谷 好通コラム

2019年07月12日(金)

7.12.名前を思い出せない植物が大きな花をつけた

本社事務所の駐車場の周りの植え込みで、
大きな花が一つ開いていました。
なんと言う名前だったかどうしても思い出せません。
この植込みは、造園業者が手入れをしている訳でもないのですが、
おそうじを担当してくれているパートさんが、
自分達で素人ながらも剪定ばさみで手入れをしてくれています。
みんなが、ありがたいと思っています。

画像(600x450)
画像(600x450)
画像(600x450)

吸い込まれそうです。

画像(600x450)
画像(600x450)
画像(600x450)

駐車場の植え込みだけでなく、
三階のエレベーターホールにも、観葉植物がいくつか。
これは新しいLABO店舗が出来上がった時にお祝いに頂いた観葉植物が
店舗スタッフの水やりが不十分で枯れかけていたのを、引き上げてきて、養生して
復活した観葉植物が並んでいるのです。

画像(600x450)

事務所に入ると入り口部分にはそんな観葉植物がいっぱい並んでいます。

画像(600x450)

お掃除のパートさんに感謝ですね。

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

2019年07月10日(水)

7.10.日照時間4時間、前年比13%、26年ぶり、問題はその後

中部地方は、
先週の日曜日から晴れ渡って
どの店舗もよく洗車とコーティングのお客様で賑わっていました。
まだ梅雨が明けた訳ではなく、
天気予報では雨マークが先の日に付いているが、
つかの間の晴れに、汚れた愛車に我慢ならなくなったお客様が、
待ちかねたように来られているのです。

画像(600x450)

しかし、
関東地方では、
6月後半から7月にかけて、ずっと雨または曇りが続き、
7月に入ってからの日照時間わずか4時間、前年比13%、
気温も上がらず。26年ぶりの冷夏とテレビが言っていました。
野菜の値段が上がって、みんな悲鳴を上げているとも。
洗車・コーティングの場合は、
もちろん値段を上げる訳にもいかず、
早く梅雨が明けることを祈るしかありません。

たまに降る雨ならば、
洗車はダメージを受けても、
車を守る役割のコーティングは、お客様は予約通りに来られて、
洗車ほどにはダメージを受けないのだか、
ここまで雨が降り続き、
太陽が出ないと「キレイにしたいマインド」が、上がらず、
コーティングも洗車と同様、需要がガクンと落ちます。

しかし、梅雨はいずれは明けて、必ず暑い夏がやって来ます。
洗車コーティングのシーズン到来です。
お客様の「キレイにしたいマインド」は一気に跳ね上がり、
店舗の予約表はあっという間にびっしりになります。
そんな大きな需要によって、梅雨の間の不振を一気に取り戻すのですが、
暇な梅雨の間のペースから、
繁盛期のペースに自分の切り替えが出来ず、
のんびりした梅雨のペースから抜け出せない店舗では、
押し寄せるお客様と予約の嵐を、
つい、「断ってしまう」店舗があります。
こんな店が、梅雨時期のような暇な日と忙しい日が交互に来るような時期に、
ガクンと実績を落とし、
お客様のマインドが高まっている時に、
そのマインドを不快な「断り」でぶち壊して、
お客様に、その店を、大嫌いにさせてしまいます。

お客様がその気になってくれた時にこそ、
その店がそのマインドを「歓迎」するのか、
それとも
同じ給料なら楽をしていた方が得だと思って「断る」のか、
店の繁盛ぶりは、そんなつまらない差で決まってしまいます。

予約が詰まって来ても、繁盛期には、
暇な時期のシフトと同じでいいわけがありません。
頑張るべき時は、みんなで頑張ってお客様の期待に応えるしかあれません。
お客様のマインドが高まっている時、
つまり、自分達が望まれている時、
自分達の能力を求められている時、
頑張れない楽をしたい人は、
お客様から求められないのは当たり前ですが、
店舗からも、仲間達からも、必要とされません。
社会人として、誰からも、必要とされない落ちこぼれです。

そんなクズがいたら、
絶対にお客様からの電話に出させてはいけません。
道路から「洗える?」と声をかけてくれるお客様の相手をさせてはいけません。

そんな「同じ給料ならば楽をしたい、」
あるいは「客を断った方が得だ。」と思っているクズがいたら、
とっとと追い出すに限ります。
そんな輩を首にすることは、販促に金をかける何倍もの効果があります。

ものすごく乱暴なことを言っているようですが、本当の事です。


また、本文とは関係なく美人なチーちゃん

画像(600x450)

Posted   パーマリンク

7.09.私もいつか必ず死ぬが

当然、私もいつか必ず死ぬ。
そうでない可能性はゼロだ。
だから、私は、私が死んだ後のことも考えざるを得ない。
そうでなければ、
私は生きている時の責任を、
死んだことによって放免されることを当てにしている事になるので、
それは無責任な生であり、無責任な死である事になる。

死んでしまえば、生きていた時のあらゆる責任から逃れられるのならば、
生きていた時に、何をしてもいい事になる。
だから、私も、私以外の人も100%必ず死ぬのだから、
100%逃げられることが判っている上での犯罪は
最強の犯罪ということになる。
そんなことがあっていいはずがないので、
私は自分の死後のことも考えて、どう責任を取るかを決めておかねばならない。

でも、死んだら何もできなくなるのだから、
どうしたって責任を取りようがないので、
何をどう考えたって、何にもならないし、
そんなことを考えていたら、
やたらと面倒くさくなって、
死ぬのを怖がる必要もないような気になってきた。
世の中はすべからくフィクションで出来上がっていて、
実体は気が付くと無いそうだ。
だとしたら、私は死んでも、死んでいなくても実体がなく、
意味もないことになる。それはちょっとつまらないので、
死ぬまで一生懸命生きることにする。
あと十年なのか、二十年なのか分らないが
死ぬまでは、誰でも一生懸命生きることが出来るので、
馬車馬のごとく精一杯、生きてみよう。

Posted   パーマリンク

2019年07月08日(月)

7.08.急上昇中の中川店と責任重大の大須店

今まで三重県を周る時には、
一番西端にある「名張街道店」に行ってから、
亀山に戻って伊勢道に入り、南端にある津店から23号線で北上すると、
鈴鹿玉垣店、鈴鹿店、四日市店と全店周れて都合が良かったのです。
ところが最近になって、
二つの要素が加わり事情が変わりました。

一つは、松阪店が新規オープンして、三重県南端が松坂店に成りました。
もう一つが、新名神の四日市⇔甲南?が開通して、
東名阪の亀山周辺の渋滞が解消されたことです。
とすると、
まず、伊勢湾岸道の川越インターからすぐに23号線に入って、
三重県北端の四日市店から行って、23号線を南下して、
鈴鹿店、鈴鹿玉垣店、津店、松坂店に行き、
そこから伊勢道に上って亀山経由で伊賀の名張街道店に廻る。
その新しいルートで見え店舗周りをしようとしたのですが、
伊勢道から東名阪へのジャンクションで、
標識の「名阪・大阪」と書いてある隣に大きく「出口」とも書いてあって、
少なくとも出口に行くのではないので、
そちらではない道に行ったら、名阪の名古屋方面に入ってしまいました。
よく考えてみれば、あの標識は、
名阪・大阪にも行けるし、出口にも行けるという意味だったのだと思いますが、
先に「出口」の文字が見えてしまい、間違えてしまったのです。
なんと、
私は以前にもその間違いを二度していて今回で三度目なのです。
あの標識は、「出口」と「名阪・大阪」を別々にするだけで解決するはずで、
あれでは、間違う人がきっと多いはず。

これが民間の設備ならば、とっくに改善されていてしかるべきであり、
お役人仕事だからこそ、なせる愚策なのでしょう。
三度も同じ間違いをした自分に腹立ちながら、
いったん名古屋方面に入ったら、
戻るのには相当大回りをせねばならないので、
名張街道店に行くのをやめて、そのまま名古屋の店舗に行くことにしました。

亀山ジャンクションでの不親切な標識は、
お役所仕事ならではの失策と思いますが、
同じようなことが我が身にも起こっていないか、振り返る必要がありそうです。

そんなことで、
ついでと言ったら、叱られますが、
久しぶりに【中川店】にやって来ました。

中川店には、
安城店との店長交代で松浦店長がいます。
安城店は、行った広木店長の活躍で実績がぐんと上がり、
中川店に来た松浦店長も発奮して、
中川店の実績も、それに負けずとも劣らない上昇ぶりで、
安城店と中川店の両方にすばらしい成果が出ています。

画像(600x400)

鈴置副店長と一級技術資格都築スタッフ。

画像(600x400)

一級技術資格田口スタッフ。

画像(550x366)

夕日に輝く服部チーフ

画像(550x366)

ひょうひょうと松浦店長

画像(550x366)


【大須店】
には、
今、研修生が二人います。
台湾の周さんと呉さん。

二人とも日本語をしゃべれる台湾人で、
台湾のカーディーラー大手がキーパープロショップを開くために、
送り込んできた台湾のスタッフです。
大須店の鬼頭店長の教える力を買われて、大須店に預けられている。
今までは、異国でKeePerをやる場合、
大国語を話せる日本人スタッフが異国に行って教えるスタイルできたが、
なかなかうまく行かないので、
その逆に、
日本語をしゃべる異国人スタッフを日本で徹底的に教えることにしたのです。

真ん中の周さんは、日本で長い期間住んでいて、日本語ペラペラ。
もうすぐ一級技術資格にも挑戦することになっている。
きっと、KeePerを台湾で広げてくれることでしょう。
もう一人の呉さんは、今、台湾に一時帰省している。

左は一級技術資格須藤スタッフと、「周さん」、一級技術資格伊藤スタッフ。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

教育力を買われて台湾の将来を預かった鬼頭店長。責任重大です。

画像(550x366)

狭い待合室ですが、観葉植物が効いていて落ち着きがあっていい感じです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

7.07.梅雨の合間、四日市店、鈴鹿店、鈴鹿玉垣店、津店、松坂店

日曜日、久しぶりに三重県の店舗に行ってきました。
まず、【四日市店】
ここは順調に成長を続けていて、
採算分岐点は突破しているのですが、
成長したLABO店舗の目安である月平均500万の店舗になるためには、
店舗の周囲の街への告知だけではなく、
四日市の”中心街”への告知をあえて行っていくことが必要でしょう。

四日市店は大きなホームセンター「カインズ」の中にあるので、
ラボで作業している時間の有効利用にうってつけです。

画像(600x400)

祝一級技術資格合格森田スタッフ。

画像(366x550)

四日市を着実に成長させる東店長

画像(550x366)

少し丸くなった野口チーフ

画像(550x366)

いつも混雑が定番であった鈴鹿店がガランとしていた。
こうなるまでに何度も手を打ったが、止まらなかった。
原因は分かっている。地道に努力していくしかない。

画像(600x400)
画像(600x400)

誠実に運営を続ける田中店長、一級技術資格スタッフ、一級技術資格堀江スタッフ。

画像(600x400)

食事中の細井チーフと一級技術資格山本スタッフ。

画像(600x400)

【鈴鹿玉垣店】は着実に成長中です。
村田店長と一級技術資格小古シニアスタッフ

画像(600x400)

食事中だった一級技術資格夏目スタッフ。

画像(600x400)

鈴鹿玉垣店はイオンタウンに入り口に造ったつもりが、
オープンしてからその入り口が規制で実質"出口"になってしまい、
運営に苦労している。

画像(600x400)

【津店】
この店はオープン以来着実な運営で成長を続け、三重県店舗の中心となりつつある。
もうすぐ一級の山岸スタッフと信頼の中村店長杉森チーフ

画像(600x400)

津店のキャパシティはまだまだ有り、成長が続きます。

画像(600x400)

【松坂店】は、オープンしてからまだ3か月ですが、
視認性が抜群ですでにたくさんのご来店があります。
一級技術資格辻野シニアスタッフ、伊藤店長水越副店長

画像(600x400)

ドライブショップジェームスとのコラボレーションの工夫が今後の成長のポイントです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.