参加しています。

参加する車は、
すべて共通の「KURUMA」という本格的な
カーボンモノコックのミッドシップレースカーです。
排気量は4000ccで、FJクルーザー用の頑丈なエンジンであり、
しかし、とうぜんレース用にチューニングがされており高性能を実現しつつ、
もちろん頑丈で、運用において高いコストパフォーマンスを実現しています。
ミッションは最新のシーケンシャルでトップドライバーの要求に応えています。
タイヤも横浜タイヤの全面的な協力で、全車が同一のタイヤを履く。
本格的な性能でありつつ究極の高コストパフォーマンスを実現した「KURUMA」

この共通の「KURUMA」を、
全国の例えばカーディラーのオーナーが所有して、
自らこの「KURUMA」を駆ってインタープロトジェントルマンクラスに出場する。
つまり、この本格的なレースカーを所有するだけの資金力を持ちつつ、
自らもレースに出場する勇気ある無謀なオジサン達が本格的に出場するのだ。
それがジェントルマンクラスのレースで、タイム的にも中々で、
面白いレースを見せてくれる。
それぞれの「KURUMA」には、
前記の超有名なチャンピオンたちがそれぞれ専属で付き、
ジェントルマンレーサーたちをマンツーマンで教えるのだから、
究極の個人レッスンとも言え、
ジェントルマンレースも、決して侮れないレースだ。

しかし、インタープロトの神髄はやはりプロドライバー達のレースである。
本格的な日本を代表するチャンピオンたちが、
正に究極のイコールコンディションでの超迫力のガチンコレースを戦う。
周回ごとに抜きつ抜かれつの大迫力レースは驚異的なデットヒートと言える。
レースは富士スピートウェーで4戦行われ、
それぞれ8周から10周のスプリントレースを2回連続して走り、
この変則的レースも面白さを掻き立ててくれる。
まじなガチンコレースを、2回続けて見られるのだからたまらない。

特に若いレーサー達は、自分の実力を示せる絶好の機会なので、
遠慮なしにスーパーフォーミュラチャンピオンや、
スーパーGTチャンピオンの先輩達に襲いかかっていく。
その姿は、鳥肌が立つほどに興奮させられ痺れるし、泣けてくるぐらいだ。
こんな面白いレースはない。絶対に保証する。

このレースは、本格的に面白いが、
自動車メーカーのバックアップがある訳ではないので、運営的には楽ではない。
しかし、このレースの面白さに気が付いた観客が徐々に増え、
観客席も、まだ少ないが、ぽつぽつ埋まり始めている。

KeePerがこういう本物のレースをカバーすることによって、
コーティングとして本物であるKeePerをアピールできるのではないかと考え、
純粋に宣伝効果を得る為に、
KeePerをIPS(インタープロトシリーズ)の冠スポンサーとしました。

手始めに、夏のキーパー選手権を盛り上げる企画の一つとして、
富士スピードウェーに来場可能な位置にある地域のキーパーPRO SHOPで、
キーパーコーティングの施工のお客様に対して、
IPSのレースが開催されている間の入場料を無料とする企画を行います。
これによってKeePerの本物ぶりをアピールすると同時に、
インタープロトレースの面白さを、世により広く知らせられたらと考えました。

企画の実施は、キーパーコーティングを施工していただいたら、
今年はあと3回開催されるIPSレースにご招待します。
特典は
・無料で入場できる。
・コース内側のP17.18.に駐車できる。
・ピットウォーク自由。
・好きなドライバーとツーショットで自撮りのチャンス。
・好きな場所で好きなだけIPSのバトルを楽しめる。

画像(452x640)・拡大画像(500x707)
画像(453x640)・拡大画像(500x706)
画像(226x640)・拡大画像(248x700)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

8

2019


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.