谷 好通コラム

2016年01月31日(日)

1.31.彦根店の手応えありと、大垣店のCoCo一番屋800g、

【キーパーLABOイオンタウン彦根店】、略して「彦根店」は、
オープン以来、店舗の運営に少し戸惑っています。
この彦根店が入っている「イオンタウン彦根」自体は、
年間の集客力280万人という桁外れの集客をしていて、
私達キーパーLABOの「認知までの時間がかかる。」という宿命を、
一挙に解決してくれるものと期待していました。
しかし、キーパーLABO彦根店へのご来店は少なく、
苦しんでいました。
こういう場合、
普通の路面店ならば、
ポスティングに精を出したり、看板やチラシ折り込みを検討したり、
たくさんの人に目に止まって集客することを考えますが、
この彦根店の場合は、すでに280万人の集客の中に立っている訳で、
今さら集客を考えても仕方がありません。というより効果ありません。

イオンタウンのエリアに来ている大量の人達が、
その中のキーパーLABO彦根店になぜ来ないのか。
視認性は十分にあります。
なぜ来ないのか。なぜ、来店しないのか。

「解からないから。」でした。
「何なのか、解からない。」

ここへ来られるお客様は、駐車場に車を止めて、
歩いてショッピングモールの中を巡ります。
隣りのGUにはひっきりなしでお客様が入って行きます。
キーパーLABOにも、歩いて覗きに来られますが、
歩いてくる入り口は「待合室」があるだけで、
外からではキーパーLABOらしい場面は見られません。
作業場に大きく開いた車の入り口は、歩いてくる人には全く見えないのです。

初めての体験です。
作業場が見えない状態で、歩いてくる人に、
キーパーLABOを解かっていただくために、
どうすればいいのか、何をすればいいのか、これは初めての体験でした。

まず、案内板を造りました。
これは、効果的なようで、じっくりと読み込む人が結構います。
店への問い合わせも増えました。

では、次に何をやるか、何をすべきなのか、どうすべきなのか。
手掛かりが見えてきました。

「歩いている人に、キーパーLABOを解かっていただく。」これがポイントでした。
手掛かりになるポイントが見えれば、しめたものです。
みんなからいろんなアイデアが出て、一つずつ、速やかにかかります。

キーパーLABO彦根店の本日の売上
クリスタルキーパー1台、来店数10台! 売り上げ約5万円
手ごたえ十分にあり!

今年からの木下店長、糸川スタッフ。
残念ながら喜多チーフは年末明けの「一週間休み」でいませんでした。

画像(550x413)

すごく繁盛しているGU

画像(550x413)

彦根店はその隣に接している。

画像(550x413)

その接点からは待合室しか見えません。
だから、ご案内板を付けました。

画像(550x413)

イオンタウン彦根店の駐車場のあちこちに、除雪の雪の大きな山がある。

画像(550x414)

名神高速の彦根ICを入るとすぐに伊吹山がきれいに見える。
彦根は雪がとても多く降る地域なのです。

画像(640x446)・拡大画像(800x558)

彦根店から車で約40分、意外と近い【キーパーLABO大垣店】は、
伊吹山を挟んであちとこっちの位置関係にある。
昨年3月にオープンして初めての真冬に凍えている。

画像(550x392)

しかし、もうすぐ丸1年の3月であると同時に、
雪のある地域の春は活気づく。

もうすぐ来る3月は、どう仕掛けようかと、
今日の昼CoCo一番屋で800gを食った小杉店長と盛り上がった。

鈴木玲音チーフ、杉山スタッフ。800gの小杉店長。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

みんなが大好きな鈴木玲音君。

画像(520x390)

Posted   パーマリンク

1.31.二年ぶりに、1kmは歩きました。

先日造った立体インソール入りの矯正靴は、効果絶大であり、
ほとんど普通に歩けるようになりました。
まだ少し不安定な部分もありますが、
長い距離を歩く場合だけ杖を当ててほんの少し注意するだけでOKです。
階段だってほぼ平気です。

この二年間出来なかった、
空港での、自分の足で飛行機に乗り込むということが、今日、出来たのです。
しかも、往復の空港で出来ました。
だから事前改札もせず、普通の人と一緒に乗り込みました。

昨年まで、私はANAの「プラチナ会員カード」を持っていて、
「優先搭乗」が出来ていたのですが、
一昨年から昨年にかけて車いすを使ったりしていたので、
搭乗回数がめっきり減って、「プラチナ会員」の資格を失ったのでしょう。
今年はプラチナ会員カードが送られてきませんでした。
ずっと10年以上も、搭乗回数の多さでもらえるプラチナ会員だったのに、
寂しい気持ちもありますが、
だから、一般の人と一緒に搭乗します。

かなり歩いても、左足の足首は悲鳴を上げません。
一見普通の人の様に歩けます。
これは劇的な進歩です。
ですから、今日の日帰り熊本出張も、昨日、突然決めたもので、
私の元々のペースが戻りつつあります。
4月のドイツ行も決めました。
長らく行ってない北海道や仙台などにも近々行きましょう。

自分で歩けるのは、普通なことでありますが、
いざこれが出来なくなると、やれる事とやれない事が出来て、
やれることが半分になってしまう、
と言うとオーバーなようですが、意外と不便なものなのです。

しかし、たった一足の靴で、その不便さのほとんどから解放されて、
私は、今、ものすごく嬉しいのです。
何かがあっても、
自分で頑張って解決してきたつもりでしたが、
今回のように、不意に誰かに助けられて解決したりすると、
ものすごく幸せな気分になります。

他力は、自力で頑張っているから、
他力のありがたさが判るのでしょうか。
あるいは自分で頑張って自力での努力をするから、
他からの「助けの力」が効くのでしょうか。

時には、自力にこだわらずに、
素直に他力を受け入れることも大切ですが、
自力も無しに他力にばかり頼っていると、
肝心な部分で、他力を貸してもらえないのかもしれません。

いずれにしても、今回の熊本行の出張は、
二年ぶりに空港内を自分で歩いて飛行機に搭乗した記念すべき自力復活の日でした。
この日、合計で1km以上は歩いたのです。

Posted   パーマリンク

2016年01月30日(土)

1.30.進化とは否定と創造の同時実現

「進化」とは、
今までの環境に適合した姿形、能力から、
変化した新しい環境に適合すべく、新しい姿形・能力に「変化」すること。

進化に伴う「変化」とは、
「個体差」が徐々に開いて行ったり、
遺伝子レベルでDNAが異常をきたして起こる「突然変異」であったりするが、
いずれにしても「変化」が起こって、
変化する前の元々の形【A】と、変化した後の【AB】では、
必ずしも【AB】が【A】より新しい環境に適合しているとは限らない。
【AB】と元々【A】のどちらが環境に適していているかの競争、闘いである。
新しい【AB】が勝てば、【A】が【AB】に進化したということになり、
元々の【A】が勝てば、進化しなかったということになる。

進化とは新しいものと元々のものとの闘いに他ならない。

これが、一人の人間の中で行われる場合もある。
その場合は「進化」とは言わずに「進歩」あるいは「成長」とも言うが、
「進化」と同じようなことがおこる。

(a)という人がずっと今まで【X】の考え方が良いと言い続け、
【X】に基づいたものを造り、行動してきて、
仲間の(b)もそれに同調して【X】の考え方と行動を行ってきた。
しかし事態が進み、
状況が変わり、(a)はいつまでも【X】のままではダメだと考え、
新しい【Y】という考え方、行動に変わろうとした。
すると(a)の自分の中の【Y】は【X】と闘いを始める。
【Y】になろうと思ったら、
自分の中の【X】をまず否定し切らなければならない。
自分の中の【X】を否定して、【X】を攻撃し始めるのだ。
【X】であった自分が造ったものを、
こんなものはダメだと否定し、攻撃し始める。
【X】であった自分と、
【X】の自分が造ったものをさんざん否定して、攻撃し、勝った時
(a)は、やっと【Y】になれたことになる。
これで、
(a)は、【X】から【Y】に進化したので、
「進歩」し、「成長」したことになる。

この今までの自己の否定、攻撃は中々出来るものではない。
でも進化はこの否定なくしてはあり得ない。
進化とは、否定と新しいものを創造することの同時実現と言える。
しかしこれをしている時、
周りの人から理解されることもほとんどない。
自己否定は日常的ではないからだ。
自己弁護、自己防衛は普通に日常の中で行われるが、
進化のための自己否定は珍しい。

ましてや、(a)に同調していた(b)は【X】のままなのだから、
今まで同じ【X】であった(a)が、
突然【X】を否定し攻撃を始めると、
【X】である(b)も攻撃することになるので、
(b)は、なぜ(a)から攻撃されるのか、意味が分からない。
(b)は(a)の変貌に失望して (a)を否定し、(b)は自分を攻撃する(a)に逆襲する。
逆に、
変化し、進化した(a)は、
自分を攻撃してくる(b)が理解できない。
【Y】に変わった(a)は、
【X】のままの(b)を否定して、
【Y】の正しさを説くが、
【X】である(b)は、程度の評価を得て自信を持っているので、
(a)の言う【Y】はどうしても正しくないように思えて、【X】で逆襲する。

ここで(a)は、(b)に、何故、事態が変ったので【Y】でなければならないのか、
根気よく、これはしっかりと話をしてコンセンサスを取っていくしかない。
あるいは、訣別をするか。離別があるか。
それが嫌なら、根気よくコンセンサスを取るべきである。
そんなことを、思いました。


今、飛行機に乗って熊本空港に向かって飛んでいます。
中部空港では、自分の足で歩いて飛行機に乗りました。
新しく造った左足の矯正靴で歩けるようになったので、
車いすなどを使わずに
自分の足で歩いて飛行機に乗れるようになりました。
これは進化です。あるいは、うれしい復活です。

画像(640x480)・拡大画像(800x600)

Posted   パーマリンク

2016年01月29日(金)

1.29.新「キーパーLABO高島平店」三月中旬に新規開店の予定

東京都板橋区高島平に、
新規店「キーパーLABO高島平店」が、
今年三月中旬の予定でオープンします。
既存の「キーパーLABO板橋店」に約5km離れた場所で、
実績のある板橋店と良好なドミナント効果を出せるものと期待しています。

これで、KeePer技研樺シ営店が42店舗目、
FC店10店舗を含めて全52店舗の体制になります。

ここは密集した市街地のコンビニエンスストア跡地で、
敷地面積が427u(約130坪)、店舗面積188u(約57坪)の広さです。
キーパーLABOとしては、若干狭い部類ですが、
レイアウトの工夫で、標準的なキャパシティを持っています。
コーティングブース4台分、洗車場1台分に快洗7、仕上げ場3台分。

画像(640x294)・拡大画像(800x368)
画像(640x472)・拡大画像(800x591)

Posted   パーマリンク

1.28.たとえば、自分は許せるか、憎むか。

テロリスト集団であるISが、
フランスなどの連続無差別テロで膨大な数の人間を殺しました。
殺された人々は、ISとは無縁の人で、
殺される理由などまったくなく、
殺したIS側の、身勝手な被害妄想の言い分で起こした理不尽な死でした。

そんな身勝手な殺人で、
自分の妻を殺された夫が、
「ISは、世界中の人が、自分たちを憎むことを目的にして、
何百人もの罪のない人を残酷に殺した。
憎まれることによって、自分たちの存在を確かめようとしている。
私達が自分達を憎むことを期待している。
しかし、残念ながら、
私は、君たちを憎まない。
「許す。」
君たちが最も恐れている、
許されることを、君たちにする。
それが、彼らにとって一番困ることであり、恐れていることのはずだ。」

この話は、世界中に流れ、感動を呼び起こしたが、
私もこの境地を、何となく理解できたつもりでいたが、やはりわかりません。
身勝手な言い分で、
自分が大切にしていたものを壊されることを、
「許し」で、応えることは出来ません。
外から見ていれば、そういう「許し」もあるのかなあと想像はしましたが、
たとえば、
それが別のことであっても、
張本人の立場になったら、
やはり私は許せないでいると思います。
でも、考え続けるだけの価値があるだろうことは予感します。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

1

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.