谷 好通コラム

2019年05月13日(月)

5.13.KeePerスクールに「売り方教室」がない訳

KeePerの技術をお伝えするスクールが、
全国のトレーニングセンターで開かれています。
北から、札幌、仙台、郡山、新潟、関東(埼玉)、横浜、愛知(大府)、
関西(神戸)、福山、広島、高松(委託)、福岡、鹿児島、全13か所です。
このトレセンに延べで約50,000人/年間の方が来て、
KeePerのスクールを受けて行かれます。
トレーナーは全営業所員45名全員であり、
加えて直営LABOのチーフ又は店長、課長クラスのスタッフが時々入ります。
研修のコースも、
洗車からダイヤモンドキーパーまで色々なコースがあって、
皆さん、一つのスクールに出て、自店に帰って、ある期間、実践して、
後日、また新しいスクールを受けるというサイクルで、
あらゆるKeePerの技術を身に着けて行きます。
だから、一人が、何度もスクールに来られる訳で、
だから、年間延べ50,000人もの人数になるのでしょう。

技術はしつこいぐらいお教えします。
しかし、「売り方」は皆さんがご自分に合った方法で、
あくまでもお客様の意志をお聞きする形で、行うことが前提であり、
よくある売りの「セリフ」や「言い方」などは、スクールの中で触れません。
これはKeePerの伝統であり、
KeePerの最上、最高の”売り”は、最高の品質であり、
お客様の期待以上の満足こそが、KeePerの売り方以外ではなく。
このポリシーを徹底するために、
売り方の「セリフ」であり「売り方」など、
口先での売り方には一斉触れない伝統があります。

絶対の技術をもって、圧倒的な期待以上の仕上がりで、
お客様の喜びを経験して行く中で、自信も持てるし、
お客様の喜びをどうすれば造れるのかを一生懸命考える「心」を、
ご自分の言葉で表現するのが
KeePerの接客であり、受注の唯一の方法なのだと思うのです。

画像(577x530)

Posted   パーマリンク

2019年05月12日(日)

5.12.どうしようか本当に迷っています。

今日はまた富士スピードウェーに行ってきました。
スーパーGTとは関係なく、自分の好きで行ったものです。
実は、自分にも出られるかもしれないと思うようなレースを見つけたのです。
(私が自分で見つけたのではなく、人が見つけてくれたのですが)

私は左足の足首がいよいよダメになって来ているので、
クラッチを踏むことがほとんど出来ないので、
ノークラッチの車しか長くは運転できません。
だから、何年か前、何年間か、
私は自動二重クラッチのDSGという機構を持ったVWのゴルフGTIで戦う
ゴルフGTIカップというレースに出場していて、
年間5~6レースを、全国のサーキットを転戦したことがあります。
だから、私は実際に富士、鈴鹿、仙台SUGO、岡山国際、オートポリスを、
レースで走ったことがあるのです。
それからインタープロトスポーツという本格的なレースカーに乗って、
練習を重ねている時に腰を痛めて、
インタープロトはもちろん、ゴルフGTIもやめることになりました。
あれから何年か、
先日、腰の手術をして、
痛みはほぼなくなったので、
またぞろ、レースをやりたい虫がもぞもぞと動き始めているのです。
腰が治っても、レースを復活したいと思っていた訳でもなく、
ましてや、またレースをやりたいから手術をした訳ではないのですが、
せっかく治ったのだから・・・・と思うと、
また、やって見てもいいかなと思い始めてしまったのです。
そんな心情を人に話すと、
親切な人が、私にも出られそうなレースを探して来てくれて、
親切にも教えてくれるのです。

そのレースとはVW社と同系列のアウディ社の「A1」という車で、
ゴルフGTIカップレースの時と同じ
「DSG」というノークラッチのミッションを持っている車でのレースです。
(ゴルフGTIカップレースは何年か前に中止になってしまっています。)

それで、今日はそのレースを見に行ったのです。
このレースは、アウディA1が9台と、EP82という古いスターレット、
そしてやはり何世代か前のビッツが何台か走る混走レースでした。
早いレースではありませんが、
ゴルフGTIカップレースよりも数秒/周くらい遅い程度で、
出走者数の多い、面白そうなレースでした。

しかし、本当に迷っています。
体力的に昔レースで走っていた頃に比べると弱ってきているのは確かであり、
面白そうだからとうっかりまたレースカーに乗って、
レースの激しい運転をすると、
取り返しのつかないダメージを受けるかもしれないし、
あるいは逆に、
鍛えたことになって、意外と元気になったりしたら最高だし、
精神的にはやった方がいいに決まっているので、
ちょっとだけ試しにやって見て、体の調子の様子を見てみるか。
やっぱりやめとこか。
どうしようか、本当に迷っているのです。

画像(600x388)

ついでに見た久しぶりのインタープロトのレースは、
相変わらずエキサイティングで、激しく私の心を揺さぶってくれました。

Posted   パーマリンク

2019年05月11日(土)

5.11.三浦リンダ君物語

今日はお酒を飲んだ。

今日は午後から営業所所長会議で、
KeePer技研の古強者どもが一堂に会して、話し合いをする日だった。
話は盛りだくさん。
営業所の所長連中は、
この会社の中でも、最も古い時代から苦労を共にしてきた連中で、
気心も知れていて話に遠慮をする者は誰もいない。
話が盛り上がりに盛り上がって、
終わりが夜8時前にまでなってしまった。

札幌営業所の瀧澤所長が、不本意にも泊りになってしまったので、
本社の人間と一緒に晩ごはんを食べに行くことになった。
会長である私と、
社長と、専務、それから名古屋営業所の青山所長、
製品部の増田部長、営業部の三浦部長、そして札幌営業所の瀧澤所長。
東証一部上場会社の最高幹部7名が、
会議後の食事に出かけたのは、お好み焼きの”いろり”
みんな仕事は大好きだが、
高級とか、ゴージャスとは全く縁のない者ばかりで、
お好み焼きに異議を唱える者はいない。どころか、
賀来社長は、もんじゃ焼きは自分にまかせろと、誰にも手を出させない始末。

そんな今日の主役は、営業部の三浦部長。
大仕事の営業所長会議を無事に乗り切った彼は、
最近、頭に変なパーマをかけていて、頭髪がクルクルになっている。
その様子が、
我が家のリンダの毛によく似ていたので、
お好み焼きを食べて、酒を飲んでいる内に
三浦部長は、三浦リンダ君と呼ばれるようになっていて、楽しい一日であった

画像(450x253)

Posted   パーマリンク

2019年05月10日(金)

5.10.次の人が会社を活性化して価値を大きくする方法

創業者とはゼロから何らかの価値を作りだすことが出来た人であり
独自性のかたまりのような人で、
何でも一人でやってしまう。
しかし、一人では出来ることが限られていて、たかが知れているので、
いっぱいの人と、話すか、書いて、
濃いコミュニケーションを持ちながら、
いっぱいの人に自分の考えや、やっている事を理解してもらって、
いっぱいの人の力を集めて、大きな仕事を成し遂げて行く。
発想力と、実現力に溢れ、
今までにない価値を創り上げて行くことが得意だ。
その発想力は歳を取るにつれて枯れて行くどころか、より花開き、
実現力も一向に枯れず、歳を経てむしろ磨きがかかったりするものだ。
総じて超ワンマン経営でここまで来た。
しかし、
その肉体は時とともに衰え、
頭だってすぐに疲れるようになって、
奔放な発想力と、実現力は次第にエネルギーが無くなって衰えてくる。
ある創業者は、肉体的な衰えに最新の科学を投じて、
その肉体の衰えに抵抗し、ある人は強じんな精神力で自分を鍛え上げて、
そのエネルギーを保とうとするが、
その差は70才で衰えてしまう人に対して、
どんな頑強な人でも85才、頑張って90才までだろう。
大きな時の流れの中では大した違いはない。

だから、どんな創業者でも次世代の人にその事業を承継するが、
その承継者は、いくら選ばれた人であっても、あるいは能力のある人でも、
創業者のゼロから何かの価値を生み出す奔放な発想や、
実現力を持っている事はない。
持っていれば、とっくに創業しているはずで、
創業者の事業を承継する立場には無いはずなのだ。

だから、事業を承継する人は、創業者のようにあろうとしても、
承継者には創業者が備えている奔放な発想も実現力も持っていないので、
超ワンマン経営をしようとすると、
創業者の真似事をしているだけの
ただのわがままで自分勝手な独裁者になるだけで、
奔放な発想も実現力も持っていないので
そこには濃密なコミュニケ―ションを持ちようもなく、
大義名分もなく、
ただ単に強くあって、自分勝手に勝とうとするだけで、
社会にとって「役に立たない集団」に成り下がって、
とうぜん、社会から必要とされないので、その集団は衰退し、
悪意のある者から食い物にされてボロボロになって、無くなっていく。

あるいは、
社会はそんなに非情なものではないので、
その事業をより成長させうる強力な集団に取り込まれて、
幸運にも、正常に成長していく場合もある。
そのケースは多い。

もう一つ、簡単でうまい方法がある。
承継者は、自分が普通の人であって、
創業者のような奔放な発想と実現力を備えていないことを良く自覚して、
組織を構成する人たちと一緒に考えて、相談しながら、
集団の能力と行動力を集めて経営を進める体制を作り出すことだ。
決して偉ぶらず、
驕らず、高ぶらず、
決して横暴にならず、
みんなと膨大な「相談」を重ねて、
物事を進めれば、たくさんの人がその行動の意味を共有しているので、
みんなが同じ方向性のベクトルをもって、乱れずに行動するので、
その力は、創業者が奔放な発想と言いながら、
言って見れば「思い付き」に近いレベルなので、
たくさんの人が真剣に話し合い、
相談して造り上げた大義よりも、むしろ多くの人の賛同を集めて、
より強力で正しい判断である場合が多い。
如何に創業者であっても、創業時には必要な奔放な発想と実現力は、
正しさにおいては、
多くの人の議論の結果に、明らかに劣る。

承継者は、たくさんの人、たとえば、その中には衰えた創業者も含んで、
大きく頻繁な「相談」の輪を造りだす役割だけでもいい。
大抵の創業者が苦手な、大きく頻繁な相談の輪を造りだせば、
創業者が果たしてきた役割よりも、
承継者は、より大きな役割を果たしたことになる。
そんな会社をいくつも見たことがある。

創業者が創り出したよりも、
はるかに活性化された大きな良い会社になっている。
そんな承継が成されると、
創業者はきっと嬉しく死んでいくことが出来るのだろう。

Posted   パーマリンク

2019年05月08日(水)

5.08.ゼロからの創出は普通ではない

何か独特の物を造り出すには、
何かすでにある物を土台にして造り出されることはない。
あるいは何かを真似して作られることもない。
何か、独特の物であって、
今までにない物が創りだされる時は、
それは何もないゼロから、
「無」から「有」が創りだされるように、
唐突に創りだされるもので、誰も予測が付かない。
もちろん、本人すらもそれを予測できないし、むしろ本人の意思もない。
本人の意思とは関係なく、唐突に創りだされるものだ。
しかし、それは決して劇的でなく、創りだされる時は唐突でむしろ静かだ。

生き物の進化には、
環境の変化によって、選択的に、
今までとは違う方向に淘汰された者が生き残って
つまり、環境の変化に適応した形の者が生き残って、
その種が環境の変化に適合したことになる。よくある緩やかな進化だ。

もう一つの方法が突然変異。
何かの異常で、たまたま今までとは違う形態になってしまった生き物が、
たまたま、住んでいる環境の変化に合っていて、
たまたま、他の者より生き残って、淘汰されて、
その種が環境の変化に適合したことになる。
まぐれの突然の進化だ。

ゼロから何かが創りだされることと似ている。
何かの異常があって、あるいは変わっていて
その異常が、新しい時代の環境に、たまたま合っていて、たまたま勝ち残る。
だから、本人は全く勝ったという自覚がない。
しかし、勝っていないから、勝たなくても不満ではないので、
しぶとく、たくましい。
創業者とはそんなもので、
誰も勝ち誇って威張ることはなく、しかし、誰からも理解されず、
実はさみしい者でもある。
本人は変わっているだけで、たまたま勝つつもりもなく勝ってしまっていて、
それによる満足感も持っていないまま、
気が付くと、あとは、死ぬだけになっている。
「つまらないな。」
創業者とは、ひょっとしたらそんなものなのかもしれない。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.