谷 好通コラム

2019年03月08日(金)

3.08.病院にて、昨夜9時半の出来事

昨夜は病院泊でした。
午後5時には病院に到着して、しばらくしてから、
以前入院した時よりもいくぶんか美味しく感じる病院食を食べて、
付き添いでいてくれた連れ合いも帰り、
会社からのメールをチェックして、
いくつかの電話をして、ちょっと大きい声を出したりして
それも終わると、
やることがなくなった。

テレビをつけても見たい番組がある訳でもなく、
手持無沙汰で
またPCの電源を入れたのは9時を過ぎていた。

CDトレイにバイオリニストの葉加瀬太郎のCDを入れ、
PCに接続して使う小さな木箱のスピーカーを取り付け、
(これは低音は出ないが、バイオリンのソロには結構合っている。)
小さな音でバラードを聞きながら、
扉に背を向けてPCの画面をボーっと眺めていたら、
入口の方でガサゴソっと音がした。
部屋には看護師さんがよく来て、
しかし、何か用があれば声をかけてくれるので
そのままにしていたら、

白い影が私の横目を横切った。
「あれっ?」っと思った瞬間、
「ワッ!!」と大きな声で、肩をつかまれた!

びっくりした!
私は本当に死ぬほどびっくりした!

「ギャーッッ?!」
と、訳の分からない大声(悲鳴)を上げてイスから飛び上がって
後ろを振り向いたら、
そこには白衣の稻田先生が笑って立っている。

私を死ぬほどびっくりさせたのは稻田先生だったのだ。
夜9時半過ぎまで仕事をしていらっしゃったのだろう
しかし、こんな遅い時間に先生が来てくれるとは思いもよらなかったので、
私はただ驚くばかりでうろたえていた。
先生は
「手術は悪くなる前にやった方が絶対うまく行くから・・・・」
と、話してくれるのだが、
私はろくに返事も出来ず、失礼をしてしまったが
心臓バクバクで、本当に驚いた。
私を脅かした本人が
稻田先生では怒る訳にはいかない。
しかし、その夜は不思議とまたぐっすりと寝れた。

私は心臓が上手なので100%あり得ないが、
びっくりして私が死んでしまったりしたら、
朝のバラエティー番組では、どんな見出しを付けるでしょうか。
考えただけで、笑えてきます。

だんだん、徐々にですが、手術を受ける覚悟が出来てきました。

Posted   パーマリンク

2019年03月07日(木)

3.07.時間は足らないと充実するのか

今日は、朝ゆっくり起きて、
ついまた自堕落にテレビのバラエティー番組に見入ってしまい、
1時間ほど無駄に過ごして、
えいっと気を取り直して会社のスタジオに出社。
ある会社から依頼されていた「Wダイヤモンドキーパー プレミアム」の
豪華版パンフレットの制作に集中した。
途中で、コーティングのプロスタッフの写真が必要になったので
伊東マネージャーに相談して名古屋東店の安部店長を呼び出して、即、撮影。
こんな時、自前のスタジオがある強みだ。
難しい解説の部分も何とか書いて、
表現も考え抜いて、まずレベルには達せられたか。
二通り(白バックのパンフレットと黒バックのパンフレット)が出来、
先方の希望に沿ったパンフレットが出来たかどうか。
営業からご覧いただいて、また難しい注文を付けていただけると、
きっと、より良いパンフレットが出来上がる。
しかし、手間と神経を使う大変面倒くさい仕事ではある。

私は代表取締役”社”長を退いて代表取締役”会”長になった時に、
企画チームと製品部の責任者も引き受けたので、
これからは、こういう仕事を根気強くやって行くことになる。

それにしても、入院しながら一日を半日分ずつ仕事をしていくと、
とにかく時間が無いので、その分、集中して
仕事が早く進んでいく。
そういう時の仕事の方がいい仕事が出来ているような気がする。

夕方、病院に戻って来て、
また、のんびり流れて行く時間の中でこれを書き始めた。

今日は、病院泊だ。

もうすぐ春が来るのを知らせる沈丁花の華やかな甘い香りが広がっていた。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2019年03月06日(水)

3.06.早速、本日は外泊

昨日、入院初日の夜は異常によく眠れた。
いつもは夜12時前にはなかなか眠れず、翌朝は6時位に目が覚める。
大体6時間くらいが私の平均睡眠時間だが、
熟睡できるタイプなので、睡眠不足はあまりない。
それが昨日は午後10時に眠って、次の朝7時に目が覚めた。
寝ている間一度も目が覚めなかったので、なんと連続9時間睡眠だったのだ。
病院のペッドは狭くて、寝心地は決して良くなかったのに、
なぜ、あんなによく眠れたのかとても不思議だ。

昨日、入院するのが早すぎるのではないかと、
担当医の先生に少し主張したが、
今朝一番に主治医の稻田先生が一人で見えて、
「谷さん、はてしなく抵抗しているらしいね。」と、笑っておっしゃり、
続いて、ほんの短く話をされたら、
何をどう話されたのかほとんど記憶に残っていないが、
妙に納得して、ホッとして、今の入院を納得してしまった。
こういう経験はそう何度もないが、妙に納得して安心している自分が不思議だ。
本当に頭のいい人の話はみんなそんなところがある。

でも、今後外泊することを認めてくれたのはラッキーだった。
ただ「外泊は、必ずいつも一泊二日だよ。」と念を押された、
だから今朝も、午前9時から午後1時半まで色々と病院でした後、
早速、車を会社から呼び寄せて、午後2時の出社だ。
それから、たくさんの議論の中でいい仕事が出来て、
何人もの人が列をなして「報告」「連絡」「相談」に来てくれて、
普段よりもずっといっぱいの仕事が出来た。
しかし、
疲れた。
今日は仮にも入院患