谷 好通コラム

2018年12月02日(日)

12.02.もう大丈夫です。やっぱり、決め手は無視でした。

今日になって、
「5分書くと、激痛が来て、10分休んで、また書く。」の状態は解消しました。
もう大丈夫です。
今は、1時間机に座って書いていると、足が徐々に痛くなるので、5分休む。
つまり、ほとんど普通の状態で仕事が出来るようになりました。
座っていると来た「腰から左足全体に走る神経的な激痛」が無くなったのです。

朝の内はその激痛が来て、二三度は寝ましたが、
昨日の夜、鈴置常務たちが来ている間は大丈夫だったこと根拠に、
何度か激痛が来ても、無視して、そのままPCを叩き続けたのです。
そうしたら昼過ぎには、その激痛が来なくなったのです。

あの激痛は骨の穴に神経が直接触って痛かったので、激痛ではあったのですが、
案外、無視したら消える種類のものだったのかもしれません。
もともと神経の働きというのは、
体のどこかに異常があった時、
その異常に神経が反応して痛みとして知らせるのが役割なので、
神経そのものが圧迫を受けたりして出る信号は、
直接なので大きいので激痛かもしれないが、
本来の体のどこかの異常から出る信号ではないので、
他の事に気持ちが行っていると気が付かなかったり、
無視すれば消えるような種類のものだったのかもしれません。
私は医学の事は素人なので、
何の根拠もありませんが、そんな風に思うと何となくつじつまが合います。
あるいは、
ただ単に時間が経って、
直ってきただけなのかもしれません。

いずれにしても、立っていることはもちろん、
少しの時間以上は座っていることも出来ない最悪の状態は脱しました。
もう大丈夫です。
まだまともに歩くことはできませんが、仕事は出来ます。

先週の土曜日、髭剃り中にピリっと腰に電気が走って動けなくなってから、
1週間、ずっとほとんどの時間を布団の中で過ごさざるを得ず、
しかも、激痛に苦しみながら、中々治る気配がなく不安な一週間でしたが、
もう、はっきりと見通しが着きました。
正常に戻るにはまだ少し時間がかかるかもしれませんが、
既に少しは仕事が出来るようになっています。もう、大丈夫です。

すでに12月に入ってしまい、
店舗に掲げる懸垂幕のデザインが、
「冬の・・・」のスタンスで、
1月、2月まで掲げられる内容で、遅ればせながら出来上がりました。

画像(222x640)・拡大画像(278x800)
画像(640x586)・拡大画像(700x642)

Posted   パーマリンク

2018年12月01日(土)

12.01.とても不思議なことがありました。

腰が痛くなって、病院の先生から「風呂に入るといい」と言われて、
その通りにしたら、生き返ったように良かった。と書きました。
あの時は確かにそうだったのです。
しかし、二度目はありませんでした。
昨日また同じようにして風呂に入ったのに今度は激痛に苦しみました。
何が違ったのでしょう。不思議です。

腰が痛くなってからもう五日も経っているのに、
座って5分くらいで激痛が走り、このままでは仕事が出来ず、
困りました。少なからず焦りました。

昨日で11月が終わり、今日から12月です。
KeePer技研株式会社は毎月、営業日月初に、株式市場に対して、
キーパーラボ運営事業販売実績報告を「開示」しています。(今月は3日)
これは私がいつも書いているのですが、
私が机に座ってPCを叩き続けることがまだ出来ない状態だったので、
今月はどうしようかと考えたあげく
自宅に鈴置常務に来てもらって、相談しながら
鈴置常務にPCで書いてもらうことにしたのです。

鈴置常務が家に来たのは午後4時半、
北陸からの直行でした。
なぜか営業の三浦部長がくっついています。
心配してきてくれたのでしょう。

早速、11月の実績について話をはじめ、
夢中になって、色々と意見を交わしていたのですが、
ふと気が付くと、いつまで経っても足と腰に激痛が走っていないです。
仕事の話は好きですが、あの激痛に気が付かないほどではありません。
ということは、激痛が来ていないのです。
変です。
今の激痛は、背骨の真ん中を神経が通る穴があって、
その穴が加齢で狭くなって、中を通っている神経の束をこすって、
神経が痛みを発生しているのだから、
痛みは物理的な要因から発しているはずだ。
それが、不思議と、
仕事の話に夢中になっているから痛みが発生していない。
すると、あの痛みは精神的な要因から発している事になる。
そんなばかな。と思うのだが、
話を始めてから1時間近く経っているのに、まだ大丈夫だ。
仕事の話が終わって、雑談をしているのにまだ大丈夫。
やがて、彼らが帰っていって、晩ごはんを食べていてもまだ大丈夫。

しばらくして、
今、これを書いている。
いすに座って5分で激痛が来て、10分横になって、また座って5分で激痛。
元の痛い状態に戻っている。
いったい何が体の中で起きているのだろう。本当に不思議だ。
でも、今の状態から抜け出せる一つのヒントがあったような気がします。

Posted   パーマリンク

2018年11月29日(木)

11.29.風呂に入って背中を丸めたら生き返りました。

初めて腰を痛めたのは5年前、
椎間板へルニアで
治るまでに1年間くらいかかりました。
この病気で、私は唯一の趣味であった草レースをあきらめました。
しかし仕事にはほとんど影響を与えず済んでいます。

今度の腰痛は、椎間板へルニアの再発かと思ったら、
加齢による脊柱管狭窄という症状で、
背骨を通る神経の穴(脊柱管)が加齢によって狭くなり(狭窄)、
中を通る神経の束に触っているのだそうです。
グキっと来るのではなく、ジワ〜と来るのです.
私の場合、朝、洗面台で髭を剃っていたら、
腰から尻にかけてなにげなくピーと引っ張るようなとシビレが来て、
全部髭を剃り終わった時
動けなくなってしまいました。
それから、腰から左足全体が燃えるように痛くなって、
4日経ってもまだ十分に痛みが残っています。

しかし、私の救世主でもある腰の権威の稻田先生から面白いことを聞いた。
「風呂に入いるといいよ。
風呂に入って背中を丸くしているといい。
背中を丸くすると脊柱管が広くなって、湯で血行が良くなる。」

びっくりしました。
座る事すら困難で、何やっても腰から左足全体の激痛に苦しんでいた私は、
怖くてシャワーも浴びていなかったのに、
ドボンと風呂に入るなんて発想は全く無かったのです。
しかし私は全面的に稻田先生を信頼しているので、早速やって見ました。
風呂に40℃のぬる湯をためて、四苦八苦しながら風呂桶にたどり着き、
ゆっくりと湯に身を漬け、背中を丸くしてジッとしたら、
体中から痛みがすうっと引いて、快適なお風呂なのです。

脊柱管狭窄症は、歳を取ったら多くの人がなる症状です。
絶対おぼえておくといいですね。
「風呂に入いるといいよ。
風呂に入って背中を丸くしているといい。
背中を丸くすると脊柱管が広くなって、湯で血行が良くなる。」

そんなこともあって、これを書いているぐらいには良くなりました。
まだ少し時間はかかるかもしれませんが、良くなれそうです。

しかし今度は先生から「手術するよ。」と言われました。
私ももう66才ですから、
12月13日から1週間入院して、
体中を総点検し、手術に耐えられる準備をして、
1月18日に手術することが決まりました。執刀医はもちろん稻田先生です。
全国に稻田先生に手術をして欲しい人がいっぱいいるので、
手術は二か月後になりますが、それまでにすべきをして備えます。
手術といっても脊柱管狭窄はそのまま命にかかわる病気ではないし、
ましてや名人稻田先生の執刀なので、生まれ変わるような楽しみがあります。

とりあえず、来週は出社できるのではないかと思っています。

Posted   パーマリンク

2018年11月27日(火)

11.27.三日間、腰痛で寝込んでいました。

3日間、布団の上で起き上がれないほど
腰から足にかけての激痛で、寝込んでおりました。
椎間板ヘルニアの再発です。
それでブログも書けずに、ただ横になって寝ていました。
今日になって、少し良くなって5分位なら座れるようになったので、
とりあえず消息だけでも書こうと思って、書き始めました。
5分書いては、15分横になって回復して、書いています。
そろそろ限界なので、もうやめます。
明日はもっと良くなっていると思いますので、とりあえずご心配なく。

Posted   パーマリンク

2018年11月23日(金)

11.23.上の職に就くと仕事をしなくなる勘違い

私の尊敬する人が「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。」と、
福沢諭吉「学問のすすめ」の言葉をよく使います。
人間生まれた時は、
身分の差も貴賤の差もない平等だが、
いかに学ぶかで差が出来る。と言うような意味らしい。

学ぶとは勉学の事を指すだけではなく、
色々な実際の体験も大切な学びと言える。
というより、具体的な体験を伴わない学習は、
机上の空論という言葉があるように、空しい空回りの論理となりがちです。
逆に実際の体験に裏付けられた学習は、実践的でありより強いものになります。

KeePerの強みも正にここにあると言えます。
この会社の始りはお客様と直接接する店舗(SS→快洗隊→LABO)にあり、
今でも社員のうち一番多くの人がここに属しています。
だから、
たとえば製品開発も、
開発スタッフは店舗の現場を十分に経験してきている者たちばかりであり、
いつもお客様の気持ちと実際の車を知っているので
お客様が本当に喜ぶ製品を造ることになり
更に、作業スタッフの気持ちを自らの事と知り、学んでいるので、
その学びが実践的と言える製品を作り出してくれるのです。
ここがKeePerの強みの原点です。

その現場において、
一つ重要なことがあります。
私達の店舗でも、スタッフ、チーフ、店長と階層があります。
これは人としての上下の関係ではなく、
むしろ、仕事の役割の区分けである事を強く言っています。
店長と言う役割であり、チーフと言う役割、スタッフと言う役割であって、
人間として上とか下なのではない。

しかし、よくある上下の関係とは、
上の者が下の職の者を使って「仕事をやらせて」
下の者は上の職の者から使われて「仕事をやらされる」
だから、上の職の者は、仕事があるとまず先に下の職の者に仕事をやらせて、
自分は奥に引っ込み、
忙しくなって下の職の者がやっている仕事が溢れてくると
やっと上の職の者も仕事に手を出す。
役職が上になると、自分が立派で偉くなったような気がして、
偉い人は手を動かす仕事はしなくてもいいような錯覚をする人がいます。
だいいち上の職の者は下の職の者が働いているのを監督していれば良く、
上の職の者は楽をして、
下の職の者は仕事が続く限りいつまでも上の職の者からの指示で仕事をやらされる。
こういう仕事場では下の職の者が続きません。
実績も下がって給料も減るので、
すぐに辞めがちです。

更にこういう職場では質のいい仕事が出来ません。
つまり、お客様のお車が、きちんとしたキレイにはなりません。
この店では、常に一番下の、経験が短くて、技術も上達していない
つまり一番上手くない者が常に一番たくさんの仕事を、
やらされ仕事として、やっている訳ですから、
大した商品の質ではありません。
あるいはそういう下の者に接客までやらしていれば、
所品知識も乏しく、たくさんの実経験は無いので、
お客様に対して正しいアドバイスも出来ません。
逆に、大した経験もないのに適当にアドバイスしてしまう者がいたとしたら、
そいつは口がうまいだけのペテン師です。

上の職の者と言うのは技術もあって、
商品知識もあり、上手いから昇進したのです。
言って見ればその店舗の看板とも言える者であり、
お客様が一番自分の車をキレイにして欲しい人です。
その人が、わざわざ自分より未熟な下の者を使って、仕事をやらせて、
自分は、のんびりとデスクワークでもしていて、
店が忙しくなってくると、やっと出てきて自分も仕事をするような店は、
商品単価が下がり、リピート客も減って来店客数が減り、
意外と短期間で、
「商品単価が下がる」×「来店客数が減る」=「実績が大きく落ち込む。」
その場合は、
その上の職の者には他の仕事をさせるしかありません。
上の役職になると仕事をしなくなって、
下の者を使って仕事をやらせ始めて、店の質を下げて実績を下げるので、

1.よく言って聞かせて、理解させる。←これが一番難しい。
2.上に上げたが、もう一度下げて、理解させる。←成功することがある。
3.そのままの役職だが、下がいない職場に変える。←成功するが理解はしない。

上の職の者は仕事が上手くて良く出来るので上に上ったのだから、
一番仕事をしなければならない。
少なくとも、下の職の者と一緒に、同じように仕事をしなければならない。

しかし、上の職の者は、商品知識もあって、経験もあるのだから、
お客様との接客、受注を真っ先に引き受けなくてはいけない。
そしてお客様の要望を正しく受けて、結果的にお客単価は上がる。
店舗が忙しくなれば接客受注も増えるので、実際には作業が出来なくなるが、
むしろその方が、単価は上がり、台数も増えて、実績は上がる。
上の職の者は暇な時ほどよく作業し、
忙しくなると、そんな時にはたくさんいるスタッフに作業を託して、
ひたすら接客・受注になるような店舗の実績が確実に上がる。

「商品単価が上がる」×「来店客数が増える」=「実績が大きく伸びる。」
良い店長とは、真っ先に一番働く店長です。
更に、店が忙しくなると店長が接客受注に没頭できる店造りが出来る店長です。

【ダメなケース】
上の職の者が下の職の者を使って「仕事をやらせて」
下の職の者は上の職の者から使われて「仕事をやらされる」
だから、上の職の者は、仕事があるとまず先に下の職の者に仕事をやらせて、
自分は奥に引っ込み、
下の職の者がやらされている仕事が溢れてくると
やっと上の職の者も仕事に手を出す。
だいいち上の職の者は下の職の者が働いているのを監督していれば良く、
下の職の者は仕事が続く限りいつまでも上の職のものからの指示で仕事をやらされる。
すると、
「商品単価が下がる」×「来店客数が減る」=「実績が大きく落ち込む。」

こういう仕事場では下の職の者が長続きしません。すぐに辞めがちです。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず。」とは、
福沢諭吉「学問のすすめ」の言葉です。
人間生まれた時は、
身分の差も貴賤の差もない平等だが、
いかに学ぶかで差が出来る。と言うような意味らしい。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

12

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.