谷 好通コラム

2019年01月21日(月)

1.21.お互いが持っている価値観が違うのだから

「与えよ、さらば与えられん。」「ギブ&テイク」が、
商売の基本ならば、
「愛せよ、さらば愛されん。」は、
親子の愛の基本であり、
恋人や夫婦の愛の基本なのかもしれない。
しかし、心の問題はそう簡単ではない。
商売ならば、
相手に与え、提供した価値が、(与えよ)
与えられた側・お客様側にとって価値があれば、
それに見合う対価を支払い売買が成立して、商売が成り立つ。(与えられる)

しかし、人の気持ちの問題では、
必ずしもそうはいかない。
一つの定理として、
「愛とは相手の”しあわせ”を願う気持ち。」と習った。
確かにそうだと思う。
しかし、
親は子供の幸せを願い、
子供の幸せを実現しようとするが
しかしそれは親の価値観による幸せであって、
子供にとってそれは自分の価値観からすると幸せでなく、
でも親は、それを子供に実現しようと、子供に強いることになって、
子供は親に反発して「わからずや!」などと、ののしる。
よくある事だ。
価値観のズレは同じ環境で生きていても必ず発生して、軋轢が生まれる。
すると、お互いがお互いの幸せを願って、想い、
つまり愛し合っても「解かってもらえない」と仲たがいになることがある。
どちらの価値観が正しいのだろうか。
お互いが正しいのだろうけど、
しかし、お互いがお互いに「自分が正しい」と思うので、
特により強く信念を持って価値観を造り上げ成功した者は、より譲れず、
相手をののしり、罵倒して、破局を招くこともある。

これは親子の間だけではなく、
むしろ”他人”であり、育った環境も違い、
お互いに持っている価値観にずれが無い方が不思議な夫婦においては、
もっと大きな行き違いがあって当然だろう。

お互いがお互いの幸せを願って、
つまり愛して、
自分の価値観での幸せを相手に提供(与える)しようとするが、
あるいはそれを与えて、
相手から愛され返されることを期待するが、
商売のようにそれに見合った価値を返されることはむしろ少ない。
当然だ。
お互いが持っている価値観が違うのだから、
商売のようには簡単にギブ&テイクとはならない。
お互いがお互いに人間として尊重するところから、
解決が、見つけられるのだろうが、
特に片方が社会的に成功しているような場合は、
自分の価値観に相当大きな確信を持っているし、
その成果は誰もが認める大きさを持っているのだろうし、
簡単には、相手を理解して、相手を尊重するなんて次元には行きつかない。
難しいことだ

しかし、
糸口は、
相手をいとしいと感じる自分の気持ちに、
素直になることだけなのかもしれない。
愛は、必ずしも理性ではなく、
価値観なども超越した遥かな気持ちなのかもしれない。

Posted   パーマリンク

2019年01月20日(日)

1.20.横浜綱島店とトレッサ横浜店と新店「湘南平塚店」

昨日の夕、急に思い立って、今日は横浜に行くことにしました。
12月の中ごろに新規オープンした「湘南平塚店」に、
年末の29日に行こうと予定したのですが、朝、雪が降って中止にしました。
それがそのままになっていたので気になっていたので、
年明けの予定も一段落したし
ふと行って見ようと思い立ち、担当の課長に無理を言って出かけたものです。


新横浜駅で待ち合わせて、
まず横浜綱島店。

この店は狭いコンビニ物件をかなり無理して改造したので、
色々と無理があって、なおも追加で改造すべき点がいくつもありました。
難しい店舗ですが、
立地のマーケットは濃いので考えようによっては何とかなりそうです。
担当の野崎マネージャーに連絡を取って、
2月4日店舗プラン会議で取り上げることにしました。

画像(600x400)

ここにポイントがあると考えた。

画像(600x400)

店でうろうろしていたら、
ゲストルームでお待ちになっていたお客様から「あなた、社長?」と声をかけられ、
びっくりして「はい・・」と答えると、
お客様が「あなたのブログを読んでいますよ。」と言われた。
びっくりしすぎて、
何をどう言ったらいいかわからず、しどろもどろになって
ただ「ありがとうございます。」と答えて赤面し頭を下げるしかなかった。
ありがたいが、恥ずかしい。


店では、
ちょうど年末明けの「一週間休み」をスタッフ交代で順番に取っていたので、
日曜日にもかかわらず二人だけで営業していました。
一月は月初を越せば閑散期に入るので、なんとかやれるのだそうです。
みんな自分も1週間休みを楽しみにしているので、
人の休みにも頑張れると言っていました。

馬場チーフ

画像(600x400)

伊嶋副店長。

画像(600x400)

次に行ったのが【トレッサ横浜店】

渡邊店長の笑顔を見るとホッとします。
飯野チーフが大人っぽくカッコ良くなっていますね。
新しい仲間の小澤スタッフ。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

一級技術資格岡安スタッフと
今日一日付き合ってくれた菊壽課長

画像(550x366)

トレッサ横浜店は、
ドライブショップのジェームズ・トレッサ横浜店の
ピットの一部を借り、
6台分のスペースをコーティングブースと洗車と仕上げ場を仕切って、
造り上げた非常に変わった店舗です。
非常に狭い店舗ですが、
平月には300万円以上を売り
12月には535万円を売り上げて、みんなをびっくりさせています。

この店は特に土日が強く、
今日も6台分のスペースにすべて車が入って、
四人のスタッフが忙しそうに作業していました。

画像(600x400)

ピットの奥に収まっています。

画像(600x400)

新横浜駅近くの二つの店舗に寄ってから、
いよいよ新店・「湘南平塚店」に行きます。
この店が他の店とは少し離れているのは知っていましたが、
1時間以上も走って、”茅ケ崎”を通り越し、その向こうに平塚があるとは
だいぶ認識が違っていました。平塚はすっごく遠い所にあったのです。

この店は12月17日にオープンして随分好調なスタートを切っています。

北海道からやってきた嶺岸店長と、一級技術資格須藤スタッフ。

画像(600x400)

湘南平塚店は、改造が上手く行っていて使いやすい店舗になっていた。

画像(640x426)・拡大画像(800x533)

すっきりした待合室は感じイイが、
車を預けたお客様のほとんどがララポートに遊びに行かれるという。

画像(550x366)

行きには雲に隠れていた富士山が、帰りの新幹線ではくっきり出ていました。

画像(640x366)・拡大画像(800x458)

今日も一日が終わります。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

Posted   パーマリンク

2019年01月18日(金)

1.18.やっぱり、書こう。4人の入社と新店・広島東雲店

昨日、ちょっと参ったことがあったので一週間ぐらい休もう。と書いたが、
別に仕事の事ではなく、会社がどうかした訳でもない。
純粋に個人的なことで滅入ることがちょっとあり、
物事をプラスに考えにくい心境になっていたので、
書かない方がいいと思ったし、書きたくなかったのですが、
それで書かなくなったら、それはある意味、負けた事になるし、
やっぱり負けたくないので、
やっぱり書こうと思いました。
年取ると気力が細くなりがちですが、
大昔、予知能力があるという息子の彼女が言っていたように
「谷さんは気力で生きていますから、気力が続けば200歳までも生きます。」
ということなので、
うっかり気力を失うと、うっかりで、死んでしまうかもしれない。
と、それは一大事なので(笑)
ここは少々無理してでも気力を奮い起こして、
書き続けようと思いました。
書かないと負けるとか負けないとか、そんなオーバーなことではなく
実はぜんぜん大したことではないのです。


一昨日、関東から四人の若者がやって来ました。
四人とも関東のキーパーラボでアルバイトをやってくれていた子たちで、
この仕事を本気で好きになってくれたらしく、
正社員として私の面接を受けに来てくれたのです。
面接と言っても、この仕事を本気で好きになってくれて、
店のみんな達からの推薦があって来てくれたのですから
実際に会って話をして、やっぱり文句なしで合格であり、大歓迎です。
正社員になって結婚をすると言う嬉しい若者もいました。

画像(640x508)・拡大画像(800x636)

一級技術資格岡部スタッフ

画像(500x333)

一級技術資格梅岡スタッフ

画像(500x333)

一級技術資格吉田スタッフ

画像(500x333)

一級技術資格大島スタッフ。

画像(500x333)

2019年になって初めての新店です。
「広島東雲(しののめ)店」
広島県三軒目、
広島市内でも二軒目の店です。
広島は、広島カープが圧倒的に強いだけでなく、
「福山店」が12月に1,000万円を突破しましたし、
オープンからちょうど一年経った「広島長楽寺店」は、
先日、一日だけで50万円突破の、とんでもない記録を出していました。
広島は今、上り調子の絶好調なのです。

その広島の交通量が非常に多い2号線沿いであり、
アストンマーチン、フェラーリといった超高級車から、
あらゆる自動車メーカーのカーディーラーが立ち並ぶ地域に
視認性の良い形で立地している素晴らしい物件です。
ドライブショップの車検センターの跡物件で、
インフラが似ているので最小限の改造費と短期の工期で出来上がりました。
期待の2019年最初の新店です。

その「広島東雲店」には当社のエースの一人とも言える、
広島長楽寺店を一年かけて一人前の店舗に育てた「三戸店長」の起用です。

画像(600x400)

気張っている三戸店長

画像(500x333)

一級技術資格重本スタッフ

画像(500x333)

加藤チーフ

画像(500x333)
画像(640x360)・拡大画像(800x450)
画像(600x424)

Posted   パーマリンク

2019年01月17日(木)

1.17.ここに至って書けなくなっています。

18年前、2001年1月22日に第一話を書いて以来、
けっこう毎日近く書いてきて、今、5688話まで書いてきました。
人様が「すごいね~」などと言ってくれると、
「毎日の習慣になっているので・・」と謙遜して言ってきましたが、
本当はかなり頑張って、
ただでさえ貧弱な精神力を振り絞って書いてきたものです。
しかし、ここのところ参ったことがあって、
文字が意味を持った文になって出なくなっています。
作り話ならいくらでも書けるかもしれませんが、
無理して書いても嘘を書くことになるので、
書くのをしばらくやめて見ることにしました。

少なくとも、
一週間は、休みたいと思います。
申し訳ありません。

Posted   パーマリンク

2019年01月15日(火)

1.15.人は人の役に立つことをするように出来ている。のだそうだ。

テレビで何かの連続ドラマを見ていたら、
主人公の少年のお父さんが言っていた。
「人間は人の役に立つことをするように出来ている。」のだそうだ。

たしかに、
お客様の車を驚くくらいキレイにすると、
お客様が大変喜んでくれて、
そのお客様の満足が、スタッフの満足につながる。
そんなCSとESの同時実現がKeePerの一番面白い所であり、
KeePerが多くのお客様に支持されている要因です。
これを私が尊敬する人は「お客様と相思相愛の関係になる。」と言っています。

しかし、
こう言うといかにも精神論っぽくって
いい子ぶっているように聞こえるかもしれないが、
意外とこれがビジネスにおいては正解で、
実にギブアンドテイク=与えよ、さらば得られん。となって
ガツガツと獲りに行くより、まず与えた方が得られる率も量も大きい。

しかし、これが個人対個人となるとなかなかそうは行かない。
人は与えられると、「ありがたい」と感謝してとりあえず終わってしまい、
与えられた分を逆に相手が得ようとすると、
たとえば、その人が元々被害妄想を持った人だと、
奪われる妄想をもって、
すなわち被害者になって、
信じられないような残忍な反撃をすることがある。
ある意味、人は被害者になった時、何をしても許され恐ろしい存在に成り得るのだ。

人は人の役に立つことをするように出来ている。のだそうだが、その逆もある。
人は弱い、弱いから攻撃的に身を護る。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

2

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.