谷 好通コラム

2019年05月12日(日)

5.12.どうしようか本当に迷っています。

今日はまた富士スピードウェーに行ってきました。
スーパーGTとは関係なく、自分の好きで行ったものです。
実は、自分にも出られるかもしれないと思うようなレースを見つけたのです。
(私が自分で見つけたのではなく、人が見つけてくれたのですが)

私は左足の足首がいよいよダメになって来ているので、
クラッチを踏むことがほとんど出来ないので、
ノークラッチの車しか長くは運転できません。
だから、何年か前、何年間か、
私は自動二重クラッチのDSGという機構を持ったVWのゴルフGTIで戦う
ゴルフGTIカップというレースに出場していて、
年間5~6レースを、全国のサーキットを転戦したことがあります。
だから、私は実際に富士、鈴鹿、仙台SUGO、岡山国際、オートポリスを、
レースで走ったことがあるのです。
それからインタープロトスポーツという本格的なレースカーに乗って、
練習を重ねている時に腰を痛めて、
インタープロトはもちろん、ゴルフGTIもやめることになりました。
あれから何年か、
先日、腰の手術をして、
痛みはほぼなくなったので、
またぞろ、レースをやりたい虫がもぞもぞと動き始めているのです。
腰が治っても、レースを復活したいと思っていた訳でもなく、
ましてや、またレースをやりたいから手術をした訳ではないのですが、
せっかく治ったのだから・・・・と思うと、
また、やって見てもいいかなと思い始めてしまったのです。
そんな心情を人に話すと、
親切な人が、私にも出られそうなレースを探して来てくれて、
親切にも教えてくれるのです。

そのレースとはVW社と同系列のアウディ社の「A1」という車で、
ゴルフGTIカップレースの時と同じ
「DSG」というノークラッチのミッションを持っている車でのレースです。
(ゴルフGTIカップレースは何年か前に中止になってしまっています。)

それで、今日はそのレースを見に行ったのです。
このレースは、アウディA1が9台と、EP82という古いスターレット、
そしてやはり何世代か前のビッツが何台か走る混走レースでした。
早いレースではありませんが、
ゴルフGTIカップレースよりも数秒/周くらい遅い程度で、
出走者数の多い、面白そうなレースでした。

しかし、本当に迷っています。
体力的に昔レースで走っていた頃に比べると弱ってきているのは確かであり、
面白そうだからとうっかりまたレースカーに乗って、
レースの激しい運転をすると、
取り返しのつかないダメージを受けるかもしれないし、
あるいは逆に、
鍛えたことになって、意外と元気になったりしたら最高だし、
精神的にはやった方がいいに決まっているので、
ちょっとだけ試しにやって見て、体の調子の様子を見てみるか。
やっぱりやめとこか。
どうしようか、本当に迷っているのです。

画像(600x388)

ついでに見た久しぶりのインタープロトのレースは、
相変わらずエキサイティングで、激しく私の心を揺さぶってくれました。

Posted   パーマリンク

2019年05月11日(土)

5.11.三浦リンダ君物語

今日はお酒を飲んだ。

今日は午後から営業所所長会議で、
KeePer技研の古強者どもが一堂に会して、話し合いをする日だった。
話は盛りだくさん。
営業所の所長連中は、
この会社の中でも、最も古い時代から苦労を共にしてきた連中で、
気心も知れていて話に遠慮をする者は誰もいない。
話が盛り上がりに盛り上がって、
終わりが夜8時前にまでなってしまった。

札幌営業所の瀧澤所長が、不本意にも泊りになってしまったので、
本社の人間と一緒に晩ごはんを食べに行くことになった。
会長である私と、
社長と、専務、それから名古屋営業所の青山所長、
製品部の増田部長、営業部の三浦部長、そして札幌営業所の瀧澤所長。
東証一部上場会社の最高幹部7名が、
会議後の食事に出かけたのは、お好み焼きの”いろり”
みんな仕事は大好きだが、
高級とか、ゴージャスとは全く縁のない者ばかりで、
お好み焼きに異議を唱える者はいない。どころか、
賀来社長は、もんじゃ焼きは自分にまかせろと、誰にも手を出させない始末。

そんな今日の主役は、営業部の三浦部長。
大仕事の営業所長会議を無事に乗り切った彼は、
最近、頭に変なパーマをかけていて、頭髪がクルクルになっている。
その様子が、
我が家のリンダの毛によく似ていたので、
お好み焼きを食べて、酒を飲んでいる内に
三浦部長は、三浦リンダ君と呼ばれるようになっていて、楽しい一日であった

画像(450x253)

Posted   パーマリンク

2019年05月10日(金)

5.10.次の人が会社を活性化して価値を大きくする方法

創業者とはゼロから何らかの価値を作りだすことが出来た人であり
独自性のかたまりのような人で、
何でも一人でやってしまう。
しかし、一人では出来ることが限られていて、たかが知れているので、
いっぱいの人と、話すか、書いて、
濃いコミュニケーションを持ちながら、
いっぱいの人に自分の考えや、やっている事を理解してもらって、
いっぱいの人の力を集めて、大きな仕事を成し遂げて行く。
発想力と、実現力に溢れ、
今までにない価値を創り上げて行くことが得意だ。
その発想力は歳を取るにつれて枯れて行くどころか、より花開き、
実現力も一向に枯れず、歳を経てむしろ磨きがかかったりするものだ。
総じて超ワンマン経営でここまで来た。
しかし、
その肉体は時とともに衰え、
頭だってすぐに疲れるようになって、
奔放な発想力と、実現力は次第にエネルギーが無くなって衰えてくる。
ある創業者は、肉体的な衰えに最新の科学を投じて、
その肉体の衰えに抵抗し、ある人は強じんな精神力で自分を鍛え上げて、
そのエネルギーを保とうとするが、
その差は70才で衰えてしまう人に対して、
どんな頑強な人でも85才、頑張って90才までだろう。
大きな時の流れの中では大した違いはない。

だから、どんな創業者でも次世代の人にその事業を承継するが、
その承継者は、いくら選ばれた人であっても、あるいは能力のある人でも、
創業者のゼロから何かの価値を生み出す奔放な発想や、
実現力を持っている事はない。
持っていれば、とっくに創業しているはずで、
創業者の事業を承継する立場には無いはずなのだ。

だから、事業を承継する人は、創業者のようにあろうとしても、
承継者には創業者が備えている奔放な発想も実現力も持っていないので、
超ワンマン経営をしようとすると、
創業者の真似事をしているだけの
ただのわがままで自分勝手な独裁者になるだけで、
奔放な発想も実現力も持っていないので
そこには濃密なコミュニケ―ションを持ちようもなく、
大義名分もなく、
ただ単に強くあって、自分勝手に勝とうとするだけで、
社会にとって「役に立たない集団」に成り下がって、
とうぜん、社会から必要とされないので、その集団は衰退し、
悪意のある者から食い物にされてボロボロになって、無くなっていく。

あるいは、
社会はそんなに非情なものではないので、
その事業をより成長させうる強力な集団に取り込まれて、
幸運にも、正常に成長していく場合もある。
そのケースは多い。

もう一つ、簡単でうまい方法がある。
承継者は、自分が普通の人であって、
創業者のような奔放な発想と実現力を備えていないことを良く自覚して、
組織を構成する人たちと一緒に考えて、相談しながら、
集団の能力と行動力を集めて経営を進める体制を作り出すことだ。
決して偉ぶらず、
驕らず、高ぶらず、
決して横暴にならず、
みんなと膨大な「相談」を重ねて、
物事を進めれば、たくさんの人がその行動の意味を共有しているので、
みんなが同じ方向性のベクトルをもって、乱れずに行動するので、
その力は、創業者が奔放な発想と言いながら、
言って見れば「思い付き」に近いレベルなので、
たくさんの人が真剣に話し合い、
相談して造り上げた大義よりも、むしろ多くの人の賛同を集めて、
より強力で正しい判断である場合が多い。
如何に創業者であっても、創業時には必要な奔放な発想と実現力は、
正しさにおいては、
多くの人の議論の結果に、明らかに劣る。

承継者は、たくさんの人、たとえば、その中には衰えた創業者も含んで、
大きく頻繁な「相談」の輪を造りだす役割だけでもいい。
大抵の創業者が苦手な、大きく頻繁な相談の輪を造りだせば、
創業者が果たしてきた役割よりも、
承継者は、より大きな役割を果たしたことになる。
そんな会社をいくつも見たことがある。

創業者が創り出したよりも、
はるかに活性化された大きな良い会社になっている。
そんな承継が成されると、
創業者はきっと嬉しく死んでいくことが出来るのだろう。

Posted   パーマリンク

2019年05月08日(水)

5.08.ゼロからの創出は普通ではない

何か独特の物を造り出すには、
何かすでにある物を土台にして造り出されることはない。
あるいは何かを真似して作られることもない。
何か、独特の物であって、
今までにない物が創りだされる時は、
それは何もないゼロから、
「無」から「有」が創りだされるように、
唐突に創りだされるもので、誰も予測が付かない。
もちろん、本人すらもそれを予測できないし、むしろ本人の意思もない。
本人の意思とは関係なく、唐突に創りだされるものだ。
しかし、それは決して劇的でなく、創りだされる時は唐突でむしろ静かだ。

生き物の進化には、
環境の変化によって、選択的に、
今までとは違う方向に淘汰された者が生き残って
つまり、環境の変化に適応した形の者が生き残って、
その種が環境の変化に適合したことになる。よくある緩やかな進化だ。

もう一つの方法が突然変異。
何かの異常で、たまたま今までとは違う形態になってしまった生き物が、
たまたま、住んでいる環境の変化に合っていて、
たまたま、他の者より生き残って、淘汰されて、
その種が環境の変化に適合したことになる。
まぐれの突然の進化だ。

ゼロから何かが創りだされることと似ている。
何かの異常があって、あるいは変わっていて
その異常が、新しい時代の環境に、たまたま合っていて、たまたま勝ち残る。
だから、本人は全く勝ったという自覚がない。
しかし、勝っていないから、勝たなくても不満ではないので、
しぶとく、たくましい。
創業者とはそんなもので、
誰も勝ち誇って威張ることはなく、しかし、誰からも理解されず、
実はさみしい者でもある。
本人は変わっているだけで、たまたま勝つつもりもなく勝ってしまっていて、
それによる満足感も持っていないまま、
気が付くと、あとは、死ぬだけになっている。
「つまらないな。」
創業者とは、ひょっとしたらそんなものなのかもしれない。

Posted   パーマリンク

2019年05月07日(火)

5.07.遅ればせながら4月のLABO実績主観的解説

今年の4月実績は5月の月初が10連休の後半に当たっていたため、
東証を通じての「開示」が5月7日になってしまったため、
この紙上でも公開が出来ずに、ずいぶん遅くなってしまいました。
(前文)
この解説は、先の「開示」が客観的であるのに対して
これはあくまでも私の主観的な見方を主とした解説であり、
先に開示されたものに対するものではありません。
例えば数値的に差異があれば、それは先の開示された情報が正しいものです。


4月のお天気は全国的に、特に店舗数が多い関東、中部共に雨が少なく、
日照時間も正に昨年並みで穏やかな日が続きました。
例年、ガソリンなどの燃料の値段が高くなると、
燃料以外の車関連の出費が、抑えられ気味になりますが、
ここ最近もそんな傾向があり、若干来店数が減りましたが、
4月終盤から始まった史上初の10連休の影響は大きく、
終盤から来店が伸びて、結局、4月中の来店数は、
既存店ベースで前年同月比97.9%と、微減にとどまりました。

画像(640x147)・拡大画像(800x184)

対して、平均単価は既存店ベースの前年同月比で106.8%と、
大きくはありませんが伸びています。
これはサービスメニューの中でも最も付加価値が高く
販売価格も一番高いダイヤモンドキーパー類が、
既存店ベースの前年同月比(以後、単に前年同月比という)で106.7%と伸び、
クリスタルキーパーはダイヤモンドキーパーへのステップアップの踏台的に
前年同月比95.6%と微減しているが、
ダイヤモンドキーパーに伴うメンテナンス類も112.7%と増えているので、
平均単価が前年同月比106.8%と伸びたわけです。
これは、KeePerの認知が進んだことと、
SNSでの評判の高さが、KeePerブランドとしてのネームバリューが上がり、
信頼性が最も求められる新車への施工が相対的に増えたものと考えられます。
特に4月は、新車登録が多い決算期の三月の翌月であり、
新車の納車が多い月なのでその傾向がより顕著であったのかもしれません。

その結果、売上げは既存店67店舗で計348,919千円、
前年同月比104.5%の増加です。
新店12店舗を加えた79店舗で381,940千円、
前年同月比114.4%の増加です。

店舗ごとに見ると、
やはり札幌店の新記録17,665千円(手稲店も新記録6,102千円)が光ります。
これは降雪地域の春、雪解け後、道路が乾いてきてからの
膨大なコーティング需要の表れです。
注目すべきその平均単価で、
店舗として熟成している札幌店では、17,218円/台もあり、
前年の14,674円/台と比べると実に117.3%です。
売上げの前年同月比が108.9%なので、
なんと来店客数は92.8%とむしろ減っているのです。
だから、札幌店の驚異的な新記録は大ラッシュの結果というよりも、
ダイヤモンドキーパー施工台数が前年同月比134%の95台という、
いわば「接客」受注の勝利と言っても過言ではないでしょう。
人時生産性は昨年の8,262円/人時から今年は7,902円/人時と減っています。
17,665千円という新記録をマークしながら、
スタッフの作業の過酷さは僅かながらも軽減されているのは、
見事という他ありません。そのノウハウをぜひ学びたいと思います。

4月1日に58名の新卒の新入社員が入社して、
全員元気にそれぞれの店舗で技術を身に付けつつあります。
しかしその新入生は、まだ人時生産性の計算に算入されていません。
彼らが技術を身に付けて徐々に戦力になってくるのは6月からです。
その加わった戦力が店舗数の伸びの原動力です。
あるいは会社としての新たな成長戦略の根拠となります。

全体としては間違いなく上昇傾向です。
しかし一部の店舗で
前年売上げ実績を大きく下回りつつ、
人時生産性が危険水域の7,000円/人時を上回っていることが、
大変、気になるところです。
このような店舗の一つの傾向は、
たとえばダイヤモンドキーパーの施工台数が減って、
平均単価も比較的低く、
全店舗の傾向に逆行していて、もがいている様子が見て取れます。
そのような傾向が何に起因しているのか、どう再生するのか、
謙虚になって、正しく把握し、真剣に考えて行かねばなりません。

画像(640x454)・拡大画像(800x568)
画像(640x396)・拡大画像(800x496)
画像(640x409)・拡大画像(800x512)
画像(640x549)・拡大画像(800x687)
画像(640x305)・拡大画像(800x382)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

5

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.