谷 好通コラム

2019年03月31日(日)

3.31.三月最後の日、たまたま五人家族の日

今日は三月最後の日でした。
私的にはこの三月は腰の手術のことで最初から最後までいっぱいでしたが、
仕事の方は順調に進んで良かった月と言えます。
三月は「一雨ごとに暖かくなって行く」と言うように晴天が続かず、
雨が断続的に降る季節ですが、
それは例年も同じことで、比較してみれば似たようなもので、
月末は、特に目標ギリギリの店舗は、最後の追い込みで必死です。

そんな時に申し訳ないのですが、
今日は、完全に仕事を休みました。
娘が二人の孫を連れて帰って来てくれたのです。
だから、今日の晩ごはんは私と連れ合いと娘と孫二人の5人家族です。
若い頃は、
連れ合いと子供二人で四人家族が当たり前でしたが、
子供が巣立って、二人だけの家族になって長い時間が過ぎ、
たまに、今日のように、
手術で頑張ったご褒美のように、
5人家族の賑やかな時間を味わわせてくれると、
たまらなく幸せです。

手術の終った夜、HCU(高度ICU)での一人ぽっちが辛かったことを思うと、
5人家族の幸せをひしひしと感じます。
人間と言う生き物は、
それぞれがそれぞれを必要としつつ生きる社会性を持った生き物です。

そんなことをひしひしと思い
リンダもチーちゃんもはしゃいでいて、
この子たちも入れると7人家族です。幸せな夜でした。

画像(450x300)

Posted   パーマリンク

2019年03月30日(土)

3.30.どうやら、新店・松阪店は有望のようだ。

今日、三重県に6軒目の新店キーパーラボ松阪店がオープンした。
直営店全体として79店舗目、FC店も入れて91店舗目のボです。
今回はドライブショップ・ジェームズさんの
道路から近い入り口付近に細長い店を造らせてもらった。

三重県は元々そんなに人口の多くない県であり、
松坂市も人口14万人程度の良くある地方都市であるので、
あまり多くは期待してはいけないと思っていたのですが、
なぜかオープン初日からすごくお客様の反応が良く、
みんな、ちょっと驚いているのです。

松阪と言えば、当然、松阪牛が全国的に有名です。
町を走ると「牛肉の○○」と掲げた店がやたらに多くあって、
今日は土曜日で観光客が多く、
お昼時ともなると、お客さんが店からはみ出るほど賑わっています。
町全体が活気づいている感じがします。
LABO松坂店に行って、
店の様子を見ていると、
ジェームスさんに来たお客様が、
高い確率でLABOの方にも声をかけてきます。
オープンチラシを手にして尋ねて来られるお客様もいます。

鈴置専務に聞くと、
ジェームスさんのレジカウンターで、
LABO松阪店のチラシをオープン一週間前から配って下さっていたことと、
建設中にずっと掲示していたLABOの大きな看板で、
LABO松阪店が開くのを待ちかねてくれていた人が多くいたらしい。
ありがたいことです。
次から次へと洗車が入り、
コーティングもコンスタントに入っている。

いずれにしても、
LABO松阪店が有望店である事は間違いなさそうだ。

鈴置専務と藤村担当Mg、矢島部長。

画像(600x400)

店舗担当佐伯デザイナー

画像(500x333)

一級技術資格辻野スタッフ
明るいキャラが店全体をとても明るくしてくれています。

画像(500x333)
画像(550x481)
画像(640x426)・拡大画像(800x533)

満を持しての登場。エース伊藤店長
残念ながら今日は水越副店長が身内のご不幸で不在でした。

画像(600x400)
画像(600x400)

Posted   パーマリンク

2019年03月29日(金)

3.29.世界を飛び回って、ただ、私は面白かっただけだった。

ここ何日かを仕事で忙しくさせてもらっていると、
自分の体があまり動かせなくなっている事をしみじみと感じる。
その分、新しく社長になった者が、
日本全国を飛び回っていると、それが一番強力な営業である事も分る。

多くの創業者がそうであったように、
私もこの会社が一番の拡大期であった時期には、
もう、自宅にはほとんど帰ってこないくらい日本国中と世界を飛び回っていた。
しかし、今考えてみると、
一番ダイナミックに動ける時期に、
私は中国に70回と、アメリカに20回ぐらい、
途中のヨーロッパも入れると100回以上も海外に出張して、
自らの足で営業して回っていて、
世界一周も本当にやったぐらいだ。
海外主張が楽しくって仕方がなかった。

しかし、結果的に、中国では何の足跡も残せず、
アメリカでも失敗して、海外での活動はことごとく失敗して、
あらゆる意味において無駄となった。
唯一成果があったのは、中国で「快洗Taoる」を開発し調達出来た事ぐらいだ。
動いているばかりちっとも成果が得られなかった時期のある時、
アメリカのロスのホテルでふと、
「うちへ帰りたい」と猛烈に強い思いに襲われて、
このまま頑張っていてはだめだと、
これ以上頑張ってはダメだと強烈に思って、涙が止まらなかったことを覚えている。

それで、ピタッと海外に出張することを辞めて、
私は、ひたすら日本国内を駆け回ることにした。

ちょうどKeePer PRO SHOPが出来た頃で、
第一回のキーパー選手権から、
毎回、「キーパープロショップ研修会」を開いて、
私自身が講師となって、日本全国をくまなく回って、
一会場に数十人から多い所では300人の聴衆に対して、
プロジェクターで手作りのパワーポイントを映しながら、2時間ぴっちりと、
叫ぶような大声でKeePerの必要性と、お客様が待ってくれていること、
売るよりまず技術が重要な要素で、
しっかりと技術を身に付けて、品質の高いKeePerを提供すると、
無理して売らなくても、自然とお客様の方から求められるようになる。
そんなようなことを、
毎日毎日、日本国中の会場で話し続けた。

一回の選手権に伴う研修会でたぶん15会場くらいで話した。
来られた人が何人くらいであったのかは
全くデータを取ってないので判らないが、少ない時でも1000人は超えていた。
それを8月と12月の選手権、年二回やって、
一時期、春もやった。
研修会だけでなく、選手権が終わると勝った店舗にインタビューに回る。

あの頃から、KeePerの普及は急速に進み、アイ・タック技研は急成長した。

極端な言い方をすると、
KeePerは、私が世界に出て行かなくなって、
日本の中でそのエネルギーを発揮するようになってから急成長した。

私が、世界を飛び回って無駄なことをやっていた時、
まず先に国内をもっと一生懸命にやっていたら、
KeePerはもっと早く、もっともっと大きくなっていたはずだ。
否定的に言うならば
世界を飛び回って、ただ、私は面白かっただけだった。



会社の近くにある「吉田小学校」の「入学式の桜」がちょうどタイミングよく咲いた。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

Posted   パーマリンク

2019年03月26日(火)

3.26.ひさしぶりの出社と充実のミーティング、しあわせだ

今日は久しぶりの出社です。
新しい私の部屋があるスタジオに出社しました。
本社事務所からは歩いて来られる距離ですが、
改めて新しい時代と、自らの新しいポジションを噛みしめます。
新しい部屋にいると、
次から次へと皆が来てくれて、
たくさんの相談事を持ってきてくれました。
報告もいっぱいです。うれしいものですね。

昼ご飯を、前のコメダ珈琲店で食べて、
午後から新しい試みを進めるあるプロジェクトのミーティングです。
このミーティングはすごいメンバーで
私と社長と専務、営業部長、製品部長、LABO事業部長、特販部Mg、
正にこの会社の中枢に加えて、若い多賀課長が交じっている。
交じっているだけでなく大切な役割を負っている。
多賀課長はこの意味を分かっているはずだ。

ミーティングは議論が活発に行き交って、
いいミーティングだった。
具体化が進み、もう結論に近くなって、
次回の予定もわずか四日あとに決められた。
このプロジェクトは必ず成功をさせなくてはならないし、
その事によって、また新しい仕事の次元が開かれていくはずだ、
仕事は楽しい。
特にこういう仕事は楽しい。
また、大好きな仕事が出来るようになって、本当に幸せだ。

久しぶりの本格的な仕事に参加できて本当にうれしかった。
退院が一週間早くなったことを、
回復が速かった我が身の体力に感謝するばかりだ。


家ではチーちゃんが、待っていてくれた。幸せだ。

画像(600x433)

Posted   パーマリンク

2019年03月25日(月)

3.25.さぁ、退院です。と言いつつ人時生産性と台当たり平均単価

今日はいよいよ退院です。
手術後の経過が順調なので退院が早くなったのですが、
術後の腰はどんどん痛みが引いていくかと言えばそうでもなく、
硬質コルセットなしではいられない程度の痛みは続いています。
歩行器を使って歩くリハビリは積極的に行っていたのですが、
それが相当に出来るようになったので、
スキーストックや”杖”を使っての歩行にしたら、
とたんに腰に痛みのしこりのようなものが出来て、
痛くて歩けず、その段階でストップしています。
この状態で退院していいものかと少し心配ですが、
気持ち的には、もう一分でも早く退院して帰りたい気で満々です。


外の世界は、もう春一色ですね。
昨日の日曜日のキーパーラボは、すごい数字の実績報告が入って来ていて、
まるで年末のような様相です。
それでもまだ一年目の新店舗は、苦しい来店状況ですが、
でも、二年目になった店舗の多くはベテラン店に引けを取らない数字です。
仕事量に対して配置スタッフが足りているかどうかの目安である
人時生産性も既存店の全店平均で6,044円/人時と、
ほぼ理想的な数字の範囲の中ですが、
多くの新店は、これを大きく下回ってします。もちろん、
新店にはポスティングなど店舗の告知活動などの仕事があるので当然ですが、
全体としての生産性を下げていて、
全体としていい数字にあるということは成熟した既存的の中でも、
危険水域としている7,000円/人時を越している店舗も17店舗もある。
こういう店舗はオーバーワークになる恐れがあるので注意すべきだ。
しかし単に人時生産性を見るだけでなく、
平均単価が高くなっている店舗なら、
人時生産として現れた数字よりもオーバーワークではなく、
たとえば、広島県の福山店などは
今現在人時生産が8,293円/人時で完全に危険水域だが、
平均単価は12,886円/台と相当に高く
商品として生産性の近い高性能のコーティングを多く施工して
非常に高効率な運営がされているということになる。

逆に人時生産性は7,000円/人時を大きくオーバーしていても、
平均単価が7,000円/台程度と低い場合、
やたらと洗車が多くなっていて、店舗の中は大変に混雑して、
スタッフの労働量が非常多くなってしまっている場合がある。

春が来て、売上げが上がって、良かった。良かった。だけでは、続かない。
数字から色々なことが見えて、読めてくる。
仕事は楽しい。

さぁ、これから荷物をまとめて、家に帰ろう。(ちょっと会社に寄ろうかな)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.