谷 好通コラム

2019年01月07日(月)

1.07.時間の流れを思う。

私達は縦×横×高さの三次元の世界に住んでいて、
そのいずれの方向も自分の自由になっている。
しかし、その三次元の世界に加えて時間の要素があるが
この時間だけは全く自由にならず、
あくまでも一定の速さで、未来への方向に進み続けている。
アインシュタインの相対性理論によると、
光に近いスピートで移動すると時間はゆっくりと進むらしいが、
そんなことは全く理解できないし、一生かかっても関係することはないだろう。
時間はあくまでも、あくまでも未来に向かって進み続ける。
ほんの一瞬でも止まることなく、
どんなに強く正しく願っても、
一秒たりとも遅れることなく非情に公正に進み続ける。

自分と同年配の有名人が、
ひさしぶりにデレビに出ていたりすると、
その老いの進み具合に狼狽することがたびたびで、
あるいは、
自分よりはるかに年配であるはずなのに、
自分よりはるかに若く見えたりすると、
覆い隠された老いの証拠、あるいは造られた若さの演出を探したりして、
あくまでも許そうとしない。

時間は人によって進む速さが変わる訳ではないのに、
その人によって感じようは随分違うもののようだ。
たとえば、痛みを我慢して時間が経つのをこなしている時は、
時間が経つのがたとえようもなく遅く感じる。
反対に、楽しく、気持ちの良い時間は、もっともっとと思っても、
あっという間に過ぎて、すぐに終ってしまう。
時間の流れというものは、
早く経って欲しいと思えば遅く感じさせられ、
逆に、この時が過ぎて欲しくないと思えば早く感じるものなのか。
だとするならば、
不幸ほど長く感じられ、幸せほど短く感じられるとするならば、
それは人にとって不条理に他ならない。

もう一つおかしなことがある。
全く役に立たないゲームなどを夢中でやったりしていると、
その時間が消えて無くなってしまったように短く感じられて、
喪失感だけが残るのは、幸せの一種なのか。
だとするならば、
それは麻薬と同じ効果で、
それをやっている時だけがこの上なく楽しく幸せで、終わると何も残らず、
逆に、それを禁止されると辛く、
我慢する時間が耐えられないほど時間が長くなって、
また、麻薬におぼれるのと同じように、ゲームなどに溺れて、
人生を楽しいだけで短い時間にしてしまうことになる。

テレビのニュースで言っていたが、
ゲームに夢中で、まだ幼い自分の子供に食事を与えることもせず、
その子を餓死させた若者がいたそうだ。まるで麻薬と同じだ。

人は自分が楽しい事を求め続けて、
楽しいことに溺れていると、
自分の人生を短いものにするだけでなく
自分の子すら殺してしまう残忍な化け物なのか。

その点、仕事はいい。
仕事とは、たとえばお客様という相手が喜び、
相手が嬉しいことを”目的”として行う。
だから相手から代金という報酬をいただける。
だから、その時間は決して楽しい訳ではなく、快楽がそこにある訳ではない。
時には時間が長く感じることもある。
しかし、相手が喜ぶことを楽しみに出来る人は、
それが楽しみであり、嬉しいことで、それが快楽ではなくても苦痛ではない。
快楽とは正反対の”やり甲斐”というものなのだろう。
しかも、そこから得られる報酬で、
大切な、大切な家族を養い、愛し続け、幸せを造り上げることが出来る。

自分の為でしかないゲームに夢中になって溺れ、我が子を餓死させた
人ではない化け物とは正反対だ。

仕事は、たとえばお客様という相手の人を幸せにして、
やり甲斐を生み出し、正しい報酬で、
愛する我が子と家族を育み、自分も代えがたい幸せを得る。
自分に快楽を与えるだけの麻薬やゲームなどとは正反対だ。

このお正月、仲間からもらった年賀状に、
これでもかと、多くの人がたくさんの家族の写真を誇らしげに載せていた。
特に子供たちの姿をいっぱい載せていた。
そんな彼らは仕事の意味を理解し、幸せの意味を理解しているのだろう。
そんなことをしみじみ思ったのでした。


年末にお正月に間に合わせようとトリミングを予約しようとしたら、
年末は予約で満員で、正月明けの予約しか取れなかったリンダは、
年末からお正月にかけて、”毛”に埋まって、毛のお化けみたいになっていたが、
ようやく今日の夕方、トリミングしてもらえて、
普通にトイプードルになっていた。

今朝のリンダ

画像(640x455)・拡大画像(700x498)

さっぱりして帰ってきたリンダ。

画像(640x426)・拡大画像(700x466)

Posted   パーマリンク

1.07.今年は幸先のいいスタートで気合が入ります。

今日は東京に行ってきました。
東京駅近くにある会社に新年のご挨拶に行ったのです。
一般的には実質的に、今日が2019年のスタートの日のようです。

店舗の方には1月4日(金)の通常営業開始の日から、
5日(土)、6日(日)まで、年末の続きのような来店がありました。
前年年末の仕事納めが12月28日と、いつもより遅く、
年末の休みが短かったせいもあって、
年末にお車をキレイに出来なかった人が多かったことは分っていました。
そんな方が、
正月明けの最初からかなり来られたのでしょう。
お天気も絶好調です。
色々な要素が重なって、
お正月明けのラボ店舗では
最初の三日間だけで言えば、昨年の約二倍のペースです。
私達も今まで時間をかけて用意してきた物や企画が、
日の目を見る年です。

あくまでも三日間だけですが、幸先のいいスタートで気合が入ります。

富士山はちょっと雲がかかっていました。

画像(640x470)・拡大画像(800x588)

Posted   パーマリンク

2019年01月05日(土)

1.05.私自身の今年

年末は中部の店舗をほとんど周って皆に会ってきました。
しかし、
九州、広島、関西、北陸、関東多数、東北、北海道など
遠方の店舗には行かずじまいで大きな心残りがあります。
それでも関東の店は夏から秋にかけて一度周って来ていますが、
北海道はもう一年近く行っていませんし、
仙台にはスーパーGTで仙台SUGOサーキットに行く時にと思っていたのに、
そのSUGOに行かなかったので、結局、行かずじまいです。
九州など西の方面にも全く行かなくなってしまいました。

事情があって宿泊を伴う出張が難しくなっているので、
遠い所へ行きづらくなっていることも事実ですが、
きちんと計画をすれば、出来ない事はなく、
私自身がどうしても遠い所へも行こうと思う意志の有る無しの問題です。
常務達がくまなく店舗を周っていてくれるので、
私自身は明らかにサボっています。
今年は、自分の意志をもって、
計画立ててみんなの店に行こうと決心しています。
今年は全店舗に必ず行きます。

しかし、
足の変形が進んで、状態はあまり歩けない所まで来ているので、
“車いす”を日常的に使う覚悟をしなくてはいけません。
少しは歩けるのに車いすを使うのは、返って抵抗があるし、
荷物が持てないのでいつも誰か介助の者が必要になってしまいますが
そこは割り切って、
平然と、車いすを使うようになれば、
行動範囲は格段に広がります。
私自身の踏ん切り次第です。

今年は腰の手術も受けることになっているし
他にも考えている事があって、
今年は大きな変化がいくつもある年になりますが、
自分の人生が沈静化して行くようなことの無いように、
決して安楽に受動的に流されず
あくまでも能動的、かつ積極的な年にすべきと決心しています。

Posted   パーマリンク

2019年01月04日(金)

1.04.2018年12月のキーパーラボ事業実績報告

毎年の事ではありますが、
12月はお客様のキレイマインドが集中して、
それぞれのスタッフが自らの限界を超えたところで活躍をして
驚異的な実績を上げてくれます。
また店舗のスタッフのみならず、
年末には関係する多くの人々が応援に駆け付け、
力を合わせる姿に感動します。
まず、今年も大きな実績を上げつつ、
無事に年末を終えることが出来たことに感謝したいと思います。

2018年12月の売上実績は、
この月に新規オープンした「名古屋東店」と「湘南平塚店」を合わせて
77店全店の売り上げで
前年同月比10.2%増加の4億85百万円であり、
前年実績のある既存店比前年前月の売上げ比3.7%減少の
4億21百万円でありました。

しかし、今年12月のスタートは決してスムーズなものではありませんでした。
まず暖冬で、冬の季節に車を汚す原因となる”露”や”霜”が降りずに車が汚れず、
しかも第一週土日と翌週が連続して雨天が予報されつつ実際に降り、
二週も雨天が続き、「洗車」の台数がまったく伸びない日が続きました。
これはラボにおける手洗い洗車のみならず、
多くのガソリンスタンドに設置されたセルフの連続洗車機でも同様であり、
月半ばにして洗車台数が前年比50%でしかない状況を、
多くのガソリンスタンド経営者の皆さんからも耳にしました。

もちろん、ラボ事業においてもキーパープロショップにおいても、
収益の主力は各種のキーパーコーティングであり、
雨天が直接致命的なマイナスに影響するものではありませんので
12月10日時点において既存店比前年前月同日の売上げ比で3.0%増加と
健闘を続けましたが、
第二週まで雨天が続くと
心理的なキレイマインドが下がる影響は少なくなく、
12月15日時点で既存店比前年前月同日の売上げ比で10.0%も減少となる等、
大ラッシュの年末本番前としてみんな心穏やではありませんでした。

しかし、年末が近づくにつれて来店台数も増え、
高価格のダイヤモンドキーパーを中心に施工台数が大きく上がって来て
最終的に全店で前年比21.8%増の2,219台、
前年実績のある既存店だけでも前年比3.2%増の1,868台施工して
平均単価を既存店だけでも9.9%押し上げて12,372円/台とし、
前半の来店台数の減少が響いた
12月通しての既存店来店台数が12.4%減となった結果をカバーする形で、
前年同月比10.2%増加の4億85百万円であり、
既存店比前年前月の売上げ比3.7%減少の4億21百万円という結果でした。

特に、日本の企業全体が28日で仕事納めの企業が多かった為、
29・30・31日の短期決戦という厳しい状況でしたが、
よくぞここまで追い上げた。とも言えるものと思っております。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)
画像(640x370)・拡大画像(800x463)
画像(640x511)・拡大画像(800x639)
画像(640x429)・拡大画像(800x537)
画像(640x370)・拡大画像(800x463)

Posted   パーマリンク

2019年01月03日(木)

1.03.お正月に考える2019年のいろいろ

私達の会社は、昔から、お正月の三が日を休業としてきました。
ラボも基本的に年中無休の営業を通年続けていますが、
お正月だけは三日間連休を取っています。
年末、大晦日にかけて年一番のお客様集中時期で、
全社挙げての営業が続き、休みもなかなか取れないような状況が続くので、
その緊張と集中のあとの正月は、
晴れやかな気持ちと共に一斉に休むことにしています。
しかし、
ちょっと前までは、
ショッピングモールの中にある店舗や、
ドライブショップとの併設の店舗では、
お正月も営業するテナントやショップが多く、
ラボも正月営業するように要請され、
例外的に何軒かの店舗が、三が日も営業してきましたが
最近ではその要請も弱くなって、
ついには無くなって来て、
今年は、とうとう全店が、正月三が日を休むことが出来るようになりました。
気が付けば、
近所のラーメン屋さんや、本屋さんなど
今まではお正月も営業していたいくつかの店が、休むようになりました。
時代が新しくなったことを感じます。

大忙しの12月の次の1月と2月は、
一番暇になる季節なので、
みんなが交代で助け合いながら1週間とか10日間休みをまとめて取ります。
これを楽しみにして、みんなは12月の大繁忙期を頑張れるのだそうです。
私達はサービス業なので、
カレンダー通りには休みを取れませんが、
交代で休みを取って帳尻を合わせ、
年間休日114日を確保します。
店舗はサービス業であり土日が忙しいので
平日に休みを取りますが、
平日は交通の便も観光地に行っても”空いていて”、
これが当たり前になると非常に快適で良いものです。
私も、歳を取ってから現場を離れ、
不本意にも土日を休む機会が増えましたが、
土日はどこに行っても混んでいるので遊びに行かなくなってしまいました。
平日休みはライフスタイルの問題であり、
サービス業のハンディではないと思っています。

しかし、
店舗がオープンから年月が経つにつれて、
リピートのお客様が増え、店舗の売り上げも増えて行くので、
店舗当たりのスタッフの数をそれに合わせて増やしていくのですが、
常にスタッフの数に余裕がある訳ではないので、
増員のタイミングがつい後手に回りがちになります。
これはじわっと効いてくるので、やはり問題になってきます。

そのような状況の中で、
この問題に対して一番有効なのは、
店舗に一日、決まった曜日に休日を設ける事であることは分っています。
しかし、
世の中の店舗と名の着くものは年中無休である事がまだ常識であり、
それが一つのお客様に対する常識的なサービスとなっている限り、
なかなか平日曜日の定休日設定は、時代にまだ先走る感があり、
まだ踏み切ることが出来ません。
しかし、時代の流れの中で、いずれは決断する時が来るものと考えています。

いずれにしても、
我々のような労働集約型の産業であり、
その労働の質、技術の質が、商品の品質に直結するサービス業においては、
働く環境をいかに質高く維持して、
お客様からたくさんの「ありがとう」をいただけるような、
つまり「お客様との相思相愛の関係(我が尊敬する人の言葉)」を、
保ち続けられるような職場を維持するには、
いつか、決断する日が来ることなのでしょう。

正月休み、みんなが残らずゆっくりと休んでいる日に、
そんなことを色々と考えました。


くっつかず、離れず、この距離感がいいですね。

画像(600x400)

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.