谷 好通コラム

2015年11月14日(土)

超速報!!亮がポールを取ったようだ。


今さっき、平川亮が#37KeePerでポールポジションを取ったと連絡が入りました。

Posted   パーマリンク

11.14.今年中の自分のいる場所が決まった。予定の主体性

11月、12月の予定が出揃ってきて、
年内は、一日ずつ私がどこにいるかが決まってきました。
軸になる予定で年内がほぼ埋まったということです。

社内の会議などの前もって決まっている予定は1年分ずつまとめて入れますが、
社外の相手の方が絡む自分の主体的な行動の軸となるスケジュールは、
相手もお忙しい人が多いので、
2か月前には自分の意志と、自分の計画に従って、
こちらの都合のつく日程を相手に何日か提示して、
相手の方の都合と調整をしながらアポイントを取って、
軸になる予定を固めていきます。
これは遅くとも2か月前にやらなければ、
それなりの決定権のある人とのアポイントメントは取れません。

これは逆もあって、
色々な人から、先方の意志と、先方の目的でのアポイントも取って来られます。
しかし、これが曲者であって、要注意その@です。

軸になる予定が行われる場所での追加の予定が空き時間に加わって、
私の全体の行動が決まります。
軸になる肝心な予定は2カ月前、
それに付随させた予定は2週間から1週間くらい前には決まります。
しかし、ひょっとしてその日の時間にまだ隙間が空いていれば、
前日でも、その日でも、私がいる予定の場所でアポイントはけっこう取れます。
一昨日なんか、ちょうどそんな日で、
その前の日までの、一部の隙もないぴっちりのスケジュールの日と違って、
「東京から名古屋に帰る。」という予定が入っているだけです。
それで、予定もなく事務所にいたのですが、
それでも何かと、やることは自然発生的に出てきて、何かをやっていました。
これがまた曲者であって、要注意そのAです。

今は、昔と違って海外出張などのダイナミックな移動が無くなっているので、
移動時間が減ってその分、予定が細かく密に入ってきます。
この細かい予定は、ほとんどの場合、
前もって主体的に入れた予定ではありません。
それは、
要注意@の先方からの申し入れで入れた受動的用件と、
要注意Aの事務所での自然発生的な用件が、
うっかりすると
軸になる主体的な行動予定の隙間ではなく、それだけでびっしり埋まって、
ものすごく仕事をしているような気になってしまいます。
これは、
何か結果を出す仕事をしているのではなく、
ただ、仕事みたいな行為をしているだけで、
何も仕事の結果を出しません。
極端な言い方をすると、ただの時間つぶしです。

要注意その@の、
色々な方から、相手からのアポイントとは、
仕事上のことで、お互いのために仕事を前に進めたり、まとめる為に、
先方とお会いすることは、大変意義のある事なので大歓迎です。
しかし、お受けしたアポイントでの予定ばかりで自分の時間を埋めていると、
自分の主体的な目的の達成は出来るはずもなく、
人に動かされているだけの時間が増えて、
自分が持っていた目的や立てた計画が全く果たせません。

あるいは、
先方からのアポイントの場合、
多くの場合が、先方の商品のただの「売り込み」であり、
仕事とはほとんど関係ない売り込みのための「ごあいさつ」などです。
しかし、仕事をしている自分は消費者ではないので、
買うことに仕事の時間を取られていては、仕事になりません。
でも、時間つぶしには恰好なので、
少しでも仕事に関係のあるような売り込みならば、
喜んで、ダラダラと受けて時間つぶしをしている者もいます。

あるいは、
要注意そのA
何の用件がある訳でもないのに、
事務所にいてパソコンを見ていると、
自然発生的に仕事みたいなことが湧いてきて、
仕事をしているようになる。
こういう状態の人の特徴は、
パソコンを食い入るように見て、集中しているようだが、
そのパソコンからは何のデータも提出されてこないのは、不思議です。
ただの時間つぶしです。

予定は、
自分の意志で、
自分の立てた計画を実現するための予定を、
自分の主体的な行動で、
自分の未来の軸として自分で入れていけば、
何でも実現できて、
自分の望んだままの、理想の未来を作り得るのでしょう。

Posted   パーマリンク

2015年11月13日(金)

11.13.また叱られました。社内SNSを使うべきだそうです。

昨日のブログで、
メールの使ったコミュニケーションの共有を進める話を書きました。
そうしたら、また叱られちゃいました。

私は、ITを多用しますが、
何年か前の時点で進化がストップしていて、
フェイスブックとか、ラインとかをまったく使えません。
普段の生活の中でも仕事上でも、
それらの必要に迫られないので、必然的に使わないのですが、
それはむしろ逆で、私が使えないから、誰も使ってこないだけなのはよく知っています。

だから、昨日のような内容の話を書いてしまったのでしょう。

いずれにしても、
いただいたお叱りのメールの文面は非常に納得できたので、
ほぼそのまま、とりあえず載せます。



そもそもメールという、
相手に記録が残ってしまう伝達方法が、いいのか?という問題です。
メールは便利ですが、
唯一の問題は送ってしまったが最後、相手に全部の記録が残りますし
(ダウンロードするわけですから)後日の訂正ができません。
しかも、拡散したら(たくさんお人に送ったら)
それだけどんどんリスクが高まります。

規模がでかくなると、その情報の管理は一元管理しないと、
いろんな不正やミスの見逃しになりますが、
逆にメールは情報が散らばってしまいます。

こういうのはどうでしょう?
ようするに社内SNSです。
今までのように、各PCに、
メールと称して情報をダウンロードしてもらうのではなく、
特定のサーバーに みんなが見に行く、
または書き込む、議論することができます。
もちろん部署部署で、個別にできましすし、
全部を後からチェックすることも可能です。
また、訂正も一回書けば、全員が見れます。過去の記録も全部残ります。

昨今の上場企業では、情報漏洩防止のために
社員のPCにハードディスクを入れない・・
記録させないようにしているところがたくさんあります。
ネット環境が発達した今、一つ一つのPCに
機密情報をダウンロード(メールとかもです)させることを辞め、
全員がネット環境で同じ掲示板を見に行く方がはるかにリスクが低いことです。

・・・・情報伝達としてのメールはやめたほうがいいですよ。
かなり不具合が出てきていて、隠密にメールでやりとりが増えるだけです

会社の情報を(もちろん閲覧制限は設定して)をオープンにするならSNSです。
社長はそれを(ログといいますが)全部見ればいい。
ここ以外には、報告連絡相談は載せない  
というルールを作れば、隠密行動は無くなります。

提携会社も(制限を持って)参加できます。



ということで、非常に納得したので、
さっそく、
電算の責任者とWebの責任者を会議室に集めて、
社内SNSについて色々な角度からの説明を受け、
早速、具体的な検討を始めることにしました。

この会社は、ITの活用部分が長年の弱点でした。
これで、うまく行くように出来るでしょう。
今度こそ、本当に新しい次元への進化が出来るような気がします。

本当の意味で、この会社のITを自分のこととして考え、
実行できる体制が出来ました。

しかし私は、一昨日、一か月我慢して使っていた「スマートフォン」を、
まったく使いこなそうと思わなかったので、
「ガラ系」の携帯電話に交換して、快適です。

ITに関しては、信頼できる人に100%頼っていくしかないですね。

画像(500x365)

本文とは全く関係ありませんが、
先日、関東のLABO店舗を周っていた時、
相模原店の渡辺君が、
カップヌードルの「Chili TOMATO」を食べていて、
うまそうだったので、自分も買ってきて食べました。
いいですね。うまかったです。
最近、私は、カップヌードルにはまっています。

画像(500x375)

Posted   パーマリンク

2015年11月12日(木)

11.12.当事者だけの局所的C.C.では牽制にならない。

内部牽制とは、一つの流れの仕事に対して、
一つの立場からだけの人で完結せず、
違う立場の人と人が、
一つの流れの仕事を違う立場、違う角度で見て、実行し、
お互いに間違いがないように、牽制しながら仕事を間違いなく成すことです。

たとえば、仕入れに関しては、
何をどれだけ仕入れるのかを決めるのは、
東西の事業本部と開発であり、
実際にどこかに発注するのは経営企画本部の出荷事務所の購買課であり、
請求に対して支払いをするのは、財務部の経理課です。
お互いが違う立場で、この仕入れに関り、
万が一にも、公私混同や不正が入り込まないように成っています。

これと同じような牽制が、
IRに関ることにもなければならない。と、気が付きました。

開示の内容、決算などについては、必ず私も見るようになっていますが、
“発表の日時”のこととか、
その資料が出来る過程については、
IRに関る「当事者」だけがC.C.に入ったメールのやり取りで実行されていたのです。
つまり同じ視点、同じ方向からの視点だけで、
途中まで実行されていたのです。

開示される内容については、すべての役員が、
それぞれの視点から確認しますから、まず間違いは出ないはずなのですが、
その資料の作成途中を知らずでは、
最終的に間違いが発生する恐れがあります。

また、開示の予定日についてのメールのやり取りは、
直接のIR当事者だけがC.C.に入っているだけのメールでやり取りされ、
ひょっとしたら電話で、
当事者同士にしか聞こえない”会話”で進められたりします。

だから、今回のように”誤”記載が発生していても、
それが記載された記事そのものを見た者は掲載した者だけであり、
それが間違っているとしても、”当事者”たちは気が付かずだったのです。

それで、
発表予定日と記載された日の夕方になっても決算が発表されずに
株主の皆様からの抗議の言葉を見た私が騒ぎ出すまで、
当事者はもちろん、誰も気が付かなかったという情けない事態になったのです。

“たら”、”れば”ではありますが、
間違って記載されているその記事を、
間違ったその人とは違う立場の人が見てい”れば”、見"たら”
その間違いにすぐ気が付いたでしょう。

インターネットのコミュニケーションの優位性は、
一つのコミュニケーションを、
違う立場の人がC.C.とかMLで同時に持つことが出来て、共有して、
一つの視点からだけでは見えない間違いや弱点を、
違う立場の人のC.C.とかMLの多方向からの視点で、
一瞬のうちに見つけられるという強みです。
これこそ有効な内部牽制です。
当社でも、非常に多く利用します。
上の役職の者が下の役職の者からの視点で間違いを発見されていることもざらです。

そんなに便利で有用なC.C.とMLでのコミュニケーションを使わず、
ちょっと”専門的な部分”があるからといって、
みんなに見せても分らないかもしれないので、
「分る」当事者だけにC.C.を入れればいいという、
おごりを伴った「分っている人達」「当事者」意識で、
閉鎖的にしたコミュニケーションから出ずに、
一方向からの視点の当事者たちが、
幼稚な間違いにも気が付かないまま、重大な間違いを犯したのです。

その結果、
自分で稼いだお金でこの会社に投資してくれた
膨大な数の株主さんたちを裏切ってしまったのです。
悔しくも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

当然ですが、
この当事者たちには、
閉鎖的な会話である電話などで何かを決定することを禁止し、
案件などメールを送る場合、当事者以外の者が参加の社内MLを、
“例外なく”付けて発信することを約束してもらいました。

この種の間違いを根絶させるには、
多方向からの視点を確保するための、
当事者以外の部署の人を含むMLを例外なく使う約束と、
当事者の監査をすることとしました。
元々、営業もLABOスタッフも、誰も、
必ずC.C.や社内MLを使ったメールの発信を行っているので、
特別にこの当事者たちに罰を与える訳ではありません。
社内ルールの徹底を図るだけです。

当事者間に出来ている当事者内の閉鎖されたコミュニケーションを、
こじ開けることにしただけです。

行動を変えるしかありません。出来なければ変えるだけです。

Posted   パーマリンク

2015年11月11日(水)

11.11.きのうは、しっかりお灸を据えられた一日でした。

最初は、
東京証券取引所の「決算発表予定会社一覧」に
第一四半期決算発表の開示予定日を11月10日と記載しました。
しかし色々な都合があって、
一旦、11月9日に開示予定日を移動したのですが、
その後また、予定を11月10日に戻したことがありました。
しかし、
発表予定日の掲載だけを11月9日にしたままで、
11月10日に変更するのを忘れてしまったのです。

これは単純なうっかりでは済まされないことで、
多くの方からお叱りを受けました。
株価も一時は188円下げまで急落して、終値でも129円落ちで、
東証マザーズ市場での値下がり率が一時は1位、最終的にも3位と、
しっかりとお灸を据えられた感がありました。

私は、約束したことは何があっても守ることを信条としているはずなのに、
発表予定日を公の場で約束をして、
それを”うっかり”などという情けない理由で破ってしまったことを、
大変恥じ入っております。

せっかく自信を持って出したはずの、
みんなで作り上げた第一四半期決算を
こんなつまらないミスで、市場の不信を買い、台無しにしたような結果は、
悔しくて、たまりません。
しかし、今後、どのような仕組みを作って防いで行くのかが肝心なのでしょう。
「もっと注意する。」とか
「もっときちんと複数の人で確認する。」とか、
そんな「もっと・・」などというアナログな改善では、全くダメでしょう。
残念なことですが、同じミスは、同じ人がします。
「もっと注意する。」では、何の解決にもなりません。
組織の在り方、組織そのものの構造、役割の配置方法、
根本的なところを見直し、作り直していく必要があります。
考えさせられた今回の出来事でした。

たくさんの現場の人間が造り上げてきた成果を、
本当にくだらないミスで非現場が台無しにする現状がこの会社にあることを
深刻に受け止めるべきです。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

プロフィール

谷 好通

代表取締役会長兼CEO

谷 好通

キーパーのルーツであり、父であり 男であり、少年でもある谷好通の大作、名作、迷作コラム。
読めば読むほど元気になること間違いなし。・・・の、はず。

検索


カレンダー

11

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.