谷 好通コラム

2019年02月20日(水)

2.20.仕事とは目的を明確にした行動

昨日、東京から北へ130kmの茨城県日立市に行って来ました。
水戸市まではスーパーGTのもてぎ戦の関係で何度も行きましたが、
日立市は初めてです。
そこで初めて見る見事な流れ作業と、
そこに働く職人さん達の活き活きとした様子に、
自分達の現場に相通ずるものを見て、感動したのです。

たとえば、
私たちの現場であるキーパーラボであれば、
お預かりしたお車をプロの技術でキレイにして、
お客様に喜んでいただく。という「目的」がはっきりしています。
だから、何をすればいいのかは明確であり、
迷うことなく、お客様の要望を実現する形で
お車をキレイにすることに全力を尽くせば良い。
そして「目的」が達せられてお客様が喜べば、
例えば「ありがとう」という言葉をいただき、
スタッフも自分が役に立ったことに満足し、自分も喜ぶ。
KeePerが求める「お客様満足(CS)と従業員満足(ES)の同時実現」です。
解り易くて簡単な仕組みです。

しかし、これが「営業」になると少し解りにくくなる。
営業は相手に何らかのものを売るのが仕事で、
それによって相手が喜んだとしても、
そうでなかったとしても、
とりあえず”売れれば”、営業の目的は達せられた訳で、
ひょっとすると「売れる」ことが「目的」になる。
もちろん「買った」側が買ったことによって良い事があれば、
買い続けるだろうから、売った側は売り続けることになって、
「売れる」が継続して、単発的に売れるだけより成功することになる。

逆に「売った」ことによって、買った側が損失を被ったり、
買ったことによって不愉快が生じたりすれば、
もう買わないので、売る側はそれが売れ続けることが無いので、
継続的に売れる場合より、売れる量は少なくなる。
しかし、「売れた」成功は消える訳ではないので、
また他の人に売ればいいし、あるいは他の物を売ればまた売れたことになる。
とりあえず、相手が喜ぼうがどうかは関係なく、
「売れれば」営業にとって成功である事に違いはない。
無理に売りつけたり、
言葉巧みにだましてでも売ったりすれば、
売れれば、とりあえず勝ったことになる。

もちろん、こういう人は営業として大成しない。
こういう営業に無駄なモノを売りつけられたり、
詐欺まがいに価値の無い物を売られたりすれば、
まともな会社であれば、その営業を、出入り禁止にするだろうし、
おだてられ、だまされたアホなスタッフは、会社の信頼を失うだろうし、
いずれにしても、売り買いする関係が続くことはない。
営業としての存在を否定される訳だから、営業として大成する訳がない。

営業としての「目的」が
単に「売れる」ことだけならば、
簡単にその場の目的は達せられるだろうが、
買った側が成功せず、喜ばなければ売れ続けないので、
じきに売りつくして、売れなくなるので、目的は達せられない。

たとえば、その営業が、BtoBの商品を販売する営業ならば、
その「目的」は明確だろう。
その営業が売るモノが、
買った側のビジネスにとっての成功に結び付くと考えればそれを買うし、
実際に買った側のビジネスにとってのお客様が喜び、買い続けるならば、
売った側の商品は売れ続けるから、
結果として営業として成功することになる。

BtoBの営業は、
「目的」を、相手のビジネスとしての「成功」にすれば、
何をすればいいのか、何をすべきなのかがはっきりしてくる。
何となく、仕事のようなことをしている事が仕事でない。

特にBtoBの商品を売る営業は、
相手の成功を「目的」にして、
その目的を「実現」するための具体的な行動をすれば、
結果として、相手の成功を造り上げ、自分の営業としての成功にもつながる。

お客様の喜びを造り上げるのがKeePerの仕事の目的ならば、
営業の目的も同じだろう。
何も難しいことはない。
正しいことをすればいい。

Posted   パーマリンク

2019年02月18日(月)

2.18.少しでも、なれることがあるだろうか

実は、昨日の映画「ファースト・マン」で
最も感動的だったのは、
ラストシーンだった。

主人公のニールアームストロングが、
人類史上初の「月に降り立った人」になって、
地球に帰って来て、検疫の為に隔離されている時、
奥さんがガラスの向こうに面会に来た。
二人はだまって目線を合わせることなく、
ガラス越しに指を合わせ、
やがて奥さんはニールアームストロングをじっと見つめる。
無言で、見つめるその表情は、
夫の偉業を褒めたたえる華やかな目ではなく、
ただ、生きて還って来てくれたことに対する深い感謝、愛のように見えた。

ああ、愛情とはこういうものなのかと、感動した。
相手が生きて存在していることだけで十分に満足し、感謝できる。
そんな純粋な愛情を見た気がして、とても感動した。

夫婦というものは血のつながりが無い他人であって、
お互いに相手に求めるもの、条件が多く、
自分の要求にいかに多く応えてくれるかが自分への愛情の証であるように、
求めるばかりの愛が増えているような気がする。
残念ながら、
自分の中にもそういう一面が、嫌いだが、ある。

自分は年取って枯れて、
欲が失せて行くにつれて透明になって行けたら素敵だと思う事があるが、
果して、そんな風に純粋になれることがあるだろうか。
少しでも、そんな風に純粋になれることがあるだろうか。

Posted   パーマリンク

2019年02月17日(日)

2.17.X-15とアポロ11号、マンフレットピッチの「ジン」

今日は映画を見てきました。
「初めて月に行った人」という意味の「ファースト・マン
アポロ11号で月に行ったニールアームストロングが主人公。

この映画、高高度を飛ぶ航空機に乗っている場面から始まった。
宇宙服とも言える完全与圧服を着て、
激しい振動を伴ってロケットエンジンで加速しているようだ、
しかし、普通のロケットのように垂直に上がらず、
航空をほぼ水平飛行して、操縦している。
しかも、宇宙空間に近い様子だ。
とすると、X-15しかない!

ノースアメリカンX-15はたった3機だけ作られた超高速機で、
1950年代から1960年代に渡って超高速の記録を次々に出した実験機です。
有翼+有人の航空機としては世界記録の7,272km/h(約マッハ6.7)を出し、
いまだに世界記録の持ち主です。
自力で離陸は出来ず、超大型爆撃機B52の翼に吊られて
1万メートルの上空から発射、
着陸は垂直尾翼の下半分を捨て”ソリ”を出して、広大な乾燥湖に滑り降ります。
発射されるとはミサイルのようですが、
X-15は正に今の巡航ミサイルに操縦席を付けたようなもので、
現代から見れば、
巡航ミサイルにパイロットを乗せること自体が無茶苦茶で、
造られた3機のX15の内、1機は空中分解しパイロットは亡くなっています。

X-15は私が小学校の頃に初めて作ったプラモデルでした。
そのX-15に宇宙飛行士ニールアームストロングも乗っていたのです。

それが、
二人乗り宇宙船ジェミニ計画で、
宇宙空間での二つの飛行体によるランデブーとドッキング、宇宙遊泳が成され、
いよいよアポロ計画で、
複雑なプロセスを経て月面着陸につながる訳ですが、
それぞれの段階で、すべてまさしく命がけの冒険でした。

科学はまだデジタルは皆無であり、
アナログ全盛の世界で、
まさしく命がけの冒険を、
超エリートたちが、過酷な訓練を経て、
ものすごく難しい複雑なプログラムと理論で、
国家予算レベルの金をかけ、国家威信をかけて
有人月面着陸を果たした話は、
一緒に見ていた連れ合いたちには
絶対解らないであろう話が、
飛行機大好き、
宇宙大好きのオジサン谷好通としては、
いちいち涙が出るほど面白いように解かって、大感動だったのです。

それにしても、
月に行く」ということに何の得があるのか、
「月に行くこと」に命をかけることに何の意味があるのか、
どういう展望があるのか。
そう考えれば、あの時代の「月に行く」冒険は、
冒険以上には意味が無かったのかもしれません。
このプロジェクトの初めになったジョン・F・ケネディの演説には、
「なぜ月に行くのか。それが困難だからだ。」と言っています。
まったく論理的ではありません。
デジタルの今の現代ではまったく通じないアジテーションです。
だからこそ面白いのですが、

というよりも、
損得づくでない”冒険”とかいう無駄なものの価値は、
男の価値観の中のもので、
女性の多くには理解できないものではないのか。
この映画で興奮して涙していた私の横で連れ合いは眠たそうであった。

男は、無駄なものに価値を見出す傾向がある。
「冒険」などはその最たるものだが、
もう一つ面白いこだわりの価値を見つけた。

33周年の会として、
私の社長退任と新社長就任のお披露目の会に出席した
SONAXのDr.マンフレッドピッチが、私にプレゼントをくれた。
「手作りの”ジン”」
Dr.ピッチは手作りの酒を造るのが好きで、これが日本ならば密造酒になるが、
ドイツでは大丈夫らしい。
たまたま、私はジンが大好きで、
このプレゼントに大喜びだったのですが、
このジンが、凝りに凝っているのです。
すごいですね。無茶苦茶、嬉しいですね。

画像(400x600)

名前が違います。が、些細なことです。

画像(400x600)

Posted   パーマリンク

2019年02月16日(土)

2.16.事業承継をする意味

どんな事業であっても
いずれは事業承継をしなければならない第一の意味は、
その事業を創った社長がいずれは死ぬので。
しかも、死んでからでは何かと遅いので、
死にそうになる前に、
まだ当分死にそうにない若い者に事業のかじ取りを任せることになる。
単純に言えばそれだけのことだ。

だから、創業者が”不死身”ならば、
事業承継することなく
本人がミイラのごとく朽ちてもなお社長にしがみついていればいい。
それはそれでいいのかもしれないが、
時代は刻々と変化して行くので、
ミイラの干乾びた脳みそでは世の中の価値の変化に着いていくことは難しく、
その事業が世の中に提供する「価値」が陳腐化して、
それに従って得られる報酬も減って、採算が合わず、
事業として成り立たなくなり、
事業承継するまでもなくその事業は自滅して行く。


社長がいかに元気であろうと
適時に事業承継する意味はある。
社内的に言えば、
現状の社長が、社内の人達の一人一人に対して下した評価は、
そうなかなか変わるものではなく、
運の悪いある人にとっては、
たまたま悪いタイミングで悪い印象を植え付けてしまった場合、
本人が知らない理由で、ずっと悪い待遇が続くのかもしれないが、
それが、
事業承継によって社長が変わると
不当に悪い印象に縛られていた人にとってはラッキーで、
改めて正当な評価と印象を築けるいい機会になる。
それは社内に関わらず、社外の業者にとっても同様なチャンスになる。

逆に、
今の社長に対して、長年にわたって築いた信頼が、
社長が変わったことによって、
長年の歴史が一度オールクリアとなって
すべての人と同じスタートラインに並んでしまうこともある。
しかし、そのことによって無かった緊張が発生して
それはそれで意味はあるのかもしれない。

いずれにしても、
いい事についても、悪いことについても、
社長の意識の中に出来上がっている印象と評価を、
社長が変わることによって、みんなが同じスタートラインに付けることは、
全ての事が時間によって変化して行く事実において、
ある意味において『公平』なのかもしれない。


しかし、よく事業継承の失敗例として言われる大塚家具の場合、
新しい社長が、前の社長の造り上げてきた価値観を全否定して、
自分の持っている前社長への反感を前提にした新しい価値観で、
会社を造り変えようとすると、
組織が困惑するばかりでなく、肝心なお客様が感情的に困惑して、
反発して、買わないという選択で
売上げが落ち、業績が著しく低迷しても、
なお新しい社長は自分の価値観を信じて、さらに変革の道を突き進めば、
その価値観にすり寄ってくる勢力が「味方」としてへばりつき、
いずれはその勢力に吸い取られることになるのではないか。
大塚家具が中国系のファンドなどから間接的に資本を受け入れたと言い、
中国の富裕層を新たなマーケットとして開拓するという。

そんな事をテレビの取材番組が言っていて、
背筋が寒くなる思いをした。

娘の男親に対する反発は、
「お父さん、汚いっ。」から一歩も出ていないのではないか。
そんな単純な嫌悪感から、大きな会社が揺らぐ大事に至る様子は、
見るに忍びないものがある。
私の偏見かもしれず、間違っているのかもしれないが、
感情的にそんなことを思いました。


“反発”を原点とした価値観は、歪みやすいし、付け込まれやすい。
価値観は、
お客様の喜びと仲間達の喜びを原点とすれば簡単で、
決して揺らぐことなく、付け込まれようもない。

そこがぐらつかなければ、
適時に行われる事業継承は、良いことが圧倒的に多い。
と、思います。

Posted   パーマリンク

2019年02月14日(木)

2.14.会社の新しい体制をみんなで確認した会

今日は「創立33年会・社員全体会」と銘打った大パーティーでした。
たくさんのお客様をお迎えして、大盛況でした。
皆さん、大変お忙しい方々ばかりなのに、本当にありがとうございました。
会社に関わる多くの方々に加えて、
社員全員も参加して、
会社の新しい体制をみんなで認める会であったような気がします。

心配だった会の最初の私の話は、
何カ所か少し支離滅裂気味の所もありましたが、とりあえず無事終わりました。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.