谷 好通コラム

2019年04月21日(日)

4.21.時間をかけて、じっくりと育った店舗

昨日は彦根イオン店に行って来ました。
彦根イオン店はもう4年前にオープンした店で
ショッピングモールの中に出来るLABOとしては初めてで、
みんなの期待を背負ってオープンしたのですが
ショッピングに来たお客様がなかなかLABOには来店せず、
実績は低迷気味でLABO店の中でも問題店でした。
しかしここに至って、
不調のよどみから脱出したかのように好調に飛ばしているのです。

この店舗は約300万円がペイラインであるが、
このラインがなかなか突破できずに、減損会計の対象にも毎度上がっていた。
それが20日現在、彦根イオン店はすでに約265万円の実績が上がっており、
前年同月同日比160%以上という超立派な実績。
この調子で行くとペイラインをはるかに超す400万円は堅そう。

何があったのか
久しく行っていないこともあったのですが、
何はともあれ、現場に見に行ってきました。

彦根イオン店は、初めてショッピングモールの中での出店した店舗です。
彦根市唯一の大型ショッピングモール「イオンタウン彦根」の、
すさまじい集客力に惚れ込んで出店したのですが、
目の前の駐車場に車を停めたお客様は、LABOには目もくれません。
低迷の実績が過ぎて行きます。
ショッピングモールの中を歩く人に来る日も来る日もチラシを配って、
LABOへのご来店を呼びかけるのですが、
何度も同じ人にチラシを渡したのでしょうか、
そのうちにチラシを受け取ってもらえなくなりました。
ショッピングモールの一番奥に位置していたLABO彦根イオン店は、
チラシをまいてその存在を知ってもらわなくては誰も気づきません。
そのチラシも、もう要らないみたいだし、
どうすればいいのか判らなくなって、困り果てました。

そこではたと気が付いたのは、
ショッピングモールに来たお客様は、
一度駐車場に車を置いてしまったら、
あちらこちらの店でショッピングをしてから車に戻って、帰るのであって、
それからLABOに寄って、
車をキレイにしていくことなどあり得ない訳です。
だから、車をキレイにしてもらうならば、
ショッピングモールに来たら、
まず、
LABOに車を預けてもらって、それから買い物に行く順序でなければ、
LABOにチャンスはない訳です。
だから、まず、最初にLABOに車を預けてもらうために、
ショッピングモールに来る前の人にそのことを訴えなければなりません。
だから、
ショッピングモールの中でチラシをまくのではなく、
ショッピングモールの外の、
つまり、彦根の町にチラシをまくべきと気づきました。
それから、彦根の町にポスティングで根気よくチラシをまいて、
LABO彦根イオン店の売上げ実績も少しは良くなった感じでしたが、
なかなか成果は数字になって表れることはありませんでした。

この事で一つの鉄則がLABOに出来ました。
ショッピングモールにLABOを出す時は、
「【奥】は禁物であり、必ず【入り口】に近い所でなければならない。」です。

あれから、中々認知が進まない彦根イオン店で辛抱強く運営を続けましたが、
ジワリジワリとしか実績が上向かず、
彦根イオンさんに家賃を安くしてもらうお願いをしたり、
今は亡き山戸部長や辻店長たちは大変苦労をしましたが、
不採算状態は続き、残念でした。

そのうち関西でも新しい店舗が何軒も出来て、
辻店長は新店に行き、糸川チーフが新店長となり、西畑新チーフになって、
またしばらく。
竹村スタッフが加わり、しばらく経って一級技術資格を取り、
今年には新卒の初の女性スタッフ須田さんが加わって、
その間にもジワリジワリと実績を上げ、良くなっては来ても、
減損会計のリストにはまだ常連で、でも、そんなに目立った存在ではなく、
で、
ふと気が付いたら、
前年比160%オーバーで走っている。
もう、とても減損会計に出すような状態ではない。

LABO彦根イオン店に行って聞いてみた。
「いったいどうしたんだい? すごいじゃん。」
糸川店長と
西畑チーフは口を揃えて言う。
「お客様に紹介された新規のお客様が目立って増えました。」
LABOはストックビジネスであって、
お客様に店が提供する商品を気に入ってもらい、
リピートのお客様が積み重なって来て、
時間をかけて繁盛店が出来上がっていく。
店舗の認知の速さによって、リピート客の積み重ねのスピードが変わる。
だから、
多くの店は「二年目のジャンプ」を果し、普通に繁盛店に成る。

しかし、中には、認知性の悪い店舗、あるいはマーケットの薄い地域では、
評判が評判を読んでの新規のリピートのお客様が増えるスピードが遅い上に、
来店の頻度の低さが足を引っ張って、
積み重ねのスピード遅く、繁盛店に成長するまでに大変時間がかかる。

しかし、この彦根イオン店のよう
ショッピングモールの一番奥にあるような不利な場所でも、
丁寧に真面目なキレイを提供し続ければ、月日はかかっても、
繁盛店にまで届く臨界点を越すことがあるので、
LABOはやめられないのですね。

糸川店長西畑チーフ、一級技術資格竹村スタッフ、LABO交野店から応援に来ていた川添チーフ

画像(640x425)・拡大画像(800x532)

彦根イオン店の中は、すごくきれいだ。

画像(600x400)

この店が一人前になるとは感無量である。

画像(600x400)

先日、東郷店に行きました。
この店は構えが仰々しすぎてストックビジネスの店舗になり損ねていたが、
今度イメージを大きく変える工事を思いついたので、きっと繁盛店になるに違いない。

まだ新人のイメージがあった友田チーフがすっかり大人になっていた。たくましい。

画像(500x333)

一人前になっている一級技術資格松永スタッフ。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2019年04月19日(金)

4.19.自分の未来を作るようで楽しかった。

今日は久しぶりに二泊の出張の日程を、
飛行機の時間表とにらめっこをしながら作りました。

初日、午前中に欠かすことが出来ないことを済まして、
午後から空港に行って、
夕方、札幌千歳空港に飛ぶ飛行機に乗って、
向こうに着くのは18:35。
それから雪解け時期で大変忙しくなっているLABO札幌店と手稲店に行って、
両方の店が閉店後、みんなを食事に誘って、楽しく食事をして、
その時に、大変お世話になった坂本氏にもお会いできればお礼を言いたい。
その日は札幌駅の前のホテルに泊まり、
翌日の朝一番で、札幌にある会社で新製品の打ち合わせをして、
午前中に札幌千歳空港に走って、
釧路空港行きのプロペラ機に乗って
釧路空港に到着するのは14:05。
すぐにレンタカーに行って、ワゴンのレンタカーを借りて、
約2時間かかって「霧多布」に走る。

霧多布に到着するのは、たぶん、16時ぐらいだろう。
急がないと東の果ての霧多布では日が暮れてしまう。
間に合えば、湿原の木道を先っぽまで渡って、
運が良ければ湿原の絶品の夕焼けを撮ることが出来るかもしれない。
更に時間があれば、
夕陽の前にヒグマが住むという「鷲の巣の森」をこの目で見て見たい。
その日の夜は、霧多布に住む友人と語り明かして、
いい夢を見て寝て、
次の日の朝は遅くとも6:00には起きて、
6:30から釧路空港に向かって走り、8;30にはレンタカーを返して、
9:00の札幌千歳行きの飛行機に乗る。

千歳空港には9:45に到着して、
空港ビル内を歩いて、10:45発の中部空港行きの飛行機に乗る。
中部空港には12:25分に着陸して、
まっすぐ会社に戻る。
その後、午後から欠かすことが出来ない事を済ます。

二泊二日のような強行軍の日程だ。
色々考えて工夫して、北海道でのどうしてもしたいスケジュールを押し込んだ。

本当は最初、霧多布に泊まることは無理だと思っていたのですが、
何とか工夫している内に泊まることが出来る日程を作ることが出来ました。

こういう飛行機がらみの込み合ったスケジュール作りが、
昔は当たり前であった。
特に昔のある時期は海外が絡んでいて大変だった。
その度に無茶なスケジュールを立てて、
殺人的な日程をこなすのが、自虐的な快感になっていた。
あの頃は面白かった。
仕事の成果は上げられなかったが、少なくとも面白かった。
日本→ロス→ニューヨーク→ドイツで、
世界一周を短時間でやった時は、死ぬほどしんどかった。

しかし、スケジュール作りは、
それが無茶であればあるほど、
自分の未来を自分で切り開いているようで、
私は大好きであった。

若い時は、痛い足を引きずりながらでも、何でもできた。
そんなことを、
今日のスケジュール作りをしながら、思い出し、
ちょっとグッと来てしまった。
昔に戻れたらと、胸に迫って来て、最近はそういうことが多い。


その昔、本当に世界一周をやった時の、
ロスからニューヨークへ飛ぶ飛行機の中から撮った本物の『摩天楼』。

画像(500x462)

Posted   パーマリンク

2019年04月18日(木)

4.18.引退間際のジタバタは仕方ないのだ

今日はまた東京に行ってきました。
東京の機関投資家の皆さんへIRで社長交代と会長就任の挨拶です。
しかし実質的には、
私が社長を引退する決別の挨拶のような意味もあります。
と、私もそのつもりはあったのですが、
もともと私はこのIR(インベスターリレーション)が嫌いではなく、
投資家の皆さんから色々な事を教えてもらえるので、
むしろ、好きなので、
IRのいつものペースで事業状況などを説明している間に、
スイッチが入ったのか、ホントにいつものペースになってしまいました。

ところが午後からのIRで、
大変お世話になっているある投資家の方から、
「長い間お世話になりました。」と決別を意味する挨拶をされ、
はたと、今日のIRの目的を思い出しました。
そうしたら、
妙にさみしく思えてきて、
「IRには、気が向いたら、また、私も来ます。」と、つい、言ってしまい、
そんなだらしないことは出来ないなと反省したのです。
それでも、
機関投資家へのIRは、
今の事業状況を説明していると、
気が付かなかった事に改めて気がついたり、
将来の事について思いもよらない可能性に突然気が付いたり
話をしていてワクワクするので、私は大好きです。
私は社長を引退して会長になるのはいいのですが、
このIRに来れなくなるのは、残念だな、つまらないなと思って、
色々と考えてしまいました。

引退に際してのジタバタは、
仕方ないのです。


孫娘に耳を広げられて可愛いリンダと

画像(375x500)

おすましチーちゃん

画像(375x500)

孫娘とモデルガンを構えるアホなおっさん

画像(375x500)

Posted   パーマリンク

2019年04月17日(水)

4.17.車の写真ではなく艶の写真を撮るという事

今日また、4台の車で艶の写真を撮りました。
4台の車の写真を撮ったのではなく、4台の車で艶の写真を撮ったのです。

KeePerに関わるパンフレットとか、看板とか、チラシとか、
必ずKeePerで磨き上げた艶々の車の写真がつきものですね。
いえ違いますね、KeePerで磨き上げた車の艶々の写真がつきものです。
しつこいようですが、
私たちがいつも撮っているのは、
「車の写真」ではなく「艶の写真」を撮るのです。

ここの所をどれだけ強く説明しても、
ある優れた写真家を除いて、普通のプロのカメラマンは、
「分りました。」と返事をしても、いざ撮影が始まると、
どうしても「(艶のある)車の写真」を撮りたがるので、
どうしても、写真を撮る方向が合わず、物別れに終わってしまいました。
だから、仕方なく、今では
スタジオで、
デザイナーたちと一緒に、
自分達で撮っています。
ついこないだまで、されでもカメラを使える女性社員がいたので、
助かっていたのですが、
それでも、私がいちいち指図をして「艶の写真」を撮っていました。
私達のデザイナー達にも艶の写真と車の写真の違いがなかなか分かっていず、
苦労をしていたのです。
しかし、その女性がめでたく「産休」に入ったので、
(当社は産休が多く、しかも100%職場復帰しているのが自慢だ)
今日は、デザイナーたちだけで撮ったのです。

撮影はいつも朝早くから始まるのですが、
私は昨日、東京へ日帰りの出張をしたので、
ちょっと遅刻して、9時半ごろにスタジオに出ました。
そうしたら、
名古屋勤務の三名のデザイナーとWEB関係の女性4名だけで、
さっさと今日は「艶の写真」を撮っているではありませんか。
どうも、新人の(と言ってもかなり年配)デザイナーが、
いつもの私の口ぐせ『下手な鉄砲数打ちゃ当たる。』と言いながら、
1シーンにつき露出を変えながら、何枚もシャッターを押していて、
その中に、
確かに艶の写真と言えるような写真が混じっていて
彼らは突然、出来るようになってしまっていた。

となったら、私はもう出番はない。
何年も、何十回も、私の出番がありつつ進んだ艶の写真撮影も、
とうとう『下手な鉄砲数打ちゃ当たる。』と意味が通じて、
突然、彼らは出来るようになったのです。

私は早目に引き上げたので、
「上手く撮れたと思う写真を、メールで何枚が送っておいて。」と言い残して、
彼らにすっかり任せて、スタジオを去った。

その結果、夜になって送られてきた写真がこれだ。
まだ少し解っていない部分があるが、
あと少しの修正で終わりそうだ。


これは、ちょっと無理ですね。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

艶のポリューム感は出ています。

画像(426x640)・拡大画像(433x650)

ちょっと考え過ぎですね。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

意外と良いのではないでしょうか。

画像(426x640)・拡大画像(533x800)

おもしろいですね。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

いい写真です。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

艶とも車とも関係なく、単なるかわいい猫です。

画像(640x426)・拡大画像(650x433)

Posted   パーマリンク

2019年04月16日(火)

4.16.富士山がくれる幸運

今日は朝から晴れていて、
きっと東京に向かう新幹線の中から富士山がよく見えるでしょう。
だから、新幹線はわざわざ富士山側の席を取りました。

東京に行く時は、晴れていれば富士山が見える。
この幸運は、
私が、いつか、死ぬ間際に
「もう一度、富士山見たいなぁ」と、つぶやく価値のある幸運です。

幸運とは、それが有る時には、そのありがたさが解らないもので、
それを失った時、はじめて、その価値を思い知るものなのでしょう。
人は生き物なので、必ず死にます。
無限とも思えるような長い時間の中では、
人は愛する人とゼロに近いような短い時間を一緒にいられるだけで、
ほんの一瞬のことです。
時間は、過ぎれば、いつも幻のごとく、
失った時に初めてその価値を思い知るのでしょうが、
出来得るものならば、その片鱗だけでも、生きている間に知りたいものだ。

涙が出て来ちゃいます。

画像(640x425)・拡大画像(800x532)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

4

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.