谷 好通コラム

2019年04月29日(月)

4.29.同じエンペラーでもえらい違いだ。

テレビで、現・明仁天皇の幼少の頃から今に至るまでの記録を放送していた。
正田美智子妃との軽井沢テニスコートでの恋など、
微笑ましくも楽しい話題もあったが、
大半がとても笑えない現天皇の真面目で誠実な天皇としての言動に感心した。
何よりも感心したのは、その謙虚な姿勢。
天皇とは英語で言えばemperorエンペラー。
これを、もう一度日本語にすれば「皇帝」とか「帝王」となる。


しかし、たとえば、
経営者で”帝王”タイプと言えば、
自分は選ばれた優れた種類の人間であって、
自分の言う事にすべての社員は服従すべきで、
服従する者を可愛がり
自分の言葉は神の声と勘違いしている。
論理的な思考に欠けて
自分のひらめきと直感を信じ、
自分のただの「好き嫌い」までを「ひらめき」「直観」と勘違いまでする。
自分より下と見下した人の言う事は、すべからくバカにして、
何の参考にもせず、むしろバカにするネタにする。
人の痛みや悲しみを感じることなく、
人の喜びや感動も共感することが出来ないのでマーケティングも解らず、
経営とは勝つことでしかないと思っているから、
負けるとその訳が分からず、八つ当たりするだけで、
ひたすら人のせいにするので、
負けが、経営の宝である”学び”にも”懲り”にもならない。
しかも、
環境の変化に適応するタフさと孤独に対するタフさに欠けていて、
目先の変化に惑わされる脆弱な精神力しかない。
自然の中ならば真っ先に滅びる種類だ。
帝王タイプの経営者で成功した人を私は一人も知らない。
最も経営者に適していない人と言える。
よく勘違いされるが帝王タイプの経営者は意外といない。
サラリーマン社長ですら成功していない。
ましてや創業者には帝王タイプはいないと断言できる。
少なくとも私は会ったことが無い。


しかし、
日本の現代のemperor、天皇は、
敗戦後、日本民族の象徴として、どうあるべきか、
たくさんの、たくさんの国民からいろんな意見を聞いて、
理解し、受け入れて、
自分が神ではないことを理解し、
人間でありつつ象徴であることの意味を理解し、
そのために自らは何をすべきなのかを見出し、
たとえば、災害で打ちひしがれる国民には、必ず行って、膝を下ろして声をかけ、
そっと心で寄り添うことで、象徴としての役割を果たして
多くの国民の力になっている。すごいですね。
その上で、
日本民族が育んできた神道の天皇としての宗教的役割を、
伝統に則って果たし、
自らの役割がその承継であることも体現する。

すごいですね。
私は”右”ではないですが、
日本の天皇の存在とその意味と行動に何の違和感もない。
第二次世界大戦に敗戦したことですべての価値がひっくり返った日本で、
象徴天皇が見事に適応している今の姿に
外国に対してもむしろ誇らしく思います。

底の浅い帝王タイプの経営者とはえらい違いです。

Posted   パーマリンク

2019年04月28日(日)

4.28.GW二日目の豊田店、岡崎店、春日井店、守山店、名古屋東店

今日は「中部の店舗を周ります。」と言っていた鈴置君の車に便乗した。

まずLABO豊田店に行くために
知多半島道路から伊勢湾岸道に乗ってビックリ。
大府ICから豊田東ICに向かう上り線は空いていたが、
反対の下り車線は三車線がびっしりと詰まって大渋滞していたのです。
さすがに10連休の二日目、
今日はうっかり高速道路に乗ると、身動きが取れなくなってしまう恐れがある。
そう思って、今日は極力、一般道だけで店舗間を移動することにした。

LABO豊田店は、
洗車している車が一台と、洗車の仕上げをしている車が二台、
コーティングブースの中は満車で、
黙々とダイヤモンドキーパーなどを施工していた。
作業を待っている車は無さそうで、
ご予約とご来店、お渡しがスムーズにいっている様子がうかがえる。
豊田店は、西日本では東海店に次ぐ実績を安定して上げていて
日本の自動車のメッカである豊田市での
KeePerの信頼性を造り上げてくれています。

みんなを自分のカメラで撮影したのですが、
帰りに、カメラにSDカードが入っていなかったことに気が付いて、
下記の写真は
豊田店に応援に入っていた菰田Mgに撮り直し、送ってもらった写真です。

一級技術資格石川スタッフ、木村チーフ

画像(550x412)

石川スタッフ、一級技術資格島本スタッフ、一級技術資格青山スタッフ、松川店長

画像(550x412)

次にLABO岡崎店に行きました。
岡崎店に行くのは、私は久しぶりだったのですが、驚きました。
鎌田店長が、何気なく垢抜けていたのです。
きっと、彼の身なりに気を使ってくれる何かがあったに違いありません。
岡崎店はわずか170坪の小さな店舗で、
安定してトップクラスの実績を上げ続ける優秀な店舗です。

鎌田店長と新しい仲間、新卒の中村スタッフ。

画像(550x366)

一級技術資格新美スタッフ、甲斐チーフ

画像(550x366)

只今産休中でこの間かわいい赤ちゃんが生まれたと聞きました。をの岩崎シニアスタッフから差し入れが届いていました。

画像(450x300)

一級技術資格北尾スタッフ。

画像(500x333)

東名高速の豊田ICから春日井ICの上り線は、信じられないほどガラガラでした。

画像(600x400)

岡崎店から豊田ICに戻って、渋滞を避けながら東名・春日井ICまで走って、
19号線沿いのLABO春日井店に行きました。
春日井店はその好立地を100%活かして、成長ぶりは著しく、
オープン一年目から採算店を突破して、
二年目のジャンプもひと際大きく、飛躍を続けています。
この店のトップクラス台当たり単価の裏付けである”聞く”接客と受注は
この店舗の立役者の努力のたまものです。

一級技術資格安富スタッフ、永井店長川村チーフ、一級技術資格松浦スタッフ。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

ファンが多い川村チーフ。この人の接客受注は定評があります。

画像(450x300)

効いている看板「車、美しく。」

画像(600x400)

この日もコーティングブースには、いっぱいの車が入っていた。

画像(600x400)

次の守山店は一般道でわずか30分。
典型的な下町の中にあります。
立ち上がりになかなか苦しんでいますが、
時間がかかるかもしれませんが、間違いなく大きく立ち上がってくる店舗です。

心優して力持ち坂崎チーフ、と電話中の堀店長と、大人になってきた一級技術資格武藤スタッフ。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

鈴鹿サーキットのレポーターとして活躍の柳本さんと偶然お会いした。

画像(450x300)


最後のLABO名古屋東店は、
名古屋の古くからの名門の場所で、狭い店舗をイイ車がびっしりと占めていた。

画像(600x400)

その名門の地に出来たLABOには、良質のスタッフたちを。
夏原チーフと、一級技術資格小栗スタッフ、安部店長兼課長

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

この入口がなかなかいいようです。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年04月27日(土)

4.27.G.W.初日、札幌店が新記録を上げつつあります。

今年のゴールデンウィークは今までにない長さです。
この10連休がどのような現象を作り出していくのか、
ヨーロッパの人達が必ず取っている長期の夏休み「バカンス?」のように
日本の文化の中にどう位置づけられていくのか。
どうなっていくのか注目して行かねばなりません。

連休の初日の今日、
私は母がお世話になっている老人ホームで
四月のお誕生会で昼の食事を一緒にしてきました。
母と話をしていると、母はもう九十三歳になったように言うのですが、
連れ合いに言わせると八十九歳だと言うし、
どちらなのか、ホームの人に聞けば確かめられるのですが、
母が、九十三歳だというのには何か意味があるのか、何か思いがあるのか、
そう思うと本当はいくつなのかを確かめるのは、どうでもいいような気がして、
うやむやにしたまま、楽しく食事をしました。
私は最近、年寄りのそんないい加減さが大好きです。

今日は、そんなことで一日仕事をせずじまいでしたが、
明日は、誰かをつかまえて、ラボ店舗を周ってこようと思っています。
今日のラボからの実績報告は、
大型連休がこのビジネスにとっては
大きなプラスになるかもしれないことを予感させるものでした。

その中でも、北海道の札幌店は、
今日一日だけでも120万円を越していて、
ただいま、たぶん、札幌店の新記録を作りつつあります。
雪解け後の道路が乾いた時期、雪国でのコーティング需要のものすごさは、
東京から数人の応援部隊が、
札幌に泊まり込んでいる事からも想像できるでしょう。

東京から札幌に出稼ぎに行っているようなものです。
こんな商売、他には中々ないでしょう。

Posted   パーマリンク

2019年04月26日(金)

4.26.買った物(サービス)の代金を支払うのが当然

住んでいる世界が資本主義の世界なのだから、とは関係なく、
どんな経済構造の世界であっても
買った物やサービスの代金を金銭やカードで支払うのは当然だ。
買ったからには、それに付いていた値段に従って、代金を支払う。
経済の最も基本的な部分だ。

繰り返すが「買ったからその代金を払う」のが常識だ。
会社通しの売り買いの場合は、商品を買ったその時に、都度、払うのではなく、
買った時に伝票に着けておいて、
買掛金としてひと月分をまとめて支払う場合が多い。
それにしても、買ったから代金を支払うという行為は同じだ。

しかし、多くの場合、
売った方が、売掛金として買った人(会社)に請求書を出して、
買った人(会社)は、
その請求書に従って、売った人(会社)に対して
代金を支払うという行為をすると思っている人がいるが
これは間違いであり、根本的に合っていない。

あくまでも、買った人(会社)は、買ったから、その代金を支払うのであり、
売った人が売ったから、売った人に代金を支払うのではない。
屁理屈を言っているようだが、
これは大事な所で、特に会社の経理担当者は間違ってはいけない。

どこかの誰かが、私たちに何かを売ったと言っても、
私たちが買っていなければ、その代金は払ってはいけないのだ。
請求書は、あくまでも売った側が売ったとしている物の代金の集計であって、
買った物の代金の集計とは限らない。
買った物の代金と集計と、売った側が出した売ったものの代金の集計と、
金額が一致する場合もあるが、
一致していなければならない理由はない。
一致していなくても、
代金を支払う側は、あくまでも買った物の代金を支払う訳であって、
代金は買ったから買った者が売った者へ支払う義務があるのであって
向こうが売ったという金額を、買っていないのならば支払う義務はないので、
売った側から出された請求所の金額は、「参考」でしかない。
請求書は支払いの根拠にはならず、
参考でしかない。
支払いの根拠はあくまでも買掛けの明細、集計であり、
最低でも、買った者、買った部署の責任者が承認した請求書である必要がある。

繰り返すが、請求書は、絶対に、支払いの根拠であってはならない。

もちろん、
売った方と買った方は信頼関係を続けなければならないので、
売った方の売掛請求書と、買った方の買掛明細書が一致していなければ、
なぜ一致していないのか、お互いに調べることになるが、
調べたとしても、
買った方の買掛明細に間違いがあって、
買掛明細の修正が必要な要因が明確になって
実際に買掛明細が修正されなければ、
断じて、相手の売掛請求書の金額を支払ってはいけない。

しつこく言うが、代金の支払いは買ったからするのであって、
相手が売ったからする支払いの義務が発生する訳ではない。

経理担当者は、
買った者が、それを買ったことを承認しなければ、
いかなる支払いもしてはならないし、
支払う権限も持っていない。

勘違いしてはならない。
支払うのは、経理担当者ではなく、
支払う権限を持っているのは、
あくまでもそれをを買った人であり、それを買った部署の者だ。

この最も原則的な、簡単なルールを、
会社を始めた時から、何度も、何度も繰り返し言ってきた。
もう何十回言っただろう。

代金を支払う権限は、あくまでも、買った人であって、
買った部署の者が、支払いの責任を持たなければならない。
経理担当者は、
事務的な手続きをするだけで、支払いの一切の権限を持ってはいけない。
買っていないのだから。

買っていないのだから、支払う義務もなければ、支払う権限もない。

Posted   パーマリンク

2019年04月24日(水)

4.24.歳とって、エネルギーが無くなってくるけど

立派な経歴を持つご老人が、自家用車を運転していて、
何かの発作を起こしたのか、突然、暴走し、
幼い女の子と若いお母さんを曳いて死なせてしまった事故がありました。
そのご老人はたしか87才とありましたが、
その立派な経歴からすると自身に相当な自信を持った人で、
自分がそんな悲惨な事故を起こすことは絶対にあり得ないと思って、
87歳の高齢まで自動車の運転を続けていたのだろう。

亡くなった母娘の無念はどれほどだろうか、想像も出来ません。
また、そのご家族の無念と悲しみはどれほどの大きさでしょうか。
あまりにも悲惨であり、むごい事故です。

今、そのご老人は深い後悔と自身を責める気持ちで、
その場で自らの命を止めたい思いに苛まれながら、
死に逃げることは絶対に許されない事実で、ようやく生きているのでしょう。
過去の立派な経歴と実績などは、すべて木端微塵です。
むしろその経歴が立派であるだけに、かえって残酷です。
自身に自信がある人ほど、
自分は大丈夫だと思う気持ちが強い。
こういう取り返しのつかない事故を起こしてしまってから、
はたと我に返るものらしい。

私は決して自信家ではないが、
腰の手術を乗り越えたので、
本気でまた、サーキットでレースカーを走らせたいと思っています。
歩くのさえおぼつかないような状態でも、
車は運転できるので、
本気でまた、サーキットでレースカーを走らせたいと思っています。
まだ67才なので‥と、
これがイカンのだろうとは思うのですが、

歳を取っていくということは残酷な事実で、
一瞬たりとも、その事実から逃れることは出来ません。
私は会社の経営の最前線から身を引きました。
しかしまだ物事を考え、新たなるものを創り出していく能力は、
そんじょそこらの者には負けない自負はあります。
経営の最前線から身を引いてとしても、
その責務から逃げるつもりはないので、
CEO(経営最高責任者)を引き続き標榜して行くとおりです。
常に今の状況を正しく把握して、判断して、
何をどうして行けばいいのか、行くべきなのかを決めます。
逃げることなく、決めます。
逃げるつもりは全くありません。
しかし、たくさんの事を実行して行くエネルギーは確実に失いつつあります。
このエネルギーが無いまま、
実行者面を続けてはいけないと思ったのです。
だから、今、
自分の在り方を探っている所と言っていいでしょうか。

もう一つの節目は、たぶん、75才でしょうか。
それまでなんとしても生きていたいと思うし、
エネルギーの無いことを前提のスタンスならば、
ひょっとしたら、仕事も、今以上のことが出来るような気がします。

しかし少なくとも、
それ以上は車の運転もやめようと思います。
でも、その前に、
ちょっとだけ、もう一度サーキットを走りたいと思うのは
まだ、だめですね。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

4

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.