谷 好通コラム

2019年07月08日(月)

7.08.急上昇中の中川店と責任重大の大須店

今まで三重県を周る時には、
一番西端にある「名張街道店」に行ってから、
亀山に戻って伊勢道に入り、南端にある津店から23号線で北上すると、
鈴鹿玉垣店、鈴鹿店、四日市店と全店周れて都合が良かったのです。
ところが最近になって、
二つの要素が加わり事情が変わりました。

一つは、松阪店が新規オープンして、三重県南端が松坂店に成りました。
もう一つが、新名神の四日市⇔甲南?が開通して、
東名阪の亀山周辺の渋滞が解消されたことです。
とすると、
まず、伊勢湾岸道の川越インターからすぐに23号線に入って、
三重県北端の四日市店から行って、23号線を南下して、
鈴鹿店、鈴鹿玉垣店、津店、松坂店に行き、
そこから伊勢道に上って亀山経由で伊賀の名張街道店に廻る。
その新しいルートで見え店舗周りをしようとしたのですが、
伊勢道から東名阪へのジャンクションで、
標識の「名阪・大阪」と書いてある隣に大きく「出口」とも書いてあって、
少なくとも出口に行くのではないので、
そちらではない道に行ったら、名阪の名古屋方面に入ってしまいました。
よく考えてみれば、あの標識は、
名阪・大阪にも行けるし、出口にも行けるという意味だったのだと思いますが、
先に「出口」の文字が見えてしまい、間違えてしまったのです。
なんと、
私は以前にもその間違いを二度していて今回で三度目なのです。
あの標識は、「出口」と「名阪・大阪」を別々にするだけで解決するはずで、
あれでは、間違う人がきっと多いはず。

これが民間の設備ならば、とっくに改善されていてしかるべきであり、
お役人仕事だからこそ、なせる愚策なのでしょう。
三度も同じ間違いをした自分に腹立ちながら、
いったん名古屋方面に入ったら、
戻るのには相当大回りをせねばならないので、
名張街道店に行くのをやめて、そのまま名古屋の店舗に行くことにしました。

亀山ジャンクションでの不親切な標識は、
お役所仕事ならではの失策と思いますが、
同じようなことが我が身にも起こっていないか、振り返る必要がありそうです。

そんなことで、
ついでと言ったら、叱られますが、
久しぶりに【中川店】にやって来ました。

中川店には、
安城店との店長交代で松浦店長がいます。
安城店は、行った広木店長の活躍で実績がぐんと上がり、
中川店に来た松浦店長も発奮して、
中川店の実績も、それに負けずとも劣らない上昇ぶりで、
安城店と中川店の両方にすばらしい成果が出ています。

画像(600x400)

鈴置副店長と一級技術資格都築スタッフ。

画像(600x400)

一級技術資格田口スタッフ。

画像(550x366)

夕日に輝く服部チーフ

画像(550x366)

ひょうひょうと松浦店長

画像(550x366)


【大須店】
には、
今、研修生が二人います。
台湾の周さんと呉さん。

二人とも日本語をしゃべれる台湾人で、
台湾のカーディーラー大手がキーパープロショップを開くために、
送り込んできた台湾のスタッフです。
大須店の鬼頭店長の教える力を買われて、大須店に預けられている。
今までは、異国でKeePerをやる場合、
大国語を話せる日本人スタッフが異国に行って教えるスタイルできたが、
なかなかうまく行かないので、
その逆に、
日本語をしゃべる異国人スタッフを日本で徹底的に教えることにしたのです。

真ん中の周さんは、日本で長い期間住んでいて、日本語ペラペラ。
もうすぐ一級技術資格にも挑戦することになっている。
きっと、KeePerを台湾で広げてくれることでしょう。
もう一人の呉さんは、今、台湾に一時帰省している。

左は一級技術資格須藤スタッフと、「周さん」、一級技術資格伊藤スタッフ。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

教育力を買われて台湾の将来を預かった鬼頭店長。責任重大です。

画像(550x366)

狭い待合室ですが、観葉植物が効いていて落ち着きがあっていい感じです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

7.07.梅雨の合間、四日市店、鈴鹿店、鈴鹿玉垣店、津店、松坂店

日曜日、久しぶりに三重県の店舗に行ってきました。
まず、【四日市店】
ここは順調に成長を続けていて、
採算分岐点は突破しているのですが、
成長したLABO店舗の目安である月平均500万の店舗になるためには、
店舗の周囲の街への告知だけではなく、
四日市の”中心街”への告知をあえて行っていくことが必要でしょう。

四日市店は大きなホームセンター「カインズ」の中にあるので、
ラボで作業している時間の有効利用にうってつけです。

画像(600x400)

祝一級技術資格合格森田スタッフ。

画像(366x550)

四日市を着実に成長させる東店長

画像(550x366)

少し丸くなった野口チーフ

画像(550x366)

いつも混雑が定番であった鈴鹿店がガランとしていた。
こうなるまでに何度も手を打ったが、止まらなかった。
原因は分かっている。地道に努力していくしかない。

画像(600x400)
画像(600x400)

誠実に運営を続ける田中店長、一級技術資格スタッフ、一級技術資格堀江スタッフ。

画像(600x400)

食事中の細井チーフと一級技術資格山本スタッフ。

画像(600x400)

【鈴鹿玉垣店】は着実に成長中です。
村田店長と一級技術資格小古シニアスタッフ

画像(600x400)

食事中だった一級技術資格夏目スタッフ。

画像(600x400)

鈴鹿玉垣店はイオンタウンに入り口に造ったつもりが、
オープンしてからその入り口が規制で実質"出口"になってしまい、
運営に苦労している。

画像(600x400)

【津店】
この店はオープン以来着実な運営で成長を続け、三重県店舗の中心となりつつある。
もうすぐ一級の山岸スタッフと信頼の中村店長杉森チーフ

画像(600x400)

津店のキャパシティはまだまだ有り、成長が続きます。

画像(600x400)

【松坂店】は、オープンしてからまだ3か月ですが、
視認性が抜群ですでにたくさんのご来店があります。
一級技術資格辻野シニアスタッフ、伊藤店長水越副店長

画像(600x400)

ドライブショップジェームスとのコラボレーションの工夫が今後の成長のポイントです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年07月05日(金)

7.05.KeePerの新しい組織の在り方をどうするのか

今日はLABOのマネージャー会議です。
マネージャーとは、地域によって分けられた3~6軒のLABO店舗を担当して、
それぞれの店舗が経営的に最も効率よく運営されるように役割を担う。
それは店舗の長である店長の上役として君臨し、
その店の店長やチーフ、スタッフ達に命令して仕事をやらせるのではなく、
それぞれの店舗の問題点をいち早く発見して、
その問題点を解決したり、問題解決の為の手段を講じたりして、
それぞれの店舗が最も良い状態で、正しくお客様に貢献して、
経営的に最も効率的な運営が出来るように、
その店舗のスタッフ達と共に働く。

たとえば土木工事の現場監督のように、
自分は手を出さず、指図だけしているような存在ではなく、
その店舗のスタッフと同様に、共に働く中で、
それぞれの店舗をコントロールして、最も効率的な運営を作り出す。
ただし、
店舗間のスタッフを移動させて、
忙しくない店舗から忙しい店舗へ、応援させることは禁止した。

忙しくない店舗とは、多くの場合、開店して間が無い新しい店舗であり、
そのような新しい店舗は、
お客様を蓄積することが仕事であって、
その為に外への営業活動や、ポスティングなどの集客活動をすべきであり、
忙しい店舗に応援を出すことが仕事でない。
そんなことをしていては、新しい店舗が早く一人前になる事の邪魔になる。
忙しい店舗も、人の手が足らずに多くのお客様を受けられないのならば、
そのようなタイミングで人手がもっと増える人員体制を造る必要があり、
そんな時に、安易に、新しい店舗から応援をもらって間に合わせてしまえば、
あるべき態勢を作る努力をしないで済んでしまう。
場当たり的に応援人員をやり取りするのは、
人を”数”でしか考えられない間違った考え方で、
それぞれの店舗を正しく効率的な運営に向ける方法ではない。

従前から、そのようなことをすぐしてしまうマネージャーもいたが、
そんな場合は、大抵その担当店舗達の実績を落としてダメにしてしまっている。
それどころが、応援に出されて、
自分の所属の店ではない他の店舗に行かされて、
他の店舗で働くスタッフは、自分を人格のある人、仲間としてではなく、
単に労働力としか扱われていないことに孤独感に苛まれ、
ツラい仕事をすることになっていることが多い。
だから辞めることが多く、定着率が下がって、返って人不足になることが多い。

店舗間同士の人のやりくりは、
一見、合理的な策のように見えるが、安易な愚策であり、
その地域そのものをダメにしてしまう愚の骨頂であるというしかありません。
だから、禁止です。
店長に、応援要請は拒否しろとまで言っています。

店舗は、店舗ごとに生き物であり、
それぞれが自活して、生きて行くしかなく、
隣の生き物が忙しくなったからと言って、
手足をちぎって隣の生き物に貸すことは出来ない。

そんなことを話した上で、
今、ルールとして決まっている事を人ずつ検討し直して、
それぞれの店舗がより良く運営されるように、みんなで議論した。
今まで。LABOの中で常識になっていたようなルールでも、
それが、店舗の力量と質を落としてしまっているような要因あり、
それを修正した方が、うまく行くと、みんなで合意したこともあった。
まだまだいっぱいの事を造り上げて行かなくてはならないが、
いずれにしても、みんなで議論して造り上げた、
新しい感覚と価値観で、
新しい時代に即したKeePerを造り上げて行かねばならない。

創業者は、ゼロ(無)から1(有)を創りだして来たので、
多分に独断的に、強引に一つの価値観で、切り刻んできたが、
それで出来上がった大きなものは、
創業者が去った時、同じ手法で運営することは出来ず、
多くの人が、
寄ってたかって議論して、
みんなが同じように共有出来る価値観を創りだして、
その大きなものを、更に洗練されたものに成長させることが出来る。

そんなことを何度もやってきて、
新しい価値観と力が出来上がりつつある事を楽しんでいる。



またまた本文に関係なく

画像(412x550)

Posted   パーマリンク

2019年07月02日(火)

7.02.スルスルで完璧。・・・夕張メロン豪華に4分の1

今年三月、腰部脊柱管狭窄症の除圧手術をしました。

脊椎の下から四番目と五番目の骨の穴が、
加齢で狭くなって、
穴の中を通っている神経の束(脊髄?)を圧迫して、
時には激痛で立つことも出来なくなるような発作が起きます。

私の場合はそんな発作が今までに二回起きて、
その度に二三週間苦しんだのですが、
激痛が治まっても、何かの拍子に、また、あの激痛が来るような予感が
いつも腰のあたりにあって、不気味でした。

それでも激痛は忘れてしまうので、
根本的な治療である「手術」はしなくて済むのなら、したくないと、
いつも気持ちが逃げていたのですが、
私の原点の救世主である堀田歯科の堀田先生に紹介してもらった
西部医療センターの稻田先生に見てもらって、
「脊椎管狭窄症で、加齢によるものです。
今の痛みは時間が経てば引いて、
そこから、しばらくは良いかもしれませんが、また必ず来ます。
しかし今の状態ならば、
手術をしても、骨を固定する施術をせずに、
背骨の穴を広げて、神経にかかる圧力を除くだけの簡単な手術で済みます。
やるなら今のうち。」と言われていました。

発作が治まって痛くなくなっているのに、あえてメスを入れるのか。
それとも様子を見て、もう少し時間を稼ぐのか。
それとも、簡単な手術で済む今の内に
手術してしまうのか。

迷いに迷って、手術前の入院をしてからも、
まだ迷って。
「やっぱりやめときます。」と何度も言おうと思ったが
その度に稻田先生に「・・・・大丈夫・・」と言われて、
その度に、
不思議と納得して、
結局、3月18日に手術してもらって、
手術直後は、痛さと、動けないことに苛立って、
「やるんじゃなかった。」と後悔したが、
術後三日目に歩けて、わずか一週間で退院できて、
一ヶ月も経たずに、痛さがまったく無くなって、
何十年も手離せなかった腰のベルトも、全くしなくなって、
三か月以上経った今では、腰の存在すら忘れてしまうほど。

MRIを撮った上で、今日、久しぶりに稻田先々の診察を受けた。
MRIの画像を指さして「ここ隙間がしっかりあるでしょ。スルスルだね。」
と、手術後が完璧であり、
私の場合、再び狭窄することはないことを言われた。
「いまの内にやっといて本当に良かったね。」とも。

まだしばらくは、
何か月かおきにMRIを見せに来ることを約束して、
「スルスルっだってさ。最高っ。」と、万歳をしながら帰ってきた。
会社に帰ってから、
しばらく忙しくして、
家に帰り、
大切な人からプレゼントいただいた「夕張りメロン」を、
なんと、大胆にも4分の1にカットして、
ご褒美に、一人で丸かじりです。

画像(600x400)
画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年06月30日(日)

6.30.部分的に新しくなると、古さがかえって汚く目立つ

新店の開発スピードが少し鈍ったのは、
開発の立地条件のハードルを少し上げた結果です。
物件候補の情報は相変わらずハイピッチに入って来ていますが、
前面道路の交通量や入り易さ、特に視認性の良さの条件を上げたら、
中々あてはまらなくなるものです。
しかし、ただいま交渉中の物件も、まだ、かなりありますのでお楽しみに。

しかし、新店の開店スピードが少し鈍っている間に、
古い店舗のリニューアルと、新しいビジュアルへの変更を進めています。
店舗によっては敷地面積が狭くて、
増えたお客様をこなしきれない繁盛店舗もありますから、
そんな場合には、LABO安城店のように近くに広い場所を見つけて、
そちらに新しい安城店を造って、そっくり引っ越す「リプレイス」もあります。
もうすぐ、名古屋市緑区のLABO鳴海店がリプレイスする事になっています。

あるいは土地の契約の更新の時に、
今ある店舗は、居抜きで古い店舗を改造して造っているので、
契約更新のついでに建物を新しく建て替えさせてもらう場合もあります。
LABO刈谷店がそうでした。これはいい結果を出しています。
近い時期に、もう一軒、そんな建て直しを具体的に計画しています。

あるいは、埼玉県のLABOさいたま店のように、
最初に造った時の設計を間違えて、
お客様に不具合を与えていたことに気が付いて、
店舗の構造に大きく手を加え、生まれ変わらせて、
生き返ったように実績が伸びているケースもあります。

ここまでの大きな変化をもたらす改善は、
「リニューアル」の言葉にふさわしいもので、
その効果も、掛けた投資にふさわしいプラスの結果を出してくれています。

そんな感じで、着々と古い店舗をリニューアルしていますが、
ガラっと建て替える必要もないが、部分的に新しくしたい店舗もあります。
LABO岡崎店がそうであって、
リニューアルというより、ちょっとした模様替えとか、
経年劣化で具合が悪くなった部分を定期修理・改装したぐらいの感じで、
それでもお客様から「おっ、きれいになったね。」の声をいただいた。

そんな感じで古い店舗から手を着けているのですが、
今やっているのがLABO東海店。
ここは土地が借り物で、建物も先方が昔FCとして建てたもので、
そのまま借りており、建物本体は触らずに、
後で私たちが改造した普通の物置のブースが狭すぎるので、
現在、日本国中で好評のイナバ物置製の「キーパーブース」の3連タイプを、
建てさせてもらうことにした。
ブースだけの建て替えだが、
12月には1,500万円を越す実績の店舗だから、
狭くて暗い改造ブースから、
明るくて広々としたキーパーブースへの建て替えは、
東海店念願の改造で、7月10日の完成が待ちどおしいようであった。

画像(600x400)

一級技術資格後藤スタッフ、一級技術資格百合草シニアスタッフ、北村店長松永チーフ

画像(600x400)



しかし、いくつかの手直しが出来上がったというLABO甚目寺店に行って、
深刻な問題に当たった。
ここでは、照明のLED化と、土間の修復、ブースの断熱化と、
ゲストルームの拡大とリニューアル、塀のテントを新しくした。
これくらいの工事で500万円以上もかかっているのはちょっと考え物だが、
それ以上に問題なのは、店舗が部分的に新しくなったので、
今まで通りの部分が汚くなっていると、今まで以上に薄汚れて見えて、
余計にだらしなく、みすぼらしく見えてしまっているのだ。
これは、完全に逆効果だ。
部分的に新しくしたのなら、
残した部分も大掃除してきちんと片づけないとだめだ。
部分的な改善をこれからもやるのならば、同時に大掃除するのも必須だ。
それとも中途半端な改善、改装はやめることだ。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.