谷 好通コラム

2019年05月27日(月)

5.27.車の価値を上げる技術コンテストなんて、どうかな?

先の第6回技術コンテストの全国チャンピオン戦準決勝で、
多くの選手があまりにも時間を意識して急ぎ、
肝心な技術の部分で思わぬ減点をくって点数を下げ、
本来の競技の目的を損ねてしまうような競技になって、
今後の技術コンテストでは改善しなければならないと感じました。

では、単純に「時間加点」を無くするのか。
それはそれで簡単ですが、何か違うような気もします。
「上手いは速い」は事実であり、
時間は技術の優劣を測定する一つの要素ですから、
これを安易に外すのは違うと思います。
好き嫌いは言うべきではありませんが
時間の要素が入ると競技に緊迫感が出て、ピリッとして好きです。

それよりも、KeePer技術コンテストは
技術を競うコンテストであり、一種の競技なので、
参加者の公平を期すために、条件を合わせる目的で、
競技に使う車は同じ条件でなければならないとして、
すべて「同一車種」で「同色」でありしかも「新車」で、
どこにも傷が無く、
作業途中のフロントウィンドウにタオルを置き、取る作業がしやすいように、
全車、フロントウィンドウにフッ素はっ水コートを塗布している。
普段の仕事ではあり得ないような条件での技術コンテストを見て、
普通の一般の人はどう思うでしょうか。共感してくれるでしょうか。
これは変だと思っています。強い違和感を持っています。

いっそのこと、
全国大会だけでも
どこかの中古車を扱う大きな会社とタイアップして、
車の大きさだけは「Mサイズ」などと決めた上で、
車種もバラバラにして、
色も古さもバラバラ、塗装の状態もバラバラの車を大量に用意して、
くじ引きでどの車に当たるかを決め、
まず、施工前の塗装状態を色差測定機などを使って測定し、
全体の印象などを厳密に採点した上で、
一斉にダイヤモンドキーパーなどを施工し、
(必要ならばボリッシャーも使って)
水シミを取って、
塗装のボケを無くして、ツヤを出し、
どこまで塗装を改善出来て、
どれくらい車が見違えるかを競うコンテストが出来たら最高だと思います。

それこそ、KeePerの目的である
「車をプロの技でキレイにし、お客様が驚くような喜びを提供する。
そして、その喜びをいただいて、私達も共に喜び、高い収入得る。」
それに合致したコンテストになるのではないか。

こんなことが出来たら理想だなぁと思いつつ、
採点の方法がとんでもなく難しく、
競技としての公平性をどう担保したらいいのか、
難しいことがあまりにも多くて、
みんなから「非現実的」のレッテルを貼られて終わるだろう。

しかし、難しいから始めっから諦めるのならば、
KeePerそのものがこの世に生まれなかったはずだ。
KeePerは、たくさんの常識を破って、
新しい考え方も積極的に取り入れて、独自性の強い唯一無我の製品になった。
誰もが真似しようのない所にまで行きついている。

一度、試しに大きな中古屋さんとタイアップして、
試行錯誤しながら、
技術コンテストの番外編として本当に実施してみてもいいかなと思う。

その中古屋さんに、
なにも施工しない状態で「値段を査定」してもらっておいて、
ダイヤモンドキーパーモンドでピカピカしてから、
もう一度「査定し直してもらって」、
その値段の差、あるいは査定額の上昇率などで、競ってみても面白い。
これはきっとテレビで取り上げられるだろうし、話題になるはずだ。

車の価値を上げる為に、
大の大人が真剣にキーパーをかける図は絵になる。
たくさんの人が、みるみる車の価値が上がって行く様を見たら、
絶対にKeePerをやって見ようと思うに違いない。
これは真剣に良いかもしれない。マジになってきた。

昨日のレースで、
レースの最終盤で、ニックがあきらめずに、
前を行く#6を強引に抜いたあの気持ち良さに似ている。

Posted   パーマリンク

2019年05月26日(日)

5.26.スーパーGT鈴鹿戦 大殊勲の1・2フィニッシュ!

本日は日本全国晴れであり、
中国大陸から暑い空気が張り出して、
本日のスーパーGT鈴鹿戦の三重県も
三十数度の猛暑になると、天気予報が言っていたので、
暑さに弱い私は少し憂鬱な気分で家を出た。

しかし鈴鹿に朝9時過ぎ到着しても、もちろんまだ涼しかったのですが
昼を過ぎでも、風が爽やかでちっとも暑くないのです。
その内にちょっと涼しい風が吹いたりして、
「これって雨が降る前の風みたいだ。」と言ったら、
TOM'Sの広報担当者「雨だなんて、不吉なこと言わないで下さいよ。」と悲鳴。

今年の#37 KeePer TOM’Sは、雨にとことん祟られている。
一戦目の岡山では最初から最後まで雨でお話にならず、
二戦目の富士でも予選で2位を取りながら、いったい誰のミスなのか、
雨で大後退。
それでも最後にずいぶん挽回しても7位。(わずかながらのポイントは着く)

しかし、それに続いての三戦の今日は、
日本国中「晴れ」
猛暑の警報が出されているくらいの「晴れ」
しかも、昨日の予選では、
富士戦に続いて第二位を獲得している。
これで今日の決勝を期待するなと言われても無理だ。

僚友の#36 au TOM’Sは、ポールポジションを取っていて、
#36 to #37のウンツースタートだ。
スタートドライバーは、一戦と二戦から変えて、
#36が中島一貴選手と、#37は平川亮がスタートドライバー。

スタートは午後2時半。
全く雨の降る気配もなく晴れ上がっている。

スタートから#36と#37は大きくハンドルを左右に切ってウェービング。
何やってんだろうと思ったが、
#37が盾になって僚友の#36を逃がす作戦だろうか。
#36はどんどん先に行って#37以下は離されていく。
しかし#37は良く2位を守って走るが、
やがて3位に落ち、
途中、中盤の事故でセーフティーカーが入るが、
再スタート直後のピットイン競争で一歩遅れ
4位に落ちるもすぐに3位に復帰。
そこからニック・キャシディ選手が怒涛の追い上げを見せて、
ラスト4周前で、強引に前を抜いて2位になり、
そのままゴールイン。

チームTOM’sはこのレースを
予選1位、2位で、決勝も1位、2位と、パーフェクトで勝った。

レースは300kmの短いレースでしたが、
結構いろんなことがあってスリリングであり面白いレースでした。

さぁ、ここからが始まりです。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(426x640)・拡大画像(533x800)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

Posted   パーマリンク

2019年05月25日(土)

5.25..スーパーGT第3戦(鈴鹿)予選、#37KeePer第2位!

スーパーGTの第3戦が鈴鹿サーキットで、
明日決勝レース、今日は予選です。
今年は2レース続けて不調な結果に終わっている#37はいかに。

予選の結果。
ポールポジションは#36のau TOM’S LC500
2位には#37のKeePer TOM’S LC500が、1位の#36に
わずか0.013秒の僅差。平川亮のドライブで、

今回の鈴鹿戦は、本気になって見ても良さそうだ。
明日、早く、鈴鹿サーキットに行くことになっています。

サーキットに先入りしている萩原Mからの報告

・Q2結果
1 36 au LC
2 37 KeePer LC
3 8 ARTA NSX
4 12 CALSONIC GT-R
5 6 WAKO'S LC
6 16 MOTUL NSX
7 1 RAYBRIG NSX
8 17 KEIHIN NSX

#36は、コースレコード1'44.319には、約1.5秒及ばずの1'45.775。
#37は、トップとの差が0.013秒で、1'45.788でした。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

PHOTO by Yoshifumi Nakamura

Posted   パーマリンク

5.25.改善すべき点が多くあった第6回技術コンテスト

一昨日の5月23日に47名の県チャンピオンが全員集まっての準決勝戦で、
昨日5月22日には、準決勝を勝ち残った11名による決勝戦でした。
その両方ともに選手たちの真剣実あふれる競技と、
選手の5倍はいようかという大応援団が、
今までにない大興奮の充実した準決勝、決勝でした。

ところが、私には色々な部分に、
このままではまずいなぁと思えることがあって、
急遽その場で変更できることは、
会長特権(そんなものあるかっ!)で、変えてしまっこともありました。
変えたのは、決勝戦に設定された「ダイヤモンドキーパー」の競技に、
時間加点を無くしてしまったことです。

1日目の準決勝は全部で47名もいるので、
三班に別れて、それぞれでクリスタルキーパーを車の半分ずつ施工して、
その競技得点を上位11名に時間加点を加え、
だから、勝ちぬく人すべてが時間加点の元で争った訳です。
時間加点は、コンテスト初期の頃に私自身が造ったものですが、
競技のトップの決めるのに、
その差が非常に少なくて点差を着けるのが厳しかったので、
技術点が上位数名にだけ競技時間に順番を着けて、
その順番にあらかじめ決めた「加点」をプラスして、
その差を出そうというものでした。
あくまでも、この競技は「品質」と「技術」が重視されるので、
あくまでも技術点が上位であることが条件であり、
その上位に入ったもの同士で時間の比較をして点差を着けるものです。
「上手いは速い」の語源でもあります。
でも、あくまでも技術が上位であって初めて時間を競う意味があるので、
「速いは上手い」度はなく、
あくまでも「上手い速い」なのです。
この事と言葉はKeePerの施工者の中に一つの文化として広く定着しています。

その意味で全国大会の準決勝にも
技術点上位11名に時間加点を付けたのでしょう
しかし、あくまでも「準決勝」は「決勝」に進む11名を決めるものであり、
その11名の中での順位は、その目的には関係ないので、
準決勝47名に対して、
決勝に進むであろう技術点上位11名に、時間加点を着けても、
全く意味が無いので、
競技が始まる直前に
「11名に時間加点を着けるのはおかしい。これは無しで行こう。」と、
みんなに提案したのですが、
みんなには、すぐにはその意味が解らなかったのか、
「今回だけはこれでやらせて下さい。」と迷惑そうな表情。

着けても意味が無いだけなので、
着けなくても変わらないのだから、「まっイイか」と思ってそのままにした。
そして、
3組47名の競技が終わって、
採点の部屋でその様子を見、その結果を見ていたら、
ものすごく多くの人が「159点」とか「157点」の150点台になっている。
私はその事に大きな違和感を持った。
今日の出場者は全員が県チャンピオンであり、
県チャンピオン戦をトップで勝ち抜いてきた人だ。
その点数はほとんどすべての人が160点台を大きく上回っている。

それが159点とか157点など、150点台に甘んじて、
準決勝に敗退するのは、侮辱的なことだ。
表彰式で、落ちた人たちの表情が「暗い」ことに主催者側の誰も気が付かない。
何かおかしい。
その夜の食事会でも、みんながその事を思っていたようだった。
その空気に苛立った私は、
つい、大きな声を上げる場面が何度かあったが、
私が大きな声で怒鳴るのはいつもの事なので、相手にしてもらえなかった。

されで翌日の朝、
「準決勝で落ちた人が、そのあまりの低得点に不満が渦巻いている。
このままではまずぃぞ。なぜ、あんな低得点だったのか?」
この全国大会では、
その採点の正確を期すために採点の経験が豊富であり、
採点に最も信頼を持てるであろう営業所の所長と、
それと同格のLABOのマネージャーだけで占めている。
彼らは、大会の前日に集まって、
更に正確を期すために「目線合わせ」を何時間もやっていて、
採点に自信がある。
そこへ、前線から退いている会長が「おかしい」とクレームをつけるのだから、
彼らも真剣だ。

私は考えた。その目線合わせの時点で
「全国大会はすべての人のレベルがものすごく高いので、
差をつける為に、採点を少し厳しめに、低目に着けたのではないか。」
そう指摘したら、
彼らは言う。
「そういうことは一切やっていません。」
「でも、みなさん、ものすごく急いじゃって、
いつもの皆さんとは思えないドタバタしている感じで、
ああいう結果になってしまいました。同行の応援の人もそう言っていました。」

なるほどであった。
選手は無用に時間を意識しすぎて、技術が雑になったようなのだ。
そういうことだったのか。

今の事態の全貌が判ったからには、
この日の決勝もこのままでいいはずがない。
朝、急遽、二日目の開会がはじまってすぐ、
二百人以上の皆さんが並ぶ前に出て、
「今日の決勝戦は、時間加点はやめましょう。無しです。」
と、その訳を話して、皆さんに賛同を求めた。
皆さんから大きな拍手をいただけた。
重かった会場の空気が、ふと軽くなったような気がした。

何か異常があれば、それを真正面から受け止める謙虚さ。
異常があればその原因を突きつめる「しつこさ」。
この原因が判ったら、”すぐに”解決する「決断力」。
本当は一昨日の準決勝の時点で、
「時間加点をやめよう」と言った私は、しつこさと決断力が足りなかった。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年05月22日(水)

5.22.いよいよ明日は技術コンテスト全国大会

2月に始まった百数十回に及ぶ予選を勝ち抜き、
シード選手と共に県チャンピオン大会で優勝して、
県チャンピオンに輝いた47名の選手が、
愛知県のKeePer技研本社に付属する中央トレーニングセンターで、
明日の準決勝と、明後日の決勝に向けて集まってきます。

会場では、すでに大きなテント張りの見物席が造られ、
トレセン内には応援の人達からの何百枚というFAXが貼られています。
明日は、全員がそれぞれ地元の技術者を代表して、
全身全霊でKeePerの技術を競います。
その真摯な想いを思うと、感動を禁じ得ません。

明日、明後日はどんなドラマがあって、
六代目全国チャンピオンが生まれるのでしょう。

2014年に第一回KeePer技術コンテストが開かれたのは、
その前年に、九州の長崎で、土砂降りの中、
全員がテントの下で歯を食いしばって参加し競った感動の技術コンテストを、
アイ・タック技研が、見よう見まねで開催したものです。
あれからまだ6年しか経っていません。
大昔のような気がします。
私は今年が初めて、開催する主役ではなく、
一歩引いた立場でコンテストに参加し、
その開会式の中で何かを話そうとしています。

何を話しましょうか。
また、いつものように、いつもの事を話しましょうか、
きっとそうなるのでしょう。
私は、そんなに器用ではありませんから。

明日、明後日、無茶苦茶楽しみです。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.