谷 好通コラム

2019年01月30日(水)

1.30.表現方法次第で失うものもある。

店舗プランを考える時、
店への「入り易さ」は大切な要素の一つです。
入り易さを表現するために、入り口の屋根をあえて付けなかったり、
くぐる入り口の部分は境界をパイプにして、
入り口らしさを表現してみたりします。
しかし、空きりそれを気にしすぎると、統一性が崩れてしまったりするので、
色々と迷いながら造ります。
同じ機能を持ちながらも、表現方法が変わると、
お客様に与える印象がガラッと変わることを知っているので、
一生懸命考えながら造ります。

たとえばこの店舗、
入り口を看板にするのと、パイプにするのと
両方を表現してみてよくよく考えます。
ずいぶん入り易さの印象が変わるでしょ。

入り口部分をパイプにして入り易さを表現してみました。

画像(640x334)・拡大画像(799x417)

看板にした方がセオリー通りで良さそうですが、入り易さはどうでしょう。

画像(640x336)・拡大画像(798x420)

一昨日、また一台の写真を撮りました。
カッコいいスポーツカーですが、私たちの目的は「車の写真」ではなく、
「車のツヤの写真」です。
どれが一番目的にかなっているでしょう。

画像(600x400)
画像(600x400)
画像(600x400)

ものは表現方法でガラッと印象が変わります。
物事を断るにも、いろんな理由があるでしょうが、
「きらいだから。」が相手を一番傷つけることになります。
平気でそう表現する人がいたとしたら、
それはよほど無神経なのか、
心が残酷なのかどちらかなのでしょう。

Posted   パーマリンク

2019年01月29日(火)

1.29.久しぶりに店舗の達成会に出てきました。

今日は東京です。
東京の六本木に本社を持つ会社に行って来ました。
六本木に本社事務所を持つ必要性とは
東京の中心地に近い所にいると、
東京にあるテレビ局が何かと取材してくれるのだそうです。
「○○についてプロは・・・・」という形で、
手短にいればテレビ局から出演依頼がかかりやすいのだそうだ。
テレビもそうだが、紙ベースのマスコミでも、
毎号に渡って自らで話題を探し追う訳には行かないので、
話題の持ち込みに頼る部分が大きいし、
「○○についてプロは・・・・」となった場合には、
近くにいた者が断然優位になって、
もっぱらテレビ局に近い会社が露出の対象になるのだそうです。
だからどうだという訳ではありませんが、
そういうことだそうです。

で、
少し時間が余ったので、
先日、改装が終わったばかりの「さいたま店」に行って来ました。
ゲストルームの建物とブースをテントでつないだだけですが、
なかなか良くなっています。

画像(600x400)

亀ケ沢チーフ保坂店長

画像(600x400)

新しいブランディングカラーになっています。

画像(600x400)
画像(600x400)

東京駅から名古屋に帰ってくる途中で電話を入れたら、
12月に1,055万円で予算を見事に達成したLABO中川店の達成会を
名古屋駅近くのの居酒屋さんでやると聞いて、
急きょ参加することにしました。
LABO店舗の達成会に出席するのは久しぶりです。

左から一級技術資格田口スタッフ。一級技術資格スタッフ。服部チーフ

画像(600x400)

田口君は19才。あともうちょっとでお酒が飲めるようになると言っていました。

画像(450x300)

南君は22才。面白い子です。

画像(450x300)

服部君は23才、みんなの兄貴ですね。

画像(450x300)

鈴置副店長は日本酒が好きなんだそうです。
でも日本酒は家にいる時だけ飲むのだそうです。不思議ですね。

画像(450x300)

ブラジル国籍の元Jリーガー。もちろん日本語ペラペラ。
根性派の広木マンサノ店長。

画像(450x300)

中川店の主役たちと年末応援組の村藤内部監査室室長。

画像(600x400)

村藤君と伊東マネージャー、達成界のスター鈴置常務。

画像(600x400)

私と同様、尻馬組の青山名古屋営業所長。

画像(500x333)



家に帰ったら、リンダとチーちゃんが仲良しでした。

画像(500x333)

Posted   パーマリンク

2019年01月28日(月)

1.28.イーサンハントならばどうする。

昔なら007のジェームスボンドだが、
今ならさしずめミッションインポッシブルのイーサンハントだろうか、
実行不可能とも思えるような困難な作戦で、
時には敵の仕掛けた「罠」にはまり、万事休すの危機に陥った時、
彼らは信じられないような機転と、超人的な体力と能力を発揮して、
絶体絶命の危機から何度も脱出して、
それどころか形勢逆転の奇跡を起こし、
見事に実行不可能とも思える難しい任務を果しているのだ。
だから、
長い間、映画の主人公でいられるのだ。

彼らはどんなに脱出不可能と思われるような危機に陥っても、
絶対にあきらめない。
その不屈の精神がまず第一なのだろう。
あきらめないことが、
脱出不可能な罠の中からも、脱出し、見事に逆転を果たす前提だろう。
あきらめずに、普通ならば考えられないような非常識な手段を、
大胆にも平然とこなし、
まさかと思うような奇跡を呼び起こす。
誰でも思いつくような手段ではだめだ。
誰もがそんなことはしまいと思うような大胆な手段を、
躊躇することなく平然とこなし、
誰も予想できないような奇跡的な結果を勝ち取るのだ。

イーサンハントならば、
どうするか。
そんな発想も面白いのかもしれない。
まず、あきらめない事からはじまり、
誰も思いつかないような奇抜な手段を、
躊躇することなく、平然とこなし、
誰もがびっくりするような奇跡的な結果を勝ち取る。
その勝利らは、ひょっとしたら誰も気が付かないかもしれないが、
そんなことはかまわない。
問題は、結果として勝って、生き延び、
誰も気が付かないかもしれないが、それでも我が勝利を手にすることだ。
相手に負けたと気が付かせないような我が勝利を得て、
ミッションインポッシブルのように
小さな幸せを手に入れれば、
イーサンハントのように
永遠の奇跡を、手に入れられるのかもしれない。

ちょっとした無駄な時間に、白日夢のような空想に羽根を伸ばした。

Posted   パーマリンク

2019年01月27日(日)

1.27.何の気なしに名古屋市南区の「くつ塚」に行ってきました

何の気なしに名古屋市南区の「くつ塚」に行ってきました。
「くつ塚」とは、
昭和34年、私が小学校二年生の時に、
名古屋を直撃した台風「伊勢湾台風」が引き起こした洪水で
5,098人もの死者と行方不明者を出した戦後三番目の大災害で、
真夜中に洪水発生、南区の南光中学校へ避難する人々が
途中の十字路に発生した大渦に巻き込まれ、
貯木場から大量に流れ出ていた直径数mの大木ラワン材に押しつぶされて
多数の死人が出て、
その渦の十字路には死んだ人たちの長靴が大量に積み重なっていました。
その様子から、慰霊碑が建立された所を「くつ塚」と呼ぶようになりました。
私はその近所に住んでいました。
伊勢湾台風の時には隣の大生小学校に
ギリギリで死ぬ寸前避難して助かりました。
中学校は南光中学校だったので、通学路にその「くつ塚」がありました。

近くの道を通る機会があったので、
何十年ぶりかで「くつ塚」に行こうと思い立って、
すっかり変わってしまった南区の街並みを記憶を探りながら縫って探し、
なかなか見つからなかったのですが、
30分くらい探していて、
不意に勘違いに気が付いて、想い出して突然「くつ塚」を見つけました。

随分、小さく思えました。

Posted   パーマリンク

2019年01月25日(金)

1.25.お客様の気持ちになって思っているといくらでも出てくる。

一月も前半の需要が落ち着いて、いよいよ閑散期に入ってきました。
このところポスティングのチラシを造るための稟議がよく出ていますが
多分、皆さん、閑散期の暇を持て余してのポスティングかと思いますが、
「暇つぶし」の為のポスティングでは効果は全く出ないでしょう。

ポスティングして、地域の皆様に何をお伝えして訴求するのか。
洗車・コーティングマインドが最低の今の時期、
何をお伝えすればいいのかを考えもせずに
「いつものチラシ」を"暇だから"ポスティングをしても、
相手に対して響くものは全く無く、
寒いこの時期に苦労してポスティングしても、
結果として、暇つぶしにしかならず、意味のない無駄になるばかりです。
考えるべきです。
「今何を伝えたらいいのか。」「今だからこそ何を訴求すべきなのか」
みんなで考えて、話し合い、意見を出して、
企画して、意味のあるポスティング用のチラシを造って、ポスティングすれば、
それこそ意味のあるポスティングになるのではないでしょうか。

「今だから何を訴求すべきか」
今は「冬」です。
しかも一番寒い二月に入って行きます。
寒い時期は太平洋側の地域は、空気が乾燥します。
空気が乾燥すると火事が多くなって、
インフルエンザが大流行します。
多くの皆さんが、マスクをし始めます。

訴求すべき事@ 
「この期間、スタッフ全員が用心のためにマスクを装着して作業します。」

訴求すべき事A
「除菌、滅菌の最強手段「次亜塩素酸ソーダ」での
強力除菌車内清掃を、30分2000円でご提供。」

この寒い時期はちょっと山地に行ったりすると「融雪剤」がまいてあります。
融雪剤は「塩化カリウム」または「塩化ナトリウム」であり、
車の下回りに着けたままにすると”錆(さび)”を呼ぶことがあります。
その事は皆さんけっこうご存じなので、心配している人が多くいます。

訴求すべき事B
「融雪剤を溶かしてから流す『KeePerアンダーウォッシュ』
  やっておくと絶対、安心です。20分 1000円」

訴求すべき事C
「車のこまかい所にまで入り込む融雪剤を、
丁寧に洗い出す 純水・手洗い洗車 30分2000円(Mサイズ)」

たとえば、寒い時期にスタッフに洗車を注文すると、
寒くて可哀そうだと思われるお客様がいらっしゃいます。
そんなご心配はご無用だと元気良く訴えるべきではないでしょうか。

訴求D
「冬の洗車は、私たちきちんと装備もしているし、
いい運動になって、実は、暖かいんです。 ぜひ、洗わせてください。」
あったかい恰好をしているスタッフの写真を一枚。

訴求E
「冬の寒さと乾燥は、車のお肌にもよくありません。
 洗車のついでに、肌にやさしい「艶パック」をいかがでしょう。
お車が喜ぶこと間違いありません。 洗車+30分 8,000円」

考えているといくらでも出てきます。
お客様の気持ちになって、思っているといくらでも出てきます。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.