谷 好通コラム

2019年04月05日(金)

4.05.本当の意味「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」

「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」とは、
生まれた時に人に与えられた機会は、
すべてに均等であるべきとしたのは、
民主主義の基本であり、
全ての人が同じく機会を与えられるべきで、
しかし、
大人に育つ段階で、勉強をするかしないかは本人の自由、
本人の選択するところであり、
その結果、
賢人になるか、愚人になるか、
富んだ人になるか、貧しい人になるか、
その差が出来るのは当然であるとして、
むしろ、積極的に、
賢人と愚人の差、富む人と貧しい人の差を是認している。

だから「学べ」「学び続けよ」と学問のすすめとしている。
「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」とは、
一見、原始共産主義的に聞こえる部分があるが、
そうではなく、
根本の部分、生まれた時点においては、
全ての人が、人として平等であっても、
その後、育っていく過程において、
如何に学ぶかよって、その差は大きく着くものであり、
如何に学かはすべての人に平等に与えられた自由である。とした
明快な言葉である事は間違いない。

しかも、これは人が幼少から学生までの成長の間の、
学校においての「お勉強」にとどまらず、
大人になって、社会に出てからにおいて、
実践的かつ実戦的にその人が「学ぶ」力が有るかどうかで、
むしろ、学生時代の「お勉強」よりも、
社会において、
いかに学び実践的な力を身に付け、発揮することが
賢人、愚人、貧富の差を大きくしていくものだ。

そんな例をいやと言うほど知っている。

逆に、その学習をやめる瞬間もある。
「もう解かってしまった時」である。

自分がある程度上のポジションになった時、
自分が「上の人」と認識した時、
自分が「偉い人」と認識した時、
自分が「立派な人」と自覚した時、
自分は上にいるので、
周りから学ぶべきものが見えなくなって、学ぶことを止める。

せっかく幸運にも良いポジションに着いたのに、
それがかえって裏目に出て、
学ぶ事を見失ってしまうと、その人はそこですべての成長が止まる。
そんな人も、いやと言うほど見てきた。

成長する組織の中で、
上のポジションを与えられることで、
より上の学びの機会を得て、学んで、より成長する者もいれば、
上のポジションに与えられたことによって、
うっかり勘違いして、威張り、偉ぶって、
あるいは、ばかっ丁寧な言葉を使いだして
本当の素直な謙虚さをもって学ぶことを見失ってしまう者もいる。

むしろ、こういう人の方が多い。
多くの人が、簡単に、解かってしまい、高慢に転げ落ちて行く。

思い出そう
「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」
おじ機会をもって生れて来た自分が、
「学ぶ」ことによってここまで来れたのだから、
だからこそ、
もっと学ばなくてはならない。
自分はまだ何も解かってなんかいない。
まだ、ぜんぜん知らない事ばかりで、
もっと知りたい。もっと出来るようになりたい。
せっかく天が、
人と同じ機会を与えてくれたのだから。

Posted   パーマリンク

2019年04月03日(水)

4.03.あとは復活あるのみ

3月18日の自分の誕生日に手術をして、約二週間経ちました。
傷口もキレイになって痛みも全くなく、
骨の方も落ち着いているのか、今日はコルセットを一度も装着せず済みました。
今まではコルセットが苦しくて外していて時間が経つと、
いかにも骨がずれてくるような感じがして、
コルセットをすると、ホッとするような安定感が得られて、
まだコルセットが必要な生活が続くなぁと思っていました。
しかし、そんな感じが少なくなって来て、
今日は午前と午後からの短い時間でしたが、
議論が行きかう仕事の時間、
一度もコルセットの事を意識せず、快適に仕事に参加することが出来、
そのついでに、昼過ぎから、コルセットなしで診察を受けに行きました。
それを病院の先生は何ともおっしゃらなかったし、
傷口のかさぶたをピンセットで取りながら「キレイになってますね。」と言い、
初めて、いっぱい世間話をしました。
「四月中に、念の為もう一度、傷口を見せて下さい。」と言い、
今回の一連の治療が終わったことを宣言してくれました。

三月五日に入院してから外出ばかりでしたが、
ほぼ丸一ヶ月、途中で手術を伴った長い治療が終わりました。
皆様にはご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

一ヶ月の間に、足の筋肉が落ちて、すっかり弱ってしまいました。
左足の不具合は相変わらずで、まともに歩くことは出来ませんが、
どうにかして、足の筋肉を取り戻して、
普段の生活をまともに近づける努力をしなければなりません。
色々と考えて、やって行きましょう。
なんとかなります。

本格的に社長教育もやって行きましょう。
新しい会社の仕組み作りもやって行かねばなりません。
人の成長よりも早く会社の成長が進んでしまって、
自分の成長を追い抜いて、
先に地位が上がってしまった人達が多くなって、
稚拙な失敗が目立つようになってきて、ハラハラします。

そんなことを思いながらも、
KeePerの可能性に注目していただいたチャンスがいっぱいやって来ます。
新しい製品も順調に出来上がって来て、
新しいマーケットも順調に開いてきています。
今年も新卒の新入生が、
なんと58名も入って来てくれました。
この人不足の時に、ありがたいことです。
中途入社の子もコンスタントに入ってきます。
それで従業員も500名近くになってきました。
社長を交代して、
機努力が飛躍的に伸びました。
どんどん出来ることが増えて、
可能性が拡がって来ています。
あとは、
リーダーとしてあるべき人達が、
どこまで勘違いせずに成長できるか。
地位が上がって、自分が立派な人になってしまったという勘違いをせずに、
俺ってすごい。などと勘違いせずに
どこまで謙虚に素直に学ぶことが出来るか。
人間として成長できるか。

私の尊敬する人がよく
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と福沢諭吉の言葉を言う。
民主主義の原点であり、人間主義の原点だ。
私はその人がこの言葉を言う時が大好きです。
この言葉に裏付けられた平明な言動と行動が人を集めるのだろうか、
この人の会社は、今年の新入社員が170名だそうだ。
別に勝とうとは全く思わないが、また、負けました。
驚きです。


今日の写真ではありませんが。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年04月02日(火)

4.02.今年は#37に戻ったKeePer TOM’S LC500

今年もスーパーGTの500クラスに
#37に戻ったKeePer TOM’S LC500のメインスポンサーをやって、
「KeePer」と「KeePer PRO SHOP」などの訴求に務めます。
とはいうものの、
一昨年のシーズンはチャンピオンになって、
昨年は一年間チャンピオンナンバー#1を付けて走り、
テレビの写りが断然多くなったことに驚き、
普段の会話の中でもKeePerの知名度が自然に上がって来ている事に驚き、
勝負事はやっぱり勝って何んぼのものだな~と、しみじみ思ったものです。

しかし、昨年は最終戦までもつれ込んだチャンピオンの決定は、
最後あと1.5秒まで追い込んだのに、残念ながらシリーズ2位に甘んじた。
TOM’Sの舘会長が
「勝負はトップしか意味が無い。あとはビリといっしょだ。」と、よく言うが、
先日のテレビ東京(テレビ愛知)の番組「GTプラス」を見ていて、
30分の間に#37 KeePer TOM’S LC500は、一度も写らなかった。
#1の時はしょっちゅう写ったのに、#37に戻ったら一度も写らないとはっ!
ショックであった。
と同時に、「やっぱり勝たなあかんなぁ」とつぶやいてしまったのだった。

その分と言うか、なんというか、舘会長から
新しい塗装の#37に戻ったKeePer TOM’S LC500の写真が、
山ほど送ってきた。

画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)
画像(600x399)

Posted   パーマリンク

2019年04月01日(月)

4.01.平成最後のキーパーラボの実績報告・三月

-------------------------------------------------------------------
※従来までは私が実績報告の「開示」も書いていたので、
ほぼ同じ文章でこのブログでの報告も載せていましたが、
先月分から新・賀来社長が公式な開示の文章を書くので、
このブログには、私は、私なりに、私的な感情も含め、
私の主観も含めて書いて行こうと思っています。
ただし、数値など客観性を持つべき部分は必ず異ならない情報であり、
公式な開示の情報以上のものは一切含んでいないように
十分に注意して書いて行きたいと思っています。 谷 好通




3月30日にキーパーラボ松阪店が、三重県下6軒目、
直営店全体では79軒目の店舗としてオープンしました。
(FC店を入れた全体では91店舗。)

今年も三月は季節の変わり目であって、お天気はあまり安定せず、
スカッと晴れる日も少なく
例年のように日照時間もあまり多くない月でしたが
雨も少なかったので、天候的には例年並みの月であったと言えます。
しかし前半は、暖冬の影響もあってか春らしくならず、
若干、遅れ気味であったが、
後半、黄砂や特に花粉が多く、”洗いたい”モードが一挙に盛り上がり
結果的に、来店台数が既存店前年同月比3.8%で帳尻は合った。

画像(640x145)・拡大画像(800x182)

また、花粉汚れなどから塗装を守りたい要望も多く、
KeePerコーティングも
ダイヤモンドキーパーが既存店で13%増加、全店で27%増加の1,913台。
クリスタルキーパーも既存店で8%増加、全店では18%増加の3,466台と
比較的高い価格の製品が伸びており、
平均単価を既存店ベースで4.1%増加させている。
その結果、前年売り上げのある既存店のみの比較で
前年同月比8.1%増加の3億01百万円でした。
また、直営79店舗の売上げ高合計は20.2%増加の3億34百万円であった。

1年以上前に建てた新店が次々と2年目のジャンプの時期を迎えており、
その店舗数が最も多い時期に入って来ています。
北海道の手稲店が前年比146%であり、東北の郡山店が132%。
栃木県の小山店は124%、埼玉県の大宮店は141%、
千葉ニュータウン店は1年目のスタートダッシュが大きかったので112%、
東京都の昭島店は130%、神奈川県の相模原淵野辺店は176%、
同県の横浜綱島店は160%、トレッサ横浜店は132%、
愛知県北部の江南店は165%で、同じく北部の春日井店121%、
近隣店と言ってもいい小牧山店が174%、
広島長楽寺は113%、久留米店は167%と、
14店舗の新店二年目が、一様にジャンプを果たしている。

これらの店舗がまた一年経った時、もう一度ジャンプして、
ほぼ一人前の店舗として、完全に収支に乗ってくるのが通常だ。
中にはスタートあるいは二年目のジャンプに苦労して
なかなかペイラインに乗れない店舗もないことはないが、
彦根イオン店のように3年かかって、見事に這い上がって来た店舗もある。

4月、新入生が一年目を越して、
2年目になった時、3年目になった時、
小学生あるいは中学生が見違えるように逞しくなっている姿を思い浮かべます。

画像(640x499)・拡大画像(800x624)
画像(640x370)・拡大画像(800x463)
画像(640x517)・拡大画像(800x647)
画像(640x466)・拡大画像(800x583)
画像(640x373)・拡大画像(800x467)

Posted   パーマリンク

2019年03月31日(日)

3.31.三月最後の日、たまたま五人家族の日

今日は三月最後の日でした。
私的にはこの三月は腰の手術のことで最初から最後までいっぱいでしたが、
仕事の方は順調に進んで良かった月と言えます。
三月は「一雨ごとに暖かくなって行く」と言うように晴天が続かず、
雨が断続的に降る季節ですが、
それは例年も同じことで、比較してみれば似たようなもので、
月末は、特に目標ギリギリの店舗は、最後の追い込みで必死です。

そんな時に申し訳ないのですが、
今日は、完全に仕事を休みました。
娘が二人の孫を連れて帰って来てくれたのです。
だから、今日の晩ごはんは私と連れ合いと娘と孫二人の5人家族です。
若い頃は、
連れ合いと子供二人で四人家族が当たり前でしたが、
子供が巣立って、二人だけの家族になって長い時間が過ぎ、
たまに、今日のように、
手術で頑張ったご褒美のように、
5人家族の賑やかな時間を味わわせてくれると、
たまらなく幸せです。

手術の終った夜、HCU(高度ICU)での一人ぽっちが辛かったことを思うと、
5人家族の幸せをひしひしと感じます。
人間と言う生き物は、
それぞれがそれぞれを必要としつつ生きる社会性を持った生き物です。

そんなことをひしひしと思い
リンダもチーちゃんもはしゃいでいて、
この子たちも入れると7人家族です。幸せな夜でした。

画像(450x300)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

4

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.