谷 好通コラム

2019年04月12日(金)

4.12.昔、長崎での創始のコンテストに心を揺さぶられた。

今、全国でキーパー技術コンテストの県チャンピオン決定戦が行われている。
今日は本社のある中央トレセンで、愛知1チャンピオン決定戦だったので、
私も少しの時間でしたが、見学をさせてもらいました。
予選を勝ち抜いてきた選手と、
昨年の技術コンテストで上位入賞者と
昨年の選手権で優秀な成績を出した店舗からのシード選手が
KeePerの施工技術を競う県チャンピオン決定戦なので、
そのレベルはものすごく高い。
二組30名での準決勝から、
一組10名での決勝戦に勝ち上がるためには、
準決勝で160点以上の獲得が必要だった。
数年前の全国チャンピオン戦と同じレベルと言っていいだろう。
今年から決勝はダイヤモンドキーパーを一人で1台施工する。
だから、
今年から、技術とスピードだけでは勝ち抜けず、
無駄のない合理的な動きが求められるようになって、
普段の作業の数と量が物を言う県チャンピオン決定戦になった。
この技術コンテストが、
単に競技の為の競技ではなく、
KeePerの目的であるお客様の車を本当にきれいにする
仕事に役立つ為の競技会であって欲しいと考えての改革でした。

ここまでの経過では、
その狙いがうまく発揮できていると聞いていたので、
良かったと思っていたのですが、
実際にこの目で確認しようと思って、
ちょうど決勝戦が始まってしばらくの時間に見に行きました。

そこで、ふと気が付いてしまいました。

県チャンピオン決定戦で使用している車は、
地元のレンタカー屋さんで借りてきた同じシルバー色の同じVITSです。
競技の公平を期す為にいつの頃からかこうしています。
だから全部、同じ色のほぼ新車であり、それがズラッと並ぶ様子は異様です。

その車で一斉に競技の作業が始まって、
ふと、もっと異様なことに気が付いたのは、
どの車もフロントウィンドウが
フッ素撥水加工をやったばかりのようにバリバリに水をはじいているのです。
レンタカーでフロントが撥水加工してある車があるはずがありません。
レンタカーを借りたお客様の好みがあって、
撥水するフロントウィンドウが嫌いな人もいるので、
どんなレンタカーも、撥水加工はしてないのです。100%そうです。
なのに競技されているレンタカーたちは全車バリバリにはじいています。

これは変だと思って、
審査をしていたスタッフに聞いてみました。
そうしたら、「撥水加工してないとウィンドウの水を拭き上げにくいので、
公平を期すために前もって全車にはっ水校を施しています。」と言う。

このコンテストの競技はスポーツではない。
厳密に同じ車種で同じ新車で、
同じ色の車で、フロントウィンドウに同じように撥水加工してあるクルマで
競技するなんて、まるで”スポーツ”ではないか。

スポーツですら、ここまでイコールコンディションを造っていない。
トラック競技でも直線だけを走る100m走以外の競技では、
アウトコースとインコースがあって、ずいぶん条件が違う。
そういう不公平を乗り越えて、勝つランナーは勝つ。
どんな競技でもラッキーorアンラッキーはある。
それを乗り越えてタフな勝つ選手は勝つから面白いのだ。

それに比べて、我が競技は、
あくまでも純粋に仕事としての競技のはずだ。
なのに、
普段の仕事であるはずのない同じ車種の新車で同色の
アホみたいに全車ウィンドウ撥水加工済みで、技術を競うなんて、
なんて生ぬるいことをしているのか、
普段の仕事を考えれば、
同じ車種なんかである訳がないし、同じ色である訳がない。
色の違いによって技術の違いが出る訳がない。
新車であっても10経った車でも同じようにキレイに出来る。
むしろ10年経った車の方がKeePerの効果が良く強く出る。
今のこれは、KeePerの技術コンテストから徐々に外れて
まるでスポーツ競技のようになっていないか。
競技の為の競技になっていないか。

私が一番最初に見た長崎での、土砂降りの中、
バラバラの車で
テント張りの下でみんなが歯を食いしばってやったあの創始のコンテストは、
私は心から感動した。
今のキーパー技術コンテストの原点だ。
それが今では、
フロントウィンドウの撥水加工まで同じにして
厳密に公平にした、有りもしないシチュエーションでの競技。
何かをどこかで間違えてきてしまったことに気づき、
また、改めて改革を加え、この競技が仕事の競技であることの原点を、
取り戻すべき時期に来ていることを思いました。

Posted   パーマリンク

2019年04月11日(木)

4.11.相手が解らないことが分らない人達

特に取扱説明書とかがそうですが、
自分は、
その対象の製品が何であって、
どうすればどうなるのかを知っているので、
知っている事を前提としたような、やおら肝心な作業の説明から始まって
しかも、知らない人には全くちんぷんかんぷんな名称を平気で使うなどして
知っている人にしか絶対理解できない説明書を、
本人は真面目な顔して書いていることがある。

あるいは、
自分は知っているので解かる事でも、
相手にとっては知らないことなので、
知っているから理解できるような説明をしても、相手が解かる訳がないのに、
自分は相手が解らないことに気が付かずに、
自分達にしか解らない説明を、
ダラダラと続けている事がある。
自分で、自分のその説明にうっとりと悦に入っている。自己満足の境地。

製品の取扱説明書であれ、
サービス商品の作業マニュアルであれ、
その製品やサービス商品の事を知らない人に対して、
知っていただくために説明しているはずなのに、
わざわざ、知っている人だけが理解できる言葉を使って、
あるいは、相手が解らないことを忘れたかのように。
自己満足の境地で、説明してしまい、
相手が解らない顔をしていることを内心で笑う馬鹿な奴もいる。

特にその世界でしか使わない専門用語をやたらに話に混ぜて、
相手が解らないことを馬鹿にするくだらない大馬鹿野郎もいる。
さすがにそんな大馬鹿野郎は相手にしなければいいだけだが。


今日は、KeePer タイムスの校正をやった。
KeePer タイムスはKeePerを取り扱っている技術者の方が読む場合が多いが
全部で約2万部出しており、お客様がいる場所に置かれる場合も多く
誰が読むかも分らない事を前提としている事は当然だ。
KeePerを全く知らない人までを前提とするのはさすがに無理があるが
自分達にしか解らないことが、
相手に解ることを目的にしていない書き方になっていることが目立って、
相当分をNGにした。

人と人との問題も、
すべからく、解り合えることが肝心である。

Posted   パーマリンク

2019年04月08日(月)

4.08.安城店と中川店の異変、と知立店

昨年の1月にLABO安城店を、
150坪の場所から300坪以上の土地に場所を移動して、
店の規模を大幅に大きくして新しくオープンしました。
初めてのいわゆる”リプレイスオープン”です。
土地の広さが倍以上になって、地代も倍以上、
コーティングブースは2台分から一挙に4台分に大型化し、
洗車の洗い場と仕上げ場も大きくし、
何よりも最新鋭の連続洗車機(スポンジブラシ)を設置して、
洗車の自動化を実現し、
スタッフの手による作業の付加価値を大幅に上げようとしています。
安城店のリプレイスは、
キャパシティを広げただけでなく、
自動化を進めて効率化を図って、意欲的に近代化を狙いました。
今は、世間が人不足に悲鳴を上げているのに、
ありがたいことに大量の新卒採用に恵まれているので良いのですが、
近い将来わが社でも絶対的な店舗増加に伴って、
人材の不足があって不思議ではありません。
そのためにも、
ビジネスの効率化を常に忘れてはいけない事と位置付けています。
特に現状で一番効率が低い「洗車」の自動化は
いつかは必要になるので
その品質の高度化と同時に、
運営のノウハウを身に着ける必要もあります。

そんな期待を背負った新・安城店のオープンだったのですが、
旧・店のスタッフそのままの態勢だったのがいけなかったのか、
あるいは良かったのか、
新・安城店の販売実績は、
旧・安城店の前年実績を、
ほとんど上回りもせず、逆に下回りもせず、
同じような実績が続きました。
もちろん地代は大幅に上がり、設備投資も大きく行ったので、
収支で言えば悪化です。
もともと狭い店舗の割には良い実績で、収支の良い店舗だったので、
赤字運営に転がり落ちることはありませんでしたが、
良くなる兆しは見えないまま、1年が過ぎて、
何らかの手を打たなくてはならない時期になっていました。

そこで、良くも悪くも依然と同じだった体制を変える事にしました。
一番即効的に効果が見える店長の交代です。
この店を長く担当していて信頼できる松浦店長を、
LABO中川店で目に見える改善を行い、
スタッフ全体の士気を高めて実績を大きく上げた広木店長と、
クロスで交代させたのです。

つまり、安城店に広木店長を就け、
中川店に松浦店長を持っていきました。

この会社は、辞める人が極端に少ないので、
人事異動があまり活発ではなく、
“新店”が出来るとそれに伴って若干の移動が出る程度でした。
それを今回は、積極的に活性化を狙っての人事異動で
その効果を皆が注目したのですが、
すぐには大きな変化があった訳ではないのですが、
ここに至って、
安城店のチーフ以下スタッフの顔つきの真剣さが変わったと、
幹部たちの評判になっていました。

実績もそれに付随してかかなり改善されて来て、
前月の3月は前年比110%で、近隣の岡崎店、豊田店の実績より、
一歩抜きんでている状態だっただけでしたが、
まだ始まったばかりの4月は1週間だけの状態だが
前年比1.6倍以上で、このペースで行くと800万円は堅い、
大物揃いの三河地区の中で一番の実績だ。
さすが元Jリーガーの熱血漢・広木マンサノ店長と評判だ。

更に加えて、
松浦店長が行った中川店が3月には前年比101%で現状維持だが、
この4月には前年比2倍以上と驚異的なペースで飛ばしている。
尾張地区でのダントツの一番だ。
中川店にも何か大きな変化が起き始めているようだ。
もともと力のある松浦店長。
広木店長がいなくなった中川店のスタッフ達も燃えたのだろうか。

いずれにしても、まだ始まったばかり4月なので
今の時点でハシャグようなことを言うべきではないのだろうが、
この人事異動がお互い良い結果を出しているのだったら、
こんな嬉しいことはありません。
最高です。

LABO安城店
牧野チーフ

画像(500x333)

広木店長と成長著しい一級技術資格松下スタッフ

今日は平日なので三名だです。

画像(600x400)

連続洗車機の前にはずっと三台ずつが並んでいました。

中川店には、また、今度行きましょう。

画像(600x400)

安城店に近いところにLABO知立店があります。

この店舗の大島店長はずっとこの店の店長をやっていて、
今、10か月連続予算達成の記録を伸ばしていて、当面は知立店の店長です。

立派なキャンピングカーが入っていました。

写真は有留チーフ

画像(500x333)

10か月連続予算達成中の大島店長

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2019年04月07日(日)

4.07.今年は何か? 大府店、半田店。刈谷店、東海店、

今年の三月後半から四月初旬にかけて随分ペースが上がっています。
これは三月半ばからの花粉の影響が大きい。

今年の花粉は非常に多かったと言うが、
そのせいで、車の上面、ボンネットとか屋根にべっとりと花粉が着いていて、
水ハジキが良いとか悪いとかのレベルではなく、
ベットリと何か水を弾かない物が着いている感じだ。

だから店舗には、来店が非常に多いのだが、
とりあえずの洗車が多いか、
どうせだからコーティングをされる車が多いかで、
店舗によって売上げ実績に大きな差が出来ているようなのです。
その違いは、地域の差もあるかもしれませんが、
どうも、店長の話の方向によって、その差が出来ているようでもあるのです。

一昨日、大府店に行きました。
一年半前に窮した鈴鹿店を立て直しに行ってもらった林店長が、
今月から大府店に帰って来てくれて、早速、前年比146%で飛ばしている。
LABO大府店
今年入社の加古スタッフ。すごく楽しみだ。

画像(500x333)

広島から帰ってきた桑鶴副店長

画像(500x333)

林店長と新婚の一級技術資格浅田スタッフ。

画像(600x400)

今日は、桜をあちらこちらに楽しみながら、
LABO半田店に行きました。
半田店に入ったら洗い場に車が一台だけで空いている空気。
当然今日は混んでいる事を想像していたので私はびっくりしました。
ところが横山店長いわく、
「昨日からコーティングばかりで、すごいんですよ。
それもダブルダイヤモンドキーパー・プレミアムが多いんです。
今日はたぶん70万円を越します。」と言います。
確かに今日の閉店後送ってきた実績報告では本日733,331円で、
前年同日比で167.4%と出ている。
まだたった一週間とはいえ、すざまじぃペースで運営されている。
接客受注をほぼ一人で受けている横山店長が、
今年のすさまじい花粉の状況と、
ダブルダイヤモンドキーパープレミアムの紹介がピタッと合ったのでしょうか。
いずれにしても、
こんなペースが続くとなると、とんでもない記録が生まれます。

一級技術資格百合草スタッフと横山美咲店長

画像(600x400)

一級技術資格豊島スタッフと一級技術資格磯部スタッフ。

画像(600x400)

ブースの中は預かりの車でいっぱいです。

画像(600x400)

次に行ったのが、LABO刈谷店

刈谷店には新しく東海店から矢下田店長が赴任している。
初めての店長職を刈谷店でとは少々重いとは思うが、東海店での実績を買って矢下田君に預けた。
現時点で前年比115.3%は許容範囲だ。

右から一級技術資格石田スタッフ。お父さん杉浦チーフ富上副店長矢下田店長

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

刈谷店のハードはすごく使いやすいと言っていた。

画像(600x400)

刈谷店に応援に入っていた名古屋営業所の竹内課長。ご苦労様でした。

画像(500x333)

最後にLABO東海店。
定評の北村店長と、本社電算課とのマルチ勤務の一級技術資格中崎チーフ

画像(600x400)

プロボクシングコーチの一級技術資格砂山スーパーアルバイトと、松永チーフ

画像(600x400)

存在が濃い未来の大物、一級技術資格野口シニアスタッフ。

画像(550x366)

今年は例年にない「花粉」の濃い飛散で汚れ方が尋常ではない。
四月にとってはまだたった1週間だけの変化であって、
一か月を通して言えることは何もないかもしれないが、
あまりにも濃い今年の花粉は普通ではないことを引き起こす可能性もある。

Posted   パーマリンク

4.07.国を越えて「桜」は、みんなが美しいと思うらしい。

日本人は桜が好きだ。と言い、
桜を愛する感性を日本人らしい、と言うが、
近来ではアメリカやイギリスにソメイヨシノの桜の苗木が持ち込まれ、
有名な川沿いに見事な桜並木があって、
桜の花が咲く季節には、アメリカ人やイギリス人にも大人気だと聞いた。

見事に一斉に桜の花が咲く景色は、国の垣根など越えて、
すべての人に感動を与えてくれるものなのだろう。
不思議ですね。
人は国の違いによって、
肌の色がまったく違ったり、
骨格の違いによって、見た目がずいぶん変わるのに、
オリンピックなどを見るまでもなく、
同じ種目で色んな種類の人間がごちゃ混ぜになって競っていて、
肌の色の違いによって肉体的能力に大きな偏りがあるものではない。
IQに至っても肌の色の違いによってその能力によって偏りがあるものではない。
「天は人の上に人はつくらず、人の下に人はつくらず」とは、
生まれた時点では相当な精度で、正しいのかもしれない。
違ったとしても、
厳しい訓練を重ねても校内競技会でも勝てない人もいれば、
同じような訓練を受けた人がオリンピックで活躍するくらいの差しかない。
言い方を変えれば、その競技をやらせてみなければ判らない程度の差しかない。
むしろ、
同じような体格の人間でも、
その訓練を真剣に受けた者と、
訓練をまったく受けなかった者との差は、
それ以上の差が出来ていて、競技をやらせてみなくても、
歩く姿や、立った姿だけでもはっきり判る差が出来るものではないだろうか。

頭脳の能力でも同じようなことが言えるのかもしれない。

人は生まれついての肉体的能力の差、
頭脳の能力の差は、
厳密に言えばある。
遺伝子としての差はそれなりにある。
「天は人の上に人はつくらず、人の下に人はつくらず」とは、
ポリシーの上での理想論であって、
そうあるべきではあるが、現実は違うと言えば、それはそうだ。

しかし、人はその人生の過程において、
その運命を、他力によって大きく変えられてしまうことも多々ある。
その逆に自力によってその運命をわがものに取り戻すこともある。

例えば、恥を忍んで、
たとえば、
私の父は学生の頃、短距離走100mで三重県トップとなり、
国体の競技に出たことがある。
つまり私は、
足の速さではトップクラスの遺伝子を体の中に持っている。
しかし、4才の時、
当時流行っていたポリオ(脊髄性小児麻痺)に罹患して、
左足に不自由を持ってしまった。
そのせいで足は常に全校で一番遅かった。
だから学生の頃から、
常にコンプレックスが付き纏っていた。
このコンプレックスは今でも大切に持っている。
しかし、
その裏返しで私は高校の柔道部に入って、黒帯となった。
名古屋市立の高校だけでの大会で、私はベスト8に入ったことがある。
そんな事は今となっては、何の役にも立たないが、
少なくとも、
私はたまたまポリオを罹患しただけであって、
谷好通としては、一人前の肉体を親からもらっている事を確信している。
しかしこの年になり、
その弱みが色々な形で表面に出てニッチもサッチもいかないが、
まだ悲観的な気分にもなっていないのは、
仕事が面白すぎるのであろう。
仕事については学べば学ぶほど解からない、知らないことが転がり出てきて、
凡人中の真正凡人の我が頭をひねっていると、
不思議と次から次へと厄介なことが解決していくから面白い。

今は誰も私に「走れ」と言う人などいないが、
走ったら惨めな思いをするだろうことは、
私自身のコンプレックスとして、大切に持っていればいいと思う。
自分の中に出てくる傲慢を帳消しにするのにちょうどいいから、
死ぬまで大切に持っていこうと思う。

いずれにしても、素晴らしく足の速い遺伝子を生まれながらに持っていながら、
他力であるポリオのおかげで台無しになったが、
そのおかげで、成長の中で「負けない自分」を得て、
年取りながら、今の自分になり、今の成果を得た。
人はその人生の過程において、
その運命を、他力によって大きく変えられてしまうことも多々ある。
その逆に自力によってその運命をわがものに取り戻すこともある。


街のあちらこちらに、
満開の桜の花がいっぱいあって、
素晴らしい美しさを日本人だけが感じるのではなく、
世界の違う国の人達も同じように感じることを思い出して、
色んなことを考えてしまいました。


LABO刈谷店の近く、亀城公園の桜。

画像(600x400)

亀城公園の桜は多くの刈谷市民に愛されている。

画像(600x400)

レスリングの「志學館」の近くの畑の脇に見事な桜が並んでいた。

画像(600x400)
画像(600x400)

手入れはあまりされていないようだが、若いので、美しい。

画像(600x400)

本社近く吉田小学校の正面玄関の桜。見事だ。

画像(600x400)

家の近くを流れる「石が瀬川」の堤防の桜並木。提灯が懸けられ夜桜もやっている。

画像(600x400)

一昔前までは、石が瀬川の堤防は「からし菜」の群生が、
「日本の花百選」に選ばれていたが、何年か前の台風の時、
堤防決壊で洪水になって、堤防のコンクリート化でからし菜は無くなってしまった。今は桜だ。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

4

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.